Home > 邪神の宮殿

邪神の宮殿 Archive

ver4.2での「災いの神話と暴虐の悪夢」の感想

10の日ということで忙しい日ではあったのですが、
リアルだとちょうどお盆シーズンということで個人的には
そちらの方でも忙しくてまとまった時間がとりづらい日でもありました。

2獄

2獄は短剣・オノ・ヤリ限定となっていて、3キャラで参加したときは
ヤリ使いの人と短剣使いの人が多いというような印象がありました。

ヤリ使いの人が多い場合は、パラディン・どうぐ使い・僧侶で、
攻撃としては消極的になりやすい職業なことから戦闘時間が長引きやすい傾向に。
短剣使いが多い場合だと、盗賊・踊り子・旅芸人まんべんなくマッチングしたわけですが
短剣使いの人が少なめだと毒が抜けやすい傾向があったり、
旅芸人だと基本的にサポート役に徹することが多く、攻撃に参加しづらいように感じられ、
基本は短剣というよりは盾目当てで短剣をチョイスしているような形になっていました。
そのような事情もあって、攻略時間としては6分18秒20~7分18秒37と長めに。

自分だとヤリ僧侶・オノ戦士・短剣踊り子で参加してみたところ、
ヤリ僧侶の場合はヤリ被りが多かったので積極的に攻撃に出る側へ。
レンジャーがいればまもりのきりが見込めるものの、
その回だとレンジャーがおらずフバーハも意識的に使うようにしていました。

オノ戦士だとオノレンジャーでいこうか迷ったのですが、
真・やいばくだきで代用できるだろうと参加してみると、
その回だとなぜかアイテムをあまり使用しないPTだったようで、
朝の方からライト層な人たちが多めに参加していた回だった様子。

3獄

踊り子オンリーということで、攻撃手段を確保するべきなのですが、
扇踊り子の魔法攻撃でガンガン攻撃するのも得意だったので、
今回攻撃魔法専用のつもりの踊り子でも参加してみることに。

  • 3獄の展開は楽勝・苦戦の両極端

火力の方はというと短剣でザクザクやった方がダメージが出るものの、
ギガデインやブレスで4人くらいまとめて一掃されてしまうケースも多く、
今回参加した邪神の宮殿の中だと、3獄での全滅頻度が多く感じられました。

一方で、二刀流の短剣でザクザクしているとダメージ量も凄まじく、
討伐時間は短く済むこともあって、結果としては楽勝か苦戦からの両極端になりがちに。
攻略ポイントとしては、死者が出たら即座にせかいじゅの葉やよみがえり節を使うことで、
全滅までいったケースだと大半の人が倒れてるのに攻撃し続けるといったケースがほとんど。
序盤にたくさん倒れていると、そのまま諦めてしまう人がいるのも事実で、
その場合は素直にリスタートした方がいいというのも合理的な考え方ではあります。

  • マイナーな魔法踊り子

参加者としては短剣と扇使い人が大半で、
攻撃魔法オンリーで参加している人は少なかった…
というより私しかいなかったような魔法攻撃の頻度でした。
(※テンションアップのギラグレイドの使用は他の人でも見かけました)

攻撃魔法で参加していると、前列と後列でプレイヤーに距離ができるので
まとまって倒されるといった機会が減るのと、後列側が怒りをとった場合
そのまま引っ張りやすくなるのも嬉しいところで、攻撃魔法オンリーというよりは
蘇生・回復のサポートにも立ち回るようなポジションで動くことに。

本職の扇踊り子だと「妖貴妃のおうぎ」を装備しつつ、
「ギラグレイドⅢ」もち(※覚醒のアリア無し)なわけですが、
倒れても回復にまわって「妖貴妃のおうぎ」の魔力覚醒発動まで立ち回ったり
外部からの「風斬りの舞」を望めるのでダメージ面では苦労しなかったものの、
そこまで本格的に魔法踊り子をやるかと問われると大半のプレイヤーは難しいところで、
それならば明確な活躍の場所がある短剣踊り子で対応した方が良さそうな。

