転生フィーバーの対象傾向

先日、次回の転生フィーバーの対象が発表になりました。

【10周年】未知のモンスターを探しに行こう! 「転生モンスターフィーバー」開催! (2022/9/20)|目覚めし冒険者の広場

>2022年9月23日(金)6:00 ~ 10月3日(月)5:59

8月に開催された前回の転生フィーバーがコチラです。
【10周年】未知のモンスターを探しに行こう! 「転生モンスターフィーバー」開催! (2022/8/15)|目覚めし冒険者の広場

2回目ということでいくつか傾向もできており
それぞれ対応の枠組みを分類してみると

・アクセサリー枠
 1回目 … アルミラージ、スターキメラ、ジラフマスター、モコフル
 2回目 … ドラキー、ボーンファイター、マジカルハット、エンタシスマン

・仲間モンスター枠
 1回目 … キラースコップ
 2回目 … マジカルハット

・レシピ枠
 1回目 … ナスビナーラ、キラースコップ、ガチャコッコ、スマイルロック、スターキメラ、ホースデビル
 2回目 … ブラウニー、スライムナイト、ドロヌーバ

・プレイヤー投稿モンスター枠
 1回目 … ホークマン
 2回目 … ニードルマン

継続した傾向

アクセサリー枠、特に現在でも通用しそうな
耐性系のアクセサリーが意識的に組み込まれており、
2回目ではドラキー転生から「聖印のゆびわ」
ボーンファイター転生から「破呪のリング」
マジカルハット転生から「理性のリング」が手に入り
前回に引き続き、一気に完成させるチャンスになる予定。

また高騰しがちだった仲間モンスターの書対応の
転生モンスターも幾つか対象として含まれており
キラースコップに引き続きマジカルハットが含まれています。
となると、もし3回目が開催されるならば
キラーパンサーの書を落とす、キラーパンサーの転生
ミステリードールの書を落とす、ミステリドールの転生も含まれそう。

普段から出現しやすく設定されている
ホークマン、ニードルマンの転生も出ているので
3回目があればフォンデュの転生が出てくるのは確実視されます。

  • 対象外予想の転生モンスター

レシピ枠はふんだんに含めてもという判断のようで、
分類わけをすると積極的に含まれていたわけですが、
逆に公式放送では素材価格への影響が懸念されていたので
素材だけ落とすといった転生モンスターは
フィーバー対象に含まれづらい傾向が出てくることが予想されます。
具体的には
・おばけキャンドル
・スライムつむり
・ゴースト
・おおくちばし
・ぐんたいがに
・キャットフライ
・ちょうろうじゅ
・ズッキーニャ
・おおがらす
また、新しく登場している転生モンスターも
フィーバー対象に含まれづらそうだという推測もたち
少なくともver6出現の新転生モンスターは含まれないだろうとの予想も。

オシャレ装備枠のモンスター

新たに2回目から転生モンスターが落とす
オシャレ装備枠のモンスターも含まれることに。
・ねこまどう
・バトルレックス
こちらに関しては、公式放送にて
転生モンスターが落とすオシャレ装備を
一度入手したら「取りよせ商チャガナ」で
購入できるようにさせてほしいという要望があり
そちらの話で進めていくのかなとも思ったのですが
今回「にくきゅうの杖」でおしゃれ装備代表格の
ねこまどうが含まれているところをみると
こちらの路線でヤリクリしていく方針が垣間見れます。

場合によっては、おしゃれ装備をストックしておく
という実践情報も公式放送で出ていたものの
サブキャラだとそちらで成り立つものの
メインキャラだと正直装備の圧迫はツライところなので
転生フィーバーで解決できる話なのかなあと
若干疑問が残るところにはなるものの
ver6.2での装備更新のときに
「バラのスティック」と「にくきゅうの杖」は
既に確保していたので、時間は少しかかるものの
それほど問題視されるものでもない程度の困難さ
ということもあって、落としどころとしては
オシャレ装備ドロップの転生モンスターを
出現しやすくするくらいの処置が適当なところになります。

今後の目玉の転生モンスターの登場は?

傾向をみてみると、上記のようにはなるのですが、
転生モンスターで出てほしいモンスターと言えば
アモデウスの転生が落とす「モノクル」ということになりそう。

最近だと魔法使いの活躍の場も多くなっており
その中で暴走が出やすくなるアクセサリーとして
「モノクル」がほしい、完成させたいという要望も強そうで
今後、転生フィーバーの対象として含まれるのか?
という期待も出てくるものの、あくまで傾向として話すと
まだ白アイパッチ、黒アイパッチが指定に含まれていないので
傾向としてはまだ出てきてはいないものの、
「モノクル」もver1から存在しているアクセサリーで
10周年を迎えた今現在ならぼちぼち
完成させる機会を設けてもいいのではないかと。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。