Home > 邪神の宮殿 > ver5.2での「魔幻の最高幹部」の感想

ver5.2での「魔幻の最高幹部」の感想

ver5.2に入り、5月25日から休止状態だった邪神の宮殿が復活となり
それぞれ新規に初回報酬も更新されているわけですが、
まだ錬金石の方はひとつ前の「黒の錬金石」となっています。
また、邪神の宮殿の更新に関しては
アップデートの方に気を取られていて
気付いていない人も多いのではないかとの話も聞いていて
6月10日更新となることから1獄だけでもクリアは推奨したいところ。

新たに職業特技が追加されたこともあって、
邪神の宮殿が新特技のお披露目の場になっているといった話も聞いていたのですが
私が参加した6月4日の時点だと、あまり新特技は見られず
まだ調整段階の状態でとりあえずクリアしにきている人が多かったようです。

2獄

2獄は、両手杖・ハンマー・棍限定。
こうなるとハンマーバトマスの参加が多くなっていて
次点で両手杖職、たまに棍職業が混じるといった状況に。

クリア時間としては「3分51秒28」「3分16秒23」「3分49秒81」と短めで
こちらだとバトルマスターの「古今無双」の使用が見られました。
ダメージも通常の天下無双よりも多めなのですが、
特技のモーションが早いことから隙が少ない優秀な特技で、
今回だと災禍の陣に合わせて使うのがベストにはなるようです。

3獄

3獄はまもの使い限定となっており、
スタン技が少ないまもの使いにとっては
どうしてもクリア時間が標準(5分)くらいに落ち着いていたのですが
「3分18秒71」「3分42秒58」「4分13秒08」というように
標準よりやや早めのクリアとなっていました。

3獄では話題のビーストファングの使用を見られていて、
そちらが直接的に火力に貢献している面はあるものの、
今回使用されている武器の大半がツメとなっていて
両手剣・オノ・ムチを使っている人は少数となっていました。

防衛軍でもそうなのですが、両手剣を使ってみたところ、
範囲技を使う分には便利には感じるものの、
単体となると「渾身斬り」のダメージがどうしても上限に引っかかりやすく
それならば複数回ダメージのタイガークローの方が
中ボス・ボス・鐘へのダメージが出やすくなっており、
実際にウォークライや災禍の陣等々のバフ・デバフがのった状態での
ライガークラッシュが猛烈なダメージがでることから
邪神の宮殿ではツメのままでビーストファングを扱う状況にもなっています。

尚、ムチに関してはスパークショットでの幻惑を狙えることから
「幻妖の黒公子」に幻惑をかけて被ダメージを抑えるのも有効で
少数ながら参加したムチまもの使いの人が
幻惑に限らず状態異常系の特技で大きく貢献していたことも。
そういう意味でも、武器種に関係なく使えるビーストファングは便利ではあります。

4獄

4獄はパラディン・デスマスター・旅芸人・占い師・スーパースター限定。
こうなると占い師で参加する人が多いものの、
さすがに「リバートハンド」を使う人は見かけられず、
参加人数は少なめでも旅芸人での「いやしのメロディ」を使ってる人の方は見かけました。

クリア時間としては「5分11秒15」「6分56秒32」「3分13秒97」とやや長めで
火力にやや難があるような状態でもあったわけですが、
私が参加した回だと、パラディンが「幻妖の黒公子」を押し勝ちしている状態で
パラディン自身が怒りをとった場合は、味方を背にするをやめて
味方とは逆側にまわるといった攻撃のひきつけ立ち回りをして3分クリアも。
ちなみに今回だとパラディンはハンマー使用のみとなっていました。

あとデスマスターで参加しようとしたときに
マッチングに時間がかかりそうだったことから
今回も蘇生枠としてデスマスターが配分上多めとなっている可能性も。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://usagi.aquamint.info/2020/06/06/14180/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
ver5.2での「魔幻の最高幹部」の感想 from うさぎ紳士のドラクエ10日記

Home > 邪神の宮殿 > ver5.2での「魔幻の最高幹部」の感想

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る