Home > アーカイブ > 2019-08-21

2019-08-21

4.5後期でのレギロの緑玉職業構成

最近、聖守護者の闘戦記に通い慣れてきたこともあり、
野良でつよさ3以外を対象に緑玉募集に乗っていたところ、
プレイヤースキルとして少し対応に困ることになったのが、
普段通い慣れている職業構成と異なる点だったりします。

特に「冥骸魔レギルラッゾ&獣魔ローガスト」(レギロ)の場合だと、
身内で限るならば、キメラ・僧侶・キラーパンサー・天地雷鳴士
もしくは、僧侶・僧侶・キラーパンサー・天地雷鳴士だったのですが、
5度ほど募集を乗ってみたところ、
「占い師・僧侶・天地雷鳴士・キラーパンサー」
という職業構成が5度ほど続くことになったので、
緑玉募集だとこの職業構成が主流・鉄板になっている様子。

レギロの場合、蘇生厚めとなるとどうしても聖水代が嵩んでしまうわけですが、
占い師が攻撃したり節制のカードを混じらせることによって
力量次第で中等クラスの聖水を使うかどうかで済むこともあります。
一方で、僧侶で参加している身だと
聖女をまいていてもHP半分以上を保つ機会が少なくなり、
置きザオの比率を高めた方が貢献できそうだなといった違いが。

Home > アーカイブ > 2019-08-21

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る