Home > 装備品選び

装備品選び Archive

かぜのマント(体上)の基礎効果「通常時フワっとジャンプできる」の解説

今回かぜのマントセットの性能がべらぼうに良いということで

旅芸人がメイン職業ののサブキャラを、
ポールスターセットからかぜのマントセットへ切り替えることに。

ポールスターセットだと腕装備フリー
かぜのマントセットだと体下フリーという
それぞれのおいしいメリットがあるわけですが
私の場合だと腕装備にマヒ8%の状態異常があって便利だったので
かぜのマントセットでも再現できないかなとゼルメアを潜ってみたところ、
マヒ4%混乱8%の錬金装備つきのがでたので、これで当面代用する方針で買い替えを開始。

  • ポールスターとの性能比較

・ポールスターセット
おしゃれさ+65 さいだいHP+10 さいだいMP+8 2%でターン消費なし 呪文と特技の回復+30%
・かぜのマントセット
おしゃれさ+70 さいだいHP+10 すばやさ+60 風ダメージ20%減 呪文と特技の回復+30%

さいだいMPが落ちて、2%でターン消費なしが消失することになるのですが、
替わりにすばやさ+60と風ダメージ20%減なので、
これで一段階強くなったと言い張れそうな性能になっています。

Lv108装備の体上は、どれも特殊な基礎効果持ち

今回のLv108新装備だと、体上部分にそれぞれ特殊な基礎効果が付与されています。

・ひかりのローブ 
基礎効果:受けた呪文を5%の確率で反射
・かぜのマント
基礎効果:通常時フワっとジャンプできる
・ドラゴンベスト
基礎効果:開戦時10%で心頭滅却
・開祖の道着上
基礎効果:開戦時10%でバイキルト
・ミラーアーマー上
基礎効果:受けた呪文を5%の確率で反射

どれもセット効果ではなく、体上だけで効果が発現するタイプです。

  • 戦闘中はかぜのマントの基礎効果由来のフワっとジャンプ効果は発動しない

かぜのマントの場合だと「通常時フワっとジャンプできる」という効果で
戦闘中にも効果が発動して、常時フワフワわたあめの使用状態なのかと期待がかかるわけですが

ver5.3のアップデート情報リリース時に
>かぜのマントの『あれ』は通常時限定です。バトル時は効果ないのでご注意を。
とのディレクターコメントが掲載されており、かぜのマント(体上)を装備しても
戦闘中にフワっとジャンプ効果が発動しないのは正規の仕様にはなっているようです。
大型アップデート情報 バージョン5.3 (2020/9/18更新)|目覚めし冒険者の広場

Lv108防具の新素材に「彼岸の砂」

Lv108の新防具のセット効果と素材についてまとめてみました。
大型アップデート情報 バージョン5.3 (2020/9/11更新)|目覚めし冒険者の広場

ミラーアーマーセット (戦士・パラディン・魔法戦士用)

〇セット効果:おしゃれさ+40 おもさ+20 さいだいHP+16 行動時10%でマホターン 受けるダメージを10軽減する

ミラーヘルム:デモニウム鉱石24 人魚の涙3 アステライト鉱石5 青い宝石10 超ようせいのひだね5
ミラーアーマー上:デモニウム鉱石30 彼岸の砂3 ゴールドストーン10 かがみ石30 超ようせいのひだね6
ミラーアーマー下:デモニウム鉱石22 宵闇のジェル3 ナドラダイト5 みがきずな50 超ようせいのひだね5
ミラーガンドレット:デモニウム鉱石16 激震のキバ3 メタルのかけら3 ブルーアイ30 超ようせいのひだね4
ミラーグリーブ:デモニウム鉱石16 神秘の鋼糸3 ひかりの石50 カチコチくるみ50 超ようせいのひだね4

ひかりのローブセット (僧侶・魔法使い・賢者・占い師・天地雷鳴士・デスマスター用)

