Home > 邪神の宮殿

邪神の宮殿 Archive

ver4.3での「覇道の双璧」の感想

今回の邪神の宮殿は「覇道の双璧」回で、
「戦慄の魔元帥」がヤケに強く、他の組み合わせでも
「戦慄の魔元帥」が含まれると難易度が高くなる一方で、
「震撼の冥宰相」は移動で避けられる攻撃が多い上に
発動が遅めなので移動で避けやすいといった組み合わせなことから、
ちょっとしたコツで難易度が劇的に下がるといった性質の組み合わせとなっています。
記録を採ったクリア時間も2獄~4獄全てで5分~3分台となっており、
耐性に関しても呪いガードだけあれば問題ないので参加もハードルも低め。

2獄

武闘家、旅芸人、レンジャー限定ということで、
旅芸人がメイン職業のサブキャラもいるのですが、
邪神の宮殿の旅芸人だとどうしても火力不足になりがちなので今回は避けています。
そのため、武闘家で調整しようかなとスキルポイントの調整を検討していたら、
レンジャーの方がスキルポイントを多く割り振っていたので
結局2獄では3キャラともレンジャーで参加することになりました。

オートマッチングでの参加割合としては、
武闘家・旅芸人・レンジャーどれも一緒くらいで、
若干武闘家で参加する人が少なめに感じるくらい。

一度旅芸人が多い回があったときに、マッチングが成立後
PTが合流するエリアで1人落ちる事態に遭遇することがありました。
そのまま7人で挑むことになったものの、開幕で「覇道の閃撃」を使われ大半のキャラが倒れ、
下手に復活させるよりは7人PTだったので仕切り直しをした方がいいだろうと
蘇生せずにそのまま全滅を選択することになっています。

  • 眠りを起こす危険があってもデュアルブレイカーをいれるべきか

ブーメランレンジャーでいったときは、
「震撼の冥宰相」相手に壁をしようとしていると、
スリープダガーで短剣旅芸人さんと壁が被ったので
離脱して「戦慄の魔元帥」の方を攻撃しようかなと思っていたところ
なかなか眠らなかったので、デュアルブレイカーで支援しようとしていると
常時スリープダガーを使っていて、なかなか合間を見つけられず。

半ば強引にデュアルブレイカーをねじ込んで眠りやすくしたわけですが、
紫本P335によると、眠りの状態異常が一度とけると約120秒間
眠り耐性が「大幅に上がる」といった一時的な耐性上昇があるとのことで、
果たして強引にデュアルブレイカーをぶっこんだ方が良かったのか、
「震撼の冥宰相」相手だとまとわりつくだけでも戦闘に貢献できるので
気にせずに「戦慄の魔元帥」狙いに集中した方が良かったのか微妙なところ。

3獄

棍限定ということで、武闘家・旅芸人・僧侶・占い師の参加職の中で、
この構成だと占い師・旅芸人で参加する人が多く、
次点で武闘家で参加している人が多い感じに。
自キャラだと占い師と武闘家で参加しています。

今回だと「奥義・棍閃殺」さえあれば参加できる条件だったので、
「きあい」のスキルポイントについては「ためる弐」だけは習得できるようにすれば
戦力上問題がなかろうと判断し、あとは肝心の必殺宝珠をつけての参加。

武闘家3人くらいで必殺をまわして攻撃してると、
オートマッチング+魔戦無しで「3分21秒」で撃破できたので、
改めて武闘家が強い職業なのだなーと再認識することになったわけですが、
一度「戦慄の魔元帥」の方に必殺技のスタンが入らなかったことを確認。
その他の複数回はスタンが入っていたので、確率は上がっていそうな感覚はあり、
「族長セット」+必殺宝珠を備えていたキャラが
行動確率の方で1戦闘につき3回くらい必殺をひいていたので
スタンの入りやすさ以外でも大幅に強化されていることを実感することにもなっています。

4獄

両手剣、スティック、ヤリ、ムチ、ハンマー限定。
自分だとムチ盗賊・スティック天地・両手剣バトマスで参加していて、
戦士やバトマスといった両手剣職と占い師と多くマッチングすることになりました。

メインキャラが遊び人のLvを上げ切って全職業カンストできたので、
気分転換がてらツメからムチに武器特技を切り替えており、
今回「震撼の冥宰相」相手の足止め目的でムチ盗賊で壁をしてみると、
傍からみても活躍しているなーと感じていたムチ盗賊だっただけに、
スパークショット・サプライズラッシュ・必殺での足止めとやりたい放題。

