Home > 防衛軍

防衛軍 Archive

ver5.2でのオートマッチングでの防衛軍の戦況

ver5.2になって3キャラともオートマッチングで全実績を獲得しました。
基本的には「灰塵の竜鱗兵団」の5回討伐が問題になるわけですが、
この時期になると職業実績の消化も済んできたことと、
全体的にオートマッチングでの戦い方を熟知した人が増えてきたこともあり
深夜帯の時間帯に参加しているとそこそこの割合で討伐できたといった流れ。

ぶらっといろんな兵団にも遊びに行ってみたところ、
全体的に火力がアップしているので討伐時間が短くなっている傾向はあるものの
新規の人も混じっているので、以前とそれほど変わらない場合もしばしば直面しています。

戦況

慣れた人が揃った場合で話すと、
「闇朱の獣牙兵団」や「紫炎の鉄機兵団」だと
猛攻の書が使われ北上中に討伐可能な割合が増えていて
階級が若い人(初期くらい)が猛攻の書を獲得していたので
てっきりそのまま使われないものかと思っていたところ
ちゃんと北上でボス交戦中に使っていたので
慣れた人のサブキャラが参加していた状態だったようです。

防衛バリアの無傷防衛が難しめだった「深碧の造魔兵団」でも
火力がアップした都合で防衛バリア到達前に倒し切れる割合が増えました。
一方で「ボスが移動モード中にふっとばすと、ボスが(次のポイントまで)ワープする」
ということも知らない新規の人も増えている都合で、
ふっとばした本人がびっくりするという光景にちょくちょく遭遇することがあります。

「蒼怨の屍獄兵団」だと、中央エリアで「武骸将デゾス」を倒し切れる割合が増え、
5:20、5:00に防衛バリア前に押し寄せる「けさぎりクローク」を倒し切った後
まだ中央エリアに残っている「邪骨将マッゼ」を
中央エリアで倒し切るといった場面にも遭遇しています。

「銀甲の凶蟲兵団」だと、だいたい自分が大砲役を担うことが多いのですが
職業構成をみるとバトルマスターばかりで魔法戦士が見当たらず、
8:10での中ボスの「侵攻隊長シザルグ」2体を撃破後
そのまま中央に「銀甲の崩撃将ダバム」が
4:15あたりに中央に到達するまで待機していたので
討伐は無理そうだなと思いつつ大砲を適切に打ち込んでいたところ、
ギリギリ討伐までもっていったこともありました。
反面、他のPTだと着弾ポイント以外の鐘の処理を行わず、
「銀甲の崩撃将ダバム」の2度の鐘呼びも止められなかったのに
そのときも鐘処理にいかずにひたすらボス狙いでボスを倒し切れず
そのまま大量の雑魚敵や複数出現した「「侵攻隊長シザルグ」に囲まれて全滅といったことも。

「翠煙の海妖兵団」だと、
ver5.1では「掃討隊長バナゴルABC」が8:00に消失していたのが
ver5.2からは8:30に消失するようになり、早めに消失しています。
北か南に出てくる雑魚や「掃討隊長バナゴルD(8:30登場)」退治で忙しいので
慣れた人だとABCが8:30消失でも8:00消失でもこれまで通りだったわけですが、
初心者さんとなるとまた違ってくることになり、
「掃討隊長バナゴルD」倒しに加わり損ね、
「8:30」に「掃討隊長バナゴルABC」が消失したことから
早い段階で「翠煙の波皇将ネブド」にアタックする初心者さんを見かけました。
これがどのような影響を及ぼすのかというと、
7:05の動き出しに合わせて攻撃したい人にとっては予定が狂い、
逆に討伐を狙いたいような人だと「翠煙の波皇将ネブド」が
早い段階から中央に出てくれているので好都合といった状態です。

「異星からの侵略軍」に関しては相変わらずといった状況で討伐しやすく盛況でした。

「猛爆隊長ダイノス」の「歩くモーション」と「走るモーション」

「猛爆隊長ダイノス」は見た目や攻撃方法が
レグナードっぽい(ウィングダイブがある)ということで話題になったり
最近だと電車方面から出現してくるので電車通勤ネタを目にしたりと
防衛軍でも屈指のいじられキャラになっているわけですが、
攻撃能力としては非常に高い方で、自由に暴れまわると倒しづらくなります。

移動モード中は比較的に安全

「猛爆隊長ダイノス」は時間が経過すると移動モードでまずは素材屋まで移動し、
そこで活動後は、再び移動モードに入って中央の着弾ポイントまで移動を開始。
着弾ポイント近辺で闇の魔鐘を闇黒の魔鐘呼んだあとは、
防衛バリアの方にむかって張り付き始めるといった流れ。

