Home > 装備品選び

装備品選び Archive

スコルパイド戦における「まも・まも・賢者・賢者」構成

物は試しということで聖守護者の闘戦記に初心者を連れ込み
練習という名目で必要最低限以外の装備はつけずに挑戦。
ただ、その必要な耐性というのがスコルパイド戦だと
即死と毒なので、現在主流の「混乱・呪い・麻痺・封印」にそぐわず
ゼルメア産装備との手持ちで相談しつつ採用となった職業構成が
「まも・まも・賢者・賢者」の構成でした。

現状だと賢者被りは「きせきの雨」をふらしやすいくらいのメリット

この場合だとバイキルトをかける方法が存在しないので
賢者が火力として活動するといった役割を担うと同時に、
ある程度通い慣れた同職業がどんな動きをするのか
実際に見せることにって立ち回りの習熟度が加速できると見込みました。

例えば常闇の聖戦での戦士2構成の場合や、
スコルパイド戦でのまもの使い2なんかは効果的で
実際ライトプレイヤーのみ在籍している自分のチームだと
付け焼刃として効果的な手段だったわけですが、
スコルパイド戦での賢者だと本来回復や雨に専念するポジションで
実際にはベホマラー被り・雨被りであまり効果的に動くことができず
こうなるともう片方はドルモーアで攻撃するくらいの支持の方が良かったような気も。

賢者における扇の立ち位置

スコルパイド戦だと火力職かバイキ職がほしいところで、
これがver5になると賢者も扇が使えるようになる調整が施されます。
その場合、スコルパイド戦において最適解になるかは別として
「風斬りの舞」を使えるようになることにより、
「まも・まも・賢者・賢者」の構成が1つの現実味を帯びてくることに。

そう考えると『賢者で扇は必須ような扱いになるのではないか』
くらいの有用性を帯びてきそうなものの、
ver4.5までの賢者においての現状の武器対応関係はというと、
・両手杖は攻撃魔力(魔法用)
・ブーメランは回復魔力(デュアルブレイカー盾装備可)
・弓(キラポン用)
というような住み分けが行われており、扇特技が基本的に
回復魔力が伸びず攻撃魔力が伸びる処置が施される話は出ているので
攻撃魔法兼バフ巻き用のポジションとして活動することになります。
(※最近の扇装備は攻撃魔力が伸びるばっかりなのですが、
 Lv90「孔雀姫のおうぎ」なんかは回復魔力が50も伸びる珍しい扇)

職業構成では、例えば賢者と天地雷鳴士が組む場合もあるので
その場合、どちらも扇を装備できることから必須とはやや言い難いところ。
また僧侶なしで賢者が参戦するような場合だと
当然回復能力を賢者で求められるので扇は使いづらそうなのですが、
賢者が扇を使えるようになる処置は、
賢者で活躍の場が増えることが示唆されてもいました。

幸運なことに呪文速度18%の扇は所持しているので
扇とブーメランの持ち替えでスコルパイド活動することは決定済みなのですが
もうぼちぼち呪文発動速度に関しては全武器で解放させてもいいような。

二刀流シールドブレイク

前の天獄の話からになってしまうわけですが、
ver4.5後期での「暗黒の星竜機」での周回の流行によって
ハンバトによる二刀流でのハンマー特技「シールドブレイク」で
防御力を下げる人がちらほら見かけることになりました。

シールドブレイクの青本P253での説明が次の通り。
>敵1体に通常攻撃の1.3倍のダメージを与え、
>2回に1回程度の割合で守備力を1段階下げる
>(1段階につき10%低下、最大2段階まで)
>二刀流のときは左手でも攻撃を行う
>(左手での攻撃にも、守備力を下げる効果がある)

シールドブレイクについては二刀流の場合だと
1撃目2撃目ともに防御力を下げる判定がある上に

「シールドブレイクの技巧」で50%ほど成功率を上げられることから
他の特技よりも防御力を下げやすい環境を構築することが可能です。

:追記
宝珠効果が武器種類が合っていないと効果が乗らない仕様があり、
左手に邪紋のつるぎを装備した場合だと
右手・左手による10%の上乗せは期待できそうなのですが、
肝心の左手攻撃によるシールドブレイクが
ハンマーでない都合で左手によるシールドブレイクの判定に対して
技巧の50%近くの効果がのらなくなるとの指摘があったので記事内容を修正。

