Home > 防衛軍

防衛軍 Archive

オートマ防衛軍「闇朱の獣牙兵団」「紫炎の鉄機兵団」での敵陣倒し切りスタイル

闇朱の獣牙兵団・紫炎の鉄機兵団・深碧の造魔兵団の3兵団のうち、
深碧の造魔兵団は橋の向こう側に渡らない
闇朱の獣牙兵団と紫炎の鉄機兵団は渡っていき
闇朱の獣牙兵団は8分あたりで北上、5:15~5:00あたりで引き返し
紫炎の鉄機兵団は7:40あたりで北上、6:10~6:00あたりで引き返し
自陣側で防衛バリアを守りつつ、ボスを迎え撃つという流れが多かったわけなのですが、
最近「闇朱の獣牙兵団」「紫炎の鉄機兵団」にオートマで参加していると、
北上する時間帯についてはそのままで、その後自陣側の方には戻らず、
そのまま倒し切ろうとするスタイルが定着していることを感じました。

天下無双の強化・猛攻の書支給・旅芸人やレンジャーの強化あたりを節目として、
橋の向こう側(敵陣側」)や橋の上で、ボスを倒しきれた話は出ていたのですが
ver5.1になってくるとその割合も多くなっており、
「金縛りの札」を敵陣側で消費して討伐の手助けにする人も多くなっていました。

というのも、例えば「全兵団」襲来時に
「異星からの侵略軍」での報酬の多さが有名になっているものの、
最弱といえば「紫炎の鉄機兵団」も有名で、Lv105盾ブルバックラーだと
『防衛メダル50 ダーク鋼6 暗黒砂2 アンガーシェル2』
というわけで、ダーク鋼が多めに手に入る「紫炎の鉄機兵団」に
ガチ勢が集まりやすい環境が整っており、
敵陣で倒し切ろうとするスタイルが主流にもなる様子。
こうなると「異星からの侵略軍」と同程度の速度で倒し切れることにもなります。

ちなみにガルドドン向けの扇であるLv96プロセルピナだと次のような材料に。
『防衛メダル50 コスモフェザー6 魅惑の珠4』

当然敵陣側で倒し切れない事態も

例えば闇朱の獣牙兵団だと5分あたり、
紫炎の鉄機兵団だと6分あたりに敵が湧き出しても
防衛バリアが削り切るまで1分以上猶予があるので、
開始6~7分で倒し切るといったスタイルなのですが
この方針については過渡的な状態でもある上に
オートマッチングでの構成なので職業的に不向きな場合も出てきます。

「紫炎の鉄機兵団」だと大回転斬りで多数倒れる場合や
特に「闇朱の獣牙兵団」だとふみつけ・しゃくねつが深刻で
一度崩れて立て直してる間に討伐時間が延びてしまうことから
だからこその敵陣側での「金縛りの札」使用という状況なものの、
そう都合よくいかない場面もあって、今後戦力アップに伴い
敵陣側で倒し切れる割合も増えていくとは思うものの、
現状は戦況や職業構成に則して行動するのがベターということに。

私だと魔法戦士で参加することが多いので
北上後ボスに張り付いた方がいいのか
ちょっと無理そうなら引き返して防衛バリアを守った方がいいのか
という2択だと、本来だと前者なのかなとは感じるものの、
防衛軍での魔法戦士だと昔から戦況を読んで動ける人も多く
鐘を破壊しにいく人も魔法戦士という事態も多くて、
どちらか正解なのかの判断がか難しいような状況も増えてきそう。

ver5での「全兵団」の高難易度の個別選択事情

既にガルドドン登場前の話になってしまうのですが、
ver5.1でどのように防衛軍が変わったかなと感じ
サブキャラの方でオートマッチングで
全実績達成のために通ってみることにしました。

闇朱の獣牙、紫炎の鉄機、深碧の造魔兵団だと現在では討伐は問題にならず、
ver4.5後期(2019.9/23~29)の時点でも
参加すれば6割以上の確率で討伐できる世界です。
そこで問題となるのが蒼怨の屍獄、銀甲の凶蟲、翠煙の海妖兵団の3つに。

