Home

うさぎ紳士のドラクエ10日記

エルフ男性の「ツバクロ」というキャラクター

どうしてもエルフ男性というのはキャラクター不足が指摘されており、
現在となってはエルフ男性を使う初心者大使の方が人気が出ている中で、
あまり話題とされることがないNPCエルフ男性が「ツバクロ」というキャラです。

【ツバクロ】 – DQ10大辞典を作ろうぜ!!第二版 Wiki*
今回は依頼書にも出ているツバクロというキャラクターについての紹介。

ツバクロの登場場所としては、主に職人クエスト内のストーリーで
木工職人やランプ錬金職人で彼の姿を見かけることがあり、

期間限定クエストの「ジューンプライドの憂鬱」でも地上げ屋として登場していました。
(※おもいでの映写機での季節イベントのウェディング「ささやかなもの」にて確認可能)

残念なことに木工職人は自分のキャラで持ち合わせてはいないのですが、
ランプ職人ならいるので、マスター・ヴェキオの話をそのまま持ち出すと

「エルトナ大陸で ハバをきかせてる ヤバいヤツ」
「ツバクロたちは カミハルムイ領南の 時雨の泉あたりを 根城にしているらしい」

マイナーな場所で登場するということで知名度が無いということもあるのですが、
キャラクターの性質としては「ツバクロ組」というゴクドー的なキャラとなってしまいます。
そのため、運営側としては人気が出てもらっても困ってしまうといった事情もあるように思え、
雰囲気付けとしては使い勝手のいいキャラクターなものの、前面に出すには持て余してしまう様子。

10月22日~10月28日版:達人クエスト、ピラミッド確定アクセ


・圧勝のベリアル強討伐!
パーティメンバー全員 一度も死んではならない。
・怒涛のスーパースター軍団VS悪夢の右手強!
スーパースター 4人のパーティで挑むこと。
パーティメンバー全員 どうぐの使用を禁ずる。
・迅速な覚醒プスゴン討伐!
2分を制限時間とする。
・怒涛の僧侶軍団VS第四の霊廟!
僧侶 4人のパーティで挑むこと。
パーティメンバー全員 どうぐの使用を禁ずる。
・グリーンオーブを4個集めよ!

  • ピラミッド確定アクセ層

・ピラミッド第七の霊廟で確定ブローチ
・ピラミッド第九の霊廟で確定アンク

全文を読む

悪役と乙女ゴコロ

ver4から「顔ドレア」や「口紅」が実装され、
男女に関わらず口紅をつけることができるようになります。

今回は、ドラゴンクエスト10において記述として確認できる口紅に纏わる話について。
以下、ストーリー進行上のネタバレに関わるキャラクターについて触れているのでページの折り畳み処置。

全文を読む

秋のマジカル★カーニバル(~2017年10月31日(火)23:59)

2017年度のハロウィンクエストにいってきました。

秋のマジカル★カーニバル (2017/10/19 更新)|目覚めし冒険者の広場

今年は特にクエスト形式の進行ではなく、
主軸となるのがコロシアム形式の賞品獲得となります。

今回の目玉となりそうなハロウィン内容についてまとめると、

  • 「ギュッとおばけ」(傘装備)
  • 「ハロウィンの(新作)家具」
  • 「秋のマジカル★カーニバル」(コロシアム)
  • 「2時間限定の種族変更」

そのためコロシアムに興味がない場合だと、
「ギュッとおばけ」を貰い、ハロウィンの家具を見た後は
今回のイベントとしてはアッサリ終わるというような形に。
ただ、何よりも「2時間限定の種族変更」を待ち望んでいた人たちも多く、
気づいたらフレンド欄が種族変更しまくりだったというようなことも珍しくありません。

肝心の「秋のマジカル★カーニバル」の報酬に関しては
特にここでしか手に入らないユニークな賞品はないので
無理に参加する必要性は感じないのですが、特にコロシアムに興味がない私でも
楽しめるようなライトな内容だったので、気楽な気持ちで参加するのがちょうど良さそう。

一応3キャラが100個のスタンプが溜まるまでは参加していて
だいたい半分くらいの確率で勝利できることから、
ハロウィンスタンプは6~8戦くらいで100個たまるような感じです。

「秋のマジカル★カーニバル」の特技解説

秋のマジカル★カーニバルで使用できる特技について。

  • ショコラアタック
  • ショコラクロス(チャージ技)
  • キャンディドロップ
  • バターボンバーorジャムボンバー

最初なにをやればいいのか正直よく分からないので
まずは各特技の射程距離を把握することから始まることになります。
ひとまず多用することになる「ショコラアタック」か
「キャンディドロップ」を当てることを意識しましょう。
「ショコラアタック」が直線状の範囲攻撃、
「キャンディドロップ」がゴールドシャワー形式の周辺攻撃になっています。

「ショコラアタック」はそこそこ射程距離があるのですが、
横には狭いので相手の方を向いていないと当たりづらく、
動いている対象に対して当てるのがコツが必要なことから、
相手の特技使用の硬直に合わせて使って倒していくのが1つのセオリーになります。

「キャンディドロップ」は周囲技なので、
範囲距離を掴んでいれば確実に当てられるメリットがあります。
そのため、相手の正面に立たないよう近づいて使うと効果的なのですが、
相手も慣れてくると、待ちのキャンディドロップで返されたり
範囲外からショコラアタックを使ってくるようになっていました。

「ショコラクロス」の使い方としては、前後左右の四方への直線技にはなるのですが、
複数人を当てようと構えていると使う機会が細くなってしまうので、
「ショコラアタック」よりも射程が長い技と思って使うのがベターな気はします。

「バターボンバー」や「ジャムボンバー」は使い方が分からない人も多く、
相手の対象を選ぶタイプの遠距離設置爆弾技ではあるのですが、
相手の対象を選ぶ仕様上、遮蔽物の後ろにいるとその対象が選べないことがあります。
また、自分がバター側なのかジャム側なのか把握せずに進行していることも多く、
自分の特技をみると「バターボンバー」か「ジャムボンバー」が表示されるので、
そちらをみればどちらが自分達に有利・不利な爆弾か把握できる様子。

防具鍛冶職人のキキナ

モンスターからドロップした依頼書を見ていると

暗に防具鍛冶の「マスター・リリム」について話しているので、
どうやら防具鍛冶ギルドの人物が依頼しているのだろうと探してみると、

マスター・リリムの真ん前で銅鍛冶ハンマーを振るっている人物がキキナさんでした。

Home

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る