〇セット効果:おしゃれさ+50 さいだいHP+10 こうげき魔力とかいふく魔力+10 行動時10%でマホターン 光の攻撃ダメージ+5%

ひかりのサークレット:マゴニア草24 人魚の涙3 かがみ石30 ひかりの石30 超あまつゆのいと5
ひかりのローブ:マゴニア草30 とこしえの虹2 つきのめぐみ10 天使のソーマ10 超あまつゆのいと6
(体下フリー)
ひかりのグローブ:マゴニア草16 たそがれゴケ3 いかずちのたま10 ほしのカケラ30 超あまつゆのいと4
ひかりのブーツ:マゴニア16 大地の羽毛5 かがやきそう50 さとりそう50 超あまつゆのいと4

開祖の道着セット (武闘家・バトルマスター・まもの使い・踊り子用)

〇セット効果:おしゃれさ+45 さいだいHP+13 こうげき力+6 会心率と呪文暴走率+1.5% 会心と暴走ダメージ+100

開祖のぼうし:マゴニア草24 ナイトメアリーフ24 よるのとばり20 あやかしそう30 超あまつゆのいと5
開祖の道着上:マゴニア草30 たそがれゴケ3 幻獣の皮5 ふしぎな海藻30 超あまつゆのいと6
開祖の道着下:マゴニア草22 カオスベリー3 妖精の綿花30 緑のコケ30 超あまつゆのいと5
開祖のてぶくろ:マゴニア草16 彼岸の砂3 シャークスキン30 へびのぬけがら10 超あまつゆのいと4
開祖のブーツ:マゴニア草16 暗黒の魔石3 まじゅうの皮5 よごれたほうたい10 超あまつゆのいと4

ドラゴンベストセット (盗賊・魔法戦士・どうぐ使い用)

〇セット効果:おしゃれさ+60 さいだいHP+11 きようさ+60 炎ダメージ20%減 土ダメージ20%減

ドラゴンバンド:デモニウム鉱石24 たそがれゴケ3 ドラゴンのツノ5 小さなうろこ30 超ようせいのひだね5
ドラゴンベスト上:デモニウム鉱石30 大地の羽毛5 ドラゴンの皮3 大きなうろこ20 超ようせいのひだね6
ドラゴンベスト下:デモニウム鉱石22 炎魔の焼け石3 ドラゴンのホネ5 シャークスキン30 超ようせいのひだね5
ドラゴングローブ:デモニウム鉱石16 激震のキバ3 ドラゴンのホネ5 どくどくヘドロ50 超ようせいのひだね4
ドラゴンブーツ:デモニウム鉱石16 カオスベリー3 ドラゴンのツノ5 大きな化石50 超ようせいのひだね4

かぜのマントセット (旅芸人・レンジャー・スーパースター・踊り子・遊び人用)

〇セット効果:おしゃれさ+70 さいだいHP+10 すばやさ+60 風ダメージ20%減 呪文と特技の回復+30%

かぜのぼうし:マゴニア草24 大地の羽毛5 かぜきりのはね1 天竜草5 超あまつゆのいと5
かぜのマント:マゴニア草30 烈風石1 幻獣の皮5 しおかぜ草30 超あまつゆのいと6
(体下フリー)
かぜのグローブ:マゴニア草16 カオスベリー3 まじゅうの皮5 こうもりのはね30 超あまつゆのいと4
かぜのブーツ:マゴニア草16 彼岸の砂3 ちょうのはね30 みかわしそう30 超あまつゆのいと4

「輝石のベルト」と「戦神のベルト」の違い

ver5.3からストーリーの進行によって「輝石の極箱」が登場し
輝石のベルト+4、+5のほか、数値の方も上昇することになりました。

大型アップデート情報 バージョン5.3 (2020/9/1)|目覚めし冒険者の広場

リリース順や効果量の差で、よくver2の「輝石のベルト」は
ver3の「戦神のベルト」の上位ベルトとして扱われやすいのですが
実際は「輝石のベルト」でしかつかない能力もあるので
完全上位互換というわけにはいかず、ものによっては
「戦神のベルト」にはないオリジナルの効果で重宝されることがあります。
【輝石のベルト】 – DQ10大辞典を作ろうぜ!!第二版 Wiki*

