Home > 邪神の宮殿

邪神の宮殿 Archive

天獄「邪竜神の使徒たち」の感想(2020年3月30日22時開催)

前々回の天獄開催が3月18日~3月21日
前回の天獄開催が3月24日~3月27日
今回の天獄開催が3月30日~4月2日というように
天獄がしまった3日後には、再び開くといった開催ペースに。

さすがに天獄が開くのが早すぎるといった意見も目にしているものの
『ガルドドン戦向けのベルトが一向にでなかった』といった話も出ていて
初回報酬以外は、天獄でも2分の1くらいのベルト獲得率なこともあり
現状の枠組みで話すと、ベルトがほしい人向けに
開催のペースが早い方が望ましいという切実な状況でもあるようです。

今回だと25日の通常更新をまたいだクリア分が
3月30日の方に加算されて早い段階での解放の図式なので
今後の開催ペースは長くなっていくのではないかと。

意外と条件達成がシビア

今回も条件達成が楽な方かなとは最初感じたものの
実際に参加してみると意外と条件達成が難しいことを感じており
まず確実にクリアできそうなのが
「60秒以内に 20000ダメージ与えろ」くらいです。

「30秒以内に チャンスとくぎを1回行え」が運要素として
「30秒以内に 10回テンションを上げろ」が
武闘家の参加・踊り子・バトマスの参加や
占い師の魔術師のカードの使用もみたものの
30秒と短いので武闘家だと1人だと10回達成は意外とシビアで
武闘家がいても他職の協力はほしいところ。

「30秒以内に 風属性で7000ダメージ」も
魔法戦士がいると楽なのですが、いないと達成が難しくなっていて
魔法戦士の有無の差でクリアできるかどうかが
決まってるといっても過言ではありません。
一度、天地で参加したときに水神のたつまきと
スパスタのバギ系の魔法が重なって達成ということも
あったのですが、こちらのお題はハナから諦めてる人も。

  • 条件達成の分かれ目は「心頭滅却」のお題クリアできるかどうか

今回もやはり条件未達成での失敗を経験していて
1つの目安としては「20秒以内に 8回『心頭滅却』をしろ」あたりを
クリアできるかどうかが1つの分かれ目となっており
せめてそちらは能動的に参加する心構えは必要となります。

自分も「心頭滅却」のお題はクリアしないと
条件未達成で失敗の可能性はあるとは感じているものの
今回だとレンジャーで多く参加している都合上で
蘇生をするか心頭滅却をするかの判断の分かれ目に立たされることがあり
20秒と短いの蘇生を後回しにして心頭滅却を使うような場面もしばしば。

条件達成向きの職業となると武闘家・魔法戦士となるところで
昨今の武闘家の強化によって参加者が多いのが幸いし
何とか条件3つ達成できているというのが現状になっているように感じられました。

「邪竜神の使徒たち」が強い

「邪竜神の使徒たち」がかなり強く感じており
例えばレンジャーで参加すると2体いるうちは
半分くらい蘇生しているようなことも珍しくなく
本当に厳しい時はまもりのきりもろくに使えず
蘇生にまわり続けるといったこともありました。

正直ちゃんとした蘇生職を確保したく感じられるものの、
一回の範囲攻撃で2~3人一気に倒れることもあるので
単体蘇生だと間に合わないようなケースも出ており
デスマスター1人だけ生き残って「反魂の秘術」で
一気に立て直しといったことも経験しており、僧侶必殺、
占い師の審判、デスマスターの反魂の秘術、カカロンのヒーリングオーラ
といった範囲蘇生が必要な場面に直面することにもなっています。

「邪竜神の使徒たち」だと幻惑で抑え込む方法も有名で
月のカードと審判のカードを多めに整えれば安全という場面もあるものの
幻惑を維持するというのがそう簡単にもいかない実状もあって
月のカードを使用した先で移動されてしまって幻惑がかからなかったり
ブレスの方もそこそこ厳しくて、レンジャーのまもりのきりがほしい
というような場面もあり、幻惑だけで完封とはいかない様子。