理想を言うと、移動モード中はターンエンド以外は攻撃してこないので
移動モード中にスタン技や火力で一気に倒したいところで
自分だと職業実績は済ませたので魔法戦士でフォースブレイクを使ったり、
PT構成次第では「猛攻の書」を使わないと倒し切れない場面もあります。
職業配分として火力は整っていそうでも、動きが悪くて倒し切れなさそうだなと思ったときは
戦力の逐次投了のようにはなりますが、途中で猛攻の書を使われるといった場面も。

「猛爆隊長ダイノス」の「走るモーション」と「歩くモーション」の違い

また、早くから交戦したいという人も出てきてはいるものの、
移動モード前に近づいてしまうと、近づいた人に向けて猛攻撃をしてくるので
例えば7:40前あたりに突入してしまうと蘇生に近づくのも難しくもなっています。

「猛爆隊長ダイノス」の場合、モーションで判別できることがあり
攻撃をするために近づいてきている『走るモーション』(前のめりのモーション)
移動モードだと『歩くモーション』(レグナード歩き)をしてくることから、
突入前に走っている「猛爆隊長ダイノス」を見たら離れて
歩いているモーションや、走りから歩きに切り替わったら攻撃を開始する
といった判別方法が現場の熟練者から採用されているようです。

また、待機中は最も近づいた人にターゲット固定という特性を利用して、

移動モード前に「猛爆隊長ダイノス」に近づく
⇒「猛爆隊長ダイノス」を走らせる(移動速度は遅め)
⇒タゲられた人は味方の後方に離れる
⇒タゲられた人以外が壁に入る
⇒「猛爆隊長ダイノス」を周囲が攻撃
⇒「猛爆隊長ダイノス」が歩き出す(移動モードへ移行)
⇒タゲられた人も加わり全員が攻撃をする

というような早い段階の安全な突撃方法もあるようで
「猛爆隊長ダイノス」を早く倒したい事情がある場合だと
覚えておくと便利なテクニックになるようです。

注意点としては、タゲられた人は追いつかれると大惨事となりがちで
移動モードになるまで近づくことができないことから、
魔法戦士だと即座にフォースブレイクが入れられず
特に魔法戦士はこの方法でのタゲられ役は不向きとなっています。

他にも「デュアルブレイカーをまずいれたい」というような話になると
ブーメラン職も1人ならばタゲられ役は不向きとなっていたり、
この構造関係を理解している人もまだまだ乏しいということもあって、
よく事情が分からない人から見ると、
「不用意に近づいた人が慌てて逃げかえってきた」
というような構図にしか見えないことになり、
危険だから近づくことはもとより、壁もしたくもないという話になるわけです。
どの道、早く突入したいとしても十分バフを張ってから突入した方がいいのは間違いありません。
自分だと魔法戦士で参加していることが多いので、
せめてライトフォースを張られてから突入してほしいなと思うことはあります。

灰塵の豪雷将バルケだと単独での安全な釣り出しは難しい

「猛爆隊長ダイノス」だと攻撃を移動モードでコントロールできる一方で、
「灰塵の豪雷将バルケ」の方だと単独での安全な釣り出しが難しく、
例えば、魔法戦士で参加しフォースブレイクを使ってから
味方へ合流しようとすると、範囲攻撃を味方に浴びせてしまうことになりかねません。
かといって、そのまま一番近づいたままになっていると、
立て続けに攻撃が続いてしまうので、そちらで倒れてもしかねません。

そのため「猛爆隊長ダイノス」撃破後の突入や、
6:15~6:00わきの鐘やモンスターを処理後に
「灰塵の豪雷将バルケ」に交戦しようとする場合だと
いち早く突入するよりも、
まずは「堅守の書」や「猛攻の書」を使いたいところで
そのためには一度全員で集まる必要性に迫られていて
特に「6:15~6:00」の処理後に
一度全員集合するという流れができつつあるようです。

ver5.2からの防衛軍の素材獲得量

ver5.2のアップデート情報にて、

『「異星からの侵略軍」を除く、各兵団の入手素材数を増加しました。』
とのアナウンスがあり実際にそれぞれの兵団にいって確認しにいってみたところ、

ver5.1まで 専門の素材「2~6個」、その他「0~2個」
(例:闇朱の獣牙兵団でコスモフェザー2~6個)
ver5.2以降 専門の素材「5~7個」、その他「0~2個」
というような増量方法になっているようです。
つまりは欲しい素材ならば、専門の兵団に通うとよりたくさんとれる仕組みに。

