Home > 占い師

占い師 Archive

オススメのタロットパックとは

初心者さんからの質問として、オルフェアの占いの館にて

1週間に5個までタロットパックが販売されているものの、
4種類(運がいいと5種類)あって、どれを購入すればいいのか分からない
といった話を聞くことになりました。

占いの館の場合、4種類(5種類)のタロットパックが販売されているのですが、
基本的に狙ったアルカナ効果をそれぞれ獲得するためのパックとなっています。

  • タロットパック・赤 … 正義(2)、戦車(2)、死神(2)、塔(4)、罪人(2)、隠者(4)
  • タロットパック・青 … 力(4)、魔術師(2)、恋人(4)、悪魔(4)、皇帝(2)、世界(4)
  • タロットパック・緑 … 教皇(4)、女教皇(4)、節制(2)、太陽(2)、審判(2)、運命(4)
  • タロットパック・紫 … 月(4)、星(4)、愚者(2)、女帝(4)
  • タロットパック・銀 … 全て
    ※()内の数値は、20枚構築できるデッキのうち一度に含めることができるアルカナ効果の枚数。

たまに販売されていることがあるタロットパック銀の場合だと、
アルカナ効果を狙うというよりは、入手しづらいモンスター効果を狙うためのパックで
主に「おどるほうせき」「ファーラット」「くろカビこぞう」を狙うための品物です。
そのため、タロットパック・銀が販売されていたら積極的に購入していきましょう。

初心者向けに率先して育てた方がいいアルカナ効果

  • よく使うアルカナ効果

・タロットパック・赤 … 死神、塔
・タロットパック・青 … 力
・タロットパック・緑 … 教皇、節制、審判
・タロットパック・紫 … 月
有名なところだと、最初はLv上げがしやすいように攻撃中心のデッキを構築し
「タロットパック・赤」の内容を中心としてダメージを出すといった手法です。
特にオススメなのが、範囲攻撃な上にダメージもでる「死神」や「塔」で
1つのデッキのうちに「死神」が2枚、「塔」が4枚まで入るので、
まずはそちらを集中的にタロット合成をして育てていくことをオススメします。

「タロットパック・青」だと、初心者に使いづらい効果が揃っているのでアレなのですが、
「力」のアルカナ効果が占い師にとって是非ほしい効果となっています。
Aランク以上になると全員にバイキルトをかけられるということで、複数枚デッキに構築している人も多く、
開幕に手札を持っていくことができる「わたぼう」と相性が良いことから、
「力のわたぼうをデッキに含めることで、占い師は一人前になる」というような感覚でいる人も多いようです。

「タロットパック・緑」の場合だと、回復系のアルカナ効果が中心なのですが、
強いボス相手や、占い師だけといった状況ではないと、だいたい僧侶で回復が間に合ってしまいます。
そのため僧侶と一緒にいると通常では「女教皇」「太陽」「運命」を余らせやすくなり勝ちなので、
序盤だとタロットパック・緑では「教皇」「節制」が使い映えがよくなり、
緊急用に「審判」のアルカナ効果を忍ばせておくということが1つのセオリーに。
特にMPが枯渇しやすい序盤では「節制」のアルカナ効果が使いやすいとの評価があって、
MPがきついと感じるようならば「節制」のタロットを育てることも推奨です。
逆に僧侶の回復が間に合わないといった状況だと「太陽」「運命」が必要になってきます。

「タロットパック・紫」は直接的にはダメージ増には結び付かないため、
当面購入しなくても問題はなさそうなのですが、「月」の幻惑効果が非常に便利な上に、
占い師のステップアップのために通うことになる「タロット魔人」戦において重要になるので、
余裕ができてきたのならば「月のわたぼう」あたりも作っておいた方がいいでしょう。

