Home > 邪神の宮殿

邪神の宮殿 Archive

天獄「真紅の殺人鬼たち」の感想(2019年4月19日0時解放)

現在は「翠将鬼ジェルザーク」で専ら話題になっていますが、
つよさ2の段階のの0時ごろに天獄の門が開くことになりました。

以前だと「冥府より来たるもの」「復讐の兄弟竜」のローテーションだったのですが
現在だと「真紅の殺人鬼たち」「暗黒の星竜機」のローテーションの様子。
確かに前者だと結構な難易度で全滅することも多く、
今回の「真紅の殺人鬼たち」は討伐が楽なのは間違いないのですが、
個人的にはそれはそれで寂しいかなとは感じるところ。

3回ほど討伐時間の記録をとってみると
「5分16秒53」「3分28秒39」「7分05秒09」ということで
ツメのライガークラッシュとフォースブレイクをあわせられると
ごっそり削ることができるので3分30秒くらいで倒せてしまうケースも。

ただし、今回だと魔法使いでの参加が増えている影響で
ワンパンで倒れる頻度が増えていて、蘇生する職業が乏しいと
そのまま全滅してしまうようなケースにも遭遇することになっています。

魔法使いの参加が増加

邪神の宮殿も、新聖守護者ボスの影響を強く受けることになっていて、
1つ大きな変化となっているのが「魔法使い」の参加が顕著に増えました。

一時期のまもの使いのように立ち回り慣れをするということが主眼にあるようで
ジェルダーク戦の肩慣らしを兼ねて試運転を重ねていると思われます。
開催直後だと戦い慣れた人の参加が多く条件達成に有利な職の参加が多かったものの、
22時ごろに参加してみると魔法使いの参加は多くなっていて、
壁になりそうな人に軸を合わせて行動するというよりは
空いたスペースに超暴走魔法陣を張るといった立ち回りにより
そのまま「真紅の殺人鬼たち」に倒されてしまうといったことがしばしば。

そのため、魔法使いの増加については達成条件クリアを目的とした参加とは言い難く
今回の天獄で魔法使いでの参加については、立ち回りに自信がないから来ている人が
増えているようなものなので、目的としては推奨はしづらい参加方法のようには思えます。
以前の「冥府より来たるもの」だとマホカンタマンで大活躍だったんですけどねー。

条件達成だと武闘家と魔法戦士が人気

「30秒以内に スーパーハイテンション状態で攻撃」
「30秒以内に ツメ・弓の特技で6000ダメージ」
という条件の元で、ツメの武闘家の参加が有利となっています。
自分だとレギオン装備の棍武闘家を用意しているのですが、
今回だとツメ条件があったのでツメ武闘家で通すことにしていて、
オートマッチングだと宝珠つきの裂鋼拳を主体で戦う人も見かけました。
必殺も大活躍していて今回のスピードクリアの要因にもなっています。

一方で「60秒以内に 30000ダメージ与えろ」
「45秒以内に MPを400消費しろ」というお題で魔法戦士が選ばれることが多く、
今回だと自分は主に弓魔法戦士で参加することが多かったのですが、
オートマッチング上では魔法戦士被りをすることも多くなりました。

8人バトルだと魔法戦士が2人くらいならばむしろメリットが大きく
フォースブレイクを交互にいれれば大活躍できるわけですが、
魔法戦士被りで困るのが使用するフォースの選択で
今回だと「ライトフォース派」と「ストームフォース派」で分かれることに。
機械相手なので雷弱点なことを察するとストームフォースで安定しそうなのですが、
今回あまり強くは感じられなかったのでライトでもストームでもどちらでも良さそう。

天獄「真紅の殺人鬼たち」(2019年4月19日0時~21日 23:59)

天獄「暗黒の星竜機」(2019年4月10日10時開催)の感想

今回も新ボスモンスターでダークネビュラス型のモンスター。
固そうだったりミサイルを打ってきたりは予測していたものの、
ブレスが多めだったりダークテンペストを使ってくるのは予想外。

メカバーンの召喚に関しては想定内だったので、
僧侶で参加するとき以外は占い師で幻惑と火力担当で済ませた一方で、
ブレスに関しては強化カカロンでのブレス2段階上昇や
レンジャーのまもりのきりでしのぐといった内容で、
今回の天獄に関してもレンジャー大活躍といったところ。
固めなので苦労はするのですが、まもりのきりを使用しつつ固定ダメージの
フェンリルアタックやケルベロスロンドをダメージ源としていて
意外とジバルンバを使っている人も見かけています。

僧侶で参加したときはカカロンが飛んでいることも多かったので
「聖女の守り」で仲間を保護するのがベストだと思ってあちこちまいていて
あと意識していたのは「ミサイル」使用直後でベホマラーをあわせたといったところ。

初見での対応力

強度に関しては対策を練ると楽に感じられる部類かなといった具合で
「6分56秒10」「7分03秒20」「8分00秒99」といった攻略時間に。
前回の「真紅の殺人機たち」の方が楽かなといった感想で
今回天獄クリアデビューできた人と一緒にいっときも一発クリアできたのですが、
メカバーンが4匹くらいウヨウヨするケースもあるので火力で対応できないと厳しめ。
おかげで持久戦の様相を呈することもあって、各種のMP回復手段が喜ばれるところ。

あと前情報が無いと後衛で活動していた人はダークテンペストに対応できず
私を含めて5~6人くらいが直撃するといったハプニングもありました。
そのときだと僧侶で参加していたので「天使の守り」で蘇生できたり、
カカロンが2体飛んでいたのでそちらでの蘇生や、
前衛の人がせかいじゅの葉を使ってくれたので何とか立て直しは可能だったものの、
後衛の距離感としては後半以降は遠距離で活動するのではなく
ダークテンペスト回避で「暗黒の星竜機」に近づけるような中距離を保つ必要あり。