4獄

4獄はバトルマスター・賢者・どうぐ使い・占い師限定で、
特に占い師で参加している人が多いといった職業構成になっていました。

こちらも攻略時間は3分50秒52~7分06秒79と苦楽にムラのある展開で、
どうぐ使いの必殺をうまく利用できたり、怒りをとって逃げ回れたりすると
そのまま速攻撃破までもっていける楽な展開もあれば、
基本的には「災いの神話と暴虐の悪夢」は邪神の宮殿でも攻略難易度が高く、
何度もギガデインを連発されて立て直しに苦労するといった展開も。

「災いの神話と暴虐の悪夢」(2018年8月10日~8月24日)

2018年8月10日~8月24日の条件について。

条件一覧

・封剣の門・一獄
20分以内に討伐
戦闘中どうぐを使用してはならない。

・封剣の門・二獄
18分以内に討伐
短剣(ナイトメアファング習得)、
オノ(真・オノむそう習得)、ヤリ(ジゴスパーク習得)限定
戦闘中 配られたどうぐ以外使用できない
(せかいじゅの葉、せかいじゅのしずく、ようせいの霊薬)

・封剣の門・三獄
16分以内に討伐
踊り子(魔力のバラードorつるぎの舞習得)限定
戦闘中 配られたどうぐ以外使用できない
(せかいじゅの葉、せかいじゅのしずく、ようせいの霊薬)

・封剣の門・四獄
18分以内に討伐
バトルマスター(ミラクルブースト習得)、賢者(ドルマドン習得)、
どうぐ使い(プラズマリムーバー習得)、占い師(魅惑の水晶球習得)、
盗賊(サプライズラッシュ習得)限定
戦闘中 配られたどうぐ以外使用できない
(せかいじゅの葉、せかいじゅのしずく、ようせいの霊薬)

耐性まとめ

  • 「災いの神話と暴虐の悪夢」(雷・闇・風・氷・火・土。雷多め)

呪い(魔蝕、おぞましいおたけび)
混乱(魔蝕、おぞましいおたけび)
封印(おぞましいおたけび)
幻惑(魔蝕)
マヒ(ジゴスパーク、ギガスロー)
即死(メガンテ)

災いの神話
・効きやすい属性、効きづらい属性:特になし
暴虐の悪夢
・効きやすい属性:風、光
・効きづらい属性:特になし
ばくだん岩
・効きやすい属性:風、光
・効きづらい属性:炎、土

ver4.2での「悲劇の英雄譚」の感想

「幻妖の黒公子」と「災いの神話」の新ペアでの登場となり、
参加している限りでは安定して倒せるケースが多かったものの、
気づいたら何かと攻略時間がかかっていたケースが多くありました。
倒す順番としては毎回「災いの神話」から倒しにかかっていたといった具合。

7月25日当日の話をすると、聖守護者の闘戦記が強さ1なので
回復陣のまわりにはキラーパンサー連れの人が多かったり、
真夜中プリズランの影響で「金のワラタロー」を連れている人が多かったり、
「おきがえリポちゃん」で「夢の王国セット」が試着が可能なので
そちらを着込んで参加している人もいたといったように
邪神の宮殿は割と世相を反映しているように感じられることも。

2獄

2獄は両手杖・ツメ・ハンマー限定で、実際に参加してみると
まもの使いが多い回、賢者が多い回、バランス回というような内容。
特にまもの使いが多い回だと「4分36秒50」と攻略スピードが速く、
遅めだとしても「5分51秒78」のバランス回となっていました。

自分のキャラだと片手剣(左手ハンマー)バトマス、ツメ武闘家、両手杖天地雷鳴士で
参加してみたものの、どうにも邪神の宮殿でのツメ職において、
まもの使いよりも盗賊や武闘家の方がスタンが狙える分有利なようにも。

賢者が多い回だと5人ほど参加しているようなPT構成で、立て直しに不安はあったのですが、
怒りをとったあとは上手に逃げ回ってくれたので問題らしい問題に直面せずにクリア。

