Home > アーカイブ > 2018-07-12

2018-07-12

ゲルニック将軍狙いでふくびき券を6520枚分引いてみた

今日までため込んだふくびき券をオーグリード大陸でぶっぱなしてきました。

  • ふくびき枚数

1キャラ目2599枚消費(所持2697枚補助券7枚 残98枚補助券5枚)
2キャラ目1871枚消費(所持1968枚補助券0枚 残97枚補助券1枚)
3キャラ目2050枚消費(所持2148枚補助券2枚 残り98枚補助券3枚)
合計6520枚消費

  • 結果

1等 … 7枚 + 2枚 + 11枚 = 20枚(約0.3%)
2等 … 3枚 + 6枚 + 6枚 = 18枚(約0.28%)
3等 … 8枚 + 6枚 + 7枚 = 21枚(約0.32%)
4等 … 24枚 + 15枚 + 10枚 = 49枚(約0.75%)
5等 … 104枚 + 77枚 + 78枚  = 259枚(約4%)

ギュメイ将軍コインの場合はさっぱりだったわけですが、
ゲルニック将軍の場合だとおもしろいようにひきがよくて
キャラによってははぐめたコインよりも出現してしまう乱数の偏りに。

ふくびき券の確率の掲載について

今回からふくびきの確率が掲載されるようになりました。
[おでかけ超便利ツール]ふくびき確率表示について (7/12 10:00更新)|目覚めし冒険者の広場

  • ツール内で表示されている提供割合の転載

詳細については超便利ツールでのふくびき内のみの公開のようなので、
そちらのスクリーンショットを撮影して、こちらに写してみました。

こちらが「おでかけ便利ツールふくびき」提供割合のページ。


下記の説明書きについてはほかのふくびきと同一なものの、
「おでかけ便利ツールふくびき」と他のふくびきでは提供割合が異なっていました。

  • チャンスモードについて

この中にでてくる「チャンスモード」について話すと、
ゲーム内でいえば一定割合で登場するおどる宝石のことで、
あちらの確率が「6回から12回ふくびきをするうち1度」発生するとこと。
つまり10連ふくびきをしていると、0度~2度発生するものだったと公開されることに。

  • ゲーム内と冒険者のおでかけ超便利ツールで確率が一緒

目覚めし冒険者の広場での表記で重要なところとしてはコチラ。
>なお、下記のドラゴンクエストXゲーム内でも挑戦できるふくびきについては、
>ゲーム内で挑戦しても、冒険者のおでかけ超便利ツールから挑戦しても、当選確率は同じです。
一部、ジェムを消費しているので「冒険者のおでかけ超便利ツール」の方が
当たりやすいとの噂があって、そちらの噂として顕在化したのが
予言者大使ことぽーちゃんのふくびき券チャレンジでの企画で、
ゲーム内でひくのか超便利ツールでひくのか前提が問われるといったシーンが。

過去のことはどうあれ、どちらも一緒の確率だと表記された以上、
「おでかけ便利ツールふくびき」でひく以外は、
ゲーム内で引いた方がジェム消費的に優しいといった具合に。
「おでかけ便利ツールふくびき」だとツールでしかひけない上に、
「ゆめのかけら」に引き換えることもできるのでオリジナリティは保つことになりました。

Home > アーカイブ > 2018-07-12

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る