天獄「暴走獄門党」の感想(2021年3月30日0時開催)

ver5.5前期開始前日に開放となった天獄で
「暴走獄門党」は周回時間の短さには定評があるものの
周回難易度が今回高く感じる人も多そうで
色々試している頃の時は勝率は半々くらいになっていました。

一方で、自分が天地雷鳴士を使っていると戦況が安定し
そのまま敗退や失敗せずに勝利し続ける流れになったわけですが、
今回天地雷鳴士で参加している人は少なく感じ
1PTに1職業の職業だとはいえ、向こう側のPTに
天地雷鳴士が含まれるといったことはありませんでした。

お題達成状況

今回お題の条件からして
・30秒以内に 氷・闇属性で8000ダメージ
闇属性で、魔剣士・賢者・デスマスター・占い師の参加が多く
氷属性で、魔法使いの参加が多く感じらると同時に
属性と短期決戦を見込んだ魔法戦士が入ることも多めといった状況。
フォースは、ベリアルやアークデーモンが氷と土属性弱点で
アイスフォースの使用も見かけているものの
魔剣士や占い師が多く、闇と土属性を付与できる
ダークフォース使用の方が効果が大きくなります。

  • 初期段階でのアークデーモン3体追加されるケースがキツい

今回だと条件の影響で難易度が高く感じていて
例えば最初の方に「30秒以内に アークデーモンを倒せ」
のお題がでると、ベリアルを倒し切っていないうちに
アークデーモン3体が追加され、
合計で6体の敵がうろつく展開も頻繁に発生しています。

また、アークデーモン3体のうちどれから倒すか
ということを30秒以内という短い時間の間で
PTで決めて倒し切らなければならず
Aから倒す人もいれば、災禍の陣・爪牙の陣に乗ってるBから倒す
手近なCから倒すと方針が様々にもなっていて
これをオートマッチングでやろうと思うと
倒しかかる対象を絞れずにお題失敗のケースは必ず発生します。

  • ブレスとイオグランデ連打がキツい

ブレスやイオグランデが飛び交う状況になる上に、
開幕に「憤怒の剛竜」が「竜閃放」を使ってきて
4~5人まとめて倒されることもあって
回復や蘇生が間に合わずに全滅するコースも多め。

前半段階で壊滅状態に陥ってることも多く、
体制を立て直せたとしてもお題クリアまで手が回らないこともあるので
「30秒以内に 40回ジャンプしろ」のお題にきっちり参加しないと
お題3つ以上達成が失敗することも多くなっていました。

  • 会心のお題は達成が困難

「30秒以内に 会心の一撃か呪文暴走で12回攻撃」のお題は
1時間半ほど周回したところ、達成できたのは1回だけで
「45秒以内に 60回ダメージを与えろ」でもそうなのですが
最後の方にお題が出てくると、攻撃をしているうちに倒し切ってしまい
まだお題を3つクリアしていないのに倒してしまって攻略失敗
というのも何度か経験することにもなっています。
特に今回だと魔剣士の参加が多く、闇のヴェールを使ってしまうと
ガンガン状況が進行してしまって処理できずに破滅するケースも。

真の主役職は「天地雷鳴士」

今回だとお題達成向きの職業の兼ね合いで
「魔剣士」あたりが主役だと思ってる人も多いのですが、
今回だと倒し切れずに押し負けてしまい
そのまま立て直しが効かずに全滅ということも多いため
「魔剣士」だらけだと葉っぱ切れで詰んでしまうことも多くなっています。

魔法使いの参加も今回多くは感じていて
マホカンタを一人一人張っている魔法使いの人が多いものの
マホカンタを張っている間に倒れてマホカンタ消失し
再びマホカンタを張り出すといったループに陥ることも。

ブレス対策に「レンジャー」で参加する人も今回多くて
レボル系の攻撃もアークデーモン倒しや
周回スピードの貢献に一役買っていて
実際に「紅蓮蝶のまい」「まもりのきり」が大活躍するわけですが、
イオグランデ対策に関してはレンジャーだと対象外になってしまいがちで
気づいたら前半部は「まもりのきり」とザオラルをずっとしてしていた
というくらい守勢に回ることが多くなっています。

今回だと占い師の活躍で勝利することができたケースもあり
星のカードで「憤怒の剛竜」「ベリアル」を眠らせて
起きている対象から攻めてかかり勝利できたといったケースや
審判のカード・世界のカード・闇属性の攻撃カードの存在もあって
ちゃんと対応していると勝利の決め手になるくらい頼りになるわけですが
そこまで対応していると思われる占い師も少なく、
展開に左右されることも多くてどうしても活躍にムラが出ていました。

他には、武闘家の「一喝」がやはり強力となっていて
今回参加が少ない職業なのですが、うまい具合に
「一喝」が炸裂すると大幅に戦局が楽になりました。
尚、遊び人の人が「憤怒の剛竜」にぱふぱふしにいったものの
スタン(休み)が入らず竜閃砲の直撃死といったことも目撃しました。

  • 天地雷鳴士がオススメ

今回一番勝利を左右する職業と感じたのが天地雷鳴士で
開幕に「竜閃砲」を警戒して左右にバラけた後
カカロンを呼んでマジックバリアを2回張れれば
これだけで勝率が飛躍的に上昇することになり、
マジックバリアの影響で回復職のベホマラーや
ハッスルダンスが間に合いやすくなります。

もちろん、今回だとお題達成向きの職業の参加が多い状況で
レンジャーの参加でブレス対策が開幕段階からできることも大きく
天地雷鳴士だと「30秒以内に 氷・闇属性で8000ダメージ」に
参加できない欠点がある前提があるわけですが、
扇特技で「45秒以内に 60回ダメージを与えろ」に
ダメージが低めの状態で参加できるメリットがあるので
魔剣士の暗黒連撃と、天地雷鳴士のおうぎのまいで
ぎりぎりお題達成クリアといったケースも何度か経験することに。

カテゴリー: 邪神の宮殿 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。