Home > 装備品選び > 武器種の異なる二刀流の有用性

武器種の異なる二刀流の有用性

現在二刀流ができる職業はバトルマスターと踊り子に限られ、
バトルマスターだと「片手剣」「ハンマー」
踊り子だと「短剣」「扇」「スティック」をそれぞれ装備できます。

公式ガイドブックでの説明

武器種の異なる二刀流については公式ガイドブックでも
推奨されてる組み合わせとなっており、黒本P147だと次のような記述がありました。

>☆重要 武器スキルが十分高ければ短剣と扇を同時に装備した方が効果大
>短剣と扇の武器スキルをどちらも上げているなら、
>各武器をひとつずつ装備するのがオススメ。
>同じ武器を両方の手に持つ場合とくらべて、以下のようなメリットがあるからだ。

>〇右手に短剣を装備する場合
> 扇は装備時にすばやさが上がるうえ、装備レベルが同じ武器では、
>スキル効果を含めると短剣より扇の方が攻撃力が高い。
>そのため、左手に扇を持てば、パラメータを高くできる。

>〇右手に扇を装備する場合
> 左手に短剣(武器スキル150以上)を装備すれば、
>特技を使うときにも状態異常成功率アップスキル効果が得られ、
>左手に扇を装備した場合より敵に状態変化を引き越しやすい。

他、黒本のP86に『二刀流の仕組み』のページが掲載されており、
コチラを見ると左手武器の効果が影響を及ぼすかどうかを確認しやすくなっています。

実際の組み合わせのメリット

・右手「片手剣」 + 左手「ハンマー」
・右手「ハンマー」 + 左手「片手剣」

左手ハンマー装備のメリットは大きく、
片手剣よりもハンマーの方が攻撃力が高い他、
ハンマーP150特技での「装備時さいだいHP+10」が反映されます。
オススメはしづらいものの、ハンマー160~180特技で
「さいだいMP」を20,30,45増やすことも可能です。
一方で、左手片手剣だと頼みの会心率は左手だと通常攻撃以外発生せず、
武器ガードについては右手ハンマー時だと発生しないので恩恵に肖れません。

・右手「扇」 + 左手「短剣」
・右手「扇」 + 左手「スティック」
・右手「短剣」 + 左手「扇」
・右手「短剣」 + 左手「スティック」
・右手「スティック」 + 左手「扇」
・右手「スティック」 + 左手「短剣」

左手短剣については短剣P150特技の「状態異常成功率アップ」の恩恵が凄まじく、
状態異常が多い扇特技との相性が非常に良いものとなっています。
一応スティックで「パニパニハニー」で混乱を付与させることもできるものの、
こちらの分野についてあまり活用されておらず、評価としては白紙状態。

左手扇の場合だと、扇に様々なパラメータ上昇が付与されている一方で、
短剣に関しては攻撃魔力・回復魔力が伸びる装備が
Lv85のエンシェントククリで止まっており、
最近だと短剣にきようさ増が付与されているので、
「きようさを稼ぐならば短剣」
「攻撃力・すばやさ・攻撃魔力・おしゃれさを稼ぐなら扇」
ということで、扇の方が依然としてメリット範囲が多くなっているところ。
ただし、宝珠「タナトスハントの極意」でダメージの増加は
短剣のみでの効果なのでそちらでのダメージ増加を狙うならば短剣の方がよさそう。

左手スティックのメリットは幾つかあって、
・MPを吸い取れる相手ならば、左手攻撃でMP吸収効果が発揮される。
・スティックに錬金の「MP吸収ガード」が付与されていれば反映される。
・スティック特技の反映でさいだいMPを増やしやすい
・戦闘勝利時MP小回復、中回復が反映される
・スティック錬金の「呪文発動速度」上昇の恩恵を受けられる
このような事情から使おうと思うと使える場面があって、
『左手の「呪文発動速度」が反映されることから、
踊り子で魔法を使うならば左手スティックが良い』と話されることもあるものの、
扇は武器として扇で基礎効果で優秀なものも多く、魔法のダメージ源となりやすい
扇での「百花繚乱」での魔法耐性低下のかかりやすさに左手短剣が貢献するので、
総合的に考えるとMPの多さと通常時での連射速度以外ではメリットを出しづらくもなっています。

注意点

武器種が異なるうえでの目についた細かな注意点。

・通常攻撃以外は左手の攻撃だと会心が発生しない
・左手武器についた「不意をつく確率+〇%」は機能しない
・右手武器に武器ガードが発生する場合、左手の武器ガード率は加算される。
右手での武器ガードは存在するが、左手での武器ガードという現象は存在しない仕組み。
左手装備の「武器ガード率+」効果について  提案広場|目覚めし冒険者の広場
・「☆☆の極意」「☆☆の技巧」だと本来の部位でないと左手武器には反映されない
例1:右手「ハンマー」 + 左手「片手剣」で、ドラムクラッシュを使っても
左手が剣であるためドラムクラッシュの極意分のダメージ加算がない
例2:右手「短剣」+左手「扇」だと、スリープダガーを使った場合、
左手が扇であるため、スリープダガーの技巧分の成功率上昇が加算されない
(※特技での状態以降成功率アップ自体は右手でも左手でも反映される)

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

Comments will be closed on 2019年3月2日.

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://usagi.aquamint.info/2018/11/02/9373/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
武器種の異なる二刀流の有用性 from うさぎ紳士のドラクエ10日記

Home > 装備品選び > 武器種の異なる二刀流の有用性

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る