ver5.5後期での「彩虹の粘塊兵団」

ver5.5後期でアップデートが入った都合で、

「修正した不具合」にて、
>アストルティア防衛軍「彩虹の粘塊兵団」にて、
>「彩虹の死剣将グロズ」が意図しない条件下で「魔鐘召喚」を行わない。
大型アップデート情報 バージョン5.5[後期] (2021/7/12 更新)|目覚めし冒険者の広場

こちらの調整が入ることになりました。

具体的にどうのような話かというと
ボスの「彩虹の死剣将グロズ」が
移動モードで特定のポイントに到達すると
「魔鐘召喚」を行うポイントが2つ存在していて、
1つが、中央広場の南サークルに到達時
もう1つが、東広場の入口付近に到達時となります。

これがver5.5前期になると、
どちらも移動モードで到達したにも関わらず
「魔鐘召喚」を使ったり使わなかったりしており、
一説には、どこかの時点でHPを一定以上削っていると
「魔鐘召喚」を使わなくなるのではないか?
との指摘もあり、上記のポイントで
「魔鐘召喚」を使う割合としては低くなっていて
使わないだろうという前提のもとに動くことが増えました。

ver5.4での挙動に戻る

この状態に修正が入ることになり、
上記の2ポイントに移動モードに到達すると
「魔鐘召喚」をほぼ確実に使用する状態になっていて
試しに6回くらいオートマッチングで参加すると
6回とも上記の2ポイントで
「魔鐘召喚」を使用しようとしていました。

例えば、第三期初心者大使の坂口和也さんだと
防衛軍のプロな腕前ということもあり、
中央広場の南サークル到達時での「魔鐘召喚」を行わせると
東広場の大砲近辺にて「闇黒の魔鐘」が登場し、
そちらで必ず「猛攻の書」が手に入ることから
そちらの環境の方が好ましいという人だったりするのですが、
あくまでもオートマッチング上で話すと、
「魔鐘召喚」と使わなかったときよりも、予想通り
ちょっと難易度が上がっている(正確には難易度が戻る)感触はありました。

6回周回した形だと、ちょっと気になったのが
大砲の弾が上手く使われないケースが多くて
まず従来はどのような状態だったのかというと
『大砲の弾は最後のボスと中ボスラッシュ時に使われ
 しびれ砲弾が大量に手に入ることもあり、
 しびれ砲弾を使用する人で重なるときがある』
というもうちょっとうまくできないかとは思いつつも
戦況としては成り立っていたので
これはこれで仕方がないかという状況だったのですが
『最後のボスと中ボスのラッシュ時に
 「強化砲弾」と「しびれ砲弾」を使用されない』
ということを何度か経験していて
これによって最後の敵のラッシュ時に
粘れなくてそのまま防衛バリアが削られきられてしまう
ということが増えている印象がありました。

この影響もあり、これに「魔鐘召喚」が適切に使われると
もう手がつけられないケースも出ていて
これによって難易度がやや上がった(戻った)かなと判断しています。

カテゴリー: 防衛軍 | コメントする

クシャラミのハッスルダンスの範囲距離

万魔の塔で1の災壇くらいならば
天地雷鳴士としてクシャラミでも大丈夫だろうと
クシャラミを出して様子を見ているものの
クシャラミの回復手段が
「ベホイミ」「ベホイム」「ハッスルダンス」で
特に旅芸人が使う範囲回復のハッスルダンスだと
「味方・自分周囲10m」となっているため、
「ベホマラー」の「味方・自分周囲20m」と比べ
範囲が狭くなるのかなと気になる点がありました。

そこで灰本P204のクシャラミのページを確認してみると
「ハッスルダンス」の範囲が表示されていて
「味方・自分周囲30m」となっていることを確認。
ちなみにカカロンのベホマラーを確認してみると
そちらも「味方・自分周囲30m」となっていて
プレイヤーが使うハッスルダンス・
ベホマラーよりも強化されているとのこと。

他にもカカロンの「ヒーリングオーラ」
クシャラミの各種の舞も「味方・自分周囲30m」なものの
一方で攻撃魔法に関しては
プレイヤーの攻撃魔法と同程度になっていて
ドメディの「エクスプロージョン」に関しても
「敵・相手周囲7m」と通常程度に収められていました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

7月18日~7月24日版:達人クエスト、ピラミッド確定アクセ

エピソード依頼帳がコチラ。

達人クエストがコチラ。

・ダークキング討伐!
・戦士と行く!迅速な魔人エンラージャ強討伐!
戦士とパーティに ひとり入れること。
3分を 制限時間とする。
・イエローオーブを4個集めよ!
・賢者と行く!迅速な第五の霊廟制覇!
賢者をパーティに ひとり入れること。
3分を制限時間とする。
・アストルティア防衛軍に参戦せよ!VS闇朱の獣牙兵団!

