Home > 装備品選び

装備品選び Archive

聖守護者の闘戦記での「マガツ鳥のツメ」需要

聖守護者の闘戦記でキラーパンサー(のいなずま)が活躍するということで、
キラーパンサー向けの装備需要が増加しているわけなのですが、

さきほど旅人のバザーを確認してみたところ、ツメ装備だと
最新のドラゴンクロー改を抜いてマガツ鳥のツメの出品数が一番になっていました。

要因としては「全ての攻撃ダメージ+3.0%」の基礎効果による「いなずま」でのダメージ増を狙っての需要で、
「しっぷう突き」もきようさ依存のダメージで攻撃力を必要とせず、
きようさやすばやさが伸びる装備でもあるのでそちらとの相性が良くなっています。

5月に新武器登場予定

ただ「マガツ鳥のツメ」自体は既に2世代ほど型落ちした装備であり、

5月に武器の追加が控えていることもあって、
性能によっては「マガツ鳥のツメ」から買替になるといった可能性もありえそう。
開発・運営だより -第38号- (2017/10/13)|目覚めし冒険者の広場

ちょうど『「よーすぴ散歩」ご質問まとめ』にて

>能力に関しては、過去5回分くらいの装備の能力を一覧で振り返って、
>これは3つ前のを基本にして上位互換になるものにしようとか、
>全く新しいものを考えてみようといった検討をしています。(安西D)
との基準が示されており、「蒼炎のツメ」「エンシェントクロー」
「マガツ鳥のツメ」「ケイオスネイル」「ドラゴンクロー改」のうち、
蒼炎のツメかマガツ鳥のツメのどちらかが参考になる可能性もあることから
次の装備に「マガツ鳥のツメ」の上位バージョンが登場しても不思議ではない状況でもあります。
「よーすぴ散歩」ご質問まとめ (2018/4/19 更新)|目覚めし冒険者の広場

白箱ドロップ

白箱狙い調べてみるとトーテム装備や便利なスライムウィップなんかも狙いやすい様子。
・ヌーデビル … ヒューリーブレード、トーテムブレス、トーテムサンダル
・ぬくぬくどり … スライムウィップ、フォーチュンボトム、フォーチュンブーツ
・ゲルバトロス … 大鳳のやり、トーテムケープ上、トーテムケープ下
・バジリスケイル … スライムウィップ、クイックグラブ、クイックブーツ
・トリカトラプス … 極楽のこん、トーテムブレス、トーテムサンダル

「メタルウィング」を白箱で狙うときの効率性

Lv100になってもお世話になる武器としてLv60装備の「メタルウィング」が有名で、
サポート仲間に預けていてもメタルスライムでの特訓上げでの需要を鑑みて
Lv100になってもメタルウィングを装備して預けている人がいるくらいの話となります。

現在だと白箱でのドロップが狙え、現在だと2種類のモンスターから獲得ができます。

・ブラッドハンド
メタルウィング、じごくの弓、古武道着下、古武道のうでわ(各種Lv60装備)
・アカリリス
メタルウィング、モダンバニースーツ、モダンバニータイツ、
モダンバニーフレア、モダンバニーブレス(各種Lv60装備)
(※緑本のP178でも逆引きでも確認可)

このうちブラッドハンドだと4種類なのに対し、アカリリスだと5種類なので、
もし狙おうと考えるならばブラッドハンドで狙う方が効率的となっていました。

旅人のバザーで購入した方が手っ取り早い

ただし、ブラッドハンドを倒し続ける時間と、
他所で金策して旅人のバザーで入手する時間を天秤にかけてしまうと、
個人的にはそれなりの金策に励んだ方が短そうに思えるところ。
星2~3性能でも、安ければ5万~13万くらいで済みます。(※4月7日17時ごろのバザー価格)

