Home > 未分類

未分類 Archive

ブーメラン旅芸人と、きようさ700の旅芸人のハードル

ver5から旅芸人がブーメランを使えるようになるわけですが、
そのときの調整内容としては明らかに突出した特技内容になっています。

字面でやばそうなのが
「76P 装備時きようさ+100」
「110P 状態異常成功率アップ」
「130P 装備時チャージ時間-20秒」
「150P 装備時特技の回復量+100%」

元々旅芸人だとルカニ・ルカナンや
ゴッドジャグリングでのヘナトスが使用可能だったのですが、
短剣に関してはすでに踊り子の専売特許のようになっているので
持ち替え前提になっていたところをブーメラン装備のままデバフの使用が可能に。
これが+100%の成功率アップかどうかは実際のところ不明なところもあるものの
デュアルブレイカーでの状態異常低下も同時に狙えるので
すでにこの段階だけでも強い役割の変化が望めることになっています。

最初、「装備時特技の回復量+100%」ではなく
「装備時特技の回復量+100」と勘違いしていたのですが、
要はポールスターセットにつく+30%の特技限定の強化版になり
「万魔の塔」の先行お披露目で第6期初心者大使のひだかさんが言っていた
「失敗した(※強すぎるという意味)」調整と称されるような回復量がお披露目になっていました。
現状だと「聖女の守り」が強いのでなかなか僧侶のポジションは
切り崩せないだろうといった観測が有力ではあるようです。

これに加えてデュアルカッターとデュアルブレイカーのダメージ増が明言。
通常のデュアルカッターは、通常攻撃の1.2倍×2回
通常のデュアルブレイカーは、通常攻撃の2.4倍×2回となっていて
これがいくつくらい上がるのかという正式な情報待ちな状態。

きようさ型の旅芸人

今後はブーメランを使う旅芸人が激増しそうな予感がするものの、
P160~180特技のレボルスライサーの使用を視野にいれるならば
レボルスライサーの成功率がきようさ依存なので
今後旅芸人でレボルスライサー用にきようさを上げる必要性も出てきます。

レボルスライサーの成功率に関しては3分の2強(約70%)を上限として、
きようさ700を上限として最大確率になるとのこと。
【レボルスライサー】 – DQ10大辞典を作ろうぜ!!第二版 Wiki*

・炎の宝珠「神業の手」
・最新腕装備(Lv100タンブラーリスト)+きようさ錬金
・顔装備の「かいとうの仮面」
・王家のベルトのきようさ+20
・ガナン帝国の勲章

旅芸人の腕装備だと、ハッスルダンス・超ハッスルダンスが
回復魔力+おしゃれさで、小さなメダルで手に入る
「ルビーの腕輪」を装備する人もいらっしゃるわけですが、
現状で通常のハッスルダンスの回復量上限に到達しやすい上に、
最新のブーメランだと回復魔力が大幅に増加する都合で、
Lv100ステラツイスターだと回復魔力+70も稼ぐことができます。

ベルトに関しても、きようさを重要視するならば
王家のベルトのきようさ+20が重要になってきて
邪神のベルトだときようさ増加がないことから
今後新たに新調する必要が出てくる人も多そう。

ガナン帝国の勲章だと合成効果だときようさはつかないのですが、
伝承合成元の「忠義の勲章」だときようさ+5がつくといった状態。
自分のケースだときようさ確保用に新たに作り直す計画も持ち上がっています。

  • 旅芸人でのきようさ700のハードルはやや低め

今後のブーメラン旅芸人としてはきようさにくまんを
主食にするつもりで常備しておくのも手の1つなのですが
現段階の棍旅芸人(かいとうの仮面、きようさベルト無し)でも
きようさが621になっていて、これにブーメラン装備時での
きようさ+100をのっけると700オーバーが可能になっています。

成功率の上限が700と知っているならば、腕装備錬金あたりを
呪文詠唱速度に切り替えても良さそうかなとも。

イベント賢者の壁の「第5の壁」の対象一覧

賢者の壁イベントで第5の壁が登場し、
イベント自体がクライマックスを遂げる最中、

  • 転生モンスター9999匹
  • 邪神の宮殿99999匹
  • ルネッサンス(超強い)9999匹

というお題が発生したものの、「対象モンスターをCheck!!」
が膨大な量になっているので見やすいようにこちらでコピペしてみることに。

『賢者の壁』特設ページ
>2019年10月11日(金)12:00 ~ 10月20日(日)23:59

尚、この記事が投稿されている時期には
もう既に転生モンスターの方はクリア済みとなっていました。

あとボス名の露出時点でネタバレに引っかかりそうだと気づいたので折り畳み処置。

全文を読む

ガートラント王国の参謀マグナスの部屋について

ドラゴンクエスト10は設定が非常に充実しており
コンテンツの追加に伴いその内容がお披露目されるのですが
その中であまり話題には上らないものの
設定が充実してる登場人物が存在していて、

その中の一人がガートラント王国の参謀「マグナス」です。

人物像

登場機会としては、国として重要な役職に関わっているだけに
ガートラント王国にまつわるサブクエストの
「真のパラディンとは」(パラディンの職業クエスト)群や
ガートラント外伝クエストの「ガズバランの牙」群にも登場。

他にもアスフェルド学園の第一校舎2階図書館にある
『アスフェルド学園・卒業紳士録』という本があり、

その中に「ガートラント王国 参謀マグナス」の記載があるのと同時に、
>……などといった 微妙に地味ながら
>そうそうたる名前が 並んでいる。
といった「地味」が強調された解説が寄せられていました。

他にもクエスト番号100「パラディンのお仕事」だと
「ちょうど 手ごろな依頼が 来たところだ。
 この国の若き参謀 マグナスさまのことは
 お前も 知ってるだろう。」
ということで、若さについて言及されることもありました。

アストルティア創世記のP65だと、ミシュアの記憶の世界に
グランゼドーラ城にいるマグナスが登場することが記載されていました
>記憶世界のグランゼドーラ城でもマグナスに会える。
>ユリア王妃の遠縁に当たり、ガートラント城へ行く前は、
>賢者ルシェンダに師事して政治を学んでいたらしい。

犬派の急先鋒となるか?