サブキャラで、上記の武器だとスティック以外武器特技にふっていなかったので、
火力も出せそうな天地雷鳴士で参加し、特に過不足もなく無事クリアの流れ。
戦闘中マジックバリアを使った方がいいのか迷っていたものの、
「世界」のカードを使う占い師さんが豊富だったので、
攻撃に専念するような形で問題なく立ち回ることができています。

もう1人のサブキャラで、両手剣バトマス用に「族長セット」を購入していて、
こちらもバトマスの必殺宝珠を備えていたことから、
チャージ技とSHTで大ダメージを連発して「3分21秒78」でクリア。
「族長セット」は武闘家用の装備と思われ勝ちなところもあるのですが、
両手剣仕様のバトマスとも相性がよくて、個人的には
こちらの方が派手なダメージが出るので使ってて楽しく感じます。

覇道の双璧(2018年10月10日~10月24日)

2018年10月10日~10月24日の条件について。

条件一覧

・封剣の門・一獄
20分以内に討伐
戦闘中どうぐを使用してはならない。

・封剣の門・二獄
18分以内に討伐
武闘家(ためる参習得)、旅芸人(ゴッドジャグリング習得)、
レンジャー(フェンリルアタック習得)限定
戦闘中 配られたどうぐ以外使用できない
(せかいじゅの葉、せかいじゅのしずく、ようせいの霊薬)

・封剣の門・三獄
16分以内に討伐
棍(奥義・棍閃殺習得)限定
戦闘中 配られたどうぐ以外使用できない
(せかいじゅの葉、せかいじゅのしずく、ようせいの霊薬)

・封剣の門・四獄
18分以内に討伐
両手剣(全身全霊斬り習得)、スティック(ティンクルバトン習得)
ヤリ(ジゴスパーク習得)、ムチ(極竜打ち習得)、
ハンマー(プレートインパクト習得)限定
戦闘中 配られたどうぐ以外使用できない
(せかいじゅの葉、せかいじゅのしずく、ようせいの霊薬)

耐性まとめ

  • 「覇道の双璧」(火・闇・光。火多め)

呪い(覇道の閃撃、爆嵐剣)
マヒ(フレイムミスト、逆鱗のころも中でのラズバーンからの攻撃)
幻惑(フレイムミスト)

震撼の冥宰相
・効きやすい属性、効きづらい属性:特になし
戦慄の魔元帥
・効きやすい属性、効きづらい属性:特になし
魔元帥の剣
・効きやすい属性、効きづらい属性:特になし

ver4.3での「魔幻の最高幹部」の感想

今回は「戦慄の魔元帥」と「幻妖の黒公子」の組み合わせ。
参加した全戦闘で「戦慄の魔元帥」から倒しにかかっていました。

25日なので通常の組み合わせとは異なるものの、
以前にも登場した新組み合わせで、そのときだと
「幻妖の黒公子」による「鉄壁の盾」での物理無敵+スケープガードで
「戦慄の魔元帥」で召喚された「魔元帥の剣」をガードする
といった状態になり脅威だったわけですが、
今回だとあまり脅威には感じることはありませんでした。
理由としては占い師だと後列職なので個々を分散させやすく、
パラディンだと押して隔離ができるので距離を開けやすいからだと思っています。

耐性関係を調べると、必要なものが「呪い」ガードくらいで
装備による参加の敷居としては実は低めなのですが、
展開次第で「魔元帥の剣」だらけで敗北というのもありえることから、
従来の組み合わせよりは強いといった判断でいいと思います。

2獄

2獄は、片手剣・ヤリ・ツメ限定の参加となっていて、
片手剣占い師とのマッチングが多く、戦士での「真・やいばくだき」や
武闘家での「一喝」が炸裂するといった展開で、
ペースとしてはこちらがつかみやすく戦いやすく感じられました。

自分のキャラだとヤリ僧侶・ツメ武闘家・片手剣占い師で参加し、
ヤリ僧侶で参加したときは、ほぼ回復・蘇生にまわっていて
「武神の護法」くらいは使いたかったものの、ヤリを使う機会は乏しい状態に。