天地雷鳴士だと特にMP問題が気がかりにはなるのですが、今回だと
特にMPの方は枯渇せずに無事クリアすることができています。

3獄

3獄は盗賊限定で、ツメで参加する人が多く、短剣とムチ持ちの人がちらほら含まれるといった構成。
過去の盗賊オンリーの邪神だと必殺とサプライズラッシュの影響でずっとスタンさせられるのですが、
攻め手が緩かったり、「幻妖の黒行子」の「鉄壁の盾」が多かったり、立て直しに時間を割かれたりすると
如実にクリア時間に影響して、早いと「4分02秒39」、遅いと「6分38秒15」というように極端な形に。

  • 「オネロスハント」狙い放題なものの

今回だとスタンが多く入る展開なので、短剣の「オネロスハント」で
大ダメージを与えられる機会はあるものの、例えば盗賊の必殺が発生したとして、
「災いの神話」と「幻妖の黒公子」のどちらかに使うべきかと判断すると、
怒りをとりやすく動きをコントロールしやすい「災いの神話」と比べ、
「鉄壁の盾」でダメージを無効化してくる「幻妖の黒公子」の動きを止めた方が
被害が少なくなり、スタンの優先度としては「幻妖の黒公子」の方が高くなっています。

そのため、災いの神話に対してスタンが入る機会が減るわけなのですが、
全員がサプライズラッシュ持ちな環境なことから「災いの神話」に対しても
スタンが何度も入るものの、やはり毒が入りづらいのがキツく、
毒の効果がきれれば、また毒をかけるところから始めることに。

  • 足止め目的ならば短剣・ムチも選択肢

短剣だとイマイチ活躍しづらかったのわけなのですが、
壁役をやっている分には盾を装備できる短剣の方が有利だったり、
「状態異常成功率アップ」の武器特技効果の影響でスタンが入りやすい他、
しばり打ち・おたけび・クモノともに「幻妖の黒公子」に入ることから、
そちらの動きを阻害させたいと考えるならば短剣・ムチの方が適任になります。

4獄

4獄は、武闘家・僧侶・レンジャー・占い師・踊り子限定。
この条件だと占い師が多くなるのかなと思って参加してみると、
占い師が多い回と、(スティック)僧侶が多い回に遭遇することに。

僧侶4人くらいいた回だとさすがに攻略時間がかかりそうだなと思った矢先に、
スティックから棍に装備変更してくれた人がいて「7分45秒73」でクリアできました。

参加可能職が多い割には、職業的な偏りを感じることになったわけなのですが、
4獄だと火力不足に陥ることも多いようで、他の回でもだいたい7分くらいかけてクリアしています。

悲劇の英雄譚(2018年7月25日~8月9日)

2018年7月25日~8月9日の条件について。

条件一覧

・封剣の門・一獄
20分以内に討伐
戦闘中どうぐを使用してはならない。

・封剣の門・二獄
18分以内に討伐
両手杖(復活の杖習得)、ツメ(ライガークラッシュ習得)、
ハンマー(プレートインパクト習得)限定
戦闘中 配られたどうぐ以外使用できない
(せかいじゅの葉、せかいじゅのしずく、ようせいの霊薬)

・封剣の門・三獄
16分以内に討伐
盗賊(サプライズラッシュ習得)限定
戦闘中 配られたどうぐ以外使用できない
(せかいじゅの葉、せかいじゅのしずく、ようせいの霊薬)

・封剣の門・四獄
18分以内に討伐
武闘家(ためる参習得)、僧侶(ホーリーライト習得)、
レンジャー(フェンリルアタック習得)、占い師(魅惑の水晶球習得)、
踊り子(魔力のバラードorつるぎの舞習得)限定
戦闘中 配られたどうぐ以外使用できない
(せかいじゅの葉、せかいじゅのしずく、ようせいの霊薬)

耐性まとめ

全文を読む

ver4.2での「闇に堕ちた英雄の幻影」の感想

今回1獄から4獄まで一通り3キャラ分クリアしてみた感想としては、
取り立てて大きな難易度の差は感じられず攻略時間も差は出ないのですが、
攻略時間が長くなるポイントとしては2つあります。