それぞれ開催時間帯にあわせて挑戦してみると
戦力的には玉石混交といった具合で、これはこれで楽しめるものの
サブキャラで全実績というよりは通常速度での素材取り要素が強くなり
それならばメインキャラでいきたいといった気持ちも強くなるジレンマに陥ります。
そこで採用した手段としては、特に防衛軍ルームに頼る取ったことはせず
9時間周期で2回訪れる「全兵団」での参加に絞って挑戦してみることに。

全兵団の時間帯は好きな兵団に挑戦することが可能です。

  • 闇朱の獣牙兵団
  • 紫炎の鉄機兵団
  • 深碧の造魔兵団
  • 異星からの侵略軍
  • 蒼怨の屍獄兵団
  • 銀甲の凶蟲兵団
  • 翠煙の海妖兵団

これの他におまかせでランダムで選択することもできます。

職業実績のクリアに最適

人によっては「異星からの侵略軍」以外は
利用しないというコアな人もいると思うとは思うものの
利用者の話をきいていると、全兵団を選択できることによって
特に職業実績のクリアが大幅に楽になったとの話も聞いていて
ver5以後は、スキルポイントの改修に加えて
全兵団が選択できることになったことによって
一気に防衛軍の階級を上げ切ることに成功した人も多いそうです。
つまりは職業実績が存在しない「異星からの侵略軍」だと
逆に一度も選ぶ必要がないと感じている人もいるということです。

高難易度だと討伐メンバーが集う時間帯

全兵団が選択可能な状態で、高難易度の全兵団をわざわざ選択するということは
討伐狙いできている人も揃う暗黙の時間帯にもなっており、
私もサブキャラで「銀甲の凶蟲兵団」を選択してみると
そのままオートマッチングで3度連続で討伐成功という流れも経験しています。

他に感じた特徴的な動きとしては「翠煙の海妖兵団」で
8:30 北側or南側に「掃討隊長バナゴルD」出現
7:05 翠煙の波皇将ネブド、移動モードで移動開始
という時間帯の間、手早く「掃討隊長バナゴルD」を倒し
翠煙の波皇将ネブドが「7:05」で動き出すまでひたすら待ち続けることになるものの
「全兵団」の時間帯で討伐したい人が揃うと、「7:05」の動き出しを待たず、
かといって橋の上で戦うと戦いづらい上に、後続がついてくれるか微妙なところなので
わざと攻撃射程範囲に入って「釣り出し」作業に入るプレイヤーも多くいました。

この「釣り出し」についてはいろいろ事情があって
例えば通常の時間帯で「釣り出し」をやると、
他のプレイヤーが「7:05」まで待たない素人が近づいてしまったと感じて
「?」の表示をチャットで出す人も見かけるような話で
蘇生職だとわざわざ蘇生にいかないまであるような話なのですが、
これについても色々とテクニックがあって、
「掃討隊長バナゴルABC」が2分の自然消滅で落とした
しびれ砲弾を回収しようとして、ついついウッカリを装って
「翠煙の波皇将ネブド」の攻撃内に入って事故ってしまった風で
しかたなくそのまま「7:05」を待たずに交戦に入るといった駆け引きも。

そんな事情も絡んでくるので、オートマッチングでの構成にもよるのですが
討伐が狙えそうな職業構成だと「7:05」を待たずに交戦しやすい環境でもある様子。
ただ「翠煙の波皇将ネブド」が移動モード中のときは比較的安全なのも事実で
「掃討隊長バナゴルD」を倒すのに手間取ると
「7:05」まで素直に待った方がいいケースもあることから
この辺の柔軟に行動できるかどうかもオートマッチング討伐の醍醐味にもなります。

ランダムで参加する層

「全兵団」の時間帯中はおまかせでランダムで選択することも可能です。
これは本来は選択できる兵団が増えたことにより
マッチングしづらくなることを考慮しての選択なのですが、
こちらを選択する事情としては
なんでもいいからマッチングしてみたいという気分で選択し
ver4.5までのランダム選択時点でも
何にでも対応できるような猛者が選ぶこともあったのですが、
「初心者なんでよく分からないからランダムに任せてみた」
という初心者層も選択する品物にもなっています。

