Home

うさぎ紳士のドラクエ10日記

「深碧の造魔兵団」戦での50秒の時間稼ぎ

「闇朱の獣牙兵団」「紫炎の鉄機兵団」「深碧の造魔兵団」
「蒼怨の屍獄兵団」「銀甲の凶蟲兵団」のうち、
オートマッチングで敵側の陣地に近づいて戦うとなると
「闇朱の獣牙兵団」「紫炎の鉄機兵団」戦が対象となっています。

相手側への陣地の移動の目安としては
「闇朱の獣牙兵団」だと順当には7:30前後が目安で
「紫炎の鉄機兵団」だと順当には7:50前後が目安となるでしょうか。

どちらにしても自陣の方にモンスターが出てくるので、オートマッチングだと
敵側の陣地に移動後は、防衛バリアの保護のために一度引き上げることが必要で、
「闇朱の獣牙兵団」だと4:59から出てくるので、5:10あたりで引上準備に、
「紫炎の鉄機兵団」だと6:09から出てくるので、6:20あたりで引上準備に取り掛かります。

「深碧の造魔兵団」は自陣側で活動するのが基本

一方で、「深碧の造魔兵団」だと7:54のモンスター沸きで一段落するため、
7:40~7:30あたりに味方同士で敵側の陣地へ移動するケースもあるのですが、
7:24あたりで再び自陣側の方にモンスターが沸きだし続けることになります。

そのため、「深碧の造魔兵団」戦のオートマッチング上だと
敵陣に乗り込まずに防衛に励むのがセオリーになっていて、
それでも敵側の陣地に移動するケースとしては、
誰か1人が敵側の陣地での大砲を拾いに行くことがあるくらいとなっており、
もし、7:40~7:30で集団で敵陣地に渡ろうとするならば、
敵陣地に向かわないよう諫めるチャットをする人もいるくらいの話となります。

「深碧の造魔兵団」でのオトリ作戦

「深碧の造魔兵団」だと敵陣地に乗り込まないことがセオリー化しているのですが、
敵陣地に乗り込んで「深碧の造魔兵団」で有用な足止め戦術が存在しており、
最大で50秒間の足止めが可能で、防衛バリアの負担軽減にも繋げることができます。

「深碧の魔壊将ブラゴ」が移動モードで、(私たちにとって)敵陣地側の橋の前に移動したときに、
誰も近くにいない場合だと、橋の方に進行(移動モードへ移行)し始めるのですが、
誰かが近くにいる場合だと、その対象にむけて攻撃(戦闘モードへ移行)する性質があります。

この地点での戦闘モードについては最大で「50秒間」続くため、
もし誰かが「7:40」あたりで敵陣地に渡って敵陣地で活動していた場合、
「深碧の魔壊将ブラゴ」の移動モードを遅らせることができることになるわけです。

オートマッチングだと集団であちらに渡ってしまうと
自陣での防衛バリア保護が難しくなってくるわけですが、
1人だけ敵陣地に渡って活動する分にはカバーしやすく、
50秒間進行を遅らせることができる「オトリ作戦」が可能となります。

「オトリ作戦」については「蒼怨の屍獄兵団」戦で有名になったわけですが、
防衛軍の初期の頃だと、「深碧の魔壊将ブラゴ」で敵陣地に渡るケースも頻出していたので、
その場合だと、実は意図していない「オトリ戦術(足止め作戦)」の構図となっていたことに。

現在でも単独で大砲を拾いつつ、敵陣地で意図的に活動して
時間を稼いでいたりする姿を見かけることもあるのですが、
大砲を拾って戻ってくるときに「深碧の魔壊将ブラゴ」の攻撃を受けても、
実はちょっとだけ時間は稼げていることにもなります。

「蒼怨の屍獄兵団」や「深碧の魔壊将ブラゴ」以外でも「オトリ戦術」は存在していて
「闇朱の獣牙兵団」の場合、「強襲隊長シシオウ」を倒すのに手間取って
「闇朱の破砕将ボーガ」が6:10にこちらの橋を渡り切って
「魔鐘召喚」を使いだすといった事態を避けるために、
7:30あたりに単独で「闇朱の破砕将ボーガ」に近づいてオトリ作戦を開始する
といった防衛術も存在しており、その解説については緑本のP113に記述がありました。
その場合だと1分ほど時間を稼げるとのこと。

  • オトリ戦術があっても基本的な立ち回りは必要

ただし、「深碧の造魔兵団」戦に関しては、「深碧の魔壊将ブラゴ」が自陣に乗り込んできた後、
誰も壁をせずに進行を遅らせないならば、あっという間に防衛バリアに張り付かれてしまいます。
(※移動モード中のふっとばしでの透明ワープも、防衛バリアへの到達を早めてしまう行為)

