ver5.2での「炎と水の災禍」の感想

ver5.2での最後の邪神の宮殿の更新となっていて
9月16日にはver5.3になっているスケジュール。

取り立てて大きな変化は感じられなかったのですが、
この時期になって遊び人の参加をちらほら見かけていて
ver5.3で遊び人が強化されることから強化前にどんな状態なのか
軽く確認するためにカンストしていても遊び人で参加している姿を見ています。

逆に第三期初心者大使の坂口和也さんは遊び人がカンストしていないので
遊び人で邪神の宮殿に参加している放送を見かけていて
今の時期となるとver5.3向けの準備活動が多そうな状況でもあるようです。

2獄(闇・嵐))

2獄はハンマー・オノ・弓限定で、
ハンマーバトマスと弓占い師の参加が多いといった状況。
私だと弓魔法戦士で通して参加していたので
クリア時間は「2分32秒12」「2分36秒86」「2分43秒50」で済んでいます。

2獄だと「獄嵐の鎧鬼」の「鎧殻強化」が厄介なので
だいたい「呪闇の鎧鬼」から倒されることが多かったのですが、
どちらから狙うか場の流れ次第な状況で魔法戦士で参加したことから
「呪闇の鎧鬼」狙いならばライトフォースの使用、
「獄嵐の鎧鬼」狙いならばダークフォースの使用
というように使い分けをする必要がありました。

あとはver5.3にてオノ戦士が強化されることから
勢力図としてどのようになるかも気になるところ。

3獄(氷・嵐)

3獄はバトルマスター限定で、ハンマーと両手剣での参加が半々で
片手剣を装備しての参加がゼロではないにしても珍しいといった状況。
クリア時間は「4分12秒22」「4分12秒75」「3分48秒73」になっています。
両手に片手剣装備の人はおしゃれな人が多いといった印象あり。

「魔氷の鎧鬼」「獄嵐の鎧鬼」の「鎧殻強化」はともにやいばのぼうぎょ持ちで、
「魔氷の鎧鬼」はHPを減らすとミラーリングで2体に増殖することから
「獄嵐の鎧鬼」狙いからが正攻法にはなります。

私が参加した回だと両面を攻撃している、というよりは
「魔氷の鎧鬼」を最初から熱心に攻撃している人がいた回もあって
そのときは3体同時に相手しなければならなかったところを、
必殺とチャージ技を駆使しつつ「魔氷の鎧鬼」を
辛うじて1体倒し切ることに成功して難を逃れることに。
このとき私だとSHTのアーククラッシュを使っていて
アーククラッシュだとやいばのぼうぎょで反射ダメージを受け
狙った対象が「鎧殻強化」に移動し、なんだかんだで自分も
反射ダメージで倒れるといった展開にもなりました。

あと私だとどの特技が「やいばのぼうぎょ」に引っかかるのかの調査で
そこそこの回数を邪神の宮殿の鎧戦に参加していたことから、
「鎧殻強化」の使用をみてのキャンセルショットも成功。

あとは初心者の参加が多いのか「鎧殻強化」中でも構わず攻撃し続けて倒れる人が一定数いて、
そのときは蘇生役の方に回っていたのですが、やいばのぼうぎょがある「鎧殻強化」中での攻撃は
当時調査中での1獄でも珍しくはなく、言ってしまうと調査名目で自分もやっていたわけですが
下手に待つよりは蘇生を期待して攻撃し続ける方がクリア時間が短縮するケースもあり
個人的にはあまり抵抗感はなかったものの、やいばのぼうぎょで倒れる人が一気に4人くらい出ると
さすがに全滅の危機は感じるので、素直にランドインパクトやプラズマブレードなどで攻撃した方が無難。

4獄(闇・嵐)

4獄はパラディン、賢者、魔法戦士、占い師、スーパースター限定。
この職業並びだと占い師の参加が多く、次点で魔法戦士での参加が多め。
スーパースターで参加している人もちらほら見かけました。

今回の4獄だと遠距離攻撃で立ち回れる職業が多いことから
「獄嵐の鎧鬼」の「鎧殻強化」が脅威となりづらく
遠距離攻撃職が多いと発生しやすい、遠い円形状に取り囲んで攻撃体制に。

一応「呪闇の鎧鬼」の召喚があっても占い師の塔・死神で処理されていて
スーパスターが怒りをとって味方とは真逆の方の外周に陣取り
2体同時に攻撃される機会を創出していたりと、クリア時間は
「3分23秒85」「3分13秒77」「3分44秒59」と安定して勝利をしていました。

カテゴリー: 邪神の宮殿 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。