Home > 邪神の宮殿

邪神の宮殿 Archive

ver4.5後期での天獄「絶牙の白獅子たち」の感想

8月10日前までは、天獄の邪神像は台座以外は光っていた状態で
10日の23時に天獄が解放されたといった流れ。

ver5の情報がちらほら出てくる中で色々と噂も広がっており、
「新武器のカマが増えるのだから、邪神の宮殿での
 カマ向けの封印要素が追加されるに違いない」
といった予測から、邪神のベルトを捧げまくってカマ向けの
封印可能箇所をあらかじめ確保しておきたいといった人も。

他にも賢者が扇を装備できるようになるため、
扇での闇・光ベルトを狙ってみるといった話もあったり、
私だともう邪神のベルトを捧げることで対応できそうなので
余剰分のアクセサリーに関しては全てNPCする方針に。
完成品で5000Gなのでちょっとした副収入源にもなっています。

眠らせる戦術は継続

前回の「絶牙の白獅子たち」だと眠らせる戦術が主流となっており、
周回においても眠らせる戦術に対応しながら周回してたわけですが、
今回も眠らせる戦術は健在で、占い師での星のカードだったり、
短剣でのスリープダガーだっただりと、3匹中2匹を眠らせることを
目指して立ち回る戦術が主流になっていました。

職業構成上、眠らせる職業がいない中で戦ったこともあるものの、
やはり3匹の攻撃が激しい上にお題もクリアしないといけないので
多少行動の制限が入りつつも眠らせた方が圧倒的に楽に感じられるところ。

  • 眠らせる戦術とマホカンタの相性

その中で今回幾つか支障も出てくることになり、代表的なのが
「45秒以内に 12回呪文を反射しろ」とのお題と相性が悪いことです。
このお題が発生すると「絶牙の白獅子たち」は積極的に
攻撃魔法を使ってくるようになるわけですが、
これが範囲魔法ならばいいものの、単体魔法も使ってくることもあり、
1体だけ行動しているような状態だとこのお題を達成するのが難しくなっていました。

そのため現場では、呪文反射を促進させるため
眠っている「絶牙の白獅子たち」を起こすか、
お題そのものを諦めて行動するかの選択を迫られることに。

魔法使いで参加している人だと「冥府より来たるもの」さながらに
マホカンタを始終張り続けている人もいるわけですが、
例えば自分に範囲魔法を使われたとして、
それをマホカンタを張られているのかよくわからない人たちに向けて
わざと巻き込むようにな形で動いていいのか判断を迫られることにも。

そのような事情もあって今回だと魔法使いがいても
呪文反射のお題を端から諦めるといったマッチングもちらほら見かけていて
その分、他のお題を確実に成立させるように立ち回らないと
お題未達成で失敗する確率が上がるといったしわ寄せ状態にもなっていました。

周回しやすく、貢献できる職業も多め

前回もそうだったのですが「絶牙の白獅子たち」戦は周回に向いていて
4分くらいでクリアできたり、戦闘に貢献できる職業も多くなっていました。

一応お題の関係もあってスーパーハイテンションになりやすい
「武闘家」「バトマス「踊り子」の参加は望ましく
呪文反射だと「魔法使い」や「スーパースター」
片手剣・扇職全般もお題に発生するので貢献しやすい一方で、
賢者だとマホステで呪文を自己保護・零の洗礼で魔力かくせい状態を解除が可能、
天地雷鳴士だと眠らせる戦術とは相性が悪い面があるのですが、
どうぐ使いと同じくマジックバリアもあるのでバフ消しと併用すると
生存率が大幅に異なってくることになります。

周回が望まれているということで魔法戦士でも何度か参加したのですが、
使われるフォースとしては「ファイアフォース」か「ストームフォース」が主流。
相手の弱点に合わせてるということもあるのですが、
たまにダークネスショットでの光耐性低下を狙っての
「ライトフォース」派で臨んでいる人もいるようです。
片手剣でのダメージのお題があるので片手剣は用意した方がいいものの、
立ち回りとしては弓の方が楽なので、お題発生時以外は弓で立ち回っていました。

ver4.5後期での「災いの神話と暴虐の悪夢」の感想

今回「災いの神話」と「暴虐の悪夢」の既存ペア。
気になった点としては今回だとムチ職が参加する機会もあって
そのときにスパークショットを使っている人をちらほら見かけることに。