ツメ武闘家だと「一喝」を使って相手の動きを止められたのですが、
「戦慄の魔元帥」にショックを与えられなったので
そのときは「戦慄の魔元帥」の耐性に引っかかったと思っていたのですが、
「一喝」がカメラアングルが変わっている都合上、
その間にチャージタックルが入っていた可能性も払拭できず、
記憶だけではかからなかったとは言いづらいような状態。

占い師だとそのまま遠距離での範囲攻撃で貢献できたわけなのですが、
「戦慄の魔元帥」による「覇道の閃撃」の範囲外で活動しやすいので、
「審判」のカードで体勢を立て直しやすくなるのも好印象。
他に「戦慄の魔元帥」から魔法攻撃も繰り出されるので
世界のカードも含めておくと戦局が楽になります。

3獄

  • ヤリが主役のパラディン縛り

3獄はパラディンのみとなっていて、火力不足が懸念される縛り内容で、
クリア時間はどうしても10分以上かかってしまうといった状態に。
実際に参加してみるとそのことを察してヤリで参加する人が多く、
ハンマー派の人としてはやや少数になっていました。

プレイヤーによっては防衛軍で闇耐性うめつくしの盾・大盾を手に入れて、
パラディン縛りということで自慢の盾を引っ提げて参加してみようと思ってみたところ、
今回だと闇属性攻撃は「黒の衝撃」「ドルマドン」くらい(※「覇道の閃撃」は無属性)で
ハンマー装備で火力面で貢献しづらく、自分でも何しに来たのかよくわからなかった
みたいな展開になることもあるようで、ハンパラで一緒に参加した人から
ハンマーとくぎのどの特技で攻撃すればいいの?と聞かれたことも。

あとスティックで参加している人も見かけたのですが、
できれば戦闘に貢献してくれると嬉しいものの、
貢献するつもりならそもそもスティックで来ないといった話になるようです。

  • なかなか難しい「幻妖の黒公子」の隔離

展開としては、「戦慄の魔元帥」から倒し、「魔元帥の剣」が
召喚されればチャージ技でまとめて倒すというような基本的な流れから、
ヘヴィーチャージがのったパラディン2人で
「幻妖の黒公子」を押して隔離するといったことができます。

ただし「幻妖の黒公子」を隔離するというのがそれなりに技術が必要で、
押し反撃による「黒の衝撃」を避けようとしたら、
壁ドンで「幻妖の黒公子」の背後に回れず直撃といったあるある話や、
「戦慄の魔元帥」対応側は範囲攻撃を避けるために移動が必要だったり、
「魔元帥の剣」を倒すためにあちこちに移動する必要があって、
押しているカバー範囲から逸れてすり抜けやすいといった環境にあります。

私だとヤリパラで何度か「幻妖の黒公子」を押すことになったものの、
「戦慄の魔元帥」を倒し切るまで押し続けることはできず、
すり抜けたら「魔元帥の剣」を倒しに向かったというような行動になっています。

  • 使い方で毒にも薬にもなる必殺技

今回プレイヤーの力量差としてくっきりしたのが必殺技の使い方で、
私の使い方としては必殺技を使って怒りをとったあとに
後ろの方にひいて逃げ回るといったことをしていました。
今回パラディンばかりなのでそのまま壁を請け負ってくれたので、
その間にダメージを稼ぐことができたといった手応えはありました。

ただ、今回全員がパラディンということもあって、
ちょうど同じ瞬間に必殺技を使う人もいたので、
そちらの怒りを上書きしてこちらに引き寄せるといったことをしてしまって、
その点仲間の怒り引き寄せを邪魔してしまうようなことにもなっています。
上手く怒り状態を存続し続けられる必殺技リレーが
できるのが理想なもののなかなか難しいところ。

他に厳しいなと思った使い方が、必殺技を使った後
対象のパラディンがそのまま前衛に居座られてしまうことで
そのパラディンだけ30秒間無敵なものの、
攻撃を呼び寄せる結果になって逆に戦いづらく感じるケースもありました。
「幻妖の黒公子」のみとなれば単純な無敵化にはなるのかなとは思うものの、
せめて集団の逆側に回ってくれればば「黒の衝撃」避けにはなりそう。
中には無敵中に「におうだち」を使う人もいたのですが、
それをするならば素直に後ろに下がった方が良さそうな。

