Home > 装備品選び

装備品選び Archive

ver4.3におけるキラーパンサー用の装備品事情

ver4.3になってキラーパンサー用の装備品をLv99装備で
新調したいという話になったとき対象の装備となるのが次の通り。

Lv99装備内での比較

・族長セット
おしゃれさ+40 さいだいHP+8 こうげき力+5 必殺チャージ+1% 行動時5%でバイシオンとピオラ
・機工博士セット(攻撃魔力+35 +50 = 85)
おしゃれさ+55 さいだいHP+10 きようさ+50 コマンド間隔-0.5 行動時5%で早読みの杖
・ポールスターセット(攻撃魔力+39 +81 = 120)
おしゃれさ+65 さいだいHP+10 さいだいMP+8 2%で行動ターンを消費しない 呪文と特技の回復1.3倍

このうち、いなずまのダメージアップ用に攻撃魔力が伸びる装備がほしいので、
「機工博士セット」「ポールスターセット」が対象となるわけですが、
攻撃魔力差でポールスターの方が上回っているものの
いなずまによる攻撃魔力のダメージキャップが200上限なので問題にならず、
「コマンド間隔-0.5」が好感触ということもあり、「機工博士セット」の方が向いていそう。

Lv93スターダムセットが主流になった経緯

Lv99装備登場以前に主流となっていたのが、
Lv93装備の「スターダムセット」となっています。

・スターダムセット(攻撃魔力+35 +65 = 100)
おしゃれさ+55 さいだいHP+8 コマンド間隔-0.5秒 状態異常系の成功率+10%

聖守護者の闘戦記時点だとLv96装備がリリースされていたわけですが、
Lv96装備の服装備のセット効果を挙げてみると次の通り。
・トライバルセット
おしゃれさ+35 さいだいHP+8 こうげき力+5 コマンド間隔-0.5秒 攻撃時5%でチャージ時間-10秒
・砂海セット(攻撃魔力+30 +45 = 75)
おしゃれさ+50 さいだいHP+10 きようさ+45 風ダメージ20%減 光ダメージ20%減
・エトワールセット(攻撃魔力+37 +73 =110)
おしゃれさ+60 さいだいHP+10 さいだいMP+8 必殺チャージ率+1% 闇ダメージ20%減

この中でいなずまの連打に向いているのが「トライバルセット」なものの
トライバルセットは攻撃魔力が伸びないので耐性錬金との両立に難があり、
聖守護者用という観点からいうと「闇ダメージ20%減」の
エトワールセットが候補に挙がるものの、焼け石に水に近い状態。

そのため一番いなずまの連打にむいていたのが、
Lv93装備に遡り「コマンド間隔-0.5秒」で攻撃魔力が確保できる
「スターダムセット」が最適だと判断されるようになりました。
体下フリーなので、その点安上りに済むというのもポイント。

ちなみに他のLv93服装備のセット効果内容がコチラ。
・武神セット
おしゃれさ+30 さいだいHP+6 2.0%で行動ターンを消費しない 特技のダメージ+15(試合無効)
・ヴァンガードセット(攻撃魔力+25 +40 = 65)
おしゃれさ+45 さいだいHP+8 きようさ+40 必殺チャージ率+1% チャンス特技発生率+1%

「機工博士セット」と「スターダムセット」との比較

話をまとめると「攻撃魔力が伸びる装備」で
いなずまの連打がききやすい「コマンド間隔-0.5秒」という条件で、
「スターダムセット」から「機工博士セット」への系譜が繋がるといった形に。

セット効果を比較してみると次の通り。

・機工博士セット(攻撃魔力+35 +50 = 85)
おしゃれさ+55 さいだいHP+10 きようさ+50 コマンド間隔-0.5 行動時5%で早読みの杖
・スターダムセット(攻撃魔力+35 +65 = 100)
おしゃれさ+55 さいだいHP+8 コマンド間隔-0.5秒 状態異常系の成功率+10%

パラメータでいうと、実はスターダムセットの方が攻撃魔力が伸びています。
キラーパンサーのいなずまの場合だと攻撃魔力200でダメージキャップなのですが、
10回転生済みのLv50キラーパンサー(攻撃魔力110)に着せて話すと、
機工博士セットだと攻撃魔力が195
スターダムセットだと攻撃魔力が210
となるので、胸ブローチやカード枠あたりで若干補う必要が出てきます。
ただ、聖守護者用と考えるとそちらで補っても戦力差は出づらいので
攻撃魔力差で優劣がつくとは言いづらい状態。

