Home

うさぎ紳士のドラクエ10日記

ウルベア帝国の調律バインダー

防衛軍の実績埋めもひと段落したので、ぼちぼちLv上げに取り掛かりたいと思い
ひとまず追加になった「調律バインダー」から片付けようかと考えることに。
多少は便利なったものの、例のごとく移動中は討伐対象が見づらいので
ver4.3地域の討伐対象のモンスターを画像としてまとめてみることにしました。

  • ウルベア帝国 … ダラズ大鉱脈、カルデア溶岩帯、ガタラ大山林


ダラズ大鉱脈だとネクロバルサは北東地区に、まおうのかげは北西地区にいます。
カルデア溶岩帯だとばくだんサーカスはE-7付近にいました。
れんごくまちょうは呼びすぎで全滅の危険あり。
ガタラ大山林のブルサベージはB-2付近にいて、北側から落ちる必要があります。

冒険者のおでかけ超便利ツールでの「釣りビンゴ」のつきあい方

ver4.4から超便利ツールの方で「釣りビンゴ」が実装され、
指定の魚9匹がビンゴ上に9マス分配置されており、
ツール上でそれぞれ釣り上げビンゴを発生させると景品が手に入る仕組み。

ビンゴ景品

  • 初級

ビンゴ1本 … ふくびき券5枚
ビンゴ2本 … ゆめのかけら3個
ビンゴ3本 … ふくびき券5枚
ビンゴ4本 … ゆめのかけら3個
ビンゴ5本 … ふくびき券10枚
ビンゴ6本 … ゆめのかけら4個
ビンゴ7本 … めぐみのしずく1個
ビンゴ8本 … メタル迷宮招待券1個

  • 上級

ビンゴ1本 … ふくびき券10枚
ビンゴ2本 … ゆめのかけら6個
ビンゴ3本 … ふくびき券10枚
ビンゴ4本 … メタル迷宮招待券1枚
ビンゴ5本 … ゆめのかけら6個
ビンゴ6本 … ふくびき券20枚
ビンゴ7本 … ゆめのかけら8個
ビンゴ8本 … めぐみのしずく2個

特にメタル迷宮招待券が手に入ることが魅力的で、
1週間おきに手に入ることから積極的に狙っていきたいところ。
ただ、自分だと3キャラ分頑張ってみたのですが、釣り竿の工面ともに
そこそこの負担に感じられたのでメインキャラのみに絞った方がいいケースも。

上級ビンゴは、その日に対象の魚が存在しないことも

初級の場合だと、各レベル上げ釣り場の
初級・中級・上級でビンゴ対象の魚が表示されるのですが、
上級の場合だと、スペシャル釣り場でのみ登場する魚が対象になることがあり、
その日のうちに対象となる魚が存在していないことがあります。

そのため、更新日である日曜日にジェムを使って挑戦していると
ビンゴ8本にはもうできないといったことも十分ありえる話に。
そのためか、上級の場合だとビンゴ4本でメタル迷宮招待券1枚と
人気の報酬がビンゴ8本から切り下げられる処置が施されていました。

これによって釣りビンゴとの最適なつきあい方は人それぞれとなっていて、
・上級ビンゴ8本を常に狙っていく
・上級ビンゴ4本を目標に狙っていく
・初級ビンゴ8本だけで十分
というように自分の環境にあわせて景品を狙っていくとお得です。
オススメは、確実に狙いやすい「初級ビンゴ8本」を狙って
上級ビンゴについては惰性でつきあってみるあたりが一番かなと。
これくらいのつきあい方ならばジェムを消費せずスタミナの範囲内で活動できます。
ただ、釣りレベルが最近上昇したばかりということもあるので、
気が向いたならば上級ビンゴをガンガン狙ってみると
釣り経験値も入るのでお得といった環境下なのは間違いありません。

釣り竿とルアーのコスト対策

私だと、氷の釣り竿改☆3+天使のルアー☆2を好んで使ってるわけですが、
これを初級・中級の釣り場で使うのは適切ではなく、
メタル迷宮券を獲得するためにそれ相応のコストがかかってしまうことに。