しかし、このランダム選択については1つ重大な欠点を抱えていて
ランダム選択をした時点でどの兵団をチョイスされているか分からず、
作戦待機所でマッチングした時点でもどの兵団か表示されないことから
一度だけ「この防衛は何と戦うのですか?」と質問をする人がいたものの、
質問をした人は本当にその一度くらいでランダム選択をした場合、
兵団にあわせて装備を整える機会が設けられていません。

そのため、結果的に初心者層が選択する項目として残ることになり
例えばLv90台のスティック僧侶の方が「銀甲の凶蟲兵団」に飛ばされてしまい
立ち回りについては全く分からないものの、とにかく人についていくような形で
回復・蘇生を頑張っていたところ、私が大砲をぶっぱなしていて
討伐狙いの人が多めのPTだったことから、そのまま討伐成功できてしまったということも。

全兵団での人間像

つまり、高難易度の全兵団を選択する人達を類型的に分類すると

・職業実績をクリアしたい人
・討伐をしたい人
・本当の初心者

という3類型がごちゃまぜになった形になっていて
通常の討伐もよりも熟達度の偏りが激しいものになっていました。

あと他に感じたのが、高難易度にも関わらず
5回以上何度も同じ兵団で討伐している人も見かけていて
どうやら特定の兵団を倒し続けることが
趣味になっているような人も少数ながら存在している様子。

この状態で通っていると着々と実績を獲得することができて
サブキャラ2キャラとも全実績が達成できたものの
どうしても腕のいい大砲役の人が乏しいことは感じていて
こればっかりはしょうがないのかなーと思いつつ
自分が大砲役を担うことが多くもなっていました。

戦力的な変化についてはレンジャーの活躍が目覚ましく
例えばレンジャーのサマーソルトクロー+魔法戦士のフォースブレイク+猛攻の書
旅芸人のレボルスライサー+どうぐ使いの必殺+猛攻の書
というように大ダメージを通す条件が整いやすくなっているものの、
レンジャーだけだと成り立たないこともあったり、
最近だとヤリ武闘家で参加する人の方が目立っているかなと感じることも。

あと初心者にオススメされる「紫炎の鉄機兵団」も全兵団時でも人気になっているようで
一度デスマスターで実績とりで参加したときに、
「異星からの侵略軍」感覚で回ってる人も多そうだと感じました。

マヒブーメランの真価

自分のサブキャラが旅芸人本職のつもりで装備・宝珠を整えていて
ver5.0からブーメランが装備できるようになったということで
氷結らんげき向けの棍構成から、ブーメラン構成へ変更することにしました。
せっかくブーメランを使うということで、人気なのは呪文発動速度なのですが
手持ちの状態異常装備をかき集めて、現在次のような構成を整えることにしました。

  • ドラゴンウィング 攻撃時4%でマヒ×2
  • ヴィーラのグローブ 攻撃時4%でマヒ×2 4%でルカニ
  • 輝石のベルト 攻撃時3.5%でマヒ 4%で魔導の書 3%で幻惑 3%で混乱

これで合算すると19.5%でマヒを与えることができることになり
旅芸人のブーメランの特性で「110P状態異常成功率アップ」で倍加
デュアルブレイカーの耐性下げで更に倍加、
デュアルカッターの場合、2撃目も状態異常が入る状態だとのことで
19.5×2倍×2倍の2回攻撃で、通常で39%、耐性下げで78%の
マヒ効果を2度与えられる状態になるのか
実際にあちこちで運用してみることにしました。

エンドコンテンツ以外で大活躍

耐性に関しては〇(ふつうに効く)という世界でも確率は半減し
だいたいは▽(やや効きにくい)で4分の1まで成功率が低下する世界なのですが
これだけ成功率が高いとちょっとしたマヒ耐性があっても
問答無用でマヒにさせることもできて重宝することになっています。