あとこちらが、怒りをとったあとに極力距離を空ければいいだろうと
思いっきり後ろに下がったケースで、怒りが消失するのを確認しづらく
サボタージュ気味になってしまうのが危惧されるアレなケースとなります。
他の組み合わせだと平気でこれくらい下がっているのですが、
今回だとパラで押し勝ちできるので、ずっと距離がこのままなんですよね。

4獄

4獄は「戦士」「僧侶」「魔法戦士」「占い師」「盗賊」限定となっていて、
この組み合わせだと「占い師」で参加する人が多くなっていました。

「占い師」で参加する人が多そうだと感じたので
自分は「魔法戦士」で時短を狙ってみようかなと思ってみたところ、
だいたいその読みは正しくて手早く済んだものの、
やはり困るのが魔法戦士での「魔元帥の剣」の対処方法で、
自分だと早い段階でマダンテを使って対処はできたのですが、
この辺は占い師の範囲攻撃が続くことを見越しての行動でもあるので、
安定攻略というような意味合いだと自分も占い師が良かったかなーと感じることも。

魔幻の最高幹部(2018年9月25日~10月9日)

2018年9月25日~10月9日の条件について。

条件一覧

・封剣の門・一獄
20分以内に討伐
戦闘中どうぐを使用してはならない。

・封剣の門・二獄
18分以内に討伐
片手剣(ギガブレイク習得)、ヤリ(ジゴスパーク習得)、
ツメ(ライガークラッシュ習得)限定
戦闘中 配られたどうぐ以外使用できない
(せかいじゅの葉、せかいじゅのしずく、ようせいの霊薬)

・封剣の門・三獄
16分以内に討伐
パラディン(グランドネビュラ習得)限定
戦闘中 配られたどうぐ以外使用できない
(せかいじゅの葉、せかいじゅのしずく、ようせいの霊薬)

・封剣の門・四獄
18分以内に討伐
戦士(真・やいばくだき習得)、僧侶(ホーリーライト習得)、
魔法戦士(マダンテ習得)、占い師(魅惑の水晶球習得)、
盗賊(サプライズラッシュ習得)限定
戦闘中 配られたどうぐ以外使用できない
(せかいじゅの葉、せかいじゅのしずく、ようせいの霊薬)

耐性まとめ

全文を読む

ver4.3での「魔幻の覇王軍」の感想

ver3.4になってからゲーム内だとずっと忙しいような状態で、
遊び人就職やらストーリーやらのつきそいと
ゲルニック戦を5周ほど募集するといった盛況具合。
10の日の段階でも当日は邪神の宮殿に通えないままで
11日になってようやく邪神の宮殿に着手できることになっています。

新職業に遊び人が追加されたわけなのですが、まだ実装から日も浅く
どの程度活躍できる職業なのか真価を測りかねているところ。

2獄

2獄は、オノ・扇・ハンマー限定で、ハンバト・斧レン・扇踊り子で参加。
マッチングだと珍しくオノ戦士の人と一緒にすることが度々あって、
扇使いということで天地雷鳴士が常時2人入っているように感じられました。

  • 暗黒の魔人やレグナードで止まったハンマー世代

ハンバトで参加したときは職業構成としてはバランスが良いような構成だったので
戦いやすいそうだなと思っていたところ、なぜか私以外あまり攻撃しない状態で、
「7分39秒71」と気づいたら意外と攻略に時間がかかっていたといった事態に。
そのとき他にもハンバトの方がいらっしゃったのですが、
ギガスクラッパーと魔炎のおおづちの二刀流で、
ドラムクラッシュの宝珠なしでドラムクラッシュを使用。
(※ちょうど自分のハンバトのドラムクラッシュで倍近くダメージが違う状態)
国勢調査上でもハンマーはギガスクラッパーあたりで止まっていることが確認されていて、
ちょうど暗黒の魔人やレグナード戦用に整えたものがまだ現役で使われている様子。
この話は第一期初心者大使の初美メアリさんのハンマー装備の状況も同じような状態でした。

  • 幻惑が安定

斧レンで参加したときだと、あんこくのきりで無事幻惑をばらまくことができ、
扇でも百花繚乱で幻惑をばらまくことができたので、こちらのペースで勝利できていて、
1~4獄を通して、扇の幻惑が今回戦況に大きく貢献するといったケースに多く遭遇しています。