パラメータでいうならば「機工博士セット」なのですが、
キラーパンサーだと「行動時5%で早読みの杖」が活かしづらい一方で、
「ネコパンチ」のスタン効果や「しっぷう攻撃」でのボミエ効果だと
スターダムセットの「状態異常系の成功率+10%」が活かしやすくなります。

あくまで聖守護者用という観点で絞ると
「機工博士セット」が現状で一番っぽいというような内容なのですが、
体下フリーのスターダムセット時代で強さ3を撃破できていたので
スターダムセットでも問題ないと判断でき、好みの問題でいいといった結論に。

ver4.3でのゼルメア産Lv96装備の位置づけ

「いにしえのゼルメア」で手に入る装備品については、
パラメータで話すと単純にLv96装備よりもLv99装備の方が高いわけですが、
ドラゴンクエスト10の場合だとセット効果が個性的なので
なかなか最上位のLv装備がいいとも言い切れない内容です。

  • 職業毎にほしいセット効果が異なる

例えば、Lv99ポールスターセットだと顕著な「旅芸人」用
(もしくは服装備で回復する仲間モンスター向け)の装備なのに対し、
エトワールセットだと必殺が強力なスーパスター・踊り子・遊び人向けのセット効果です。

またLv99カテドラルセットはセット効果のブレス耐性が有名ですが、
攻撃能力に関しては基本的なパラメータ以外は影響しないため、
攻撃に集中するという意味合いだと「全ての属性ダメージ+3.0%」の
セット効果をもつ「クルーガーセット」の方が攻撃能力が高いように感じられます。

  • Lv96の方だと属性耐性が上がるセット効果が存在

また、属性耐性を上げてダメージを無効化することも好まれており
Lv96だと「砂海セット」が風ダメージ20%減 光ダメージ20%減
「エトワールセット」が闇ダメージ20%減というように、
埋め尽くしとはいわないまでも2つほどセット効果と同じ属性耐性14%減少が続けば
もはや一生その装備を手放さないことをオススメするような効果が狙えます。
対して、Lv99装備の方だと今回は属性耐性が上がるセット効果は存在せず。

  • Lv99装備のカテドラルは体下フリー、ポールスターだと腕フリー

他にもセット装備としてカテドラルセットだと体下が無し
ポールスターセットだと腕装備が無いため、
全部位の装備品を拾い上げるという意味だとLv99装備だけでは完結しません。

ぶっちゃけてしまうと、その辺は錬金効果が高めの
「きじゅつしの服下」やら「皮の手袋」でもなんら問題はないんですが、
体下だと毒ガードが、腕装備だとレアドロップ率アップが狙えることから、
現在でもLv96装備が狙うというのも悪い話のようには思えません。

Lv96(1階~4階)

・砂海セット(盗賊、魔法戦士、どうぐ使い)
おしゃれさ+50 さいだいHP+10 きようさ+45 風ダメージ20%減 光ダメージ20%減

・鉄壁セット(戦士、パラディン)
おしゃれさ+35 おもさ+19 さいだいHP+12 受けるダメージを10軽減する

・トライバルセット(武闘家、バトルマスター、まもの使い、踊り子)
おしゃれさ+35 さいだいHP+8 こうげき力+5 コマンド間隔-0.5秒 攻撃時5%でチャージ時間-10秒

・クルーガーセット(僧侶、魔法使い、賢者、占い師、天地雷鳴士)
おしゃれさ+40 さいだいHP+10 さいだいMP+8 全ての属性ダメージ+3.0% 2.0%で行動ターンを消費しない

・エトワールセット(旅芸人、レンジャー、スーパースター、踊り子、遊び人)
おしゃれさ+60 さいだいHP+10 さいだいMP+8 必殺チャージ率+1% 闇ダメージ20%減

Lv99(5階~9階)

・シュバリエセット(戦士・パラディン)
おしゃれ+35 おもさ+19 さいだいHP+12 特技のダメージ+10(試合無効) 開戦時50%で聖騎士の堅陣

・カテドラルセット(僧侶・魔法使い・賢者・占い師・天地雷鳴士)
おしゃれさ+45 さいだいHP+10 さいだいMP+8 ブレス系ダメージ10%減 攻撃呪文ダメージ7%減

・族長セット(武闘家・バトルマスター・まもの使い・踊り子)
おしゃれさ+40 さいだいHP+8 こうげき力+5 必殺チャージ+1% 行動時5%でバイシオンとピオラ