一方で、「異星からの侵略軍」にもクリアしてみたのですが
こちらは新たに「剛靭のヒゲ」も落とし、
全ての素材が「1~3個」獲得になっているようです。

これで「異星からの侵略軍」だと平均14個(2個×7種)な一方で、
他の兵団だと(6個×1種 + 1個×6種)で平均12個なので、
ver5.0~5.1時代の異星12個(2個×6種)、他の兵団9個(4個×1種 + 1個×5種)
よりかは是正されることになったものの、ver5.2からでも
「異星からの侵略軍」の方が多く手にはいる枠組みは存続させるようにした様子。

チームメンバーに実際の意見を聞いてみると
新武器に「剛靭のヒゲ」が必要となっており、
最新にしては防衛しやすい 「灰塵の竜鱗兵団」クリアで5~7個確定なので
2~3回クリアするだけでも一通りほしい武器が手に入る仕組みで
これはこれで作りやすくなって嬉しいといった話を聞いています。
全体的にver5.1よりも素材獲得数が増量になっているので
強度も含めて以前よりも武器を作りやすくなっている環境にもなっていました。

「灰塵の竜鱗兵団」での初心者ホイホイ

今回は「翠煙の海妖兵団」と「灰塵の竜鱗兵団」の初心者ホイホイについて。
要は、オートマッチングの防衛上、陥り勝ちな運営側が仕掛けた罠についての解説です。

「翠煙の海妖兵団」

「翠煙の海妖兵団」だと、初期に「掃討隊長バナゴルABC」が配置されており
ver5.1までだと開始から2分で自動消滅していたのですが、
ver5.2からは開始から1分30秒で自動消滅することになりました。

遠距離で天地雷鳴士でのげんまあたりでダメージを与えても動かないのですが
誰かが「掃討隊長バナゴルABC」近づいてしまうと動き出してしまい、
その後登場する8:30沸きの「掃討隊長バナゴルD」撃破が倒しづらくなるので
「掃討隊長バナゴルABC」が動き出してしまうと防衛の難易度が跳ね上がったのですが、
ABCの消失とともに、Dが登場するようなスケジュールになったので
多少はABCが動き出しても体制を立て直しやすくなる状況が整えられることに。

本来は、高速周回への対策を兼ねての「掃討隊長バナゴルABC」だと思うのですが、
オートマッチング上での「掃討隊長バナゴルABC」に関しては
事情を心得た人は近づかず、事情を知らない人は近づくことがあるので
初心者ホイホイの機能を果たすような形になっています。

「灰塵の竜鱗兵団」

この初心者ホイホイに関しては、ver5.2では最新の
「灰塵の竜鱗兵団」でも用意されている節があって
ve5.2直後だとどこに登場するかよく分からず、
基本に立ち返りつつ迎え打つような対応してたわけですが
10日後経った今では、沸きの配置を頭にいれつつ立ち回り
沸き前に待ち構えて速やかに倒せれるケースも多くなっています。

戦闘が始まると、東側と南側に分かれて対応することになるのですが、
この「9:40」「9:30」わきを速やかに処理すると
攻撃ターゲットに「灰塵の豪雷将バルケ」しか
表示されなくなる空白の時間帯ができます(※特に南⇒南東ルートだと多い)。

また「8:10」の北階段からのちびゴラ+キルリザード一団が到達する時間帯で
到達する前に速やかに処理されても同じような状況に陥ることがあり、
だいたい構造上「9:20」「8:00~7:40」あたりで
「灰塵の豪雷将バルケ」に突入してしまう人がいて、
そのまま「灰塵の豪雷将バルケ」が動き出して交戦状態に陥ることがありました。

これの最も厄介なこととしては、
オートマッチングだと撃破するのがまだ難しい状態で
「7:30~7:20」付近に出勤しだす「猛爆隊長ダイノス」も参戦し
ボスの「灰塵の豪雷将バルケ」と、中ボスの「猛爆隊長ダイノス」の
両方を一度に相手にしないといけなくなるということです。

どちらも時間経過による移動モードで所定の場所に移動しだすので
ボスの「灰塵の豪雷将バルケ」の鐘召喚のための移動
(4:40頃)で離れることになるわけですが、
戦況としては燦燦たる状況に陥っていることも多く
5:30あたりに着弾ポイントにオトリストーンを設置しても
何とかなるかどうかといった荒れ具合になることも。

「灰塵の竜鱗兵団」での大砲とオトリ設置札の使い方

ver5.2になり2キャラ目の職業実績も埋まり
3キャラ目の職業実績獲得に動いているわけですが
やはり砲弾を好き好んで拾いに行く人は少なく、
だいたい9割方くらい私が拾っては打ち込んでいるおかげで
こんな風に大砲を使ってみるといいのではないかとの経験談を。