最近だとキャラクターズファイルでの「ジェニャの未来」にて
「マグナスの部屋」に訪れる機会があるのですが、
ガートラント王国の参謀の部屋ということで
それなりの執務室なのかと思っていたところ、

机も家具も配置されていない犬のマリーちゃん+ミリーちゃんのためだけの
ワンコ専用部屋だったことで話題にもなることもありました。
最初のパラディンの職業クエストでも確認してみると
どうやらその時点で既に家具が配置されていない状態だったようで
その時点でマグナスの部屋に入ろうとするとカギがかかっていて入れず、
(※おそらくマリーちゃんの部屋からの脱走を防ぐのが目的)
「ジェニャの未来」進行で改めて確認されることになったといった流れ。

クエスト番号100「パラディンのお仕事」だと
「マグナスさまは 愛犬家だが ご多忙でな。
 愛犬のマリーが退屈しないよう 散歩させて
 ほしいという依頼だ。どうだ 受けてくれるか?」
ということで、筋金入りの愛犬家ということが分かるわけですが、
最近のアストルティアのついてクン事情だと
ガニャポンの影響でひたすら猫のついてクンが増えていく中、
犬派のプレイヤーにとってはもっと犬が増えてほしいということで、

極端な話になると、エテーネ村の空き家に
犬派の専用の部屋ができるはずだと主張している人も見かけるくらいです。

そのため、ドラクエⅩでは珍しい愛犬家の代表として
今後ガートラント王国参謀のマグナスさんが
犬派に向けてやらかしてくれるのではないかとの期待感も。
ただし、アストルティア創世記だと多忙で犬の世話は人任せだとのことで
この流れどこかの王女様でも経験した流れのような・・。

ベリアルと戦える機会

賢者の壁」イベントでベリアル討伐が指定されたわけですが、
今現在どのような形でベリアルと戦えるのか調べてみることにしました。

  • ストーリー上のネルゲル召喚のベリアル
  • コインボスでのベリアル・プチベリアル・ベリアル強
  • コインボスでの悪霊の神々・プチ悪霊の神々、悪霊の神々強
  • ナスガルドでのベリアル(※名称は異なる)
  • 強戦士の書でのベリアル
  • ストーリー上の「恐怖の化身」で召喚されるベリアル
  • 天獄でのベリアル
  • モンスター格闘場でのベリアル

ベリアルに関して言うと、初期の登場では
ver1ラスボスによるネルゲル戦でのベリアルです。
後にコインボスとしてベリアルが登場することになり、
せんれきでも「ベリアル」と「ベリアル(コイン)」とに分けられています。

ボスコインやボスカードでは細分化されることになり
「プチベリアル」「ベリアル」「ベリアル強」の他、
悪霊の神々の通常・プチ・強カードでも各種のベリアルが登場し、
練習札でもベリアルと戦えるので1戦100Gで戦うこともできます。

ナスガルドでも匿名上ではあるもののベリアルと戦うことができ
過去には達人クエストが反応したりせんれきに登録もされたのですが、
最近だとどのような処理が施されているのかよく分かりません。

強戦士の書で「冥王ネルゲル強」と戦うと
途中でアトラス・ベリアル・バズズ達と戦うことになるので
そちらでも遭遇する機会があります。

またver2.2ラスボスでの「恐怖の化身」戦でもベリアルを召喚するときがあり、
この場合「恐怖の化身」がナスガルドで匿名状態で出現し、
召喚で記名の「ベリアル」が登場することもあるといった状態。

天獄での「冥府より来たるもの」でも開幕にベリアルがいたり
ボスが召喚してきたりしていて、こちらは「賢者の壁」の
カウント数に含まれると明言されることになりました。

他にも、モンスター格闘場でベリアルと戦う機会もある上に、
超便利ツールでもBランクまでなら自動で倒してくれるモードも存在。

尚、バトルルネッサンスが充実してきた都合上で、
ストーリー上の「ネルゲル」戦や「恐怖の化身」戦に
再挑戦できる都合上、そちらでもベリアルと遭遇することも可能に。

庭具のモーモンの像でのドルボードによるデコレーション

こちらが庭具のピンクモーモンの像です。
ピンモーに関わらずモーモンは人気は継続中なのですが、

討伐依頼を貰い水をまきにいくと、モーモンの像に
ドルボードの「シルフウィング」を背中につけて
羽を生やし妖精チックにしているお宅を見かけることが。

他にもトップ10掲示板ネタだと思ったのですが、

モーモンの手の位置に操縦桿が納まる設計されているので
このようにモーモンにドルボードを付け合わせて
操縦しているようにみせるデコレーションも。

ホーム > 未分類

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る