Home > 邪神の宮殿 > 天獄「復讐の兄弟竜」の感想(2019年1月10日23時開催)

天獄「復讐の兄弟竜」の感想(2019年1月10日23時開催)

1月10日23時に天獄が解放されることになり、
ちょうどチームでゲルニック将軍をクリアしていたのですが、
希望を採ってみると天獄に挑戦したみたいとの話が出てきたので、
どんな状況なのか挑戦してみることにしました。

条件は次の通りで、現地にいって各自確認してもらうことに。

  • 50秒以内に やいばのぼうぎょで8回ダメージ
  • 60秒以内に マヒの状態異常をかけろ
  • 60秒以内に 会心の一撃か呪文暴走で8回攻撃
  • 30秒以内に 全員でテンションを10段階上げろ
  • 45秒間 5人以上 同時に死んではならない

PT方針としては、テンションを上げる役割をとりあえず確保してもらった形で
あとは「復讐の兄弟竜」が条件がなくてもかなり強いことから
戦闘に勝利できそうな職業できてもらうことになりました。

23時ごろの模様

今回の条件を見ると、マヒ・会心(暴走)・テンション上げのお題をみて、
短剣踊り子で参加するのが条件としてはベストと感じる人が多かったようで、
23時ごろにマッチングしてみると踊り子で参加している人が多くなっていました。

ただし、本当に「復讐の兄弟竜」が強くて、
開幕に左右に散らないとモーションを見てからは回避が難しい
「竜閃砲」で4~6人くらい一気に倒れることも珍しくなく、
僧侶で参加していてそのような状態になると、
あとは残った自分のキャラに「やみのはどう」で
挟まれつつ天使の守りを消されて全滅といったことを何度か経験することに。

ある種の対応慣れが必要なのは間違いなかったのですが、
途中で天獄でメンテナンスが入ることになり、
社会人チームといったこともあって活動限界の24時に近かったことから
途中で天獄攻略については解散することになり、
諦めの悪い自分はそのままオートマッチングで1人挑戦することになっています。

条件達成よりもまずは戦闘に勝てる構成が重要に

天獄に関しては自分だと僧侶での参加を通していて、
顕著に「45秒間 5人以上 同時に死んではならない」対策になってるわけですが
他にも今回天獄で人気の職業が存在していて、代表的なのが
・真やいばくだきと片手剣会心が狙える「戦士」
・まもりのきり+蘇生ができる「レンジャー」
・会心やマヒ攻撃、テンション上げ、範囲蘇生ができる「占い師」
・カカロンで蘇生やフバーハを期待できる「天地雷鳴士」
というような具合で、そのあたりはマッチングしていて
顕著にそちらの職業が多いと実感することがありました。

この辺りは条件を満たすというよりは、「復讐の兄弟竜」に
まずは勝てることを目指したチョイスといったことを感じていて、
他のチームの人と今回の天獄の攻略状況について意見交換していると、
今回で一番活躍しているとお互い感じたのが天地雷鳴士のカカロンで
カカロン2体が飛んでいる状況だと攻略難易度がだいぶ違うとの意見が。
他にも片手剣バトルマスターで会心とテンション上げを狙うというのも多いようです。

あと攻略が楽に感じられたケースとしては壁が成立している状況で、
実をいうと耐性装備うんぬんよりも、積極的に条件を達成しようとしたり
そこら辺の基本的な立ち回りが重要に感じられること多く感じられました。

条件達成の状況

今回だと条件として厳しいとの意見が出ているのが
・50秒以内に やいばのぼうぎょで8回ダメージ
・60秒以内に マヒの状態異常をかけろ
こちらのふたつで、やいばのぼうぎょで8回ダメージに関しては、
やいばのぼうぎょをしても物理攻撃をしてくれるとは限らなく、
HPを回復できる体制を整える必要もあって達成が難しくなっています。
ダメージ量も非常に高いので真やいばくだきで
攻撃力を下げるのが前提になってるのではないかと感じる面も。

例えば、私だと僧侶で参加しているので、
みんなが一斉にやいばのぼうぎょをしているのならば
基本的にベホマラーで回復し続けるようなポジションなのですが、
あと1回やいばのぼうぎょをすれば条件達成で
ターゲットが自分にむいており時間が残り僅かといった状況だと
僧侶でもやいばのぼうぎょをしなければならないといった現場に直面しました。

あとは「マヒの状態異常」に関しては、条件達成を諦める人も多く、
私でも何度か挑戦したうちで一度しか達成したことがありません。
例えば短剣でのカオスエッジだとマヒが比較的に高確率で狙えるのですが
それでもマヒがかかりづらい上に、チャージ技なので連発もできず
ムチの「しばり打ち」連打でマヒを狙うべきだとの意見を聞くこともあるものの、
そちらでも望みが薄いといった状態で、正直デュアルブレイカーでの
状態異常下げがないと厳しいといった状況になっています。
また私自身は確認していないのですが、パラディンでの必殺やガードでのしびれ効果
スーパースター必殺でのしびれ効果でも達成できたとの話もあるようで、
そちらを利用すると楽に達成できるとのことなのですが、
一度パラディンの人とマッチングしたものの、
本当にマヒ狙いだけだったようで戦闘面での活躍は望めず
見た限りだとパラディンでの参加は推奨しづらいといった戦果になっています。
もし参加することになったのならば、パラディンならヤリを
スーパースターならムチを使って攻撃力を上げておくことが必要です。

他の条件達成の状況について話すと、
「60秒以内に 会心の一撃か呪文暴走で8回攻撃」
に関しては片手剣職での不死鳥天舞で稼ぐといったケースが多く、
踊り子での会心まいしんラップを期待する見向きもあったのですが、
私が確認した限りだと会心まいしんラップで稼ぐ機会はありませんでした。

「30秒以内に 全員でテンションを10段階上げろ」だと
こちらの達成も地味に難しく、ちょうどバトマスや踊り子の必殺が
温存されていたり発生してくれればいいのですが、
30秒以内と短くなっており、そもそもそちらの職業が不在なケースも。
そういう意味ではテンションを自分で上げられる武闘家が求めらえるのですが、
なにぶん倒れやすいバトルなのでバイシ状態を継続が難しく
ツメでのダメージを稼ぎづらいことから敬遠されがちな状態になってるようです。
一度チームメンバーで武闘家できてもらったのですが、
やはりツメだとダメージは稼ぎづらいものの一喝で活躍することはできる様子。
今回だと戦闘が苛烈なので倒れる人が多いわけなのですが、
宝珠による死亡時テンションアップでテンションを稼げる機会もあって、
そのことを考えると顔アクセサリーは死亡時テンションアップの
「機神の眼光」が有利になっているようで、
最近だとテンションがアップしやすいオノ装備があるので、
攻略情報をみていると両手剣がいいって書いてあるけど
オノの方がいいのではないか問い合わせがくることもあって
テンションアップの課題で苦労したことあったので私はオノが良いと返答しています。
他にも僧侶で参加しているのでティンクルバトンでちょこちょこと稼ぐ機会もありました。

あとは、今回難易度が高すぎるといった意見の他に、
条件達成が難しすぎるといったいつもの意見が噴出しているわけですが、
8人協力で高難易度の条件で戦いを楽しむものではないのかとは感じるところ。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://usagi.aquamint.info/2019/01/12/9997/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
天獄「復讐の兄弟竜」の感想(2019年1月10日23時開催) from うさぎ紳士のドラクエ10日記

Home > 邪神の宮殿 > 天獄「復讐の兄弟竜」の感想(2019年1月10日23時開催)

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る