【戦神のベルト】 – DQ10大辞典を作ろうぜ!!第二版 Wiki*

上位互換な部分

・こうげき力+6~10 → +10~14
・こうげき魔力orかいふく魔力+8~20 → こうげき魔力とかいふく魔力+16~24
・かいしん率+0.5~1% → 会心率と呪文暴走率+1.5~2.0%
・呪文暴走率+0.5~3% → 会心率と呪文暴走率+1.5~2.0%
・○○(種族)系にダメージ+4~8% → 6~9%
・○〇(属性)の特技の攻撃ダメージ+4~10%
・○〇(属性)の呪文の攻撃ダメージ+4~10%
 → 〇〇(武器)装備時〇〇(属性)攻撃ダメージ+11~13%

数値差でみると、全般的に「輝石のベルト」を上回っていて、
呪文暴走率単品をみると1%程度低下してはいるものの、
「こうげき魔力とかいふく魔力」が同時に付与されると
特に賢者やデスマスターあたりは両方ほしい数値になっています。

輝石のベルトオリジナル

戦神のベルトにはつかず、輝石のベルトでしかつかない効果の一覧がコチラ。

<能力値上昇>
・しゅび力、おしゃれさ、すばやさ、きようさ +8~20
・さいだいHP、さいだいMP +6~10
・呪文発動速度 +0.5~3%
・MP消費しない +1~3%
・移動速度 +1~3%
・10%ダメージ反射 6~10%の確率

<攻撃時に状態異常・解除を付与>
・どく、眠り、麻痺、混乱、幻惑、魅了、マホトーン、ヘナトス、ルカニ、猛毒、魔導の書、ぶきみなひかり 2~4%
・リホ系解除 30~40%
・マホ系解除 15~20%
・テンション下げ 12~20%

<状態異常耐性>
・各種いずれかを+2~10%
眠り、マヒ、混乱、封印、幻惑、呪い、即死、どく、MP吸収、おびえ
転び、しばり、踊らされ、魅了、ふっとび、各弱体系耐性。

<戦利品>
・通常ドロップ率1.1倍
・レアドロップ率1.1倍

<開戦時効果>
・開戦時にピオラ、マホキテ、マホトラのころも、キラキラポーン、バイシオン、リホイミ、メイクアップ 12~20%
・ためる、夜のみためる、会心率上昇、盾ガード率上昇、天使の守り、聖女の守り 6~10%
・必殺チャージ 1~2%

以前だと「きようさ」で特技の状態異常成功率を高めることも重要視されたものの、
最近ではきようさが足りるといった話もちらほ出ていて、
その場合だと「すばやさ」やエンドコンテンツ向けに「しゅび力」が好まれることも。

移動速度に関しては、ゼルメアで移動速度埋め錬金の足装備を手に入れ
こちらで3%手に入れば、合計で12%アップといったことも実現可能です。

状態異常系のベルトは、輝石のベルトだと「どく」と「猛毒」が両立してしまう世界なのですが、
ブーメランのデュエルカッターあたりと組み合わせると、範囲×2回分状態異常をまき散らし
この場合だと戦神のベルトよりも強力になってしまうようなケースが出てきます。
逆に、稼ぎで話すと「眠り」や「魅了」はサポート仲間の攻撃が止まってしまうので封印した方がいい人も。
あと過去に「封印」がマホトーンを意味していたものの、
後に特技封印の状態異常が登場したことから
攻撃時の封印表記からマホトーン表記へ変更になった経緯も存在しています。

