Home > 活動誌

活動誌 Archive

シャンパンファイト

昨日は29(ぷく)の日ということもあって、プクリポの集会イベントに参加してきて、

「つまむ」や「風船ふわふわ」で浮いていたプクリポに
「お祝いシャワー」の打点がピッタリだったということもあって、
そちらにむけてシャンパンファイトを繰り広げてきました。

後半はオーガを打ち倒すイベントに早変わりしていたり、
教会の司祭の人にすっぽり重なることになったナスの人にむけて
「お祝いシャワー」を使って追い払おうとしたりと気分はもう忘年会といった状態に。

こちらが集団で「お祝いシャワー」を打たれる方の視点で、何かしら年の暮れ感を強く感じるイベントにもなりました。

ギュメイ将軍に挑んでみた

12月27日の出来事のダイジェスト。

魔法の迷宮ボスモンスター「ギュメイ将軍」登場! (2017/12/27 更新)
初日だとほぼほぼふくびきを回すのに費やしていて、
ふくびきをまわすのに疲れて休憩を挟むといったこともしていて
私だとグレン住宅街かガートラント城下町でまわしていたのですが、
貯め込んでいる人も多かったようで、コンシェルジュから
なかなか離れられない人も多かったようです。

100連ふくびきもほしいといった意見も目にするようにはなったのですが、
昔と比べるとスペシャルふくびきも郵便で圧迫しづらくなっていたり、
メガルーラストーンでオーグリード大陸に移動しやすくなったりと
その辺は便利になっているなとしみじみと感じるところ。

結果としては11枚ほど手に入ったのですが、自分のチームメンバーだと
ふくびきを回すのに忙しそうだと判断して練習札を使ってギュメイ将軍と戦うことに。
ちょうど他にふくびきを引き終わった人もいたので一緒に練習札で様子を見に行くことにしました。

練習札

22時くらいの段階だと、公式放送の情報をあわさって既に色んな情報は出回っていたり、
既に坂口和也さんや高野光平さんといった初心者大使の放送でも挑戦済みだったりしていて
どうやらあまり強くはなさそうで、「斬り上げ」が厄介らしいということは掴んでいます。

オススメの職業構成(要は賢者入り)とかも耳にしていたいたのですが、
腕試しにスタンダードな職業構成になっている戦士・戦士・旅芸人・僧侶で挑戦。
自分だと僧侶操作で、できる限り距離をとりつつ立ち止まらないようにして
自分にむかってきたらファランクスやアイギスの大盾を張るといったことをしていました。

ギュメイ将軍の序盤での戦闘の印象としては攻撃のペースがやや早く
たぶん2回行動でもしているのではないかと思うような行動ペースでした。
「マヒャド斬り」で凍り付くこともあるので、それが自分にかかると
動けなくなることから回復の手は落ちるものの、今回だと旅芸人入りなので、
そちらの回復・蘇生で間に合わせてもらうことにしています。

あちこちで話題になっている「斬り上げ」が範囲攻撃なのですが、
いまいちその範囲がよく分からなくて直線状のように見えて、
結構周囲を巻き込むような攻撃で、サポート仲間でも範囲攻撃を避けきれないケースがあります。
そのため「斬り上げ」の対処方法については各々で異なるようで
「斬り上げは避けられない。他の人を巻き込まないようにする」
「斬り上げは真横に移動するようにすると避けられる」
というように、状況次第で対処方法が異なるようで、
今回だとギュメイ将軍を囲むような形で立ち回ることが多く、
仲間の後ろで立ち止まるというのが危険になりかねない相手にもなっています。

HPが減ると行動パターンが変化し、攻撃に「感電」効果が付与されるようなっていました。
この「感電」効果自体は大きいダメージではないのですが、
他の攻撃でHPが減っていると厄介に感じる品物なので、
本当はキラポンあたりで事前に防いだ方が良さそうなのですが、
ギュメイ将軍の攻撃自体は激しいのですぐに倒されてしまうような印象。

初戦だとギガクロスブレイクを使われずに倒したので、
あまりしぶとくはなさそうだということと、
バフ消しに賢者はほしいといった感想はいただきました。

本番

ちょうど4人で冒険に出られそうだということで、早速ギュメイ将軍戦に挑むことに。

今回は戦士・戦士・賢者・僧侶で挑むことにして、
賢者の人に基本的な立ち回りの他に、雨や洗礼を使ってほしいと注文。
賢者の人が特技欄をいじっていたようで記念撮影に入れなかったというオチが。

あまり情報を仕入れるタイプではないプレイヤーの方から「スライダークより強いですよね?」
といった質問を貰ったので、最新のコインボス順でいうと
・ドン・モグーラ
・暗黒の魔人
・Sキラーマシーン
・スライムジェネラル
・スライダーク
質問の答える形だと、スライダークの方が強く感じられ、
上記のコインボスだとドン・モグーラクラスあたりか最弱の可能性もあるような感覚でした。
札ボスの「剣王ガルドリオンの強化バージョン」というような表現も見かけたのですが、
それくらいの気持ちがしっくりくるような強度です。

半分練習札も体験していないということもあって、
「斬り上げ」に2~3人巻き込まれつつ戦っていると、
賢者の人がしっかり「いやしの雨」の方を使ってくれて
ギュメイ将軍だと多段攻撃も多いことから、それで生存できる機会も増え、
HP減少でバフをかけてきても「零の洗礼」で消してくれるので戦いやすく感じる戦闘に。