そのため、初級の釣り竿に関してはレンドア南のNPCが販売している
銀の釣り竿☆0+銀のルアー☆0で釣り上げることをオススメします。

場所は、港町レンドア南E-4の道具屋マリシアさん。
どちらも800Gなので、要が済んだらそのまま処分してもお財布の負担が少ないのも強み。

また中級に関しても、通常の属性釣り竿+マデュライトルアーあたりを
オススメしたいところなのですが、それをすると釣り竿とルアー分
アイテム欄の場所を占有してしまう問題があったり、
十中八九、釣りビンゴの影響で中級帯の釣り竿とルアーが値上がりしており、
属性釣り竿で3万、マデュライトルアーで4万するといった世界になっており、
それならば当面の場繋ぎ用に、属性釣り竿改☆0と天使のルアー☆1を
中級向けの釣り竿として確保したのですが、これくらいになってしまうと
上級釣り竿でもほぼ失敗なしで釣れるため、結局は中級と上級が兼用状態に。

つまり、ver4.4からは中級クラスの釣り竿とルアーが需要が出ていて
価格上だと供給が追い付いていない職人の稼ぎ時になっていると評価できるかと思います。

ver4.4での残響の海蝕洞でのキラキラポイントについて

ver4.4になってキラキラ拾いの調整が入ったとのことなので、
ひとまず有名なキラキラコースを回って変化を体験してみることに。

「アステライト鉱石」と「うつろい草」コースの
古レビュール街道北・古グランゼドーラ領・
古ロヴォス高地・古レビュール街道南を回ってみたところ
これといった変化は体感できず。

「アステライト鉱石」と「古代樹の化石」コースの
バントリユ地方、ティプローネ高地、エテーネ王国領
を回ってみたところでもこれといった変化は体感できませんでした。

ただ、残響の海蝕洞に関しては別でそちらでのキラキラだと
「プラチナこうせき」「おうごんのかけら」「アステライト鉱石」
しか手に入らなかったところに「大きな貝がら」を拾うことがありました。
獲得率としては同ポイントの「おうごんのかけら」と同じ程度かなと思うのですが
まだそれほど通いこんでいないので、そこそこ手に入る以外なんともいえず。

あと緑本P31のマップ情報と照らし合わせながら確認しているのですが、

C-4とD-5のポイントだと以前キラキラはなかったような?

邪神の宮殿 天獄解放待ちのお祭り騒ぎ

昨日の天獄を取り巻く状況がおもしろかったので
自分の環境化でどのような状態だったか記録してみることにしました。

まず11日の夜になって天獄の特設サイトが解放されることに。
邪神の宮殿に『天獄』が登場! (2018/12/11)|目覚めし冒険者の広場
邪神の宮殿 天獄|目覚めし冒険者の広場
この時点で既に「天獄」解放のスタンバイをしている人も出てきており、
ガチ勢で有名な第4期初心者大使の大山雄史さんのツイートも話題に。
https://twitter.com/ooyama02/status/1072460804858003462

ただ、解放条件については現在でも明確になっておらず、
「ある特定の条件が満たされると門が開く」という情報だけなので、
推測するに1~4獄のクリア回数あたりが条件なのだと思うのですが、
動くに動けずにその場でお祭り状態で待ち続ける人が増えていきました。

天獄が開いた(開いてない)事件

私だとチームメンバーでどこにいこうかの要望をとった結果
11日の夜はサブキャラのストーリー進行に出かけていて、
23時あたりになるとフレンドチャットで「天獄が解放された」との一報が。
その後すぐに「天獄が解放されたのは間違いで、24時に解放される」
との訂正が入ることになって「特設サイトに紛らわしく解放されたとの表記があった」
というように誤情報が発信された経緯も伝えられることになりました。

このように23時頃の時点で「天獄の扉が開いた!」との表記で、
「天獄の扉が開いた!(開いてない)」という不具合を指摘されていたわけですが、

一応上記にはちゃんと期間は明示されていたので、
私の感覚でいうと単純な早とちりではないかと思っているものの、
天獄アナウンスですでにお祭り騒ぎになっていることは知っていたので
「落ち着いてほしい」という意味を込めて「それは運営が悪いね!」と話を合わせることに。