  • 序盤はあまり使わないアルカナ効果

・タロットパック・赤 … 戦車
・タロットパック・青 … 恋人、悪魔、皇帝、世界
・タロットパック・緑 … 女教皇、運命
・タロットパック・紫 … 女帝
最初のうちだと「戦車」はダメージを出しづらいので初心者にはオススメしづらいのですが、
占い師を極めると「戦車」でダメージを稼ぐ方法も存在する(ver3.1以降のチャンス特技を併用)ので
それまでは「戦車」は使いづらいものと思って差し障りはありません。

「恋人」だと、使った対象がテンションアップしないと自分に反映されないので、
「魔術師」と併用して、自分もテンションアップさせる手法なんかも存在します。
「悪魔」の場合だと、テンションアップするモンスターと
テンションアップするタイミングを理解していないと使いづらく無駄になりやすいところ。
「皇帝」の場合だと、チャージ技が基本的にver2.1以降のコンテンツとなるため、
強い人を雇うのなら使い映えはあるのですが、それまでは役に立たない効果と思って構いません。
「世界」は魔法を一度だけ防いでくれる便利な効果なのですが、
これも魔法を使う相手を把握していないと効果を挙げづらいのが玉に瑕。
序盤だと、強そうなボスと戦いそうだなと思った時に含めるといいかもくらいの感覚で十分です。

「女教皇」は、単体回復+不利な状態異常の大半を解く効果があるのですが、
不利な状態異常に関しては序盤だと「ツッコミ」で治ることも多く、
後半でも「封印」「休み」「感電」状態を治すために利用するというような状況なことから、
序盤では遠隔で利用できる単体回復というような認識となり、
それならば「太陽」で一任できるといった状況が多くなっています。
「運命」に関しても似たような話で、だいたい「審判」のアルカナ効果で何とかなってしまう上に
チャージ技で「審判」を呼び出せたり、せかいじゅの葉を使って蘇生もできてしまうことから、
主に8人バトルでひたすら蘇生しないといけない展開や、遠隔蘇生目的で用いられているといった具合です。

「女帝」に関してはいろいろ話には聞くのですが、これといった使い道についてはあまり聞かず、
デッキ構築を相談すると女帝は使い物にならないということでだいたい話が通っている様子。

将来的にはタロットコイン通いでレアタロットパックを狙う

占いの館にて「タロットコイン」が販売されていることがあるものの、
価格としては15,000Gというように初心者にはお高めの価格設定になっています。
序盤だと装備も買い揃えられていないような状況なので無理して購入する必要はないのですが、
資金に余裕が出てきたら買い取るようにした方がいいと思います。

タロットコインを魔法の迷宮に捧げ勝利すると、特に週制限なしに
タロットパックが手に入り、タロットの合成が捗るメリットが存在します。

  • 戦力の目安

問題のタロットコインに出てくる「タロット魔人」がどの程度で勝てるのかというと、
1つの目安としてはLv80以上あたりからが適正で、タロット魔人戦の特徴として
「ブレス攻撃が多い」「移動で避けられる攻撃が多い」というような特徴から
距離をとって相手の行動を見つつ、十字に囲んでタロットで攻撃・回復・蘇生をしつつ戦うことになります。
ブレス対策にブレスガードの盾や体上装備を装着するのもいいのですが、
手配できないようならば「心頭滅却」のとくぎでブレスを防ぐ必要が出てきます。

占い師同士で倒すとタロットパックが多く手に入るので、
「タロット魔人」戦は占い師4人で倒すことが推奨されることから、
アルカナ効果の「月」や、ムチ特技の「スパークショット」で幻惑にかけて被ダメージを抑えられます。
そのため、タロット魔人戦においてはLvうんぬんというよりも
タロットや準備(幻惑)が、ある程度出来上がっていることの方が重要な戦闘で、
いざとなったらせかいじゅの葉を使うことも求められることになります。