・機工博士セット(盗賊・魔法戦士・どうぐ使い)
おしゃれさ+55 さいだいHP+10 きようさ+50 コマンド間隔-0.5 行動時5%で早読みの杖

・ポールスターセット(旅芸人・レンジャー・スーパースター・踊り子・遊び人)
おしゃれさ+65 さいだいHP+10 さいだいMP+8 2%で行動ターンを消費しない 呪文と特技の回復1.3倍

「いにしえのゼルメア」5~9階までの耐性装備

ver4.3になり「いにしえのゼルメア」も更新されることになり、
地下1階からスタートしてLv96防具を手に入れる仕様から
地下5階からスタートしてLv99防具を手に入れる仕様に更新されています。

何度か通っていると十分育ったキャラでも全滅の危険があるくらい
敵モンスターが強くなっていたりするので、ザオ持ちを2人いれたりと
それなりの対策は必要になってくるわけなのですが、
その中で「眠り耐性がないと全滅する」ことがあるといった話を聞いていて
実際に通っているとそれらしい現場に出くわすことになりました。

キラーアーマーの「ラリホーマ」


キラーアーマーがラリホーマを使ってくることがあって
一気に複数人眠った後に痛恨を打たれるパターンがあり、
ゼルメア最中だと最大HPが減っていたり、ダメージ量が増えていたりすることから
そのまま全滅させられてしまうケースもあるとのこと。

ドラゴンクエスト10のキラーアーマーはモンスター格闘場が初登場だと思ったのですが、
そのときにもラリホーマを使うことがあり、十分な耐性装備を確保できない世界なので
そのまま集団で眠らされてしまい全滅ということも珍しくなく、
キラーアーマーはその当時からかなりの脅威にはなっていました。

  • はざまの回廊のボスの中にも

自分ではまだ遭遇できていないのですが、幾つかパターンのある「はざまの回廊」のボスの中で
黒いお手手型のモンスターで「呪帯の紋掌」が「ラリホーマ」を使うことを動画で確認しました。

ドルイドの「メダパニーマ」「マホトーン」も注意


あとドルイドも集団で登場することがあり、こちらも「あやしいひとみ」で眠らせてくる他、
この辺はフィールド稼ぎでドルイド狩りが盛んだった時期もあったことから
「メダパニーマ」対策で混乱耐性を搭載したハンバトを利用したという人も多そう。
こちらも集団で出てくる上に「ギラグライド」「バギムーチョ」が痛いので、
混乱してまごついているうちにそのまま全滅してしまったということもありえる話に。
あと地味に「マホトーン」を使ってくるので、僧侶が封印されてしまうといったケースもありえます。

聖守護者の闘戦記(レギルラッツォ&ローガスト)用におけるブレスガード100%のカテドラル装備の注意点

ver4.3中に新しい「聖守護者の闘戦記」のボスである
「紅殻魔スコルパイド」が登場するわけなのですが、
ぼちぼち「レギルラッツォ&ローガスト」の攻略に乗り出したいとの
オファーを貰ったので、攻略メンバーの装備品から見直すことになりました。

最近だとブレスガードを100%防ぐことができる「カテドラルセット」の評判は高く、
実際に「レギルラッツォ&ローガスト」倒し続けているフレンドからも高評価で、
「レギルラッツォ&ローガスト」用として揃えるにはもってこいのセット装備です。

従来の耐性

まず、どこの情報サイトや攻略ブログでも推奨されている耐性を挙げると次の通り。

・頭装備:おびえ+混乱
・体上:ブレスガード+呪いガード
(もしくは闇ダメージを100%防ぐ目的での闇ダメージ減)
・体下:僧侶ならば回復魔力、アタッカーならば攻撃魔力
(※キラーパンサーだと混乱ガードでも問題無し。
強さ1を倒すだけならここで混乱ガード確保も現実的な話に)
・腕装備:僧侶だと呪文詠唱速度、天地雷鳴士だとMP消費無し、占い師だと会心
・足装備:身かわしかすばやさ

この基準を軸にカテドラルセットを揃えたという人も多いはず。
またカテドラルセットは体下フリーなので、
以前の体下装備をそのまま使えるというのも大きな強みとなっていて、
私なんかだと毒ガードの体下装備を使えるというのは大きな魅力に感じられるところ。