状態異常耐性は、ver2当時だと、今でいう水の宝珠の
「鉄壁の転びガード」「鉄壁の踊らされガード」と
足装備錬金の98~90%耐性と組み合わせて
合計で100%にするといった手段も用いられたのですが、
最近だとそれこそ宝珠でカバーできるので過去の話になります。
「どく」「魅了」「ふっとび」は珍しい耐性能力で歴史的に重宝されてきたのですが、
「各弱体系耐性」は珍しいもののこれといった使い道を思いつかない効果となっています。

開戦時効果は大半は封印している人も多そうなのですが、
実際には宝珠で「始まりのキラキラポーン」「始まりの聖女の守り」のお世話になってる人も多く、
純粋に必要ないといえそうなのがマホキテと夜のみためる効果くらいでしょうか。
他に優先的にほしい効果もあるので、「開戦時必殺チャージ」以外は
効果を封印させざるをえないといった事情が絡んでくるようです。

「通常ドロップ率1.1倍」「レアドロップ率1.1倍」は1.1倍のみなのですが

複数つくことがあって、この先の極箱でどのような扱いになるか気になるところ。

  • 封印の有無のチェックポイント

個人的な輝石のベルトの封印のチェックポイントとしては、

・しゅび力(エンドコンテンツでほしいなら封印外し)
・攻撃時に2~4%の確率で眠り、魅了(稼ぎ向けに不便に感じるなら封印)
・どくガード(今となってはゼルメアで手に入りやすいから封印)
・転び、踊らされガード(宝珠で調整しやすいから封印)

ちなみに過去の自分は「移動速度」が戦力に結びつかないと判断したようで封印していました。

性質の違い

「輝石のベルト」と「戦神のベルト」の違いとして
「輝石のベルト」は特技と魔法でダメージの増加が異なっているのに対して
「戦神のベルト」は武器種ごとにダメージの増加判定が行われる違いがあります。

  • 「戦神のベルト」=武器を持ち替えない前提

例えば、攻撃魔法と攻撃特技の両方を使う職業として

魔法戦士の場合だと、武器とくぎとマダンテの両者のダメージ増が狙える
『弓装備時 光攻撃ダメージ+10~13%』
『右手に片手剣時 光攻撃ダメージ+10~13%』
との相性がよく感じられます。
もし輝石のベルトの場合だと、
『光の特技の攻撃ダメージ+4~10%』
『光の呪文の攻撃ダメージ+4~10%』
の両方がほしいと感じるので、
武器を持ち替えない前提で話すと「戦神のベルト」の方がコンパクトに済み

デスマスターなんかも鎌で戦うことが主流なので
「戦神のベルト」の方が望みに適いやすくなります。
【8周年記念】国勢調査 8th Anniversary (2020/9/1 更新)|目覚めし冒険者の広場

  • 「輝石のベルト」=武器を持ち替えても活躍可

一方で、賢者で話すと両手杖・扇・ブーメラン・弓それぞれ利用の機会があり、

ダメージソースが攻撃魔法が主軸といった場合だと
武器の持ち替えでも対応できる「輝石のベルト」の方がコンパクトに済みます。

天地雷鳴士に関しても、扇装備の人が多いので
扇装備時に絞った「戦神のベルト」をそろえていたところ、
急にスティック天地雷鳴士がいいというような話になった場合
「輝石のベルト」の方が対応できるといった強みもあります。

  • 輝石のベルトの強化によって選択の幅が増える

ともあれ、デスマスターも賢者もガルドドン戦にしぼって話すと、
高めの闇属性ダメージアップさえあれば問題はないので
「戦神のベルト」か「輝石のベルト」かで
選択肢の幅が増えることになるといった前向きな見方もできます。

では、踊り子の場合はどうなのかと問われるとそこそこ難しい問題にもなり、
基本的に短剣・扇のどちらかで戦い、メラギラ魔法を使えるということからして
「輝石のベルト」の方が武器の切り替えに対応できるものの
最近は扇だけで活動する踊り子さんも増えたので
右手に扇装備時に絞って「戦神のベルト」の調達を狙うのも現実的になっています。