  • タロット魔人から手に入るレアパックについて

タロット魔人を倒していると、たまにレアパックが手に入ります。
・スライムパック
・デビルパック
・ビーストパック
これらのレアパックは、通常のタロットパックから手に入らないものがそれぞれ手に入り、
そちらを利用してタロット合成を進めていると、新たなSSSランクのカードを作ることができるわけです。
更には「タロット魔人」よりも強い「タロット魔人強」の場合だとレアパックしか出ないのですが、
「タロット魔人強」の場合だと魔法攻撃を連続で使ってくる上に、幻惑がかかりづらいため、
通常のタロット魔人を倒すよりもハードルは高めになっています。

そちらだと、世界のカードをデッキに含めたり、エンゼルスライムの審判を利用して
任意に蘇生ができるようにするといったように、デッキ構築が進んでいることが求められます。

  • タロットコインを入手しやすくなる時期

タロットコインは占い師で敵モンスターを倒していると、
小さなメダル感覚でドロップすることがあるのですが、
ver2.3以降ストーリーを進めていると、タロットコイン(強)を作れるようなシステムが登場します。

ただ、そちらだと作るのにある程度手間がかかってしまうことから、
ストーリーの進行度としてはver2.3までは安定して作成する方法が存在しないため、
他に入手機会のある、魔法の迷宮でのトルネコでたまに販売してあることがあったり、
ナスガルドの景品でタロットコインが含まれていたり、占いの館で販売されていることもあることから、
占い師で強くなりたいと感じた時期あたりから、コツコツとタロットコインを集めておくことをオススメします。

そのためストーリー進行の目安としては、ver2.3を進んで
タロットコインを作れるようなシステムが追加された時期が、
タロット魔人通いをする頃合いの1つとなっています。

四諸侯のタロットの背景

ver3.5中期で追加された四諸侯のタロットも
背景が連続して続いていたので見やすく並べてみることにしました。

思ったよりジャミラス様が大きく映ってるのを確認できました!

一般的には使いどころが難しいといわれる四諸侯のモンスター効果。

  • アクバー … このタロットが 手札に入った時 自分のHPが30%回復する
  • デュラン … 自分のHPが 全快であれば このタロットを使った時に 効果が 2回発動する
  • ジャミラス … 自分のHPが 全快であれば このタロットを使った時の 回復量が増える
  • グラコス … このタロットが 手札に入った時 自分のHPとMPが10%回復する

実際に使ってみると1つ前の三悪魔の方が使いやすく、私もそちらの方が好み。
手札には4枚入るので、三悪魔+四諸侯のどれか1枚といった使い方がいいのかもしれない。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ドラクエXTVで紹介されたジャミラスのモンスター効果の背景

ver3.5中期にて、新しいモンスター効果の一例でジャミラスが紹介されたわけなのですが、
他に「幻界の四諸侯」のデュラン、グラコス、アクバーの4体が登場するのではないかと見られています。
悪霊の神々・伝説の三悪魔で話すと、背景がつながっているといった特徴があるので

拡大してみると左側に金属のようなものと、右側に突起物を確認できました。
左側にはデュランの剣が写っていて、右側にはグラコスのヒレが写っていると予想。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

SSSカードの背景

SSSのモンスター効果の絵柄を眺めてみると、何か余分なものが写っているので調べてみたところ、
背景に別のものが写っている連続したものになっていることに今更ながらに気づきました。

実際に並べてみると次の通り。

悪霊の神々(アトラス、バズズ、ベリアル)

伝説の三悪魔(バラモスゾンビ、バラモスブロス、キングヒドラ)

デッキで見るとバラバラになってしまい勝ちなのですが、
連続したものになっている都合で、一度ちゃんと揃えてみてみたかったからの記事化へ。

タロット魔人強を5周してみた

昨日、タロット魔人強のお誘いがあったので、占い師4人で5度ほど周回してみることにしました。
それまでタロット魔人強とは戦ったことがなかったことから、
手持ちのタロットコインを全て「強」にしていいのか迷っていたのですが、
アルカナ効果さえしっかりしていれば、特に支障なく倒せたので
手持ちのタロットコインは全部「強」にするつもりです。