天獄「邪竜神の使徒たち」(2020年3月30日22時~4月2日21:59)

ver5.1での「悲劇の英雄譚」の感想

24日には既に天獄解放中の中での25日更新なので、
正直ベルトが欲しい人は天獄周回をしていた方が
稼げそうかなとは感じるものの、クリアを習慣のように感じてる人も多く
自分のチームでも天獄周回と1~4獄が未クリアなら、
1~4獄クリアを優先するといった行動にもなっています。

2獄

賢者・スーパースター・まもの使い限定。
内容としては賢者が多かったりまもの使いが多かったりの中で
スーパースターの人が少数で参加しているといった具合で
だいたい討伐時間としては4~5分くらいかかっていました。

まもの使いはツメが多く、賢者だと扇が多い中で
スーパスターだと鎌とムチもちの両方を見かけ
特にムチ持ちの場合だと「幻妖の黒公子」の方に
幻惑を意識的にかけてくれて戦況としては楽になっています。

3獄

3獄はハンマー限定。
参加するとやはりハンバトが多く、
補助向けのどうぐ使いや、スタン狙いでの盗賊の参加も
少数ながら参加しているような情勢となっています。

今回はスタンショットでスタン回しができることから
盗賊の場合、サプライズラッシュ・スタンショット・必殺と
スタン技が豊富であるため活躍の場でもあるものの、
今回だと全員が全員スタンショットを持っているため、
8人でスタンをまわしているような形だと
ハンマー盗賊である必要性も薄くもなっており、
早いと「2分19秒66」「2分32秒35」くらいで倒せてもいました。

4獄

4獄はちょっと今回誤表示の問題があって、
「目覚めし冒険の広場」での「やることリスト」にある
隔週タグにて邪神の宮殿でのお題を確認することができるのですが

そちらの条件が「短剣・スティック・ツメ・ブーメラン」で

実際のゲーム内での条件が「短剣・スティック・ツメ・ブーメラン・鎌」と
冒険者の広場での告知だと「鎌」の部分が抜け落ちていました。
(※3月26日時点での話)
プレイヤーとしてはゲーム内の告知の方で確認する人も多いようで
4獄に参加しているとデスマスターが含まれていて
条件に合致しないので不思議に思っていたのですが
調べてみると冒険者の広場の方だと告知漏れのような状態だったようです。

今回だとツメ勢とブメ勢で参加する人が多くなってる一方で
これにスティック僧侶が加わるのでどうしても
回復・蘇生寄りの立ち回りになりやすく
やや攻め手が欠けて4~5分くらいかかるといった結果に。

天獄「虚空の邪竜神」の感想(2020年3月24日19時開催)

邪神の宮殿は10日と25日更新なわけですが、
1つ前の天獄の開催が18日~21日なところを
今回だと前日の24日に開催となっており
かなり短いスパンでの開催になりました。

理由としては何といっても聖守護者の闘戦記での
ガルドドン向けのベルトがほしいということで
ひたすらベルト取りをまわされ続けた結果だと思われます。

遠距離攻撃でも四苦八苦になるパターンも

今回だと「45秒以内に 炎・氷属性で10000ダメージ」を見て
集中的に参加職業を決めることになるようで
「45秒以内に MPを400消費しろ」と踏まえて魔法戦士
メラ・ヒャドの結果を考えて魔法使い
ヒャドと職業慣れを考えてのデスマスター他、
炎属性なので「業炎の大剣」の両手剣でも活躍が可能となっています。

実際に魔法戦士・魔法使い・デスマスターの参加がそこそこ多く
後は人気職業の武闘家やバトルマスターで来てる人や
回復を考えての賢者・僧侶・天地雷鳴士でメインで構成されているような形。