「▽(やや効きにくい)」耐性くらいならば、すぐに低下させられる

上記の方法で成功率を上げた状態で「強戦士の書」で試し打ちをしてみることに。

「魔人エンラージャ」だと守備力低下については「◎」の耐性で
二刀流でのシールドブレイクを使うとちゃんと1撃目でも2撃目でも
守備力を下げる判定が行われているんだなと
確認できるくらいに守備力を下げやすくなっていました。

「悪夢の右手強&悪夢の左手強」だと守備力低下については「▽」の耐性なのですが
2度判定が行われることが大きく、何度か使っていれば順当に守備力を下げることができます。

「ヘルバトラー強」だと守備力低下については「▽▽」の耐性で
入りづらいのは確かなのですが根気強く使っていくと
やっぱり守備力低下が入ったので、基本的には「×」耐性でもない限り
強引にでも守備力低下をもっていくことが可能な状態なようです。

今まで実用に至らなかった理由

では何故今まであまりシールドブレイクの評価に対して
評価があたらなかったのか箇条書きで理由を述べてみると

・守備力とHPが非常に高い敵が少なく、守備力が低めな敵に使っても使い映えがない
・守備力が高い相手でも、魔法や会心といった他の代替手段がある
・ハンマーバトマスがテンプレ入りする職業構成が少ない
・チャージ技の「プレートインパクト」が超性能

平たく言ってしまうと、シールドブレイクを使うよりも
天下無双の連打でゴリ押してしまえばだいたい解決できたので
シールドブレイクを使う必要性が薄かったというのが大きそう。

またハンマーには「プレートインパクト」という超性能な特技が存在し、
「守備力2段階低下」「おもさ半減」「呪文耐性2段階低下」の
デバフ判定を二刀流によって2度行える上に範囲攻撃なので、
それならばシールドブレイクを使うよりも
プレートインパクトで下げた方がダメージも狙いやすくもなっていました。

(:追記
シールドブレイクの技巧有りなら右手ハンマー左手ハンマーがいいものの
プレートインパクトに関しては技巧派存在しないため、
そちらのみの成功率を上げる名目だと左手邪紋のつるぎで効果は出てくるそうです。)

そのような状態だったので今まであまり日の目を見なかったわけなのですが、
「暗黒の星竜機」での「30秒以内に モンスターの守備力を下げろ」というお題と
邪神の宮殿で邪神のベルトが手に入りやすくなった影響で
二刀流によるシールドブレイクで守備力を下げる行為が喚起されることになりました。

2個目の呪文発動速度埋め尽くし扇の使い道

防衛軍に通っていると光る箱から同一の錬金の埋め尽くし武器・盾が手に入ることがあり、

何の偶然か、こちらの武器と同じ錬金の装備の2つ目が手に入ることになりました。

扇が2つ手に入ったということになると、対象としては踊り子で
武器で呪文速度+18%×2個の腕装備18%で54%短縮みたいなことも可能なのですが
踊り子の場合だとスティックも装備できるので、呪文速度ではあまり旨味は出てきません。

左手でスティックをつける特技でのメリット

二刀流だと右手と左手を交互に装備することで
おいしい特技効果がステータスや特技に反映されることがあり、
速度スティックを片手につけた場合のメリットを挙げると、
・近接攻撃時に「MP吸収」が行われる
・戦闘勝利時MP小回復、中回復の判定有り
・特技での回復魔力の増加
・特技でのMPの増加
踊り子の場合だと回復魔力増加の恩恵は「よみがえり節」以外受けづらいところなのですが、
他はMP関連の上昇ということで魔法踊り子としては嬉しいメリットが発生することに。