  • ピラミッド確定アクセ層

・ピラミッド第六の霊廟で確定ブローチ
・ピラミッド第三の霊廟で確定アンク

  • チャレンジミッション

・畑に水を1回あげる
・だれかの冒険日誌を1回見る
・パーティーを1回開催する

カテゴリー: 達人クエスト | コメントする

サメマシマシを楽しんでみた

夏イベント『キミとサメない夢を2』開催!のクリアによって
「サメきぐるみ・青」「サメきぐるみ・桃」が
レンタルスーツによってレンタル可能になりました。

これで「サメの浮き輪」と合わせると
きぐるみと浮き輪でサメマシマシを楽しめることに。

これにてサメ電車でサメ成分を
更に多く楽しめるようになったわけですが、


「サメきぐるみ・桃」の場合だと
「サメの浮き輪」で桃色のがないので
どうしても色合いが合わないので
チーム内でも「サメの浮き輪・桃」がほしいなとの話題に。

そうなると「サメ着ぐるみ・金」の方も
「サメきぐるみ・金」の浮き輪がほしいね
といった話にはなったのですが、

何か「おおさそりの浮き輪」と色合いがピッタリで

過去には「きんぞくウルフ」「金のナスビナーラ」でも
「おおさそりの浮き輪」の色合いが似通っていて
一緒に装備して楽しんでいる姿もあったわけなのですが、
これはこれでしっくりしているので、
将来「サソリ電車」なんて集まりも開かれるのかも?

あと「サメの尻尾がバナナみたいに見える!」
ということで仲間のプクリポと一緒にふりふりしてきたので
きっとバナナボートみたいな浮き輪もいいんじゃないかな!(願望

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ver5.5後期「フェスタ・インフェルノ」のレグナード戦の感想

7月15日12時に初回のフェスタ・インフェルノが開催になりました。

>2021/07/18 11:59 まで

一応月3回くらいを目安に開催する告知はあるものの、
次いつ開催されるのかについてはボカして書かれており
この調子だと25日あたりか、月末に開催されるのかなあ
くらいの予測程度に留まっています。

難易度は通常の「邪神の宮殿」程度

自分の腕前だと、メイブ5以外は常闇は撃破、
デルメゼバラシュナ以外はつよさ3を撃破での
感想を述べてみるとかなりマイルドな強度で
言ってしまうと最近の邪神の宮殿と
同程度の難易度のように感じてはおり、
パラディン無しだと5分程度のクリア時間
パラディン有りだと3分程度のクリア時間
初日に1時間くらいまわってみた形だとそのように感じました。

不満点としては、初回報酬以外は皆無に近く、
一応赤箱は出るとの話だったのですが、
私は赤箱を目にすることなく引き上げたので
ほぼ初回報酬、もしくは1日1回獲得できる
キュウサイポイントがほぼ全てで、
あとは仲間内に一緒にくる遊び場が増えたといった感覚です。
正直、報酬はほしいところなのですが、
それはそれで設けてしまうと気軽さが抜けてしまい
もしがっつり周回して報酬がほしいならば
元祖の方に挑戦しなさいってことなのだと思います。

つよさ1相当の強さということで、
各種の状態異常が入ることがあり
「竜の咆哮」をハンパラのスタンショットで止める
短剣魔法使いの「ぶきみなせんこう」で呪文耐性を下げる
魔剣士でひたすら切りまくる
というような行動が、それぞれ有効なこともあり
色んな職業でも挑戦しやすい下地が整ってることもありました。

戦い方として困ったこととしては、
私だとおもに2つほど感じていて
パラディン無しの状態だと誰も前に出ず
広範囲のブレスの餌食になりやすかったり、
(※私は盾魔法使いで壁をしつつ攻撃してました)
あとHP黄色以降にロストアタックをして
距離を確保できずに「竜の咆哮」を使われる
というなこともあったのですが、
レグナードを8人で戦うことにおいて
手探り状態で連携をとるような中でも
3~5分くらいで倒せてしまうことから
『気軽に参加してそのまま倒せてしまう』
そんなバトルがフェスタ・インフェルノの
良いところだとも評価でき、「例の耐性装備がないと
参加したら気まずいのでは?」という点においては
その辺も邪神の宮殿感覚といったところで
耐性装備は推奨程度にとどまる、というより
耐性が無かったらなかったで、8人だと
何とかなってしまう感(お試し要素)は出ていました。

ただ、フェスタ・インフェルノの看板にお役立ち情報が掲載されており
レグナードの場合だと「ブレス耐性があるといい」との解説が。
実際にサポ討伐だとブレス100のサポを雇うと
「竜の咆哮」中でも生き延びられる機会は増えて
勝ちやすくなる事実は存在していて、
パラ無しだとブレスを浴びる機会は多いことから
ブレス60%以上+心頭滅却で補うような形でも問題ありません。

カテゴリー: 未分類 | コメントする