カテドラルセットでブレスガードを100%にできるということは

カテドラルセットはブレス盾を用意すると100%ブレスダメージをカットできます。

理論値:
・ブルームシールド … 基礎効果8%+(14%+14%+14%の錬金効果)=50%
・カテドラルセット … セット効果10%+(14%+14%+14%の錬金効果)=52%
・鉄壁のブレス耐性の宝珠 … 5%(飾り石で6%)
合計108%のガードが可能となっており、あとは予算にあわせたり
錬金石を使って補強して100%以上を目指せるというのが話題となっています。

そのため「レギルラッツォ&ローガスト」戦において、
ブレスガード100%を前提とした場合で話すと、
レギルラッツォの「ダークネスブレス」「絶対零度」を無効化できるということに。

つまり「絶対零度」を無効化できるという話になると、
耐性装備における「おびえ」の部分を省略することができ、
頭装備において「おびえガード」が必要ないということになるわけです。
(※ダークネスブレスに呪い効果があるので、こちらはブレスガードで防げるものの、
ローガストの「魔蝕」に呪い効果があるため、やはり呪いガードはほしいところ)

ブレスガード100%ならば頭装備は「混乱ガード100%+α」でいい

そのため頭装備に関しては、ローガストの「魔蝕」対策に
ブレスガード100%ならば「混乱ガード+α」でいいという話となります。
強さ1のみ向けという話となるならばHPを増やすのも1つの手ですし、
HPを落として参加する戦法が存在する強さ2~3向けだとMPを増やすのが最上となるわけです。

兼用という話となると、主流となっているのが邪神の宮殿との兼用で
「混乱ガード100% + 封印ガード40~60%」
「混乱ガード100% + 麻痺ガード40~60%」
というような購入の仕方もお勧めしやすくなっていて、
私がフレンドに勧めるような買い方をアドバイスするとなると、
ブレスガードを100%にしたのならば、邪神の宮殿用の装備と兼用を強く推奨したいところ。

  • 体上で呪いガードを含める人は、頭装備に「おびえ」錬金装備もオススメ

また、カテドラルセットは100%にすると高くつくので
「盾装備とあわせて80%以上くらいでいいよ」みたいな人や
「呪いガード100%の方が重要に感じるので、
体上に呪いガード錬金をを含めつつブレスガード80%以上を目指す」
というような人だと「おびえ+混乱ガード」の組み合わせでも依然として有効な話となります。

  • キメラと装備が兼用のケース

あと仲間モンスターの「キメラ」と兼用で揃えているという人だと
「キメラ」が盾が装備できずブレス100%ガードが不可能なので、
プレイヤーキャラにはいらなくても「おびえ+混乱ガード」を買わざるをおえないという事態も。
ただこの場合だとカテドラルセットのうまみが減じる話となるので、
別の装備セット(例:神託セット)をオススメするような内容になります。

阿見201さんの放送にて、取りよせ商チャガナ結晶金策のお話

第三期初心者大使の阿見201さんの放送をみていると、遊び人での結晶金策の話が出ていて、

取り寄せ商チャガナで再入手できる職業クエストの遊び人セット、
「遊び人のぼうし」「遊び人の服」「遊び人のてぶくろ」「遊び人のくつ」が
結晶4個手に入る上に100Gで仕入れることができると話題になっていました。

こちらは職業装備の★0とはいえLv50装備だということもあって、
そちらに倣って結晶が4個は手に入るといった仕組みが残ったお得な方法なのですが、

「天地雷鳴士の冠」「天地雷鳴士の装束上」「天地雷鳴士の装束下」「天地雷鳴士のくつ」
の天地雷鳴士セットについてもLv50装備なので同じように結晶が4個手に入ります。

バザーへの影響も考えられなくはないのですが、16時半ほどバザーで★2価格において、
遊び人セット・天地雷鳴士セットともに結晶価格で照らし合わせてみると、
買値と結晶化価格が同等のトントン価格だったので
現時点だと市場価格の方が高くなりすぎている嫌いがありました。

結晶金策特有の装備欄の空きを埋めてしまう問題は依然と存在しているので、
もろ手を挙げて万人が金策に参加できるといった話ではないわけですが、
修正後も用いられているくちぶえ呼び稼ぎでの過渡的な金策手段に用いる分にはちょうど良さそう。
遊び人セットだと体下がフリー、天地雷鳴士セットだと腕装備がフリーなので、
もし利用するならば、それぞれ体下と腕装備の別の結晶装備も見繕っておくのをオススメします。

ホーム > 装備品選び

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る