金策手段については人それぞれの環境もあって、具体的には
ストーリー進行度によって獲得できるキラキラ素材の価値が大きく異なることからしても、
一概にバザーで買った方が手っ取り早いとはならないわけなのですが、
「格下レベル35以下の敵からは、格下レベルが36以上の敵とくらべて、かなり入手しやすい」
といった基本ルールもある中で、ブラッドハンドが59、アカリリスが61なので非対応、
白箱から手に入る装備品も中級錬金でランダムとなっていることから、
中級クラスの装備品に関しては、何かの兼用でもない限り、
わざわざ狙って倒しにいくといった環境でもないことが伺えます。

ガイアのオノのヘナトス錬金

なんか色々装備品を整えていていたら、ガイアの斧のヘナトス理論値が出来ました。

最近レンジャーで遊んでいるキャラで、メインが旅芸人ということもあり
レンジャーでもずっと巨匠セットで通していたのですが、
装備枠の拡張の後押しもあってぼちぼち装備を整えようと思い立つことに。

それでエトワールセットを揃えるかスターダムセットを揃えるか悩んで
まだバザーで1つ前の世代のスターダムセットが高値ではなかったこともあり、
状態異常がかかりやすくなるスターダムセットを新調。

ヘナトスの方もver4.0で強化されたので、戦士ほどではないにしろ
デュアルブレイカーを駆使しつつ攻撃しているうちにヘナトスかかって上手くまわらないかと
ガイアのオノでヘナトス錬金の効果を自分で錬金してみたところ理論値完成といった流れ。

攻撃しているうちにヘナトスが19%でかかるわんだふぉーな装備で
さすがにサブキャラで遊びで装備し続けるにしては高価な品物ということで売りに出したものの、
最大の問題として売れるかどうかといったこともあって、当面売れないまま価格を更新し続ける日々を送りそう。

(追記:こちらの商品は無事売れることに。お買い上げありがとうございました)

グレイトマーマンの白箱の特殊性

ほとんどの白箱の中身に関しては、モンスターの強さに応じて設定されているのですが、

グレイトマーマンだと基本的にLv93装備が手に入るのに対し、
1つだけ「グラコスのやり(Lv35)」が含まれているといった状態に。

この姿だとドラクエ6のグラコスが元となり、
ドラクエ6のグラコスを撃破すると確実にグラコスのやりをドロップしたそうで、
白箱の仕様上ボスモンスターからは装備品はドロップする設定は設けられなかった都合上、
元ネタを踏まえてどうしても白箱で手に入る可能性をグレイトマーマンの方で設けたかった様子。

過去・最新作でもグラコスは登場せずともグラコスのヤリが出てくるといった状態で、
グラコスのヤリの存在は1つのドラクエネタとして受け継がれるような内容になっていました。
【グラコスのヤリ】 – ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*

成功率がきようさ依存で、相手の耐性に影響されない特技の正式な記載

戦士とくぎの「真やいばくだき」
レンジャーとくぎの「ケルベロスロンド」
槍とくぎの「武神の護法」
ブーメランとくぎの「レボルスライサ―」

どれも状態異常の成功率にきようさが関わってくる特技なのですが、
緑本のP215とP217に各特技の解説が掲載されていて、
ケルベロスロンドだと「受けるダメージが増える状態にする効果は相手の耐性に影響されず、」
武神の護法だと「相手の耐性に影響されず、」
「真やいばくだきとはちがい、敵の状態変化耐性が下がっていても効きやすくならない」
レボルスライサ―だと「受けるダメージが増える状態にする効果は相手の耐性に影響されず、」
というような説明が記載されていました。

この中だとレボルスライサーが、デュアルブレイカーで状態変化耐性を下げても
成功率の変化がなく、成功率がきようさに絶対依存していることで有名で、
黒本の時点でP27にレボルスライサーと武神の護法については記載があり、
ケルベロスロンドもきようさに絶対依存だとの記載が施されるように。

ホーム > 装備品選び

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る