占い師で参加することも多い邪神の宮殿において
「災いの神話」「暴虐の悪夢」ともに幻惑が効かないのは有名なのですが、
こればっかりは定期的に新規に始める人も出ているので、
知ってる人は知っていて、知らない人は知らないという状況が続いてる様子。

「災いの神話と暴虐の悪夢」は最初期に登場したペアではあるものの
他の邪神の宮殿のボスならば全て幻惑が入る可能性はあるのですが、
このペアだけどちらも幻惑が効かないといった状態なので、
他のペア感覚で幻惑を使ってるといった経験則で動いている可能性も。

たまにオートマッチングの防衛軍でも似たような話があって、
「深碧の造魔兵団」や「蒼怨の屍獄兵団」の場合、
敵陣まで橋を集団で移動するというのも珍しいので、
自陣留まりを「闇朱の獣牙兵団」や「紫炎の鉄機兵団」で実践してしまい
他は敵陣に乗り込んで、1人ポツンと立っているといったこともある様子。

2獄

2獄は、両手剣・短剣・弓限定。
「災いの神話」「暴虐の悪夢」ペアともに毒が入りづらいので
自分は短剣職は避けたのですが、オートマッチング上だと
二刀流踊り子で参加している人も多く、毒が入ればダメージが稼げる状態に。

全体的には両手剣で参加する人も多く
まもの使い・戦士・バトルマスターそれぞれ見かけ、
弓だと占い師で参加する人が多かったので、
総括すると両手剣職・短剣踊り子・弓占い師が主軸となるマッチングでした。

クリア時間もだいたい4分くらいで倒せているので
これといった苦戦の跡は見られないものの、
踊り子にしろ占い師にしろいつでも蘇生できる職業ではないので
誰もせかいじゅの葉を使わないような状態だと
気がついたら戦局が悪化していて半壊していたといったこともしばしば。

あと「暴虐の悪夢」のばくだん岩召喚されると
一斉に200特技の範囲攻撃で仕留めるといった流れもあって
召喚への対応がスムーズになっているのを感じることも。

3獄

3獄はまもの使い限定なのですが、攻略時間としては苦戦の跡が見られ
「6分48秒15」「5分00秒65」「12分21秒34」というクリア時間に。
普段だと僧侶を担当していることもあって、
支給された葉っぱや雫は率先して使っていたところ
両方使い切るといったことも今回経験することになりました。

武器種は両手剣・ツメ・ムチを装備できる中で、
ツメ>両手剣>ムチといった勢力図となっていました。
両手剣だと大振り気味になってしまうので立ち回りが難しいのと
プラズマブレードがどうしても「暴虐の悪夢」の方に流れてしまうので
ツメの方が立ち回りとして有利なのことは強く感じていて
ばくだん岩召喚だと豊富な範囲攻撃で両手剣の方が有利なのですが
最近だとツメ200特技が範囲攻撃ということもあって
今回だと両手剣よりかはツメの方が有利だなといった印象は出ていました。
一応ムチでも参加してみたものの、相手がバフを使ってくることもなく
幻惑が効かない以上、バイキルショット以外はあまり有用性は感じられず。

  • 壁を維持しづらく、葉っぱ・しずく祭りになりがち

なんとかして狙われたターゲットがタゲ下がりをして
壁状態を維持しつつダメージを稼ぎたいところなのですが、
「暴虐の悪夢」のギガデインやブレスがえげつないダメージで
タゲ下がりでの壁状態を維持していても、
「災いの神話」を攻撃しようと群がっているところに
即死級の範囲ダメージが被さって壁の崩壊を繰り返すことに。
場合によっては、この繰り返しによって
どのタイミングで近づけばいいのか把握できなくなり
離れて相手の動きを見ているような状態になることもありました。

自分が経験したところだと「暴虐の悪夢」が
自分に向けてギガデインを使おうとしていたのですが、
「災いの神話」の大きい図体に隠れているような形になっていて
ギガデインの使用に気づかずに味方を巻き込んでしまったということも。
他にも、倒れている人にむけてせかいじゅの葉を使おうとしたところ、
対象が「災いの神話」の真下で倒れているので
せかいじゅの葉が届かずに使えないということもあって、
大型のボス戦特有の悩みに直面することもありました。

これが戦士・盗賊・武闘家だとスタンまわしで
一方的な試合運びも可能なわけですが、まもの使いだとそうはいかず、
エンドコンテンツのDPS担当としては非常に優秀な職業なのですが、
HPリンクが機能しないような状況だと無力さを強く感じるような面もあり、
周回やエンドコンテンツのみに特化した職業という印象を強く受けることにも。

