Home > 未分類

未分類 Archive

鎌スパスタ4人構成と「天使の守り」の重要性

チームメンバー向けのガルドドンつよさ1討伐企画は
スパスタ4人構成から、一度スパ賢者デスマスドラキーで試すことになり
少しずつ慣れていったものの壁役を担っていたスパスタのボディガード更新に
「招雷ドラミング」をあわせられて全員全滅を2度ほど繰り返したのと
あとどうしてもエルフの飲み薬は使うのでお財布に優しくなかったことから断念。

当然、今流行りの魔戦構成も視野には入っていたものの
いつもエンドコンテンツ討伐に頼っている人に
ガルドドン魔戦を頼むとエラい負担をかけそうだったことから
特に問い合わせはせずに見送ることにしようとは言っています。

ライトプレイヤー向けの「嵐撃シールド」避けのレクチャー

再びスパスタ4人構成で挑戦することになり
前回だと基礎的な動きは身に着けたと判断して
後半の課題となる「嵐撃シールド」の対処方法について説明。

野良PTで身に着けた方法だと
『「嵐撃シールド」を避ける』というよりは
『「嵐撃シールド」をやりすごす』という立ち回りが望ましく、
海冥主メイヴの「海冥の威圧」のように
敵側のチャージ攻撃だと仮定して、連打はしてこないはずで
一度使わせたらしばらくは使ってこないはず。
少しすると、ガルドドンのそばに誰かいなくてもまた使ってきて
竜巻から離れてガルドドンを有利なポイントに誘導するついでに
「嵐撃シールド」を消費させるのが理想形、というような漠然な説明を開始。

本来はどれくらいの時間間隔で使ってくるゾというような
したり顔もしたいところなのですが、私自身も2度くらいしか勝利しておらず
私が感覚的に会得したのがこれまでとなっているわけなのですが、
これが実践だと「そろそろ嵐撃シールドを使ってくるかもしれない」
という濃淡のある警戒感を帯びることに成功したようで
結果的に中距離での後出し行動に結び付くことになりました。

手数を意識する

あと細かく注文したところは「手数」の問題だということで
どんなタイミングで「魂狩り」で攻撃できるのか把握することも
今回の練習内容だということで、緑玉募集をしている人を含めて
1飯勝ち解散の条件で挑んでみることに。
そのときに参加時の必須となるHP条件については
目安として740以上が適切かなといった話になることも。

まだまだボディガードの更新しわわすれや、
大事をとっての「分散する災禍」3人受けしてしまうシーン、
あとうちのチーム特有だとは感じているのですが、
なぜかせかいじゅのしずくを使いだすといったこともしていて
それなら血吸いかハデスの個別対応がいいのではないかとは感じて
以前しずくは使わなくてもいいのではないかと直接的に提案はしたものの
竜巻での被ダメージ対策だということで自主性に任せることに。

私も積極的にせかいじゅの葉をまくようなタイプで
特に小さなメダルに困っていないということが多いわけですが、
「救命の鎌」は列記とした使いどころががあると感じていて
むしろ「救命の鎌」は温存しておきたいと感じているのですが、
緑玉募集で話すと「救命の鎌」で済ませようとする人が大半なので
せかいじゅの葉を積極的に使う人は珍しいタイプとはなっているようです。
(もっとも、葉っぱなしで倒せる腕の人はまだ多くはないかなとは)

連続タゲ対策

あと質問を受けたのが『ガルドドンがこちらに連続タゲをしてきて
ボディガードを間に合わないケースがあるけれども、どうすればいいのか』
といった内容で、正直なところ無理なところは無理だと諦めるべきかなとは思うものの
大雑把に話すと、一度ガルドドンで被弾したあとは
極力正面は避けつつ少し離れてボディガードを張ろうとし
誰かに引っ掛けられたら引っ掛ける(壁をしてもらう)ような形で
自分タゲで少し引っ張れそうならばボディガードをキャンセルして
少し距離をとった後に正式にボディガードの更新というような形になることを鑑みるに
実のところ、誰かが被弾したら誰かが被弾した人をフォローするように
ガルドドンを囲うような味方のポジション取りも必要なのではないかと感じることも。、