あと「暗黒の星竜機」がキングヒドラ強が使ってくる「邪竜の秘紋」を設置すると
味方が敷いたものと勘違いしたのか「邪竜の秘紋」の上で積極的に戦う人もちらほら。
今回だとどうぐ使いの人とはマッチングしなかったので陣を奪う展開にはならず、
キングヒドラ強戦と同じく敵を陣の外に出すために一旦後ろへ引くのがセオリーとなります。

「闇の火球」のモーションが「ふみつけ」と似たモーションなので
ジャンプで避けられるのかと直観してモーションをみたらジャンプしてしまうのは内緒。

条件達成状況

・30秒以内に 必殺技を1回行え
・60秒以内に 会心の一撃か呪文暴走で8回攻撃
・30秒以内に 40回ダメージを与えろ
・20秒以内に 10回「ツッコミ」をしろ
・45秒以内に 幻惑か混乱の状態異常をかけろ

会心・暴走と40回ダメージの都合で、今回バトルマスターでの参加が多め。
ただし、バトルマスターで参加した人だとやっぱり堅かったといった話は聞いていて、
棍を使える僧侶で参加したときに『40回ダメージを与えろ』で
氷結らんげきで稼げるかなと思って殴りに行ったら
硬すぎて4回攻撃すべてミスだったといった苦い思い出も。

『10回「ツッコミ」をしろ』は蘇生をするべきかツッコミをするべきかの判断を迫られ
蘇生を優先してみたところ20秒の制限がキツく、残り1~2回で達成失敗したこともありました。

『幻惑か混乱の状態異常をかけろ』の場合だと
レンジャーでのマヌーサ、占い師での月カードの他に
扇天地雷鳴士からの百花繚乱で達成することもありました。

ver4.5での「災いの神話と暴虐の悪夢」の感想

10の日に加えて「チーム&ルームメンバー探し隊」の開催や
新イベントの「キミとランラン春祭り」も開催されていたり
10時の時点で新天獄ボスが開いていたりと忙しい状態。

クリア時間としては4~5分で撃破できていたので
内容としては苛烈ではなかったものの、
4獄の方で一度全滅を経験することにもなりました。

ver4.5だと天下無双の強化が一番目立ったわけですが、
1獄以外ではバトルマスターの活躍の場がなかったので
今回あまり天下無双の恩恵に肖ることなく進行することになっています。

2獄

2獄だと両手杖・オノ・棍限定ということで、
いつもの状況ならば棍占い師あたりが多そうだったのですが、
一度両手杖ばかりのPTとバランス型のPTとのマッチングといった結果に。

自分の職業だと両手杖天地雷鳴士が早そうだということで参加すると
両手杖ばかりのPTとマッチングで、例のごとく誰も壁をしない現象に遭遇。
他にも怒りをとっても超暴走魔法陣から離れないといった状態だったのですが、
それでも攻略時間としては「4分39秒78」だったので
細かく考えるよりも大雑把に倒せればそれでいいかなというような感触。

棍限定といことで、早速レギオン棍武闘家で参加して
行雲流水でテンションアゲアゲでダメージを重ねていったところ、
途中で一喝を2度使える機会があり、そちらで動きをとめて活躍もしました。

レギオン武闘家でダメージを稼いでいると感じるのが、
族長武闘家で一喝を狙った方が強いのではないかといった疑問で、
今回だとそれなりにダメージを稼いでいる感触はあったので
レギオン装備で良かったといった感想を得ることになっています。
ちなみにそちらでのクリア時間は「4分49秒57」でした。

3獄

盗賊のみの3獄ということで、人によっては一番難しいと感じる人もいる中で
経験則上でこの3獄が一番楽だと感じるような人も多そうで
「4分18秒02」「3分38秒44」「4分23秒37」というようなクリア時間でした。

各所から必殺やサプライズラッシュが飛び交って
相手の動きを止めて攻撃するスタイルで
「暴虐の悪夢」が赤色になってグランドクロスを使う寸前に
サプライズラッシュを決めたあたりが自分の活躍のハイライトといったところ。

ツメ・短剣・ムチが装備できるので、この手の話だと
短剣で統一すると強いよねといった話になりがちなのですが、
オートマッチング上では武器種としてはツメが多めなものの
ムチ・短剣使いも見かけるといった具合で、実際に
自分のキャラでガテリア短剣で参戦したときは毒が入りづらくて苦労する状態に。

4獄

まもの使い・賢者・レンジャー・占い師・踊り子限定で、
一番多いのが占い師で時点でまもの使いでの参加が多かったといった印象。

一度占い師とまもの使いが半々くらいのPTとマッチングしたときは
集団でまとまっているときに「暴虐の悪夢」のブレスで一掃されて
そのまま立て直せずに全滅といったこともありました。
占い師だと「審判」のカードを用意している人が大半だと思うのですが、
序盤で大きく崩れるとチャージがたまっていないので
葉っぱを使った方が適切なものの、「審判」を呼び出せずにまごついてしまうこともしばしば。
私が経験した全滅だと本当に序盤での話だったので、
あの場合だとリスタートをかけた方が手っ取り早いということもありそう。

占い師が多めだと攻撃に集中できないので間延びしやすいのですが、
その影響を受けたとしても「5分29秒49」「5分09秒66」
早いと「3分56秒59」くらいでのクリアだったので
全体を通して全部スムーズにクリアできた方かなというような形。

天獄「暗黒の星竜機」(2019年4月10日10時~13日09:59)

ホーム > 邪神の宮殿

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る