8月30日~9月5日版:達人クエスト、ピラミッド確定アクセ

・賢者コンビVSキングヒドラ!
賢者をパーティに ふたり入れること。
パーティメンバー全員 一度も死んではならない。
・パラディンと行く!迅速なやるきのジャーミィ討伐!
パラディンをパーティに ひとり入れること。
3分20秒を 制限時間とする。
・レッドオーブを4個集めよ!
・圧勝の第四の霊廟制覇!
パーティメンバー全員 一度も死んではならない。
・アストルティア防衛軍に参戦さえよ!VS深碧の造魔兵団!

  • ピラミッド確定アクセ層

・ピラミッド第五の霊廟で確定ブローチ
・ピラミッド第七の霊廟で確定アンク

  • チャレンジミッション

・討伐隊の依頼をモンスターに1回お願いする
・トピックスの記事どれかひとつを1回見る
・モーモンモールで1回お買い物をする

スティック天地雷鳴士需要増加の経緯

第三期初心者大使の坂口和也さんの配信をしていると
「スティック天地雷鳴士が強い」という話題が出ていて、
実際に私もスティック天地雷鳴士のお世話になることもあることから
現状どんな活躍をしているのか自分の経験を元にまとめてみることに。

天地雷鳴士向けのスティック

まず、天地雷鳴士は両手杖・扇・スティックを装備できるわけですが、
スティック装備は火力が最も出しづらく、
そういう意味では強いとは評価できません。

スティックはそこそこ世代は下るのですが、

  • Lv99 双月のスティック 開戦時50%で早詠みの杖 行動時3.0%でマホトラのころも
  • Lv100 ルネッサンステッキ 開戦時60%で聖なる祈り ザオラルの射程距離+1.5m
  • Lv105 シビュラスティック 行動時5.0%で聖なる祈り
  • Lv108 ピンキースティック 死亡時30.0%で聖なる祈りが消えない

基礎効果で話すと「双月のスティク」(MP消費無し錬金)が1つの理想形となり
MP消費が激しい天地雷鳴士の強力なサポートになりうるものの、
双月のスティックが攻撃魔力+55、ピンキーエッグが攻撃魔力+70で
実際にはピオリムやマジックバリアも詠唱速度が早いと使いやすく、
万魔の塔では勝どきの宝珠の影響でMPには困りづらくもなっています。
あとはHPが増えてその中で攻撃魔力が伸びるルネッサンスステッキを採用するという話も。

つまりは「MP節約型」「HP派」「攻撃魔力派」の3タイプがあるということに。

スティック天地雷鳴士のメリット

では、何が「強い」と評価されるのかというと、

  • 天地雷鳴士ということでカカロンを出せれば、火力は二の次な面がある

主流の扇は攻撃魔力が伸びるのですが、攻撃魔力自体はスティックも伸びるので
我慢ができる範囲内で火力を落とせたり、ベルトの力でカバーできるという発想。
Lv96プロセルピナで攻撃魔力+80
Lv100ガルーダテンペストで攻撃魔力+90、
Lv108黒仙翼のおうぎ攻撃魔力+95
実際には扇の基礎効果が強力ということもあって、妥協してる面は否めません。
特にLv99スティックとLv108扇とか比べてしまうと差がないとは言いづらくもなります。

  • 「キラキラポーン」「ホップスティック」「スピリットゾーン」を使ってくれる

各種のサポート系のスティック特技を使ってくれるので
他にしっかりとしたHP回復できる職業と組み合わせると
補助面に厚くなるということで持て囃されているということに。

特にホップスティックの使用についてはサポート仲間と相性が良く
従来ジャンプ回避攻撃を使ってくる相手だと、
常時空中に浮いている仲間モンスターが活用されてきたのですが、
だいたいはバラモスのように頻繁に使ってくるというわけでもなく、
カカロンのサポートや、スピリットゾーンでのMP回復も見込め
一応はジャンプ回避攻撃が直撃されても
(タイミング次第では)カカロンのヒーリングオーラのサポートも見込める
というような2段構えになっており、最近だと魔犬の仮面に
必殺チャージ時にホップスティック効果がつく合成効果もあるので
そちらでのサポートも大きく影響している状態にもなっています。