4獄

4獄は戦士・僧侶・天地雷鳴士・遊び人・盗賊限定。
自分が経験したところだと戦士と盗賊での参加が豊富で、
こちらは3獄での苦戦が嘘のように主導権を握ったまま
勝利するになっていて、だいたい4分くらいでクリアしています。

戦士で参加したときにチャージタックルのチャージ時間がたまったので
相手の動きにあわせて使おうと構えていたところ、
他所のチャージタックルや盗賊の必殺・サプライズラッシュで
ガンガン動きを止められる状況だったことから
チャージタックルを出し惜しみする必要がないといった状況でした。

天獄「絶牙の白獅子たち」(2019年8月10日23時~13日22:59)

「災いの神話と暴虐の悪夢」(2019年8月10日~8月24日)

2019年8月10日~8月24日の条件について。

条件一覧

・封剣の門・一獄
20分以内に討伐
戦闘中どうぐを使用してはならない。

・封剣の門・二獄
18分以内に討伐
両手剣(全身全霊斬り習得)、短剣(ナイトメアファング習得)、
弓(ダークネスショット習得)限定
戦闘中 配られたどうぐ以外使用できない
(せかいじゅの葉、せかいじゅのしずく、ようせいの霊薬)

・封剣の門・三獄
16分以内に討伐
まもの使い(スキルクラッシュ習得)限定
戦闘中 配られたどうぐ以外使用できない
(せかいじゅの葉、せかいじゅのしずく、ようせいの霊薬)

・封剣の門・四獄
18分以内に討伐
戦士(真・やいばくだき習得)、僧侶(ホーリーライト習得)、
天地雷鳴士(水神のたつまき習得)、遊び人(ひゃくれつなめ習得)、
盗賊(サプライズラッシュ習得)限定
戦闘中 配られたどうぐ以外使用できない
(せかいじゅの葉、せかいじゅのしずく、ようせいの霊薬)

耐性まとめ

  • 「災いの神話と暴虐の悪夢」(雷・闇・風・氷・火・土。雷多め)

呪い(魔蝕、おぞましいおたけび)
混乱(魔蝕、おぞましいおたけび)
封印(おぞましいおたけび)
幻惑(魔蝕)
マヒ(ジゴスパーク、ギガスロー)
即死(メガンテ)

災いの神話
・効きやすい属性、効きづらい属性:特になし
暴虐の悪夢
・効きやすい属性:風、光
・効きづらい属性:特になし
ばくだん岩
・効きやすい属性:風、光
・効きづらい属性:炎、土

ver4.5での「冥府より来たるもの」の感想

7月27日0時に天獄が開くことにはなり、その時間にログインはしていたものの、
チーム活動の時間としては0時前あたりでお開きにする健全さ具合で
0時以降には0時以降でスコルパイド戦の予約が入っていたことから
実際には1時過ぎあたりに天獄に挑戦するようなスケジュールに。

難易度としては「暗黒の星竜機」「絶牙の白獅子たち」「真紅の殺人機械たち」
よりも難易度は高く、だいたい8~5分くらいで倒すことが多かったわけですが、
少し出遅れて参戦してみた段階で、すでに周回している人が多い
(報酬がリプレイ向けの宝箱の方に走る人が多い)という具合だったので、
「冥府より来たるもの」でも周回する人が多いのだなといった感想を受けました。

マホカンタマンは周回だと減少傾向に

オートマッチングでのマッチングで多い職業としては
「呪文反射で5000ダメージ与えろ」とあるのと
マホカンタマンが大活躍するのは周知の事実だったので
解放直後あたりだと魔法使いでの参加が多かったのですが、
翌日にオートマッチングで周回に参加してみると
依然として魔法使いの参加人数は多いものの、
明らかに魔法使いの参加人数が減っているような状態でした。

周回での魔法使い人口の減少の理由としては
全員に「マホカンタ」をかける作業がそこそこの作業量となっていて
周回をしていると「マホカンタ」をかける作業で疲れてしまうことから
周回には向いてないのが原因なのだと予想。
逆に自分や仲間内で初挑戦の人が絡んでいるような場合だと
魔法使いで率先してマホカンタを使うといった傾向感じられました。