ただし、ブーメラン職業として賢者・レンジャー・どうぐ使い・遊び人・旅芸人のうち
ブーメランを振り続けられそうな職業は遊び人とレンジャーくらいに限られ
旅芸人だとブーメランが強化されたとはいえども、
回復・蘇生・戦いのビートとブーメランを振り回していられなくなるのが現状です。
またエンドコンテンツである常闇の聖戦のボスの耐性をみてみると、
レグナードのⅠⅡ以外はマヒ耐性は×(効かない)表記なので
それこそブーメラン旅芸人よりもツメレンジャーの方が強い世界になりそう。

防衛軍でも大活躍

一方で、防衛軍でこのマヒブーメランを振るうといろいろと便利で、
闇朱の獣牙兵団、紫炎の鉄機兵団、深碧の造魔兵団の雑魚敵くらいだと
緑本でも確認したのですが、マヒ耐性はなぜか★(とても効きやすい)表記で
マヒの成功率の減少修正は受けずに通る換算になるそうです。

ボスや中ボスのマヒ耐性でも▽▽や▽▽▽で
成功率は8分の1、16分の1化されてはいそうなのですが
粘り強く何度も攻撃しているとマヒにかかることがあって便利でした。
特に「蒼怨の屍獄兵団」だと武骸将デゾス相手だと
若干マヒさせやすいなと感じるようなこともあって
ギガスローやジゴスパークなんかを使っていても
同じことを感じている人もいそう。

マヒブーメランの使用感としては、
雑魚敵の拘束によって無傷防衛に貢献しやすくなったり、
深碧の造魔兵団の攻城隊長ガンザン相手だと毒以外耐性が高い相手なので
デュアルカッターでマヒをさせるよりもそのままダメージで倒してしまうような形に。

  • けさぎりクローク対処のワンオペは可能かどうか

蒼怨の屍獄兵団のけさぎりクロークの出現を
今の時代マヒブーメランでワンオペできるのかどうか
5:20、5:00沸きの時点で試してみたところ、
ワンオペできなくはないのですが、マヒがかかるのにムラがあり
無傷で済ませたいのならば2人いないと厳しいと感じることもあるといったところ。

つまりは、ワンオペ可能な世界にはなっているのですが、
これはマヒだけの効果ではなくデュアルカッターのダメージが上がったことにより
少しマヒをさせて進行を遅らせつつダメージで倒せてしまうのが真相にもなっていて
昔よりもみんな強くなっているので2~3人でも
ダメージ技だけで処理できることも多くなっています。

防衛軍での占い師でもそうなのですが、本来は月+星のカードを備えつつ
その後ボケでテンションを上げての「魔王のいざない」で
攻撃タロットを呼んでの大ダメージまでがセットなのですが、
月+星のカードをまくだけの占い師が多いことも事実で
状態異常だけだと占い師としての活躍が半減になってしまいます。

占い師だとどうしてそうなってしまうのか話していると
魔王のいざないまで整えるのが大変で、月+星カードを整えるだけなら楽なことから
どうしても占い師を本職で扱っていない人で参加しようとすると
月+星カードを整えただけに留まってしまうのではないかとも。

防衛軍でのデスマスター評

ver5.1だと魔因細胞集めがチーム内で人気で
なかなか防衛軍に参加する機会が乏しいのですが、
チームクエストに防衛軍クリアの条件が出たのと
ver5.1になってデスマスターのクリア実績が追加されたので
メインキャラ・サブキャラも含めてクリアしにいってみることに。

デスマスターは攻撃もできるヒーラー枠

デスマスターとしてはver5.0時代と変わっておらず、
参加枠としては僧侶・賢者・天地・占い師のようにヒーラー扱い。
攻撃魔法の他に、「冥王のカマ」だと転び効果があり、
ボスや宙に浮いている敵、攻城隊長ガンザン以外は転ばせやすく
防衛バリアの無傷防衛に一役買うような場面もありました。

攻守ともに動ける賢者と立ち回りとポジションが似通っていて
主に使われる死霊は多数攻撃向けのゴースト2体と
回復・補助・蘇生のサポートをしてくれるよろいのきしのどちらかが通例。

