Home > 未分類

未分類 Archive

ver4.2の世界のキラーアーマーについて

希望が沿えば一緒にストーリーをクリアすることは私としては15年以上前からよくあることで、
ドラクエ10のver4の世界なんかだとサブクエストの方も一緒についていったりしています。
そんな折、ver4.2のサブクエスト523番「雪山の守り人」を一緒に進めていて、
途中でキラーアーマーを倒してクエストアイテムを手に入れるように頼まれることになるのですが、

実際にキラーアーマーにエンカウントしてみると、このモンスター構成に見覚えが。
同行している人からも「懐かしい」と言われるモンスター構成で、ドラクエ3オマージュとなっていたという。
実際に記憶を頼りに調べてみると、サマンオサ南の洞窟で出現するエンカウントがこの構成だとのこと。
【キラーアーマー】 – ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版Wiki*
しかも今回だと「ラーの鏡」繋がりを意識してか、サマンオサ南の洞窟にも「ラーの鏡」が納められていました。
他に気づている人も多いとは思うのですが、私も懐かしいと感じた構成だったので自分はドラクエ3世代なのだなと。

新規のメインストーリーとサブクエストの攻略順傾向

ver4になってからサブクエストの質・量ともに向上傾向で、
サブクエストの方を楽しみにしている人も増えているかと思われ、
現に私自身ver4.2のサブストーリーも素直に楽しみつつクリアして回ることになりました。

そんな中で、ストーリーを進行していると歴史的な節目を迎える都合上、
サブストーリーのセリフの変更も行われ、1000年前のグランゼドーラを舞台にしたver4.1の場合だと

便箋クエスト(497番「手紙が結ぶ絆」)がストーリーの進行具合によって、サブクエスト上のセリフが切り替わります。

最近だとver4.2の方でもストーリーの進行によってサブクエスト上のセリフが変わるNPCが存在していて、

522番「紅き落日の想い」の開始NPCテルルが該当することになります。

こちらがストーリー進行前のクリア時のテルルのセリフ。
このサブクエストの場合ではストーリーの進行によって報酬への変更は受けないものの、
ストーリーの進行によって話の性質がだいぶ変化してしまうケースが出ており、
それらの対策・回収も含めて、サブクエストからクリアすることをお勧めする人が増えてきている様子。

ver3クリア後の「謎の島」

先日、第6期初心者大使のひだかさんの放送を見ていると
ver3クリア後の「謎の島」に訪れていて、

プオーンが海に浮かんでいるところを発見していました。
座標としては「謎の島」のC-6で浮いているのを見かけたのですが、
わざわざ会いに行かないと気づかない所で、私を含め知らない人も多かった様子。

箱の上のバルバドス

8月下旬に好評だった「幻の海トラシュカ」が開催になる予定で、
現在でも前回のランキング確認用に受付NPCの「バルバドス」が
ジュレットの橋の上に配置されたままになっているのですが、

そのバルバドスが箱の上に乗って再配置されていました。

前回の話をするとサーバーが悲鳴を挙げるくらい人気のコンテンツで
何度も挑戦しては海に落とされる経験をみんな味わったわけなのですが、
受付NPCである「バルバドス」を囲むような形になるため、
バルバドスを見つけづらくなっていたことから、箱の上に乗る処置が施された様子。

ver4.2後のランガーオ村

ver4.2は1300年前のオーグリード大陸が舞台となり、
ロンダ岬で封印されているゾンガロンへの対処が中心となります。

そのため、ストーリーを進めていると現代にも影響が出ていて、
ランガーオ村-村王の家F-5にある、マイユとアロルドの部屋の本棚の内容に変化がありました。
こちらが特にネタバレとか配慮しなくてもいいデフォルトの話。

  • ver4.2での村王のセリフ

また村王クリフゲーンとギュランのセリフも、
ver4.2の「オーグリードの盾の盟約」の話から変化しており
ver4.2クリア後でまたセリフが変更になるといった、
2度ほどセリフが切り替わるポイントがあることを確認しています。

こちらが「オーグリードの盾の盟約」の話を聞いた後~ver4.2クリア前あたりの村王クリフゲーンとギュランのセリフ。

ホーム > 未分類

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る