装備品の比較

そのため、扇二刀流というのも見た目以外はあまりピンとはこないものの、
性能面では「ガルーダテンペスト」が
攻撃力+144 おしゃれさ+41 すばやさ+65 こうげき魔力+90 おもさ+3
同じLv100武器である「ルネッサンスステッキ」が
攻撃力+56 最大HP+8 おしゃれさ+19 MP吸収率+4.5 攻撃魔力+60 回復魔力+116 おもさ+10
踊り子で求められる攻撃力・すばやさ・攻撃魔力としては「ガルーダテンペスト」の方が優秀で
一方で「ルネッサンスステッキ」の場合だと最大HPが伸びるといったメリットも。

武器の追加効果で話すと「ガルーダテンペスト」が
「全ての風攻撃ダメージ+5.0%」「特技の範囲効果+1.0m」ということで、
踊り子の風ダメージだと「ピンクタイフーン」のダメージが上がる他、
「特技の範囲効果+1.0m」ということで「風斬りの舞」や「よみがえり節」の範囲が拡大。

一方で「ルネッサンスステッキ」では追加効果が
「開戦時60%で聖なる祈り」「ザオラルの射程距離+1.5m」ということで
踊り子にはメリットはないものの、「双月のステッキ」に落とすと
「開戦時50%で早読みの杖」「行動時3.0%でマホトラのころも」ということで
「双月のステッキ」だと踊り子でも恩恵に肖りやすい内容になっています。
短剣踊り子でザクザクしている分にはMPは問題になりづらいのですが、
邪神の宮殿で魔法踊り子で参加するとMPが問題になるときも出てくるので
そちらだとマホトラのころもで助かるといった場面も出てきます。

比較衡量すると、装備品の性能で見るならば
扇の方に軍配が上がるような決め手にはなっているものの、
スティックにはスティックでMPやHPが伸びたる旨味もあるといったところ。