このやりとりに関しては同時間帯で放送していた初心者大使の放送でも
同じ経過を辿っていたようで、私だと第3期初心者大使の坂口和也さんの
放送をパソコンの方で見ていたので、同じ過程を目の当たりにすることになっており
ちらっと聞いた話だと「天獄」がTwitterのトレンド入りしたとのことも聞いています。

天獄の扉から魔封剣姫へのダッシュ

特設サイトで開催時間は確認できたので、ストーリーのキリのいいところで
24時にチームメンバーで乗り込んでみることになりました。

24時直前で大勢の人たちが天獄の扉でスタンバイしていると、
24時になった瞬間に扉から光が瞬間的に放たれました。
早速調べてみると、魔封剣姫から説明を聞こうとのメッセージが入ったので
邪神の宮殿の中央にいる魔封剣姫のもとに向かおうとすると
天獄の解放待ちをしていた人たちも魔封剣姫のもとへ一斉に向かい始め
さながら民族大移動のように大挙として押し寄せる風景を見ていると
今回の「天獄」解放についてはお祭りなんだなと実感することに。

魔封剣姫からは72時間時間限定の開催ということと、
5つの条件のうち3つ以上満たさないとクリアにならないとの説明を受け、
早速条件を見てみようと天獄の扉を調べてみると、

・30秒以内に 8回呪文を反射しろ
・45秒以内に 全員でMPを400消費しろ
・30秒以内に アークデーモンを倒せ
・30秒以内に スーパーハイテンション状態で攻撃
・30秒以内に 闇・土属性で5000ダメージ

これを戦闘開始に全部同時にこなさないのかと思いつつ、
ひとまずチームメンバーには武闘家と天地雷鳴士を用意してもらうことにして、
激戦を予感したので私は僧侶で行くことにしています。

天獄初参加

天獄には4人PTを組んであとはオートマッチングで参加し、
早速課題対策に「ためる弐」でテンションを上げたり、
「マホカンタ」を張り始める人もいたのですが、
どうやら課題についてはまだだったようで、ひとまず目の前にいる
「冥府より来たるもの」たちと戦っていると、
まず「30秒以内に アークデーモンを倒せ」の課題が。
こちらはスムーズにこなせたものの、徐々に戦闘も苛烈さを極めてきて、
「30秒以内に スーパーハイテンション状態で攻撃」はこなせたものの、
「30秒以内に 闇・土属性で5000ダメージ」に関しては間に合わず、
「30秒以内に 8回呪文を反射しろ」だとマホカンタを張られても
相手のイオにあわせて当たりにいくといった発想には思い至らず、
「45秒以内に 全員でMPを400消費しろ」で上手くMPを消費できないまま
課題不達成ということで強制的に戦闘が終了することになりました。

既に24時を過ぎた状態だったので、また後日天獄にいこうということで解散。
私は夜更かしモードでオートマッチングで僧侶で参加していると、
「9分06秒45」「8分24秒30」「8分46秒38」でそれぞれクリアできました。
今回だと武闘家・魔法使い・魔法戦士あたりが課題達成に適していて、
スーパーハイテンション対策だと武闘家の「ためる弐」が、
呪文の反射だと魔法使いの「マホカンタ」が、
全員でMPを400消費しろだと魔法戦士の「マダンテ」が適した内容になっていて
属性ダメージに関しても魔法戦士だとダークフォースをかけられることから
今回だと魔法戦士がいることで課題の半分は対策を練れるといった状況です。

そのため武闘家・魔法使い・魔法戦士での参加がオススメとなるわけですが、
やはり戦闘はかなり苛烈だったことから僧侶や天地雷鳴士(のカカロン)がいないと
戦況を保ちづらくもなっており、9分ぐらい戦っていると自然とMPが切れてしまうので
MP回復対策についても考えた方がいいような戦い方にもなっています。

ver4.4での「災いの神話と暴虐の悪夢」の感想

平日での10の日更新ということで、チーム行動としては
魔法の迷宮に巡って福の神とゲルニック将軍カードを消化して終了していて、
1獄巡りについてはまた後日にしようと後伸ばしにすることになりました。

ver4.4になって「天獄」が追加にはなったものの、
まだ解放の条件については整っていないようで、
何か機会があるたびに空いていないか確認するといった状況が続いています。
大型アップデート情報 バージョン4.4 (2018/12/10 更新)|目覚めし冒険者の広場
今回10の日ということで何かあるのではないかと考える人もいたわけなのですが、
自分の環境化だと、10の日にこれ以上イベント重なってしまうと
何かのイベントを諦めざるをえない状況なので
余裕があるときにイベントが発生してほしいなとは感じています。
:追記
天獄の特設ページがオープンになりました。
邪神の宮殿に『天獄』が登場! (2018/12/11)|目覚めし冒険者の広場
邪神の宮殿 天獄|目覚めし冒険者の広場