スーパースターにおける「天使の守り」の重要性

残り時間13分くらいでガルドドンを黄色くできればいいなと思っていると
残り時間12分くらいで黄色くすることに成功することになり
あとは「嵐撃シールド」をうまくやりすごしつつ立ち回っていると
どうしても「嵐撃シールド」を3人くらい同時にくらってしまって
スタン状態のまま全滅のピンチに陥ることもあったわけですが、
最後の生命線となっていたのがスーパースターの必殺時に
付与される「天使の守り」の効果となっていました。

そのことを踏まえると、「モンスターゾーンの閃き」の宝珠は保険として必要となる部分で
装備に関しても必殺が閃きやすくなる『エトワールセット』が最も適することになります。
私だと手持ちの装備の兼ね合いでスターダムセットで整えたものの、
「招雷ドラミング」を使われると他人を巻き込まないために
1人で受けることが適切なので、使われた対象は倒れることがおおよそ確定し
そのときに「天使の守り」があると自力復活ができることからしても
必殺経由での「天使の守り」効果はやはり実用性が高いと評価せざるをえません。
せめて宝珠くらいはつけておくことをオススメします。

後半苦戦しつつも18~19分くらいで撃破成功することになり
晴れて自分のチームメンバーもガルドドンつよさ1に勝利できることに。
感想としては、黄色以降の立ち回りの練習が必要だという話にもなった中で
そのときだと天獄が解放されていた時期だったことから
天獄に参加してお開きにすることになりました。

正味の練習時間としては3時間程度での勝利といったところで
1戦(20分)でのボディガードでのゴールドの消費は1万Gくらいになり、
MPは一度けんじゃのせいすいやようせいの霊薬の使用は必要、
あとは食費を含めて2万~3万くらいのコストになりそう。
それでも「エルフの飲み薬」は必要とはならないので
だいぶ1戦単位のコストは下がっていそうなのですが、
専用のスパスタ会心装備が必要なのでどの道コストは高く感じるとの感想も。

「招雷ドラミング」での生き残りの仕組み

「招雷ドラミング」については2回攻撃なので
「復讐の聖女の守り」の宝珠効果で聖女の守りが付与されると
1撃目でボディガードがハズれ、2撃目で聖女の守りが発動し
HP1生き残っているといったシーンや
2撃目で「金のロザリオ」効果で生き残ることもしばしばあるので
「招雷ドラミング」を仲間に使われ、倒れたらいち早く蘇生する気持ちで構えていると
ボディガード+聖女の守りや金のロザリオの効果で生き残り、
蘇生待機していた時間が少し無駄になるといったこともよくある話で、
手数を増やすという意味合いで話すと、招雷ドラミングを使われた対象に
「聖女の守り」や「天使の守り」の有無の把握も貢献するような話となります。

他にも手数を増やすという意味で話すと、
他のスーパースターの人がどのように動くか把握することも重要で
他の人が「招雷ドラミング」直後に蘇生にいきそうだなと感じたら
ガルドドンの背後でひたすら「魂狩り」を連打するチャンスでもあり
他の人がどのように動くかも察しながら動くこともスパスタ4人構成では重要となります。

牛イラストの秘密

新規のキャラクターズファイルの天地雷鳴士のクエスト
ヨイ越しの絆シリーズの624番「願い紡ぐ花」にて
花を咲かせるために水や肥料を手に入れることになるのですが、
だいじなものに入る肥料の「グングンのびーる」のアイコンがコチラ。

使ってみると次のようなメッセージが表示されます。

>※※※※は グングンのびーるの
>においを かいでみた。
>鼻につく 強烈な においがする。
>※※※※は 耐えられなくなり
>そっと しまった。

牛のイラストが描かれていることから察するに
グングンのびーるは「うしのふん」由来の成分になっている様子。

「魔幻園マデッサンス 回転木馬の広場」のクワガタとカブトムシ

第6期初心者大使のひだかさんの放送をみていると
「魔幻園マデッサンス 回転木馬の広場」 にて
カブトムシとクワガタを発見していました。
【DQX】第6期ドラゴンクエストX初心者大使ひだかのDQX生放送##257(5.1メイン マデッサンスから)

カゴの中にもクワガタとカブトムシが入っており、
左だとカブトムシ1匹、真ん中がクワガタ1匹、
右がカブトムシとクワガタがそれぞれ1匹という数に。
展示のものだと私としてはまだ未発見の
青色のクワガタと紫色のカブトムシが展示されていました。

