万魔の塔、三の災壇の「第九の災い」のせかいじゅのしずく

万魔の塔だと魔剣士・魔剣士・魔剣士・天地雷鳴士
というようなPT構成がメジャーにもなっており
毎週私たちのチームでも万魔の塔を
この職業構成でクリアしているわけですが
やはりカカロン(クシャラミ)や
「ハデスの宴」「ちからの盾」では
回復は間に合わないこともあり、
途中で手に入るせかいじゅのしずくは
完全制覇のためにはどうしてもほしいアイテムになります。

万魔の塔の三の災壇の「第九の災い」に到達すると
たいてい、せかいじゅのしずくが3つ落ちていていて
こちらの回収を誰かがする必要が出てくるわけですが
個人的な回収役の優先度としては

・せかいじゅのしずくを有効的に使える人
・魔剣士と天地雷鳴士だと、天地雷鳴士が優先度が高め

というような優先度には感じていて
結果的に、天地雷鳴士が三の災壇の「第九の災い」で
登場するせかいじゅのしずくの回収役を担いやすくなっています。

使いどころとしては十、十五、二十、二十五の災いの他
ピンチだと思ったら使う必要が出てきていて
キラーパンサーの痛恨後の立て直し直後や
二十一以降のバーサーカーの攻撃に耐えるためにも使うような形に。

問題としてはせかいじゅのしずくの使い手が
倒れることも珍しくなため、
せかいじゅのしずくを回収していても
有効活用できるとは限らないのが痛いところ。

あとは第九の災いでせかいじゅのしずくが
3つ落ちていないこともあって誰かが拾ったのか
それとも元から3つなかったのか判別できず
3つ落ちているというのはあくまで目安にもなる様子。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。