2獄

2獄は片手剣・ツメ・ブーメラン限定の条件で、
オートマッチングで話すとやはり占い師とのマッチングが多め。

片手剣魔戦でスピードクリアを目指したものの、
フォースブレイクを打つ環境が整ったときに自キャラが倒れてしまい
そのままズルズルと「5分48秒19」でクリアの流れに。
占い師が多めとなるとフォースブレイクをぶっ放せば
あとは攻撃カードのダメージの倍加が見込めるのですが、
占い師多め特有の誰も壁をしない現象に直面した感はあり。

一喝の閃き搭載の武闘家で参加したところ、
運悪く一喝を閃かないまま試合終了へ。
こちらは私の他に壁をしてくれる戦士さんがいたので、
「4分41秒11」といったスピードクリアに収まっています。

占い師で参加したキャラだと、占い師ばっかりと異なった
バランス型のPT構成になっていて「3分23秒24」でクリアできています。

3獄

3獄は魔法使いオンリーということで、9割型両手杖の魔法使いでした。
クリア時間としては「6分12秒12~8分16秒28」と若干長めに。

  • 両手杖魔法使い以外での活躍

ごく少数に短剣持ちの魔法使いさんが混じっていて、
積極的に壁をするような立ち回りをしていました。
「災いの神話」で怒りをとったので他人を壁にして逃げ回ろうかなと思っていると、
進行上の人が横に離れるような動きをした後に
「災いの神話」へ攻撃していたところから察するに
壁をするのが怖かったんだろうなーと思いつつ自キャラが撃沈したりしていたので
積極的に壁をする人は歓迎されるような状況だと感じるわけですが、
「アイギスの守り」を使う以外は立ち回りは両手杖とほぼ変化がなく、
1体のみになると短剣から両手杖に切り替えるといった立ち回りになっていました。

マッチング時にムチ持ちの魔法使いさんも見かけたものの
今回の「災いの神話と暴虐の悪夢」だと幻惑も効かないので
正直今回の状況だと両手杖よりムチで活躍するというのは無理がありそう。

  • 戦況としてはどうしても悪戦苦闘気味に

基本的に魔法使いは火力がある職業には分類されるものの、
一度倒れると魔力かくせいのかけなおしからスタートする職業なので
立て直しに時間がかかりなかなか攻撃しづらい時間帯が出てます。
「ぶきみな閃光」だと相手の魔法防御力を下げつつ
固定ダメージを与えられるので結構便利でダメージ源として重宝しました。

誰かが張った超暴走魔法陣を他人でも利用できるので
魔法使い数人が集まって暴走ダメージを狙って攻撃していたところを
「暴虐の悪夢」からのギガデインがその数人にむけて使われていたので、
なかなかプラスだけの作用に働くというわけにもいきません。
ギガデイン対策にマホカンタを使っていると思しき行動も、
効果時間は短くギガデイン以外で倒されることもあって機能しづらくなっていました。

また、両手杖の魔法使いさんでの話なのですが、
ずっとヘナトスをかけている人も見かけたものの、
あまり戦況には貢献しなかったようにも見えました。
他にも「復活の杖」を使って蘇生を試みている人も見かけたものの、
それならば支給されている世界樹の葉を素直に使った方が良さそうかなと。

4獄

4獄はパラディン・僧侶・旅芸人・占い師・スーパースター限定。
どの職業で参加しようかなと考えると、火力職として活躍できそうなのが
占い師以外にないように感じられたので、今回3キャラとも占い師で参加。
マッチングでも大半の人が占い師で参加していて、
僧侶と旅芸人がちらほら混じるといった構成になっています。

Home

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る