タロット魔人強

基本的にダメージで問題になるのが、
「回転雷撃」「タロットバッシュ」「絶対零度(ブレス攻撃)」「(連続)ドルマドン」です。

  • 移動で避けられる攻撃

「回転雷撃」に関しては横移動で避けられることから、
自分の方向に向いているなと感じたら攻撃せず待機しておいて、
回転雷撃だと表示されたら横移動で対処できます。

「タロットバッシュ」はタロット魔人強に近づいていると使ってくることから、
月のカードや「災禍の陣」を使おうとして被弾するというのがよくある光景になります。
近づく場合はタロット魔人の行動後直後にするか、
「タロットバッシュ」を誘発させるためにわざと中距離あたりで活動するというのも手になりそう。

  • 魔法対策はバリエーションがある

ブレス攻撃が痛いので、ブレス対策をして挑んだところ、
ドルマドンも痛くて、特に対策を練っていないと一撃死しかねません。
そのため蘇生用の「運命」と「審判」のカードは用意しておくのも重要です。

ドルマドンに関しては、詠唱がかなり遅いことから、
ドルマドンの文字を見てからでもスペルガードが十分間に合うというような具合です。
ドルマドン対策としてはほかにも
・「世界」のアルカナ効果を2~3枚積んでいく
・「心頭滅却」のほかに「魔結界」を張る
・攻撃呪文ダメージ減の錬金防具をつけていく
・盾特技を活用する(スペルガードやダメージ減少類の特技)
というような感じで対処方法が豊富にあることから、活用すると展開を有利に運ぶことができました。

あとはブレス対策に十字に囲んでタロットを打ち込んで倒すような形になるのですが、
連続ドルマドンを1人で受けるか、複数で受けて分散させるかについては、
「世界」のアルカナ効果が全員かかってるようなら複数で分散させた方が効率的で、
魔法対策が練られていないような状態だと、1人で受けきって倒れた方が被害が少なくなる
というような具合で、判断が難しいようなら1人で受けきる方が得策な感じがしました。

  • 「絶命のドロー」のリジュネ効果

タロット魔人のHPが減ってくると「絶命のドロー」を使い、
ウォークライ効果と、HPが200ほどリジュネ回復してきます。
リジュネ回復を剥がすために、ムチとくぎの「極竜打ち」が有効になるのですが、
十分に育った占い師だと、回復負けせずにダメージを稼げることから、
特にムチが必須というわけでもなく勝利することができます。
尚、ウォークライ効果の方は戦闘中ずっとかかっているようで、
「極竜打ち」で消すことはできないとのこと。

  • 途中で設置される「赤いカード」と「青いカード」について

タロット魔人強のHPが減ってくると、赤いカードと青いカードを設置するのですが、
こちらはプレイヤーが有利になるための仕組みのようで、
赤いカードの近くにいると、プレイヤーのダメージが増加し、
青いカードの近くにいると、プレイヤーの被ダメージが低下するようです。
そのため、赤いカードのそばにプレイヤーが固まり勝ちで、
絶対零度をまとめてくらいやすくなる状況下になることから、
少なくとも怒りをもらった人は、赤いカードのところに近づかない方がよさそう。

報酬内容

占い師4人で5週した結果としては次の通り。

  • スライムパック13個
  • デビルパック11個
  • ビーストパック17個

「もう基本的なモンスター効果は必要ない」というような人には打ってつけの報酬内容で、
スライムパック13個だと、キングスライム類が4枚
デビルパック11個だと、セルゲイナス類が7枚
ビーストパック17個だと、ガネーシャエビル類類が5枚となっていました。
イメージとしては10分の1~5分の1といったところ?

以下、上記のパックを開けたときのモンスター効果の記録です。

全文を読む

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ホーム > 占い師

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る