Home > アーカイブ > 2018-10-04

2018-10-04

第1回ドルボードレースグランプリに挑戦してみた

本日開催された「第1回ドルボードレースグランプリ」に早速挑戦してきました。

第1回 ドルボードレースグランプリ (2018/10/4 更新)|目覚めし冒険者の広場
>10月4日(木)昼12:00 ~ 10月14日(日)23:43

参加条件と報酬

参加条件は「ドルボードに乗れること」なのですが、
実質ドルボードのブースト機能を使えることが前提のレースです。

  • 7分00秒 … ふくびき券 10個
  • 6分10秒 … ドルセリン 20個
  • 5分40秒 … オーガGPプリズム
  • 5分10秒 … 白紙のカード 5個
  • 5分00秒 … エルフの飲み薬 10個

人によってはレースが得意ではない場合もあるので、
「オーガGPプリズム」を獲得できれば問題ないと思って良さそう。

ちなみに「5分00秒」に関しては、ジャスト「5分00秒」でも
エルフの飲み薬10個を獲得できることを確認していて、
特に下調べがなくても初見の一度目でも全報酬を獲得することができました。

以下、良くも悪くも自分流の5分くらいの認識と走り方について。

エリア毎の特徴

・グレン領東 … レースの序盤からS字状になっているコース。
進行上に敵モンスターが少なく感じ事故は少なめ。

・ゲルト海峡 … 緩めのカーブが続き、コースを曲がるのに失敗すると
引っかかって止まりやすい場所でもあります。
後半は「ランドンフット」ルートと「ランドン山脈」ルートに分岐していて
迷子になりやすい人は「ランドン山脈」ルートに進まないように要注意。

・ランドンフット … 見晴らしがよくブースト機能を使いやすいエリア。
しかしモンスターも進行上に配置されていて、同じコースを走っている人から
モンスターがこちらに避けてきたといったこともよくある場所です。

・ザマ峠 … ラストスパートのコースで、ハザードの展開上、
最短コースを進もうとするとモンスターと接触しやすいような配置。

感想

メガルーラストーンを使いグレンに降り立った後、
フィールドのグレン領東に向かってみると多くの人だかりができていました。

開始NPCの「レース屋シャイラ」に話しかけると
最初に「アストルティアスタンプラリー」の話をしてくるので、
何か関連があるのかなと思いつつ話を進めると、
エントリー受付とレース説明を受けて開始時間待ちへ。
(※結局タイムアタック形式のレース繋がりという意味に留まっている様子)

  • レーススタート

開始1分前あたりにドルボードに乗車して待機。
ブーストチャージは溜まっているのでスタートからブーストで移動することが可能。
位置取りはインコースがいいのかなとも思うのですが、
ブースト機能が多少左右には進路をとれるものの、基本直進に進むので
アウトコースでブースト距離が稼ぎやすい位置取りを選択。

結果、S字なのでイン・アウトは大差はなさそうなのですが、
秒単位で争うレースなのでその辺をつきつめるのが重要なのだろうなとは。
レースがスタートすると、ひとまず直線が稼げそうなら積極的にブーストを使用。
コース取りに関しては、前に走っている人に任せるような形でついていくことに。

みんなで一緒にドルボードで走っている感覚は格別なものがあり、
私だと今回のドルボードレースだと、開始のレースで一斉にスタートする一体感と
順位を競っている緊張感が非日常で刺激的に感じられ、面白いとコンテンツだなと。

  • 機種ごとのエリア移動の時間差はない?

グレン領東からゲルト海峡にエリア移動することになったのですが、
wiiUからswitchに機種変更したときに感じたことが、
「エリア移動の時間が短くなった」だったので、
今回実はマシンスペックの影響を受けるのではないかと思っていたのですが、
自分はswitchで参加していると、少し長めの暗転状態になっていて、
これがレースの影響で重たくなっているのか、ある程度機種ごとに
公平にするための処置なのか、はたまた自分の思い込みなのかは不明なのですが、
少なくとも自分が走った状況だとエリア移動での差はなさそうだなと判断。
あと、エリア移動でオートランが切れるので、暗転中から前進ボタンは押しといたほうがよさそう。

  • 一度カーブで引っかかる

一度、ゲルト海峡でカーブを曲がるときに引っかかって2~3秒ほどタイムロス。
ひとまずはお試し運転だと割り切り、ハザードを避けつつ通して進むことに。
ランドンフット中は、南に進む人と西に進む人で分かれていたのですが、
走りやすそうな南に進むコースを選択し、4分過ぎあたりでザマ峠のエリアに到着。
ちなみにサブキャラの方だと、一度モンスターに当たりそうになったので
ブースト中にブレーキを踏んでやりすごすといったロスタイムも発生しています。

あとはブーストを使えるだけ使って進んでいると、何とかギリギリ「5分00秒」でゴール。
5分ちょうどだと報酬はどうなるんだろうと不安になりつつも、
「レース屋シャイラ」に話すと、無事全部の報酬をいただくことができました。

Home > アーカイブ > 2018-10-04

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る