運用例

  • ver4.2時代での「双月のスティック」

ver4.1に「冥骸魔レギルラッゾ&獣魔ローガスト」が追加され、
ver4.2に「双月のスティック」が追加されることになりました。

主流としてはキラパン・キメラ・僧侶・天地雷鳴士・占い師で
天地雷鳴士で参加するとMPが枯渇しやすい問題は残っており、
手動操作での魔法戦士入りや、浮いていてMPパサーが
可能なパペットマンが提唱されることもあったものの、
どうしても主流になれず、他の対策として
「双月のスティック」でのマホトラのころも効果が
「聖女の守り」と非常に相性がよく大幅にMP回復できるわけなのですが、
天地雷鳴士で流行った形跡は確認できず、扇のプロセルピナを装備しつつ
MPを大幅に回復するアイテムで対処されるような時代でした。

尚、レギロでの「いのちだいじに」サポのスティック天地雷鳴士だと
カカロンは出してくれるものの、キラポンの使用や
前半段階でホップスティックを使ってしまうので使いづらく
ジェルザーク戦とは真逆に近いような評価になります。

  • ジェルザークつよさ1のサポート仲間によるスティック天地雷鳴士

最近だと戦力上昇が目覚ましく、ジェルザークのつよさ1ならば

「両手剣バトルマスター、両手剣バトルマスター
 スティック僧侶、スティック天地雷鳴士」

というようなPT構成でも攻略可能となっており、
「リミットマグマ」「リミットボルケーノ」に関しても
2人も天下無双(古今無双)で殴っていればキャンセルさせることはできます。

この中で中身入り3人+スティック天地雷鳴士をサポート仲間にして
「いのちだいじに」設定にすると、カカロンを呼びだしつつ、
各種のスティック特技を使ってくれることから
スピリットゾーン由来でのMP問題の解決と
「AI殺し」のマグマ設置にもカカロンが対応してくれる(ことがある)
あとジェルソルジャーが使う「ジェルハザード」が直撃しても、
天地雷鳴士だとそれほど影響がないというのも大きくなっています。

このケースだと、実際にはバトルマスターの火力が上がった影響が大きいところ。

  • 万魔の塔3完全制覇PTの実績

公式放送でも話題になった万魔の塔3の完全制覇に
スティック天地雷鳴士が活躍していることが大きく、
こちらの実績によって「スティック天地雷鳴士は強い」と印象付けられた様子。

「みならいあくま」のディバインスペル(呪文耐性低下)対策に「キラキラポーン」、
チャージ技でのテンションの有無で一撃で倒せる敵が異なることから
要所での「ティンクルバトン」の使用も計算されています。
つまりは、キラキラポーンは4人分継続的に付与したいものの、
他に有効なディバインスペル対策もなく、武器を持ちかえる暇がないので
スティック装備の天地雷鳴士でないと成り立たないということです。

その中で、ver5.0だと「水神のたつまき」の
ダメージアップで風ダメージアップを推奨されたり、
ver5.2だと「しんくうたつまき」の追加ということもあって
万魔の塔3攻略において、スティック天地雷鳴士向けに
戦神のベルトでのスティックによる風ダメージアップ需要が伸びることに。

実際には他の特技のダメージ増もありがたいので
・炎 … ひばしら、マグマ、れんごく火炎
・土 … じわれ、めいどうふうま
・雷 … いなずま
・風 … 水神のたつまき、しんくうたつまき
天地雷鳴士向けに、炎土風あたりのベルトが望ましく、
スティックの炎土風需要が喚起されている状況にもなっていました。

ホーム > 装備品選び

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る