Home > 邪神の宮殿 > ver5.1での「災いの神話と暴虐の悪夢」の感想

ver5.1での「災いの神話と暴虐の悪夢」の感想

10の日の他に、17時の時点で天獄が解放されており
帰宅時には通常邪神の他に天獄も開いていて
どこから手をつけようかという状態なのですが、
前日が日曜ということで週課がズレこんだだけマシといったところ。

2獄

2獄は片手剣・ツメ・扇限定。
参加すると多かったのが片手剣戦士と片手剣占い師、
ツメ武闘家・扇賢者とマッチングすることになっています。

せっかくのツメということでツメレンジャーで参加。
以前だと「災いの神話と暴虐の悪夢」戦でのレンジャーは
とにかく「暴虐の悪夢」のブレスを防げるまもりのきりが重要で
PTにレンジャーが1人いるとブレスの被害を大幅に防げるのが特徴。
ただし、幻惑は両方とも入らないので幻惑での活躍は見込めず
ブーメラン+盾をもっての補助に入るのがセオリーになっていました。

レンジャーで参加すると、ツメ装備をしていても
状況によってはサポートに終始してツメ攻撃どころではない場合もあって
この辺はブーメラン旅芸人がいかに強いとはいえ
ブーメランで攻撃するというよりは回復・蘇生で手一杯になることもあります。
今回だと占い師の参加が多いということもあり
占い師が壁をやらないということになると
ツメレンジャーで壁をしつつガンガン攻撃しつつ
まもりのきりは切らさないように立ち回ることになりました。

他にも「暴虐の悪夢」のグランドクロスを警戒したいものの
怒りをとった人が前線で居座っているような状況で
ケルベロスロンドやフェンリルアタックで手数を稼ぎつつ
距離をとって安全圏に待機するといったこともできて
ツメレンジャーの感想としては活躍としては前列寄りではあるものの
活動としては距離に関わらず自由に活躍できる強みがありました。
あとツメ攻撃はどれも隙が少ないので移動で避けられる攻撃が避けやすくはあるものの
サマーソルトクローが入力するとキャンセルが効かずそれで逃げ遅れる場面も。

あとはレンジャーのツメ特性で攻撃力・防御力・魔法防御力を下げたり
ほぼ必ず入るといわれているサマーソルトクローを基点として
「3分28秒20」「3分03秒28」「3分16秒48」と3分くらいでクリア。

ただ、自分が参加した時間帯だとツメレンジャーでの参加が乏しく
ツメレンジャーをやるような層だと天獄にいってるのかなとも思ったり、
他にもツメ武闘家の一喝で動きをとめてからの一斉攻撃も有効なので
今回だとツメレンジャーというよりは実績のあるツメ武闘家での参加をみかけることに。

3獄

3獄は旅芸人限定。
旅芸人は棍・扇・短剣・ブーメランを装備できるのですが
8~9割はブーメランで、残りは扇で参加しているような具合。

あとは戦場は無数のブーメランが飛び交うことになり
四方八方からレボルスライサー・ギガスローが繰り出され
「3分26秒51」「2分44秒51」「3分16秒80」の高速クリアへ。
難点としてはどうしても2体同時狙いのような扱いになることと、
ブーメラン技がどれも硬直が長いことくらいでしょうか。

ダメージ技としてブーメランを頼れる上に盾持ちで活動でき、
今回だと攻撃力下げも有効なのでデュアルブレイカーで耐性を下げてからの
ゴッドジャグリングで一気に2段階攻撃力を下げられるのも強み。
かつては補助職ということで、参加するとずっとザオラル・回復で
「ザオラルを使うと勝てないから、せかいじゅの葉を使え」的な
指南をするところもあったわけですが、その当時の面影は
蘇生かぶりくらいでもう感じないくらい強くなっています。

ドラクエ10開始以前から影響を及ぼすことになったサイトとして話すと
ブーメランに関していうとMMOコンセプトの要望周りの都合上
「ブーメラン職が最強の職業になる」という伝説が発生することになり、
ドラクエ10では多段攻撃化で特にダメージ面で運用を管理されることになりました。
その中の調整で、レボルスライサーやギガスローが産まれることになったものの、
旅芸人でのブーメラン強化によってその伝説がやや鎌首をもたげる形で表出したのですが、
どうやっても硬直が長いというのがネックで最強格としては最大の課題にもなり、
万魔の塔でもあれだけ強いはずのブーメラン旅芸人があまり使われてないところを見ると
範囲攻撃にして範囲攻撃らしくない要素があったことが強くにじみでる結果になっています。

4獄

4獄はパラディン・僧侶・天地雷鳴士・占い師・スーパースター限定。
今回スーパースターが含まれるということで
新しもの好きな自分としては鎌スパでの参戦へ。

参加すると僧侶と天地雷鳴士が回復ポジションの役所で
占い師がアタッカー役にしてはタロットの制限をうける職業なことから
オートマッチング上では火力を捻出するのが難しくなるようで
「5分41秒57」「7分24秒49」「5分57秒75」とやや長引くような形になっています。
(※天獄ではパラは見たのものの、4獄ではパラは見かけず)

今回だと暴虐の悪夢の方が風ダメージ弱点なので
バギクロスとバギムーチョで活躍できるか期待して参加すると
今回職の塩梅の都合で自分のバギクロスがメインのダメージ源となることもあって
気付いたらバギクロスの使い過ぎでMPがきれかかるというようなことも。
いくら鎌スパのバギが強化され万魔の塔でも貢献できるようになったとはいえ、
基本は範囲攻撃なのでちくちくダメージを稼ぐような形になりました。
ある意味火力として期待されることにはなったものの、
今回の場合はイリーガルな形で火力を担当することになった気がしてなりません。

スーパースターだと必殺が最強クラスなので使いたいところではあるのですが、
怒りをとって逃げている人を見かけていると、
そのままの状態を成立させた方が事故が少なくなるように感じられ
必殺を有効に使おうとすると使いどころを悩むような場面もあります。
特にスーパースターがメイン火力みたいな状況になると
怒りをとって逃げ回るのが最善策かと問われると
より戦闘が長引いてしまうだけの話になってしまいそうで悩みどころ。

ちなみにミリオンスマイルは両方にいれたので獲得経験値と特訓ポイントは増えており
その形でも活躍できる点では鎌スパの使い心地はいいなと感じることも。

Home > 邪神の宮殿 > ver5.1での「災いの神話と暴虐の悪夢」の感想

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る