Home

うさぎ紳士のドラクエ10日記

ドラクエ10の「アンノウン」装備と、星ドラで「ナイトメア」装備

近々星ドラとドラクエ10がコラボする話が持ち上がる最中、
星ドラはドラクエ10のデータで成り立っていたといっても過言ではなく、
例えば、ドラクエ10では見飽きるほど普及し高耐性低防御力の一因となった
「無法者セット」に関しては、見た目装備として星ドラで再評価されたり、

星ドラだと恒常ガチャで登場する「牙狼装備」に関しての評価は
性能に引っ張られてダサい装備として判断されるところを見ると、
ドラクエ10だとプクリポで着せている身としては
その辺の根本的な評価差も感じるところではあります。
牙狼セット [FP]|DQXショップ|アイテム詳細

今回はそんな中で、ドラクエ10では見た目専用の装備の常闇関連装備品が、
星ドラでは性能を備えた課金装備として何度か期間限定で発売されていました。

常闇の聖戦「ダークキング」登場! (2016/7/1)|目覚めし冒険者の広場
大型アップデート情報 バージョン3.3[後期] (2016/7/27 更新)|目覚めし冒険者の広場

:ドラクエ10
・アンノウンバスター、ダーク、ステッキ、ワンド、ハンマー、ウィップ、
ショット、ソード、スピア、ロッド、クロー、ファン、エッジ、シールド
それに加えてアクセサリーの「ダークグラス」

:星ドラ
・ナイトメアアックス、ウィップ、ウィング、エッジ、クロウ、
スタッフ、スナイパー、スピア、ハンマー、ファン、ブレイド、ロッド
(※星ドラだとシールドとダークグラスそのものは出ていません)

ダークキングを倒すことによって手に入る「アンノウン装備」がそれで
まだレグナード系やメイヴ系の装備に関しては星ドラではリリースされていません。
この「ナイトメア装備」の星ドラでの扱いとしては、期間限定でちょくちょく登場する
黄金竜系やルビス系といった最強クラスの装備品としては設定されていないものの
装備を破壊してスキルを抜き出す目的の装備としては優秀といった扱い。
やはりドラゴンクエストがシリーズを通した大きなテーマが存在し、
星ドラの場合ストーリーテーマと深くかかわっている装備の方が扱いは上となる傾向が出ています。

映画「ドラゴンクエスト ユアストーリー」向けのドラゴンクエストV公式実況紹介

映画の「ドラゴンクエスト ユアストーリー」が上映された影響で
巷でドラゴンクエスト5を再び遊ばれるようになっている最中、
リレー形式でのドラゴンクエストVを公式実況放送することになりました。
ドラゴンクエストV ゲーム実況生放送 – 2019/08/17 11:00開始 – ニコニコ生放送
放送は「8月17日(土) 11時 ~ 8月18日(日)21時」予定

実はドラクエ30周年企画にて、ドラクエの幾つかのゲームは
公式実況が行わており、その中にドラゴンクエスト5の実況が存在しています。
ドラゴンクエストV ゲーム実況 – 2016/09/24 12:00開始 – ニコニコ生放送

注意点としては幾つかあって、ニコニコ生放送の過去の企画なので、
現在だとプレミア会員登録でないと視聴できません。
8月17日(土) 11時 放送の方だと、生放送中ならば
プレミア会員登録でなくても視聴に影響はなさそう。

また、30時間ほど放送時間があることから、
1日で視聴しきれないボリュームなので、
数日にわけての「ながら見」しながらの視聴を推奨します。

他の過去作品に関しても公式実況がとり行われたのですが、
「ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ ゲーム実況」だと
プレミア会員登録をしていても視聴できない状況のようで、
「【DQⅢ】電脳王日本一決定戦!ゲーム駅伝~ドラゴンクエストⅢ~ 決勝戦」
の影響でⅢに関しては過去作の実況したといった状況になっているようです。
(※こちらも現在視聴不可)
ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ ゲーム実況 – 2016/04/23 22:00開始 – ニコニコ生放送
ゲーム駅伝「ドラゴンクエストⅢ」日本一決定戦
ドラゴンクエストⅣ ゲーム実況 – 2016/04/23 22:00開始 – ニコニコ生放送
ドラゴンクエストⅥ ゲーム実況 - 2016/11/26 13:00開始 ニコニコ生放送
ドラゴンクエストⅦ 7日間ゲーム実況 DAY1 2017/24/24 19:00開始 – ニコニコ生放送
ドラゴンクエストⅧ ゲーム実況 DAY1 – 2017/03/18 10:00開始 – ニコニコ生放送
ドラゴンクエストⅨ ゲーム実況 DAY1 – 2017/04/22 12:00開始 – ニコニコ生放送
ドラゴンクエストX ゲーム実況 DAY1 – 2017/09/16 12:00開始 – ニコニコ生放送
「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」3DS版ゲーム実況 DAY1(8/5) – 2017/08/05 10:15開始 – ニコニコ生放送
今回作品順にリンクを並べたものの、Ⅹはオンラインということで、
公式実況上の時系列ではⅪの後に放送に放送されることになっています。

シアトリカル・クロニクル「ガタラの財宝」回(8月15日~8月31日)

8月15日に追加されたシアトリカル・クロニクルの初回報酬がコチラ。

・「ガタラの財宝」
ようせいの霊薬1、紫の錬金石3、ふくびき券5、黄金のアンクの箱3、竜牙石30

魔法戦士の各フォース使用時のモーションで描いているもの

魔法戦士をやっていると使用するフォースは
「ライトフォース」か「ストームフォース」に偏るわけですが、
それぞれのフォースの使用毎に微妙にモーションが異なります。

防衛軍だと魔法戦士で通うことも多く
意図したフォースの動きをしていないことを
モーションで気づくこともあることから
今回フォースの使用でどのような動きをするか確認してみることに。
(※ウェディ女性、プクリポ男性、ドワーフ女性でモーションを確認)