替わりに増加した職業としてはバトルマスターで、
こちらはダメージアップとテンション増加要因としての参加だと思うのですが、
お題にも「呪文反射で5000ダメージ」とある中で、
正直なところ魔法使いが参加していないと困ることもあり、
お題3つ以上を達成できずに失敗という展開にも遭遇することもしばしば。

  • 魔法戦士での参加も少な目

あと周回にしては魔法戦士での参加人数も少ないということにも気づいたので
実際に魔法戦士で参加してフォースブレイクを打ってみたところ、
「冥府より来たるもの」の場合だと高い割合で召喚されることもあり、
フォースブレイクを打ったとしても、その対象に攻撃してくれるとは限りません。

一気に押し切れるような展開だと
それこそ3分くらいでクリア可能なのですが、
「30秒以内に アークデーモンを倒せ」でアークデーモン1体
「60秒以内に 呪文反射で5000ダメージ与えろ」でアークデーモン2体が
出現する設計になっていたり、
「20秒以内に 8回『魔結界』をしろ」でも
攻撃の手をとめて『魔結界』をするべきタイミングとなるので
フォースブレイクを有効活用をする時間が絞られてしまうのも大きな要因です。

あと「冥府の君主」が自分の状態異常を解除する特技が複数あるようで、
それでフォースブレイクの属性低下が消されてしまうような場合も。
そのためマジックバリアも搭載してるどうぐ使いの方が有利な場面もあるものの、
どうぐ使いはどうぐ使いで陣で味方を密集させてしまうことがネックとなり
そこで即死級の範囲攻撃をまとめてくらって倒されてしまうシーンもあって
どうぐ使いで活躍するのも結構難しいようにも感じられました。
(※あとオートマッチングだと強化ガジェット零式の設置に気づかないことも多め)

呪文反射の注意点

今回だと天地雷鳴士と占い師で主に参加することが多かったのですが、
魔法使いの「マホカンタ」の効果時間が短い都合上
マジックバリアで保護していた方が保険にもなるので
「冥府より来たるもの」だと併用して使った方が生存しやすくなります。

今回だと占い師の「世界」のカードでの範囲スペルガードも強力なものの、
「マホカンタ」よりも優先的に反応してしまうようで、
全員にマホカンタが張り終わってるような状態で使うと返って邪魔してしまうことも。
「60秒以内に 呪文反射で5000ダメージ与えろ」というお題もあるので
「世界」のカードの使用を控えないといけない場面も出てくるのですが、
60秒という時間が幸いして、事前にスペルガードを張られていてもマホカンタが張られた人が
2匹いるアークデーモンの間にいれば無事達成できるような長さにもなっています。

「60秒以内に 呪文反射で5000ダメージ与えろ」時での
アークデーモンに対する攻撃に対しては注意も必要で、
基本的に20秒程度で倒すことができるような相手であることから、
範囲攻撃を重ねているとそのまま倒してしまうケースや
HP減少による怒りで行動が変化してしまうこともあって
お題を達成したいときには攻撃しない方が無難なように感じられました。

あとアークデーモンで集団で近づいているときに
冥王の鎌で複数倒されてしまう場面もあったので、
マホカンタでの反射まちで近づいているときには
「冥府の君主」「冥王の壁」の動きに注意する必要性もあります。

影分身の法則

過去の「冥府より来たるもの」戦で
オートマッチングでも稀にチャットで指示されることがあり、
「魔法使いはマホカンタを使わずに攻撃しろ」
「最初に出てくるベリアルは状態異常にかけやすいので攻撃するな」
等々の時には無理筋な作戦指示が提唱されることもある中で、
今回だと「アークデーモンを残しておこう」といった
主旨の戦術を戦闘中に提案されることがありました。

「冥府の君主」はHPが削れると「影分身」で
「冥王の影」が2体同時に召喚されるのですが、
例えばアークデーモンが1体残った状態で「影分身」をすると
「冥王の影」が1体しか出てこない現象が存在しているようです。

「30秒以内に アークデーモンを倒せ」でアークデーモン1体召喚された場合だと
お題達成のためにどうしても倒さないといけないわけですが、
「60秒以内に 呪文反射で5000ダメージ与えろ」でアークデーモン2体召喚された場合だと、
「冥王の影」の召喚避けにアークデーモンを残した方が戦況が楽になる
といった理屈なのですが、なにぶん範囲攻撃が主力な職業も多く、
全員が全員事情を知っているわけでもないので、
浸透するのは難しい提案内容かなとは感じたところ。

ホーム > 邪神の宮殿

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る