死霊が障害物に引っかかってしまうケース

防衛軍における死霊の動きについては色々と苦労話もあって
例えば「闇朱の獣牙兵団」「紫炎の鉄機兵団」では橋を行き来するときに、
ツッコミを駆使しながら移動すると死霊がスピードに間に合わず
対岸先で左右に移動すると橋で引っかかってしまうといった事態やら
「翠煙の海妖兵団」だと「もどりのつばさ」を使うことも多いので
ワープすると現地に死霊が置き去りにされ
置き去りにされた資料は何をやってるのか不明になってしまうことも。
基本的にジュレットの町だと段差が激しいので
南北の鐘破壊の移動中でも引っかかりやすくもなっていました。

「死霊の守り」での分離行動の戦術性

やはり死霊を使える分手数が増えるのは強力なのですが
ヒーラー枠ということもあって立ち回りとしては
攻撃が激しいボス近く(※近距離ではなく遠距離推奨)で立ち回わならいと
ボス近くのプレイヤーが回復されずに倒れてしまいます。

しかし、私だとモンスター沸きの出現時間を把握している都合上、
ボス倒しよりも出現沸きにあわせて自陣に戻る方を優先したり
ボス倒しよりも鐘破壊の方に動きがちなので
どうにも防衛軍だとヒーラーのポジションと相性が悪く
防衛軍での職業そのものの役割が私に合わないと感じていました。

  • よろいのきしとの分離行動

そんな折、デスマスターだとれいかんに「死霊の守り」という特技が存在し、
例えば鐘を破壊しに移動する直前に、ボスに張り付いている人にむけて
「死霊の守り」を使うとよろいのきしが対象に選んだボスに張り付いている人に
そのまま居ついてくれて、完全ではないにしろしばらくサポートをしてくれます。

そのことに気づくと色々と応用することもできて、
例えば「銀甲の凶蟲兵団」でデスマスターで大砲をしたときに
8:55でのビネガロンが大量沸きを処理後
8:10での「侵攻隊長シザルグ」2体撃破時前に
誰かによろいのきしで「死霊の守り」で守らせて、
自分はしびれ砲弾を取りに行くというような使い方もできたり、
「翠煙の海妖兵団」で6:00~5:55と4:20~4:15で
南北に鐘が出現するのですが鐘破壊をする前に
ボスに張り付いている人に「死霊の守り」を使っておくと
よろいのきしにある程度回復のサポートを任せることが可能となり
戦況を理解できる人がデスマスターで「死霊の守り」を駆使すると
ヒーラーを分離させて行動させることが可能で戦術の組み立てが面白く感じらました。

  • ゴーストとの分離行動

ゴーストでの「死霊の守り」だとまほうのせいすい(けんじゃのせいすい)の他に
マヌーサやラリホーを使ってくれるようになるわけですが、
防衛軍だとそちらが活躍する機会はかなり限られ
「闇朱の獣牙兵団」の中ボス強襲隊長シシオウの出現時
自分はアイテムを拾いにいきたいので、
強襲隊長シシオウに張り付く人に「死霊の守り」をかけると
マヌーサ・ラリホーやそれに関わる陣を張ってくれたりもします。

他にも「翠煙の海妖兵団」だと「掃討隊長バナゴル」に対しても
幻惑眠りが入るので重宝するときもあったり
「蒼怨の屍獄兵団」だと5:20や1:30わきのけさぎりクロークに対して
マヌーサやラリホー、幻惑眠り陣を張ってくれると助かる場面もあるのですが
デスマスターやゴースト達がなまじに火力が高い方なので
下手に「死霊の守り」に頼らずに火力で押して倒していく方が理想的なことから
あくまでもどうしようもない緊急手段での使い方になってしまいます。

ver5.0ミラクルボックスの出現情報まとめ(暫定版)