オトリ戦術はオトリ戦術で有効ではあるものの、誰かが壁をして
進行を遅らせるといった基本テクニックは必要だということで、
「深碧の魔壊将ブラゴ」が防衛バリアに到達後は、
防衛バリアと「深碧の魔壊将ブラゴ」の間に割り込むのは避け、
「深碧の魔壊将ブラゴ」と「攻城隊長ガンザン」の間に入って進行を止めつつ攻撃するのがベスト。

防衛軍ボスの「蓄積ダメージによるスタン」のダメージ値表

防衛軍の各種ボスの場合、一定以上のダメージを与えると
「ダメージが蓄積された」ということで20秒間休み効果が発生します。

緑本P107の記載

詳細については緑本P107に記載があり引用させていただくと、
>基本的には、HPが最大値の95%以下、85%以下、
>67%以下、44%以下、20%以下になったときに、
>1回ずつダウンする
ということで、最大で5回ほどダメージでダウンするチャンスが存在します。

実際は各種のスタン系の特技がさく裂していたり、
フォースブレイク・強化ガジェット零式・ウォークライ効果等で
一気にダメージを削っている最中だったりするので
5回丸々発生するとも限らない他に、「移動モード」中だと
条件を満たしていても「戦闘モード」に移るまで反映されないとのこと。

3種のボスの最大HPでの計算

緑本だと3種のボスの最大HPが記載されているので
今回実際の数値としてはどのようになっているのか
当てはめて計算してみることにしました。

・闇朱の破砕将ボーガ … 最大HP700,000
最大HPの95% … 665,000 (与ダメージ:35,000)
最大HPの85% … 595,000 (与ダメージ:105,000)
最大HPの67% … 469,000 (与ダメージ:231,000)
最大HPの44% … 308,000 (与ダメージ:392,000)
最大HPの20% … 140,000 (与ダメージ:560,000)

・紫炎の滅機将シュバ … 最大HP600,000
最大HPの95% … 570,000(与ダメージ:30,000)
最大HPの85% … 510,000(与ダメージ:90,000)
最大HPの67% … 402,000(与ダメージ:198,000)
最大HPの44% … 264,000(与ダメージ:336,000)
最大HPの20% … 120,000(与ダメージ:480,000)

・深碧の魔壊将ブラゴ … 最大HP620,000
最大HPの95% … 589,000(与ダメージ:31,000)
最大HPの85% … 527,000(与ダメージ:93,000)
最大HPの67% … 415,400(与ダメージ:204,600)
最大HPの44% … 272,800(与ダメージ:347,200)
最大HPの20% … 124,000(与ダメージ:496,000)

実際の蓄積ダメージのスタンの特徴に関していうと、
最大HPの100%から95%へ削るのは楽で、かなり早い段階でスタンをとれ
後半に従うにつれ、与ダメージの差が大きくなっていく構造です。

今いくつくらいのダメージを与えたのか厳密な計算は難しいので
「HPの色が、白の段階で3回(95%、85%、67%)」
「黄色の段階で1回(44%)」「赤色の段階で1回(20%)」ということで
ボスへの攻撃が継続している状態ならば、
HPの色が変わって少しするとダウンするものと思って良さそう。
このことを理解していると、蓄積ダメージのスタンの他でのスタン技については
実はもっと適切なスタン狙いができるといった仕組みにもなっています。

NPC武器・盾・防具の販売一覧表

基本的にNPCが販売している武器・盾・防具よりも、
旅人のバザーで購入できるプレイヤー作成の武器・盾・防具の方が優秀なのですが、
一度NPCで販売している装備が新規プレイヤー向けに劇的に下がった経緯があり、
初心者ならばそちらを利用した方がお財布の負担が少なく
進行もスムーズだろうということで、今回NPCが販売する装備をまとめてみることに。

それらしい法則性を挙げると次のような具合に。

  • 初期町 … Lv1Lv7武器・盾、Lv1防具(各種族服)
  • 中継地点その1 … Lv1Lv7武器・盾、Lv7防具
  • 小国 … Lv1Lv14Lv21武器・盾、Lv14Lv21防具
  • 中継地点その2 … Lv28武器・盾、Lv28防具
  • (※例外的にザマ烽火台だとLv14武器・盾・防具、海辺の交易所だとLv35武器・盾・防具)
  • 大国 … Lv1Lv28Lv35武器・盾、Lv28Lv35防具
  • 中継地点その3 … Lv35武器・盾、Lv35防具