各モーション

・ファイアフォース 

右手を正面、左脇、右腰、頭上へと動かし
下に構え再び頭上へ右手を動かしてからのファイアフォースを発動

・アイスフォース

胸元に右手を構えた後少し溜め、
右脇へ右手を移動させた後少し溜めた後に、
頭上へと動かしアイスフォースを発動

・ストームフォース

右手を左肩上、右脇、左肩の左、右腰下へ移動させるというように
ジグザクに軌跡を描いた後、頭上へと動かしてストームフォース発動

・ダークフォース

右手をへその前あたりの位置で一度静止し、
逆時計周りに円を描いた後、頭上へと動かしてダークフォースを発動。

・ライトフォース

右手を胸の位置で時計回りに円を描いた後、
顔の左のあたりの位置から左肩の左の位置あたりまで
右手を振り下ろすというように、右腕を水平に構えるようなしぐさをした後、
頭上へと動かしてライトフォースを発動。

描いている動き

ファイアフォースは△の文字を描き、
ストームフォースだとジグザクのいわゆる電気や雷のマーク
ダークフォースだと逆時計回りの円運動
ライトフォースだと時計回りの円運動というように
アイスフォース以外は図形を描くようなモーションをしていることが分かります。

アイスフォースに関しては図形を表現しているとは言い難いのですが、
溜める動作とスラッシュする動きで氷を表現しているようにも見えたり、
ファイアフォースの初動で左への動き、
アイスフォースの初動で右への動きの対比のようにも見えました。

ver4.5後期での天獄「絶牙の白獅子たち」の感想

8月10日前までは、天獄の邪神像は台座以外は光っていた状態で
10日の23時に天獄が解放されたといった流れ。

ver5の情報がちらほら出てくる中で色々と噂も広がっており、
「新武器のカマが増えるのだから、邪神の宮殿での
 カマ向けの封印要素が追加されるに違いない」
といった予測から、邪神のベルトを捧げまくってカマ向けの
封印可能箇所をあらかじめ確保しておきたいといった人も。

他にも賢者が扇を装備できるようになるため、
扇での闇・光ベルトを狙ってみるといった話もあったり、
私だともう邪神のベルトを捧げることで対応できそうなので
余剰分のアクセサリーに関しては全てNPCする方針に。
完成品で5000Gなのでちょっとした副収入源にもなっています。

眠らせる戦術は継続

前回の「絶牙の白獅子たち」だと眠らせる戦術が主流となっており、
周回においても眠らせる戦術に対応しながら周回してたわけですが、
今回も眠らせる戦術は健在で、占い師での星のカードだったり、
短剣でのスリープダガーだっただりと、3匹中2匹を眠らせることを
目指して立ち回る戦術が主流になっていました。

職業構成上、眠らせる職業がいない中で戦ったこともあるものの、
やはり3匹の攻撃が激しい上にお題もクリアしないといけないので
多少行動の制限が入りつつも眠らせた方が圧倒的に楽に感じられるところ。

  • 眠らせる戦術とマホカンタの相性

その中で今回幾つか支障も出てくることになり、代表的なのが
「45秒以内に 12回呪文を反射しろ」とのお題と相性が悪いことです。
このお題が発生すると「絶牙の白獅子たち」は積極的に
攻撃魔法を使ってくるようになるわけですが、
これが範囲魔法ならばいいものの、単体魔法も使ってくることもあり、
1体だけ行動しているような状態だとこのお題を達成するのが難しくなっていました。

そのため現場では、呪文反射を促進させるため
眠っている「絶牙の白獅子たち」を起こすか、
お題そのものを諦めて行動するかの選択を迫られることに。

魔法使いで参加している人だと「冥府より来たるもの」さながらに
マホカンタを始終張り続けている人もいるわけですが、
例えば自分に範囲魔法を使われたとして、
それをマホカンタを張られているのかよくわからない人たちに向けて
わざと巻き込むようにな形で動いていいのか判断を迫られることにも。

そのような事情もあって今回だと魔法使いがいても
呪文反射のお題を端から諦めるといったマッチングもちらほら見かけていて
その分、他のお題を確実に成立させるように立ち回らないと
お題未達成で失敗する確率が上がるといったしわ寄せ状態にもなっていました。

周回しやすく、貢献できる職業も多め

前回もそうだったのですが「絶牙の白獅子たち」戦は周回に向いていて
4分くらいでクリアできたり、戦闘に貢献できる職業も多くなっていました。

一応お題の関係もあってスーパーハイテンションになりやすい
「武闘家」「バトマス「踊り子」の参加は望ましく
呪文反射だと「魔法使い」や「スーパースター」
片手剣・扇職全般もお題に発生するので貢献しやすい一方で、
賢者だとマホステで呪文を自己保護・零の洗礼で魔力かくせい状態を解除が可能、
天地雷鳴士だと眠らせる戦術とは相性が悪い面があるのですが、
どうぐ使いと同じくマジックバリアもあるのでバフ消しと併用すると
生存率が大幅に異なってくることになります。

周回が望まれているということで魔法戦士でも何度か参加したのですが、
使われるフォースとしては「ファイアフォース」か「ストームフォース」が主流。
相手の弱点に合わせてるということもあるのですが、
たまにダークネスショットでの光耐性低下を狙っての
「ライトフォース」派で臨んでいる人もいるようです。
片手剣でのダメージのお題があるので片手剣は用意した方がいいものの、
立ち回りとしては弓の方が楽なので、お題発生時以外は弓で立ち回っていました。

Home

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る