防衛軍だと「銀甲の凶蟲兵団」のように
着弾ポイントに直接わいて出るモンスターは存在せず
基本的には移動している相手に対して砲弾を撃ち込むことになります。

砲弾を使うタイミング

タイミングとしてはおおまかに4つ分類されます。

・防衛バリアから東側に出現する雑魚モンスターは、
 近くにターゲットがいないと防衛バリアにむけて
 一目散にむかってくることを確認。
・中ボスの「こけむしルドン」「猛爆隊長ダイノス」は
 着弾ポイントを通って、防衛バリアにむかうことを確認。
・「灰塵の豪雷将バルケ」は、だいたい残り時間4~3分くらいに
 着弾ポイントで活動していることを確認。
・「オトリストーン」での誘導の他、
 スーパースターとパラディンの必殺による怒りでの誘導も可

解説

  • 前半部は「こけむしルドン」対処に使うかどうかくらい

東側の雑魚モンスターのわきについては調べた結果、
前半部の「9:40」「9:00」
中盤部の「6:15」
後半部の「4:15」「3:05」「2:00」
この6つのタイミングで出現から約13秒後に防衛バリアにダッシュしてきます。

基本的に前半部では問題になりづらいことから
雑魚モンスターに大砲は使うという発想は持たなくていいのですが
人数が各所に散って「こけむしルドン」を倒し切れない場合に
手持ちの強化砲弾を全て打ち込むようなつもりで対処してもいいと思います。

  • 6:00打ち

中盤部の「6:15」での対処は結構重要にもなっていて
時間帯としては7:30~7:20頃に「猛爆隊長ダイノス」と交戦しており
半分くらいは倒し切れずに6:15を過ぎていて、
同時期に沸いた「大闇黒の魔鐘」と「猛爆隊長ダイノス」対処で手一杯の中に
東側から沸いたちびゴラ+キルリザード一団が防衛バリアに一気にせめてくる展開になります。
そこでちょうど「6:00」くらいに強化砲弾をうちこむと
東側から沸いたちびゴラ+キルリザード一団全員を一掃することが可能です。

誰かが東側に対処にいっていると大砲で一掃はできないのですが
オートマッチングでのPTによっては誰も東側の一団はノーマークだった
ということも珍しくはないので、これによって
「大闇黒の魔鐘」と「猛爆隊長ダイノス」での応戦に時間を作ることができます。
もし「猛爆隊長ダイノス」が着弾ポイントにいるのならば
防衛バリアがかなりの危機状態なので、強化砲弾を全て打ち込むつもりで対処しましょう。

  • ボスには「しびれ砲弾」と「強化砲弾」の交互打ち

後半部の「4:15」に関しては、「灰塵の豪雷将バルケ」が
東側~着弾ポイント付近をうろついているので
一緒に攻撃できると楽ちんではあるものの、
場合によっては「灰塵の豪雷将バルケ」がいなくても
「4:00」あたりに打ち込んだ方がいい場合もありました。
ただ自分の経験だと「4:00」ぴったりに使っても対象もれすることがあったので、
6:00でも前後に2発撃ちこんだ方が安心できそうな。

「しびれ砲弾」に関しては「灰塵の豪雷将バルケ」専用と言ってよく
「しびれ砲弾」と「強化砲弾」を交互に使って行けば
ちょうどしびれ状態を切らすことがなく強化砲弾も撃ち込め、
言ってしまうと「5:10」での「強化砲弾×3&しびれ砲弾×3」を拾った人ならば
特に、開幕や8:40での強化砲弾を拾った人に関わらず役割が務まるような形です。

  • オトリストーン設置の目安

折しもこの時間帯はいろいろと忙しく、
東側で4:40あたりで「灰塵の豪雷将バルケ」が魔鐘を召喚しだしたり
4:00あたりに南東側にキルリザード3体出てきたりと
戦況が敵だらけになっている状況にも遭遇したこともあるわけですが
あまりにも敵モンスターが増えたあたりでの
着弾ポイントでのオトリストーン設置はありがたく
だいたい「4:00」「3:00」「1:30」
このあたりが通常2枚手にはいる「オトリストーン」の
設置候補になりやすい時間帯になるようです。
上手く着弾ポイントに設置してくれたのならば強化砲弾を撃ち込めば一掃できます。

このオトリストーンの適切な設置時間については状況によってまちまちで
例えば怒らずとも「灰塵の豪雷将バルケ」や「こけむしルドンB以上」が
オトリストーンに反応して殴りに行ったり、鐘を処理できなくて
上記の時間以外でも使わざるを得ないような状況も経験しています。

私がオトリストーンの設置の目安としているのが、
後半部での北側の階段がくる一団が見えたときで

こんな風に着弾ポイントから、動き出さずとも目視で確認できたときに
オトリストーンを設置するといった使い方をしていました。

ホーム > 防衛軍

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る