  • オートマッチングのPT毎に苦楽の差が激しい

今回だと魔法戦士だと弓で、魔法使いやデスマスターだと魔法で
「虚空の邪竜神」を遠距離攻撃できることから
「天災地変・氷」の範囲外で攻撃可能になっていたものの、
不用意に「天災地変・氷」の範囲内で活動してしまい
何度も蘇生祭りになってしまうマッチングもしばしばあって
なかなか攻撃に転じられないところに「虚空の残影」での回復が入り
結局、泥試合気味に「虚空の残影」を倒し切り7分くらいかけて
「虚空の邪竜神」を仕留めにかかるような形も珍しくありませんでした。

一方で、戦い慣れている周回勢なんかだと
召喚されたところでチャージ攻撃でまとめて倒しにかかったり、
「虚空の残影」されてもフォースブレイク・レボルスライサー・災禍の陣等を重ねて
手早く「虚空の邪竜神」を先にしとめて2分くらいでクリアしたりと
戦闘での苦楽の差も激しく感じたことも事実として残っています。

  • 有力な範囲攻撃が限られる魔法戦士

私だと今回魔法戦士か魔法使いで参加することが多かったのですが、
魔法戦士だとフォースブレイクの使い先を
「虚空の邪竜神」にするか「虚空の残影」にするかで
状況次第で優先度が変わるので、どちらに使おうか迷うこともあります。

他にも魔法戦士だと範囲攻撃が乏しいことから
ロストスナイプやマダンテ頼みになりやすいものの
「45秒以内に MPを400消費しろ」というお題と
マダンテがチャージ魔法である都合上、
お題をクリアしないと必殺がきても気軽に打てずに
「虚空の残影」1体1体にダメージを稼いでヤキモキする場面も。

盗賊専用のお題

今回珍しく「30秒以内に モンスターのすばやさを下げろ」というお題が出て
内容としては盗賊のボミエ・ボミオスをかけなさいという趣旨なわけですが
今回オートマッチングで盗賊の参加率としてはあまり多くはなりませんでした。

一応ハンマー持ちなので、「虚空の邪竜神」の「残影招来」を
キャンセルショットで阻止することは可能なものの
タイミングと成否がそこそこシビアなので安定はせず、
頼みのサプライズラッシュとスタンショットのスタン技に関しても
「虚空の残影」には入るものの、「虚空の邪竜神」には全く入らないので
どうも盗賊としての活躍できる場所があまり無いようにも感じられます。

一応はver5.1でランドインパクトのダメージ上昇処置は入っていて
「虚空の残影」あたりをふっとばして行動を阻止させることは可能なことと、
あと盗賊でハンマーを装備して「おたけび」の成功率は上がるものの
このお題をクリアする以外はハンバト以上に活躍しづらいジレンマも抱えていました。

「悲劇の英雄譚」(20020年3月25日~4月9日)

2020年3月25日~4月9日の条件について。

条件一覧

・封剣の門・一獄
20分以内に討伐
戦闘中どうぐを使用してはならない。

・封剣の門・二獄
18分以内に討伐
賢者・スーパースター・まもの使い限定。
装備中の武器のスキルに150Pふり 挑むこと。
戦闘中 配られたどうぐ以外使用できない
(せかいじゅの葉、せかいじゅのしずく、ようせいの霊薬)

・封剣の門・三獄
16分以内に討伐
ハンマー限定。
職業のスキルに150Pふり 挑むこと。
戦闘中 配られたどうぐ以外使用できない
(せかいじゅの葉、せかいじゅのしずく、ようせいの霊薬)

・封剣の門・四獄
18分以内に討伐
短剣・スティック・ツメ・ブーメラン(+鎌。ゲーム内では表示で参加可)限定。

職業のスキルに150Pふり 挑むこと。
戦闘中 配られたどうぐ以外使用できない
(せかいじゅの葉、せかいじゅのしずく、ようせいの霊薬)

耐性まとめ

呪い(魔蝕、おぞましいおたけび)
混乱(魔蝕、おぞましいおたけび)
幻惑(魔蝕)
マヒ(ジゴスパーク)

幻妖の黒公子
・効きやすい属性:特になし
・効きづらい属性:雷、闇、光
災いの神話
・効きやすい属性、効きづらい属性:特になし

ホーム > 邪神の宮殿

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る