武器に関しては、初期町・小国・大国をまわればLv1~Lv35まで網羅できるのですが、
防具に関しては、最初の方の中継地点でのみLv7防具が購入できるといった特徴があります。
(※獅子門の集落・木かげの集落・祈りの宿・モガレキャンプ・ピィピのお宿が対象)
あとLv35防具に関しては、鎧一式(まほうの鎧セット)は取り扱っていません。

販売しているLv帯としては『Lv1、Lv7、Lv14、Lv21、Lv28、Lv35』までで、
それ以上の装備品を求めようとすると旅人のバザーや白箱等に頼る他ないのですが、
格下 レベル35以下のモンスター関しては白箱がドロップしやすい仕様が存在するので
最初の方は白箱がたくさん出てくるのでそれで間に合うケースも出てきます。

「安く買える」のと「お買い得」というのは全く別物

値段について大雑把にまとめてみると次の通り。
・Lv1武器・盾・防具 … 10G
・Lv7武器・盾・防具 … 15G~20G
・Lv14武器・盾・防具 … 30G~170G
・Lv21武器・盾・防具 … 45G~300G
・Lv28武器・盾・防具 … 70G~360G
・Lv35武器・盾・防具 … 100G~570G
今の時代では安価に武器防具が手に入るというのは事実なのですが、
クオリティの高い装備だと「汗と涙の結晶」を多く取り出せるため、
実は旅人のバザーある程度ならば高くても「汗の涙の結晶」を取り出せば
利益ラインを越えれば逆に儲けることができるといった仕組みが存在しています。

いわゆる「(汗と涙の)結晶金策」と言われるもので、
汗と涙の結晶が1個3000Gで取引されていると仮定すると、

例えばこちらのLv1装備でクオリティが☆3
「呪文発動速度錬金+2%」
「呪文発動速度錬金+2(-1)%」(※錬金失敗)
「呪文発動速度錬金+2(+1)%」(※錬金大成功)
といった効果がついていると、右上の方に
『結晶の個数』が4個取り出せるので、もし使い込み度が100を超えると
この「かしの杖+3」が消失する替わりに、汗と涙の結晶が4個手に入るといった仕組み。
3000G換算ならば12000Gで、5900Gで販売されているので6100Gくらいの利益になります。

ただし、実は使い込み度は50から結晶化は可能(※獲得数は減少)で、
NPC製品でも汗と涙の結晶は最低でも1個は取り出せることから、
最初の方だと回転率差も含めNPC製品の結晶化もそこそこ儲かります。
(※結晶化する回数は制限があって、1日当たり10回までで、
 取り出さなかった分の回数はそのまま翌日以降に持ち越し。
 持ち越しは最大で250回まで蓄積されることになります)

ひとまずクエスト番号129「汗と涙の素材屋ぼうし」のクエストを
クリアしていると金銭的にお得になるのでなるべく早めにクリアしましょう。
(※モンスターから手に入る装備品だと結晶化はできない仕様なので注意)

オリジナル商品

尚、プレイヤーが作成できないNPC製品オリジナルの装備も販売されていることがあり、
初期町・初期中継所だと「かしの大盾」「いばらのムチ」
岳都ガタラだと「かいとうの仮面」
王都カミハルムイ南だとLv1Lv28Lv35「弓とブーメラン」が販売されていて
ガートラントだとLv1Lv7Lv28Lv35「ハンマー」が販売されています。
なぜ弓・ブーメラン・ハンマーが限られた場所のみで販売してるのかというと、
初期職業の「戦士・僧侶・武闘家・盗賊・魔法使い・旅芸人」では
弓・ブーメラン・ハンマーを装備できる職業が存在しないことからの処置とのこと。

錬金納品用の☆1装備

あと、娯楽島ラッカランと港町レンドアでの武器防具屋さんだと
通常のLv1装備だと10Gなのですが、50Gになっていて、
ギルドマスター依頼での納品用に☆1のクオリティで販売されています。

以下、ブログ検索用にどこで販売しているのかの装備名と値段の記載。
「いばらのムチ」なんかは流浪(野生)シリーズのNPCで必要になるときも。

全文を読む

オーヤマさんの「教官ドレア」レシピ

昨日プクリポキャラで作った新ドレアがコチラ。

元ネタは、先日配信された第1期初心者大使の初美メアリさんと
第4期初心者大使の大山雄史さんの放送にて
第7期初心者大使の「教官」役を担うことになったことから
形から入るということでのドレア配信を開始することに。
【DQ10】ドラゴンクエストX初代初心者大使 初美メアリの生放送【教官配信】 – ニコニコ生放送
【DQⅩ】第4期初心者大使大山雄史の生放送です 【まずは教官として形から】 – ニコニコ生放送