3獄

  • 必殺技の「一喝」の強化が施されたものの

3獄は武闘家オンリーで、ver4.3になってから一喝の成功率が上がることになりました。

大型アップデート情報 バージョン4.3 (2018/9/10 更新)|目覚めし冒険者の広場
しかし、邪神の宮殿だとスタンは入りやすい方で、
震撼の冥宰相が〇判定、戦慄の魔元帥が▽判定くらいで、
あとは等倍の★判定となっておりスタン技が入りやすい相手ばかりです。

そのため、一喝の強化を実感するとなればその2体あたりで、
他は使えば一喝のスタンがそのまま入ることから強化の実感はないはずで、
「休み(スタン)」だとたいあたり以外は一時的な耐性上昇の記述も見当たらず、
2発目以降時間をおかないと一喝が入りづらくなるといったこともない様子。

ただ、強化を実感できないから弱いのかというと、
複数相手を15秒間スタン状態にでき、それを8人でまわそうとすれば
以前にもあった武闘家オンリーでのワンサイドゲームと化すので、
規制が必要なくらい強力な必殺技なんだなと改めて実感するような試合内容に。

  • 族長セットの登場よりも

武闘家・バトマス・まもの使い・踊り子のLv99防具で「族長セット」が登場し、

こちらのセット効果が「必殺チャージ+1%」で、他の服職だと付与されていた
セット効果がついに前衛職の服職でも実装されることになりました。

この1%の価値についてはなかなか難しく、
この「必殺チャージ1%」は基本的に行動時にしか影響を及ぼさない数値で、
・戦士だと40回に1回(2.5%)
・武闘家・レンジャー・スーパースターだと50回に1回(2%)
・上記以外の職業だと100回に1回(1%)
(※黒本P84からの引用で、天地雷鳴士と遊び人の数値は不明)
といった必殺発生率がある中で、1%の増加といった数値となります。

この手の確率についてのバランス調整論議について言及すると、
「1%や2%の増加では変わらない」といった論調で話す人もいて、
例えば、50%と52%程度ならばそれほど大差はないのですが、
2%から4%の増加といった話となると期待値までの試行回数が雲泥の差となる話です。

2%+1%(族長セットのみ)で、50回に1回から、約33回に1回へ
2%+2.5%(必殺の宝珠)で、50回に1回から、約22回に1回へ
2%+1%+2.5%(族長セット+必殺宝珠)で、18回に1回というように
数値として表すと非常に大きな効果を挙げることがわかります。

ただ、精査してみると必殺の宝珠のみの期待値と
必殺+族長セットでの期待値では劇的な差はないと判断もでき、
私の場合だと族長セットを無理して揃えるといったことはせず、
一喝の閃きの1玉を気軽に入れ替えといったことをして対処することにしました。

そのため、服職の前衛職に「必殺チャージ+1%」の新防具が追加された影響よりも、
宝珠システムの一新で必殺技が入れ替えやすくなった影響の方が大きく感じているのですが、
必殺を使った後の5分間は、チカラつきない限り、宝珠やセット効果上昇分での確率で行動時でのみ
必殺が発動する状態になるので、できるだけ発動率を上げるというのも意味がある内容にはなっています。

4獄

4獄を挑戦していると「魔幻の芸術家」が開幕「加速の領域」を使用してきてビックリ。
出現する絵画モンスターも「エビルキュピズム」なので2獄仕様となっており、
以前だと1獄と同等(不浄の領域+ワイルドフォビズム)だったものから変更になっています。
10の日だと従来の組み合わせが登場するので油断していたのですが、
今回の4獄は魔法の使用がやや有利になっている空間になっていました。

4獄はまもの使い・賢者・旅芸人・占い師・踊り子限定で
参加していると、占い師と賢者で参加している人が多く感じられ、
他の職業は少数ながらも全くみないというわけでもありません。

今回特に戦況に影響したのが占い師での「世界」のタロット効果で、
「魔幻の芸術家」の加速の領域でのマダンテを移動で避けられないところを
「世界」の効果で無事しのいだといったパターンがいくつもあり、
あとは「月」のカードや、旅芸人や踊り子での幻惑によって
楽に倒せたといった流れを構築されることになっています。

私だと壁に入ったり蘇生に回ったりすることが多いのですが、
4獄だと率先して蘇生に入る人(職業)が多かったので、
途中で攻撃の方に集中するといった立ち回りに変更になりました。

ホーム > 邪神の宮殿

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る