昨日、蒼怨の屍獄兵団回で防衛にいっていると

「7:45」あたりでミラクルボックスを見かけることになりました。
ただ、出現の瞬間は見ておらず気づいたら見つけたといった具合なので、
正確な出現時間は割り出せておらず、
「8:15」のけさぎりクロークの出現あたりか
「8:05」の鐘も一緒に出現するあたりの時間あたりになりそうで
この出現の処理後、中央広場になだれ込むあたりでの出現となっています。
状況から察するにおそらく「8:05」出現のときではないかなと。

昔、ミラクルボックスの出現情報についてはぐぐったことがあって
そのときだと中盤あたりの大砲横という文字説明を見かけたわけですが、
時間は前半部の終わり~中盤の頭くらいで、
場所は南側の大砲横というには距離が開いていて「東広場の南」にて出現に。
そちらの説明がちょっとアバウトだった可能性と、他にも
南側の大砲横にも出現機会がある可能性も残っているということです。

あと、switchのスクリーンショット画像を整理していると

モンスター同盟バトルでの銀甲の凶蟲兵団にて
「7:22」にミラクルボックスの出現を見かけている画像があって
自分の出現メモだと『8:10 中ボスの「侵攻隊長シザルグ」2体出現』
が最も近くはなっているものの、中ボス2体のすり替えで出てくるとは考えづらく
色々思案してみた結果、ほうだんアントの出現代替あたりで
その辺りの出現時間に出ているのではないかとの推測も。

場所は3つある着弾ポイントで最も南側の着弾ポイントの南側
「9:10」や「3:20」あたりに、ちょうど着弾ポイントから外れて
出現する大闇黒の魔鐘の出現ポイントあたりで登場するようです。

出現情報まとめ

これにて自力で全兵団でのミラクルボックスの出現を見かけることになり、
過去の記事をミラクルボックス出現時間と出現場所をまとめてみました。

・闇朱の獣牙兵団 残り時間8:09
 「南エリア西テントの北側」or「南エリア大砲の北側」
・紫炎の鉄機兵団 残り時間7:43
 「北エリア南テントの南側」
・深碧の造魔兵団 残り時間7:19
 「南エリア西テントの北側」or「南エリア大砲の北側」 
(※緑本P112,P115,P119参照)

・異星からの侵略軍 残り時間8:15
 「南エリア西側にあるテントの北に
 未確認飛行物体が出現し、その近く」

・蒼怨の屍獄兵団 残り時間8:05?
 「東広場の南」

・銀甲の凶蟲兵団 残り時間7:22付近
 「南側の着弾ポイントの南側」

・「翠煙の海妖兵団」 残り時間8:30
 「北側or南側に掃討隊長バナゴルDが出現し、その近く」

出現タイミングでの戦況

改めて出現時間をまとめて調べてみると、
前半の終わり~中盤の頭あたりに出現する傾向が出ています。

出現タイミングでの戦況についてそれぞれ書き出してみると

闇朱の獣牙兵団(残り時間8:09)だと
中ボスの強襲隊長シシオウ撃破後
南エリアで出現する敵を倒し切って
北エリアに向かう前あたりにて出現。

紫炎の鉄機兵団(残り時間7:43)だと
南エリアの敵を倒し切って、北エリアにむかい
北エリアの東側で敵モンスターでの出現。

深碧の造魔兵団(残り時間7:19)だと
一度南エリアで倒し切り、このタイミングで
北エリアに大砲を取りに行く人が出てくることもある中で、
再び南エリアで敵が出現し始めた次の出現。

異星からの侵略軍(残り時間8:15)だと
中ボスのメカカンダタを倒し、出現するモンスターを倒し、
南エリアの西側の方に出てくる未確認飛行物体と同時。

蒼怨の屍獄兵団(残り時間8:05?)だと
一度東広場出現の敵を倒し切り、中央広場になだれこむ直前。

銀甲の凶蟲兵団(残り時間7:22付近)だと
中ボスの「侵攻隊長シザルグ」が2体出現し対応中や、
ほうだんアントが出現しだすタイミングで出現。

翠煙の海妖兵団」(残り時間8:30)だと
南北へプレイヤーが分かれた後、
南か北へ再集結し、掃討隊長バナゴルDの出現と同時。

ホーム > 防衛軍

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る