HPを減らしていると、ギガクロスブレイクを使いだしたので、
みんな一斉に仲間とギュメイ将軍から散り散りに離れると、
被害としては1人のみで済んだのですぐさまリカバリーに入ります。
公式放送でもカッコいいと好評な攻撃だったのですが、
本番で初めてみたのでこれもまだどんな範囲攻撃なのか飲み込めていません。

その後は順当に攻撃したり壁をしてもらいつつ引っ張っていると
あっさり倒せたのでギュメイ将軍は事故はありそうだけれども
倒しやすいボスだといった認識が強く、後々の10の日での配布でも
他のコインボスよりも気楽に消化できそうだといった感触をつかむことができました。

天地雷鳴士の職業服


天地雷鳴士用の和服ドレアを作ろう妖精の姿見とにらめっこした結果、
結局、天地雷鳴士の職業服のデザインが良いので好みの色を変えて使っているという。

他の職業服だとLv30で装備できるのですが、
天地雷鳴士からLv50スタートいうこともあって、
装備に関しても☆2のLv50装備になっていて、
まだ取り寄せ商チャガナでも取り扱われていません。

Lv50からスタートに関してはこれといった異論は見かけておらず、
このまま踏襲されるような路線だと思うのですが、
バザーで取引される価格も☆2のLv50装備くらいの価格になっているので、
ドレア用に買い戻したときにちょっと高くつくことに。

バッドエンド内での「ダックス」の扱い

防衛戦についてはひと段落したので、バトエンの方を進めてみることにしました。
最初のチュートリアルを進めると、バトエンの所持数によって
「バッドエンド」達の幹部と戦えるようになり、
幹部を倒すと新しく手に入るバトエンの種類が増えたり、
どうぐ消しゴムの種類が増えたりするので、条件が整ったら積極的に挑戦した方がいい様子。

最初に挑戦する幹部である「ダックス」についてはドラクエXTVでも軽く紹介があったのですが、
この「ダックス」(バトエン10本解禁ボス)のバッドエンド内での扱いついては、
「ダックス」の次の幹部(バトエン15本解禁ボス)で語られることになるわけなのですが、
そのときの話を聞いて「ええーそんな扱いなのー?」と、すごくツッコミたくなったという。

まだ登場したてコンテンツということもあって
詳しくは実際にバトエンに挑戦して確認してもらいたいのですが、
バトエン自体は勝っても負けてもポイント差はあるとしても手に入るので、
緩く楽しめるコンテンツとして気楽に楽しむのがいいようです。

初心者が「幻界の四諸侯」で活躍する方法

Lv50ほどの初心者の人から、スペシャルふくびきで
幻界の四諸侯強のカードを9枚ほど引き換えたものの、
カードの期限が近づいてきてどうしようかとの相談を受けることになりました。

SPふくびきの5等ボスカードだとプチ化することで自力で処分することも可能なのですが、
幻界の四諸侯の場合だと現段階でプチ化することもできず、初心者で自力でクリアするのが難しい対象です。
そのため、後日「幻界の四諸侯」の消化を手伝ってくることにして、
チームメンバーに呼びかけて僧侶・戦士・踊り子を手配することになりました。

あとは「幻界の四諸侯」を強から通常カードに引き換えてもらえれば
多少危ういところもあるものの、勝利はできそうだとの算段はつくような形に。

作戦タイム

幻界の四諸侯だと、動き出すまで攻撃していはいけない対象(デュラン)が存在するので
そのことを伝えるのですが、それを聞きいた初心者さんとしては
アクティブに動きづらいだろうなとは感じるので、
そういう意味でも初心者向けのボスではないなと感じるところ。

そのとき初心者さんにやってほしいことを伝えたのが
・デュランを(動き出すまで)攻撃しない
・デュランが動き出したら、超広範囲技(グランドクロス)を使ってくるので、
 もしそれっぽい行動を起こしたら、全力で味方から離れる
・あとは自分なりに考えて行動してみて
というように大雑把な指示を伝えることにはなりました。

相談を受けたときには、幻界の四諸侯は状態異常が効きやすく、
アクバーが眠ることがあり、マホトーン(封印)が効きやすく、
アクバー、グラコス、ジャミラスがおたけびが効き、
デュラン、アクバー、グラコス、ジャミラスが幻惑にかかりやすいことから
占い師で挑戦して「月」や「星」のアルカナをたくさん抱えて挑む手法を提案してみました。

結果

結局、当日は一番使い慣れているパラディンで挑むといったことになり、
通常カードと聞いていたところを強カードを投入することになって、
死闘を繰り広げて「幻界の四諸侯強」に無事勝利することが出来ました。

これはこれで初心者らしいといえば初心者らしいドタバタ展開だったのですが、
なんだかんだで倒せてしまったので丸く収まるような形に。
ちなみに幻界の四諸侯強に挑むことになったLv50くらいの初心者さんから、
「今のレベルで挑む相手ではなかった」といった感想を貰うことになっていて、
残りのカードは通常のカードで無事消化を済ませることになりました。

PT解散後、よくよく考えてみるとSPふくびき5等のカード消化について
丁寧に解説しているサイトも今時少ないんだなと感じて、昨日自分なりにまとめてみることに。

ホーム > 活動誌

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る