ver6.3での「魔幻の最高幹部」の感想

状況としては、転生・魔法の迷宮フィーバー開催中で
「天を超えてゆけ」の後編がスタートし始めています。
一時期のゼルメア・防衛軍フィーバーよりは余裕がありつつ
スプラトゥーン3やらポケモンの新作やらもあり
天獄が更新日に開くといったことはありません。

やはりver6.3の新必殺技の影響は大きいわけですが
今回「幻妖の黒公子」がペアに含まれているので
相変わらず「鉄壁の盾」が厄介な相手で
1獄で天地雷鳴士で参加したときに
「シュジャク召喚」を当てようとした矢先に
「幻妖の黒公子」が「鉄壁の盾」を使っていたので
必殺ムダにしちゃったかな~と思ったところ、
どうやら「鉄壁の盾」を貫通してダメージが通っていたようです。
以前からバリア類を戦士必殺の「会心必中」が貫通していた
という現象は確認されていたので、類似の扱いになりそう?

バージョンアップ毎の火力アップに伴い
どちらから狙うというセオリーが通じづらくなっているものの
今回1獄で「戦慄の魔元帥」「幻妖の黒公子」の両面狙いで
「幻妖の黒公子」から「冥府の地鳴り」
「魔元帥の剣」から爆風が重なって
一気に全滅寸前まで追い込まれるケースも出てきました。

2獄

2獄は片手剣・ムチ・ブーメラン限定。
今回だとややブーメラン職業が多めには感じました。

片手剣はバトマスの参加が多く、
ムチはまもの使い・盗賊・スーパスターの参加を見かけています。
(※占い師はムチか片手剣かは確認できず。
 従来の傾向だと片手剣占い師が多め)

ブーメラン職業はだいたい一通りの職業を見かけ
旅芸・レン・賢者・どう・遊びは見かけており
ブメ海賊は今回だと2獄ではみかけず。
ちょっと前だとブメ旅芸人ばかりだったのですが
傾向としてはブメレンが今回多めに感じており
マッチングによってはブメどうぐ使いが3人くらい揃っていた回も。
「鉄壁の盾」対策と思われるブメ賢者参加がありがたかったのですが
今回だと片手剣魔剣士には出くわさなかったという状態。

クリア時間は「1分33秒59」「1分36秒79」「1分47秒41」で
ムチ盗賊が猛威を振るい、ずっと俺のターン状態、
各種のスタン技・スタン必殺技の他に、
今回だとネバネバ爆弾のしばり効果も期待できてしまうので
存在感で話すと少数にも関わらずムチ盗賊が場を支配していました。

・ブメ遊び人と新必殺技

あとブメ遊び人も見かけたので、
使用感をかねてちょろっと触ってみたところ、
新必殺技「びっくりルーレット」が使いやすそうで
遊び人は必殺が出やすい調整が施されており
ver6.3は使いやすい必殺狙いの職業になってしまうのではないか
との推測も成り立っていたのですが、確かにその気は感じました。

遊び人に関して『コレが正しい』という方向性付けが難しい職業で、
元は難解(ヘンテコ)な職業なのに
使いやすい必殺頼りの登場で素直になってしまったのか、
それとも、一本筋が通った主力の必殺技の登場により
構成建てがしやすくなったのかは人それぞれの判断になりそう。

必殺に関してはどうしても運がらみにはなるので
他の特技を活用する機会にはなるのですが、
それにしてもきまぐれの硬直が長いこと長いこと。
あと「びっくりルーレット」の射程が結構長めで
後方で「あそび」続けているときに使やすいのも好印象。

3獄

3獄は僧侶限定。
使用される武器はヤリと棍が多く使用され
ヤリが少し多めで、スティック僧侶が1~2人混じる形。
僧侶の新必殺技が各所から入るので
「女神の守り」が高い頻度で入ってもいました。

クリア時間は「6分02秒37」「8分39秒80」「5分11秒93」で
僧侶自身の火力不足が根底にある中で
「幻妖の黒公子」からの「鉄壁の盾」で
攻撃待ちの時間が挟むことになり
戦闘が長引くことは避けられません。

まずは使用される武器としては
ヤリはオウマガトキから不死鳥のヤリまで
年輪のようにヤリのバリエーションが多い中で
棍はだいたいは輝天のこんかサターンロッド
回復力があがるローズロッドも見かけるといった具合。

スティック僧侶の存在については
過去だとスティック僧侶が4人いて
各自の役割を奪い合う状態だったのですが
1~2人くらいだと役割分担ができており
有機的に機能しているので特に問題は感じませんでした。

ちょっと気になったのが、
「戦慄の魔元帥」「幻妖の黒公子」2体いる状態で
たいていは「戦慄の魔元帥」狙いになって
僧侶だと近接攻撃主体なので
「戦慄の魔元帥」周辺に群がることになるわけですが
そちらが4人以下くらいに留まるケースが多く
「戦慄の魔元帥」が倒れ「幻妖の黒公子」のみになると
スティック以外のほぼ全員がやっと群がるといった状態に。

あと「幻妖の黒公子」から怒りをもらい
タゲ下がりをしているときに、
キャラクターの耐久力が上がっている都合で
壁をしてもらわなくても自分に回復しつつ
怒りが解除されるまで遠方へ逃げ回るスタイルで
そこそこ時間稼ぎができるケースも増えました。

4獄

4獄はバトルマスター、デスマスター、
レンジャー、占い師、踊り子限定。

参加職業としては5職業満遍なく含まれていて
デスマス2人含まれいるのを見かけると
デスマスが飽和している可能性が出てくるので
何度かデスマスで参加してみたところ
すんなりマッチングできていたので
今回均等に職業が参加しているっぽい感覚は掴めました。
(※一度バトマスが4人くらいいた回はあり)

クリア時間は「2分35秒06」「1分57秒81」「1分08秒45」で
占い師や踊り子の幻惑でこちらのペースに引き込みつつ
バトルマスターとレンジャーの新必殺技で畳みかける
というような状況になりやすく、
デスマスターのサポートがあるので
短時間勝利にこぎつけやすくなっていました。

カテゴリー: 邪神の宮殿 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です