放送中だとクワガタとカブトムシは作り物説が披露されていて
あちこちに魔幻宮殿であちこちで見かけたものは
こちらで販売されているものが置かれているのではないかとのこと。
一応カゴの中にはカブトムシゼリーが入っているので
ガラスケースの中は標本で、カゴの中は生き物ではないかとの推測も成り立ちそう。

やまたのおろち戦での相手側の状態異常耐性

1つ前のバージョンの話になるのですが
試練の門の「やまたのおろち」戦は倒しやすくなりました。

大型アップデート情報 バージョン5.0 (2019/11/14 更新)|目覚めし冒険者の広場

既に過去の情報になった黒本P322にあるver5.0以前での状態異常耐性の情報がコチラ。

やまたのおろち

眠り 〇(ふつうに効く)
混乱 ×(効かない)
魅了 ×
マヒ ▽▽(とても効きにくい)
毒・猛毒 ▽(やや効きにくい)
幻惑 〇
封印 ×
笑い ×
転び ×
しばり ▽▽
おびえ ×
スタン ☆(とても効きやすい)
呪い ☆
即死 ×
ふっとび ☆
発動中断 ▽
はどう ☆
みとれ ▽▽▽(極めて効きにくい)

鬼棍蔵

眠り ×
混乱 ×
魅了 ×
マヒ ×
毒・猛毒 ◎(やや効きやすい)
幻惑 〇
封印 ×
笑い ×
転び 〇
しばり ▽
おびえ ×
スタン ☆
呪い ☆
即死 ×
ふっとび ☆
発動中断 ☆
はどう ☆
みとれ ×

攻略上での状態異常

状態異常がどの程度効きやすくなったのか諸説あるのですが、
効いていた状態異常が1段階効きやすくなる処置が施された説を聞いたことがあります。
[例:▽(やや効きにくい) → 〇(ふつうに効く)]

やまたのおろちが効く状態異常がコチラ。
「眠り」「マヒ」「毒・猛毒」「幻惑」「しばり」
「スタン」「呪い」「ふっとび」「発動中断」「はどう」「みとれ」
やまたのおろちだと眠りやすいことが有名だったので
スリープダガーをかけて、鬼棍蔵から倒すというのも有名でした。
ただ眠りに関しては一度かかるとと耐性がついてしまうので
眠りの更新が少し難し目だったところを
眠りの更新がしやすくなった点でも戦いやすくもなっています

鬼混蔵が効く状態異常がコチラ。
「毒・猛毒」「幻惑」「転び」「しばり」
「スタン」「呪い」「ふっとび」「発動中断」「はどう」
一部で転ぶことが有名にもなっていたそうで
棍の「足ばらい」や、鎌の「冥王のかま」で転ばせることが可能に。
ただこちらも57~63秒間は耐性がつくのでちょっとした足止め程度の話となります。

どちらも「しばり」が効いて「クモノ」をかけることが一応可能。
(※クモノ、転びのバナナトラップは12~18秒間は完全耐性がつくので注意)
「幻惑」はどちらもかかりやすくなったということで
やまたのおろちを眠らせるのと同等くらいに非常に有用です。
こちらも幻惑で耐性がつくわけですが幻惑の更新が楽になるといった評価に。

「剛獣鬼ガルドドン」のつよさ1の練習

聖守護者の闘戦記「剛獣鬼ガルドドン」 (2020/3/12 更新)|目覚めし冒険者の広場

昼間のログイン時

昨日昼間に少しだけログインできたので、特にPTを組まずに
ちょろっとサポート仲間のみで下見にいってみたところ、
現地であまり人だかりはできておらずやや不審に思いつつ挑戦。

PT構成はバトバト旅芸僧侶だったわけですが、
初回は自分僧侶に通常攻撃で一撃で沈み、
その後蘇生に来た旅芸人も一撃で沈んで
あとは蘇生できる職業がいなくなったので
そのまま終わって30秒で終了することになりました。

最初に壁を作れないとこうなるのかと感じてリトライしてみると、
今度はバトルマスターのダメージが全然入らないことを目の当たりにし
ひどく防御力が高そうだと思うと同時に、ブーメラン旅芸人が
ルカニではなくてシャインスコールを使いだしたところから
色々と事情を察することとなり、現状だと通常の物理攻撃では
ダメージが通らなことを把握することになりました。

