Home > 邪神の宮殿 > ver4.5後期「闇に堕ちた英雄の幻影」の感想

ver4.5後期「闇に堕ちた英雄の幻影」の感想

10の日開催ということで福の神を持ち寄りつつのカード獲得後は
チーム内だとニャンコインセールのウケが良い方だったので
ログイン時間の大半はガニャポンを獲得しては
アズランの方へマラソンするといったことをしていて
邪神の宮殿の攻略の方は後日にまわることになっています。

11日は11日で迷宮で獲得したゴレオンカードの他に
帝国三将軍やふくびきの方をまわしたそうなことから
チーム内での1獄ツアーの方はうまく時間を作って挑戦したいところ。

2獄

2獄は扇・オノ・ハンマー限定ということで
割と順当に火力職を揃うような武器構成だったので
苦労らしい苦労はしていないのですが
「幻妖の黒公子」のバリアで粘られると時間がかかったり
範囲攻撃の巻き込みで立て直しに時間がかかったりしています。

今回だと「幻妖の魔勇者」の創世の魔力から離れた先で
闇の流星のターゲットをもらい3人ほど巻き込むといったことをやらしました。
最近スコルパイド3攻略の方に誘われているだけに
そちらの展開からしてもあまりよくない巻き込み方だなと反省。

扇+拳闘士の盾武闘家で参戦したときは
ためる弐でテンション技をぶっぱなす大砲プレイのような形になったものの、
この戦い方だと厳密には複数体同時に攻撃するような戦い方だったので
どうしても1体1体倒していくような戦い方とは相性が悪くなっていました。
とはいえ武闘家だと必殺があるので壁や葉っぱをまきつつの戦い方が多いので
これはこれで自分の邪神の宮殿での戦い方には合っていたかなといった感想も。
あと創世の魔力の範囲外から攻撃できるのも魅力的。

あと右手短剣・左手扇で踊り子で参加して毒タナトスでザクザクやりつつ
踊り子の必殺も使っていたところ、200特技でテンションアップと相性がいい技も多く
相対的に踊り子の必殺の価値も上がっていることを今回実感することにもなりました。

3獄

3獄は魔法使いのみで、それぞれ3キャラで参加した攻略時間としては次の通り。
「5分07秒21」「3分37秒76」「5分13秒32」
以前だと倒されてはバフのかけなおしで時間をとられていたわけですが
攻略時間としてはそれほど苦戦した記録になっておらず、
純粋に魔法ダメージの火力アップが反映されて
5分程度で済んでいるといったところでしょうか。

参加しているとムチ魔法使いさんが少数ながらに参加していて
ムチからのスパークショットで幻惑をかけつつ壁をする姿を見かけています。
自分もムチ持ちだったのでマネしてみたところ
割とうまい具合に事が運んだようで5分程度でクリアできています。

他にも壁をしないで倒し切る方法として
3方にそれぞれ超暴走魔法陣を敷いた後は
それぞれ暴走魔法を打つといった戦い方にもなったのですが、
過去に流行った十字ドレアムに似た戦い方になっていました。

4獄

4獄はパラディン・僧侶・レンジャー・占い師・スーパスター限定。
顕著に火力不足が懸念されるような指定職業で
マッチングしてみるとPTの大半が占い師で占められる状態に。
攻略時間としては「5分21秒95」「8分00秒67」「5分32秒07」となっていて
8分のときは占い師少なめの僧侶とパラディン混合で火力が出しづらい構成でした。

今回だと火力不足と同時に前衛不足になりそうかなと思って
ムチスーパースターで参加してみたところ、
予想通り前衛に立つ人がいなかったのでスパークショットを使いつつの
幻惑を補完しつつの壁をしていたのですが、
占い師が多めということもあってそちらの幻惑が期待できるのと、
少数ながらパラディンで参加する人もいたので、
素直に占い師で参加した方が戦いやすかったかなといった具合。

弓レンジャーで参加したときもあんこくのきりはまけるものの
幻惑に関しては占い師の人に任せることができるので
結局は狼と弓でひたすら攻撃し続けるような回(8分回の方)になっています。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://usagi.aquamint.info/2019/07/11/11533/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
ver4.5後期「闇に堕ちた英雄の幻影」の感想 from うさぎ紳士のドラクエ10日記

Home > 邪神の宮殿 > ver4.5後期「闇に堕ちた英雄の幻影」の感想

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る