Home > 未分類 > 「超トマトのタネ」の収穫可能日数が短縮されたことの解釈

「超トマトのタネ」の収穫可能日数が短縮されたことの解釈

ver4.5になって「超トマトのタネ」と「びっくりトマトのタネ」が
5日から4日に短縮される修正が施されることになりました。

大型アップデート情報 バージョン4.5[前期] (2019/3/28更新)|目覚めし冒険者の広場
これについては過去のドラクエXTVでもアナウンスが入っており
びっくりトマトの流通増を狙っての処置ということに対して
当時は『これでは目に見えた「びっくりトマト」の流通増にはならない』
とのもっともらしい異論が挟まれることもありました。

「超トマトのタネ」の貯蔵現象

これについてチームメンバーにあれこれ話を聞いていると
「びっくりトマトのタネ」の場合だと取引可能なのですが
「超トマトのタネ」に関しては取引不可能なアイテムで、
畑を利用しない人だとそのまま倉庫の肥やしになってため込まれているケースや
場合によっては入手してもそのまま捨ててしまうような人もいるとの話が。

そのため、びっくりトマトの流通を増やしたいと運営側は考えたとして、
調べてみると「超トマトのタネ」を貯め込んでいる人が思いのほか多く
そちらを利用しやすくするために5日から4日に短縮される処置が
施されるようになったのではないかと推測することができます。

この場合だとびっくりトマトの流通量を激増させる意図はなくて
微増させるような意図での軽い処置ということも考えられるわけですが、
最近だと超便利ツールの「おさなビンゴ」にて
「めぐみのしずく」の入手機会が激増することになったことからしても
畑を利用しやすくする環境が外郭から埋められている処置も行われることになっています。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://usagi.aquamint.info/2019/04/18/10812/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
「超トマトのタネ」の収穫可能日数が短縮されたことの解釈 from うさぎ紳士のドラクエ10日記

Home > 未分類 > 「超トマトのタネ」の収穫可能日数が短縮されたことの解釈

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る