ここから色々と調べることになり、ダメージを稼ぐ手段としては
魔法・会心・固定ダメージに絞られることになり
討伐PTもそれ専用の戦い方が紹介される中で
同時にサポート仲間のみで練習することが難しいことも判明し、
これで昼間の時に挑戦する人が少なかったのだと理解することにもなりました。

夜のログイン時

夜になりチームメンバーと合同で下見にいくことになると
現地は人であふれているのと同時に、全滅したPTも多く見かけることに。

鎌スーパースター4人による魂狩り討伐の話を持ち出され
すぐには用意は難しいという判断で先送りにはしたものの
僧侶・キメラ・スーパスター・パラディンというPTで
不思議なくらい魂狩りがかなりのダメージを稼げていたことから
それなりの手ごたえを感じるような形となり、
現に3月13日の当日だとスーパースターの
緑玉募集をそこそこの頻度で見かけることにもなっています。

あとは王道になりそうなパラ賢者構成を軽く試すことになり
パラ・賢者・僧侶・ドラキーでいってみたところ、
どれもこれも初見の攻撃ばかりなので対応策が呑み込めず
「廻風ローリング」が出たあたりでこれはどんな挙動をするのだろうと
危なそうなのでとりあえず近づかず竜巻を観察するような形にもなり
結局その日は1つ1つ技の対処法を考えることにはなりました。

パラ賢者で僧侶が含まれているときは「岩石ストライク」は聖女で何とかなるものの
「分散する災禍」のダメージ量がかなり高くて3人で受けても倒れてしまうので
さすがに自力で攻略法を見出すのは難しかったので検索にかけてみると
やはり対処は難しいそうで、現状だとHPを保った状態で
きせきの雨が入った状態で3人で受けるというような立ち回りにはなりそう。

あとパラディンだと必要な耐性は「おぞましいおたけび」分は増えそうなのですが、
後ろの雷とマヒ耐性を確保しつつHP多めなところで
攻撃魔力を確保すれば特に問題はなさそうかなといったところで
思ったよりも装備の敷居は高くないのかなと感じるところも。

深夜~朝

ちょっと頑張れば強さ1くらいなら倒せるだろうと感じ
練習PT名目での緑玉募集(雷100の扇賢者)を出してみたところ
まずは「豪快インパクト」の対処慣れから始まり
どこも軒並み苦戦することになり、黄色までいければいい方に。
まずはどんなPT構成・役割・立ち回りをすればいいのかも定まっておらず
初日はまあそんなもんだろうとの納得しつつも、
「強さ1でこの強さなのか」といった感想を口々に聞くことにもなりました。

おおまかに状況を理解できたので今度は自分で緑玉募集を選択することにし
自分が僧侶をしつつ、パラ賢者賢者の人を招待することにし
全員が練習希望の人を募ったことを伝えつつ、
事前の作戦については指示せずに1飯で突入することにしました。

練習PTだとどこも「岩石ストライク」と「分散する災禍」の対処ができなかったので
「岩石ストライク」については聖女の守りで保護できることから
今回僧侶で参加した私だと聖女の守りをひたすらまくことにしたところ
見事「岩石ストライク」の生き残りに成功することになり
あとは「分散する災禍」についてはきせきの雨で分散受けすることで対処。
(※実際は、分散する災禍1撃目→きせきの雨効果で半分回復
 →2撃目で致死に至るダメージ→聖女の守り発動というシーンも)
この辺り雷耐性で盛るよりはHP盛りで受けることが
将来的に望ましくなることが察せされる内容にもなっています。

パラディンの人もガルドドンの行動が決まるまで動けないので
大ぼうぎょをし続ける他なく、ガルドドンと仲間との間に立つことが難しいことから
ガルドドンと賢者の直線ラインの方に立って補助壁っぽいことも。

これで8分くらいで黄色までいき、6分くらいで赤まで行くことができたのですが
どれもこれも初見の状態なのでマホカンタに張られていることに気づかなかったり
最後壁の近くまで押しやられ「おぞましいおたけび」を食らったところで崩れることになり
あと少しで倒せそうというところで時間切れになり、初日はガルドドン赤までで終了に。

色んな構成はあると思うのですが、私としての練習としてのオススメは
パラディン・賢者・賢者・僧侶で、聖女の守りで保護しつつ立ち回っているうちに
ガルドドン戦の練習になるかなと思うので、強さ1で始めようとするにオススメです。

ホーム > 未分類

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る