ver4.5での竜牙石と破魔石ドロップの白箱について

最近、常闇の聖戦や聖守護者の闘戦記に通う機会も多くなり、
竜牙石や破魔石代もバカにならないということで
そちらの入手機会もぼちぼち創設する必要が出てきました。

その下準備としてver4.5だとどんな白箱装備を落とすのだろうと改めて調べてみることに。

竜牙石

・ヘルジュラシック

Lv96ガテリアの宝剣、Lv96天恵石の杖、Lv96トライバムボトム、Lv96トライバムグローブ

・エルダードラゴン

Lv96ドラゴンクロー改、Lv96雷竜の大盾、Lv96トライバルトップ、Lv96トライバルグローブ

・アックスドラゴン

Lv96ガイアのオノ、Lv96鉄壁のかぶと、Lv96鉄壁のよろい下、Lv96鉄壁のすねあて

・ベビードス

Lv93ヘカトンケイル、Lv93ケイオスネイル、Lv99族長のケープ上、Lv99族長のケープ下、Lv99族長のアーム

・アッシュリザード

Lv96天恵石のつるぎ、Lv96エンジェルウィング、Lv96トライバルトップ、Lv96トライバルブーツ

破魔石

・しにがみのきし

Lv99神域のオノ、Lv99鉄壁の大盾、Lv96鉄壁のよろい下、Lv96鉄壁のグローブ、Lv96鉄壁のすねあて

・バロンナイト

Lv99アカシックソード、Lv99鉄壁の大盾、Lv90大戦鬼のかぶと、Lv90大戦鬼のこて

・ベルフェゴル

Lv90邪術皇の杖、Lv90スライムショット、Lv99カテドラルミトル、Lv99カテドラルローブ

・トロルキング

Lv99神域のハンマー、Lv99アカシックウィング、Lv93ヴァンガードハット、Lv93ヴァンガードブーツ

・バッファロン

Lv96アンタッチャブル、Lv96ヒュドラの弓、Lv93降魔のサークレット、Lv93降魔のよろい上、Lv93降魔のよろい下

 +お供に出てくるモヒカントの白箱

Lv80天命のつるぎ、Lv80ヴァランガアックス、Lv80獄獣のズボン、Lv80獄獣のくつ

Lv35~Lv93装備のドロップ率上昇対策

ver4.5になってLv35~Lv93装備までの白箱のドロップ率が上昇することに。

大型アップデート情報 バージョン4.5[前期] (2019/3/28更新)|目覚めし冒険者の広場

そのため、竜牙石や破魔石のドロップを狙いつつ、
Lv93装備以下のみドロップする白箱を狙いたいなと思って調べると、
どれもドロップ率が下がってしまうLv96装備以上が含まれていました。
錬金次第で本気装備としてそのまま通用しそうな装備をドロップする一方で、
続けれて倒されるものなのでその辺の調整は済ませてあった様子。
そのため実態としては白箱での装備品ドロップ狙いよりも
武器・盾ならば防衛軍で、防具ならばいにしえのゼルメアを狙った方が手っ取り早そう。

特殊なケースだと、バッファロンの場合よくお供にモヒカントが登場するので
モヒカントからの白箱の入手に関しては高そうなのかなと思うわけなのですが、
武器も防具も型落ちが激しいところなので狙って手に入れるべきか難しいところ。

奇数HP・偶数HPの調整方法

聖守護者の闘戦記に1から挑戦してみたいという人がいたので
レギロから始めようとまた最近レギロを倒す準備に取り掛かったのですが、
想定していた僧侶装備だとHPが「奇数」になっていました。

これだと「天使の守り」で蘇生直後では、
最大HP半分未満で蘇生してしまうことから「聖女の守り」のサポート外で
最大HPの調整を「偶数」する必要性が出てきた、ということで
今回は偶数HPへの調整方法を色々模索してみることにしました。

結論から先に話すと、だいたいが偶数単位でのHP上昇手段が多く、
育ちきったステータスや装備品を前提にして話すと
「HP埋め金のロザリオ」と「攻撃力埋めの金のロザリオ」での付替え調整が便利です。

Lv108時点での奇数・偶数HPの職業編

・奇数:
戦士、僧侶、武闘家、盗賊、旅芸人、バトルマスター、
魔法戦士、レンジャー、どうぐ使い、占い師、遊び人

・偶数:
魔法使い、パラディン、賢者、スーパスター、
まもの使い、踊り子、天地雷鳴士

基本的に「天使の守り」で蘇生時で重要な話ということで
情報価値としては僧侶が奇数か偶数かというのが一番の焦点が当てられ
またLv上限解放になったときに変化することになる分類になります。

他には「剛勇のベルト」といった装備品で付与されたり
スーパースターでの必殺で「天使の守り」が付与されます。

いのちのきのみ

現在最大数は13個となっていて「奇数」となります。

スキルポイント160P~180P

・あそび
 160P さいだいHP+5(専)
 170P さいだいHP+15(専)
 180P さいだいHP+30(専)

遊び人以外の他の職業は160~180Pで最大HPについては調整できず、
パッシブのさいだいHPに関しては全て偶数の増加量となっています。

アクセサリー

アクセサリーの中で、奇数が発生しやすくなる装備をピックアップしてみました。

・金のロザリオ … 基礎値:奇数(5) 理論値:偶数(14)
・不思議のカード … 基礎値:偶数(0) 理論値:奇数(15)
・忠義の勲章 … 基礎値:偶数(4) 理論値:奇数(13)
・氷闇の月飾り、風雷のいんろう、炎光の勾玉 … 基礎値:偶数(0)
「HPとすばやさ+4」×3 … 偶数
「HPときようさ+4」×3 … 偶数
「HPとおもさ+3」×3 … 奇数

金のロザリオに関しては基礎値がHP+5で、「致死ダメージ時5%で生存」の伝承合成が多く
「HP+3」×3や「攻撃力+5」×3で2つ作っていることも多いことから
HPの偶数・奇数の調整についてはHP金ロザ・攻撃力金ロザを利用して調整することが多そう。

また不思議のカードで1万Gを支払ってステータスをリセットしたり
別途新しい不思議のカードを用意して奇数・偶数の調整も可能ではあります。

最近だとHP埋めの忠義の勲章需要も増えているわけなのですが、
僧侶で話すと「僧侶の証」が「致死ダメージ時10%で生存」効果があるので
どちらが優秀かと問われると「僧侶の証」の方に軍配が上がり勝ちです。