  • 敵からの攻撃による範囲攻撃の巻き込まれ具合
  • 幻妖の黒公子の「鉄壁の盾」(物理無効+スケープガード)の使用具合

そのため、だいたい攻略時間としては5分~6分辺りが目安になっており、
後者の対策として賢者が1名は含まれていることが望ましく、
相対的に賢者が程よい人数で参加できる4獄での攻略時間が早めになっていました。

2獄

2獄は「レンジャー・スーパースター・踊り子」限定。
予想通りレンジャーか踊り子で挑戦している人が多く、
たまにガチなスーパースターさんが参加しているといった状態でした。

どちらも幻惑をかける環境が整っている職業なのでペースを握りやすいのですが、
レンジャーでデュアルブレイカーを使おうと「鉄壁の盾」で阻まれてしまい
使いどころをうかがっている間に時間が過ぎてしまうことがしばしば。

踊り子だと扇魔法踊り子か短剣踊り子か迷ったものの、
耐性が低めな相手だということもあって短剣踊り子で参加。
カオスエッジで麻痺を狙ってみたところ、「幻妖の黒公子」1人になったときに
麻痺がかかってフルボッコモードに突入することにも。

3獄

弓限定ということで「どうぐ使い・魔法戦士・占い師・レンジャー」限定。
職業配分に関してはだいたいどの職業とも均等な場合と
占い師が半数を占めている場合と両方を経験しています。

遠距離で戦うことが「闇に堕ちた英雄の幻影」で噛み合うものの、
参加する職業が職業なだけに補助肌な人もいて、補助のみのつもりで
攻撃する人が少ないと戦闘が長引いてしまうといったケースに遭遇することもありました。
特に「鉄壁の盾」で攻撃できない時間帯が生じる都合上、
攻撃できるときに攻撃しないと如実に攻略時間が延びてしまう傾向はあるようです。

魔法戦士・レンジャー・占い師で参加してみたのですが、
魔法戦士で参加してみたときは「鉄壁の盾」に阻まれながらも
割と順当に勝利して5分35秒06あたりでクリア。
レンジャーで参加したときは1名回線落ちすることになり、
7人で戦うことになって13分くらいかけて勝利することに。
占い師の場合だと範囲攻撃の巻き込まれが多く、緊急対処で
蘇生用のカードではなく葉っぱを使って蘇生し続けることになりました。

4獄

4獄は、両手杖が「魔法使い・賢者・魔法戦士・天地雷鳴士」
オノが「戦士・レンジャー・まもの使い」
棍が「僧侶・武闘家・旅芸人・占い師」
ハンマーが「バトルマスター・どうぐ使い・パラディン」
ブーメランが「レンジャー・賢者・どうぐ使い」
というように対応職業が多いことから気楽に参加できるかなと思ったのですが、
例えばスティック僧侶だとスティックでは今回参加できなかったり、
幻惑が有効だということで扇天地雷鳴士で参加しようかと思うと
扇で参加できなかったりと、スキルを振り返るほどではないものの、
1獄のように参加しようと思った武器+職業では参加しづらいといった緩い指定は入る様子。
実際に参加してみると杖職で参加している人が多いようで、
魔法使い・賢者と組む機会が多い印象がありました。

あと気になったのが4獄で天地雷鳴士で参加してみたところ、
自分が1人で天地雷鳴士でオートマッチングで参加中に
8人PT中に天地雷鳴士が片方のPTに2人いて、
あちら側のPTに天地雷鳴士がいないといったケースに遭遇することに。

1PTに天地雷鳴士が2人いるといったケースは、
聖守護者の闘戦記での参加職業でも含まれているので、
「げんま解放」を交互に使うような戦い方にはなり、
特に戦闘中不自由には感じられなかったのですが、
PT毎にカカロンが1人減るような状態にはなったので
できれば片方のPTに1人ずつ天地雷鳴士が配置されていてほしいと感じるところ。

確か1~3獄のオートマッチングではそのようなケースには陥らないように設定されていたと思ったので、
4獄では対応されていないか、何らかの原因で天地雷鳴士が2人いるとシステム的に判定されなかったっぽい。

ホーム > 邪神の宮殿

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る