元祖のオーヤマさんのドレア内容としてはコチラ。
・初級魔法戦士ベレー
・しゅうれんぎ上
・どうぐ使いのズボン
・スパイクグローブ
・エトワールブーツ
https://twitter.com/ooyama02/status/1097191971511185409
お手軽にマネしやすい割にはサバイバル系の教官として伝わりやすく
ドラゴンクエストⅩのドレアの奥深さを物語るドレアにもなりました。

「エトワールブーツ」を旅人のバザーで買うには割高に感じたので、
自分だと「防衛軍のブーツ」の方で転用して安く済ませることにしています。
プクリポだと足装備はだいたい何でも通用しがちなのですが、
あちらは防衛軍装備の利用は甘え的なニュアンスでいたようで、
コメントを参考にエトワールブーツの方を採用することになっていました。
他にも教官と言われると学園キャラのシュメリア装備も良いのではないか
とのコメントを見かけたわけですが、こういうときに学園コスチュームも便利そう。

あと「ほほの傷シール」のバッテン印が、カタカナの「メ」に見えるということで
初美メアリさんの「メ(アリ)」ということにしようといった話もあったのですが、
完成系のドレアだと「ほほの傷シール」はないようで立ち消えっぽくなった可能性も。

コチラが、噂の白アイパッチと黒アイパッチを装着して
やみくもに前が見えなくなってしまう「心眼スタイル」。
昔インコさんの放送でも話題になっていたのですが、
実際にやると、遠目ではサングラスをつけてるようにしか
見えないので色を別個に変えないと意図が伝わりづらい弱点がありました。

「ボケ」た後の「ツッコミ」の特殊な仕様

ドラクエ10において「おたけび」や「ボケ」特技は
耐性によっては敵モンスターの動きを止める重要な特技で、
現在でも防衛軍では防衛バリアの防衛に多用されている特技となります。

「おたけび」と「ボケ」の比較

  • おたけび

「おたけび」の場合だと、関連パラメータは「きようさ」
周囲5mの効果範囲で「休み(おびえ)」の効果で12秒動きを止めます。
特技使用で「準備時間」は存在せず即発動が可能なので
緊急なほど使い勝手がいい特技となっており、
「きようさ」のパラメータは個々で上げやすいので
パラメータの上昇による成功率も上げやすいのが特徴。

  • ボケ

「ボケ」の場合だと、関連パラメータは「みりょく」
周囲5mの効果範囲で「休み(笑い)」の効果で12秒動きを止めます。
「準備時間」は1.5秒ほど存在するためそこそこ時間差があり、
「みりょく」のパラメータは職業差が大きく、
高い職業だと「スーパースター」「まもの使い」「どうぐ使い」「レンジャー」
低い職業だと「武闘家」「バトルマスター」「盗賊」「戦士」では
それぞれ倍近く開きが出てくるといった特殊なパラメータです。
「ボケ」の特技と「みりょく」という数値

笑わせた敵の数だけテンションが上がりつつ、
テンション1段階以上は上がりづらくなる特徴があり
使い方次第では動きを止めつつテンションを上げられるため、
多少の準備時間はあれども「おたけび」よりも効果が大きい特技にもなっています。

最近だと天獄で「会心のボケ」のお題が出てくることがあり、
おたけびだと会心率が「〇(半減)」、ボケだと「◎(等倍)」で
ボケの方が会心率が出やすいといった特徴も認識されるようになりました。

「ボケ」た直後のツッコミでの「笑い」の仕様

青本P244にて「ボケ」の特技の解説が書いてあるのですが、
この他に「ボケ」た直後の「ツッコミ」の仕様が書かれていました。

タイミングとしては「タライが落ちてからポーズが決まるまでのあいだ」。
こちらで発生した「休み(笑い)」だと、通常の「ボケ」にはない特徴が3つあります。

  • 通常の「ボケ」よりもやや効きやすい
  • テンション上昇は発生しない
  • 相手の休み耐性を一時的に上昇させない

紫本P335にて「各種の休み」発生によって「57~63秒」
「笑い、転び、おびえ、踊り、しばりへの耐性が劇的に上がる」
との記載があるわけですが、このボケ直後のツッコミに関しては
休み耐性を一時的に上昇されない特殊な現象の1つになるようです。

Home

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る