氷闇の月飾り、風雷のいんろう、炎光の勾玉の理論値としては偶数ですが、
なにぶん合成の選択幅が多いので作りかけで奇数という人も多そう。

Lv100の防具関係

防具に関してもだいたい「偶数」が多く、
頭装備のHP錬金次第で奇数か偶数か分かれることになります。

・頭装備:理論値で「HP+30」(偶数)、準理論値で「HP+29」(奇数)

・セット効果:錬金石を使えるLv85以上の装備は全て「偶数」
(※Lv50~80くらいの装備セットに「奇数」は存在します)

・大盾:小盾はHPが伸びる盾は存在せず(偶数扱い)
「奇数」Lv85炎帝の大盾、
「偶数」Lv80ウルベアの大盾、Lv90シャーマンシールド、Lv93風雲の大盾、
 Lv96雷竜の大盾、L99鉄壁の大盾、Lv100重装兵の大盾
Lv80以上の大盾でLv85炎帝の大盾以外は「偶数」と覚えておくと良さそう。

Lv100まで武器編

武器でHPが増える装備を奇数、偶数に分けてみました。
大別すると『片手剣と両手杖以外はだいたい偶数』で奇数は珍しい方です。
偶数が多い理由としてHP+3やHP+5の時代から進化して
HP+8+10くらいの装備が増えていることから
またHP+15くらいに進化すると奇数が増えてきそうという展望に。

・片手剣:(奇数)Lv96天恵石のつるぎ、Lv99アカシックソード、Lv100邪紋のつるぎ
・両手剣:なし
・短剣:(奇数)Lv85エンシェントククリ
・スティック:
(奇数)Lv7フラワースティック、Lv50ユグドラシル、Lv90栄華の王錫、Lv93リトルフェザー
(偶数)Lv65タイタニアステッキ、Lv70聖王のステック、Lv75ひかりのタクト
 Lv80ファンタスティック、Lv80ラクリマタクト、Lv85エンシェントタクト
 Lv96バージニアステッキ、Lv99双月のスティック、Lv100ルネッサンステッキ
・両手杖
(奇数)Lv65以上だと「Lv80不死者の魔杖」以外の両手杖全てHP+5の奇数
(偶数)Lv80不死者の魔杖(HP+0)
・ヤリ
(奇数)Lv75セラフィムのやり、Lv80アテナの聖槍、Lv85大鳳のやり、
(偶数)Lv70聖王のやり
・オノ
(奇数)Lv35キングアックス
(偶数)Lv70聖王のオノ、Lv75アポロンのオノ、Lv96ガイアのオノ、
 Lv99神域のオノ、Lv100ボルテージアックス
・棍
(奇数)Lv70聖王のこん、Lv85ポップンロッド、
・ツメ:なし
・ムチ:
(奇数)なし
(偶数)Lv90スライムウィップ、Lv96アステルウィップ、Lv99大獄獣のムチ、Lv100金剛のムチ
・扇:なし
・ハンマー:なし(※ハンマー特技150P「装備時さいだいHP+10」でも偶数)
・ブーメラン:なし
・弓:なし

僧侶だとステッキをメインで使う人も多いので、
だいたいのステッキが偶数と覚えていればいいのですが
呪文速度を求めてLv93リトルフェザーを愛用している人もいそうで
そちらの場合だと「奇数」となっています。

僧侶の場合、棍とヤリの持ち替えでHPが変わることもありえるものの、
最近の武器の場合だとHP量の増減が存在しないので気にしなくてよくなっています。

最大HPが一時的に伸びる料理

食べ物でHPを調整したいと考えると、☆1の奇数(+15)で調整することができます。
逆にバトルパッツァだと☆1以外で、スタミナライスだと☆2以外で奇数という形に。

・バトルステーキ、タンクハンバーグ、バランスパスタ、スタースイーツ
☆0 +10
☆1 +15
☆2 +20
☆3 +30

・バトルパッツァ
☆0 +5
☆1 +10
☆2 +15
☆3 +25

・スタミナライス
☆0 +5
☆1 +7
☆2 +10
☆3 +15

ホーム > 装備品選び

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る