Home > 活動誌

活動誌 Archive

高速周回しないゲルニック将軍事情

10の日に「ゲルニック将軍カード」が配布されるようになって久しく
ver4.3の地域では「古グルグ地下道C-7」にてカードが手に入り
公式放送の文化祭での配布で「デザートはべつばら」でも1枚手に入るので、
手持ちで4枚そろわないときにそちらで補うとお財布に優しくなっています。

そんなわけで10の日以降はゲルニック将軍カードを持ち寄っているのですが、
どうにもゲルニック将軍攻略がスムーズにいかず毎回泥試合っぽくなる悩みがあります。

主流の職業構成

自分たちがよく構成している職業だと「僧侶・賢者・天地雷鳴士・戦士」
といった安定構成を選んでいて、この構成で全滅するといったことは
まだ経験したことはないものの、討伐時間がかかってしまうのが難点。

ゲルニック将軍戦の場合、討伐時間がかかるということは沼に浸かる機会も増え
MP減少する機会も増えることから、けんじゃのせいすい・ようせいの霊薬の消費量も増加。
場合によってはエルフの飲み薬を使っているだけに消耗もバカにならないところ。

6周年記念の国勢調査だと参加割合が高い職業が掲載されていて、
1位が賢者、2位が戦士、3位が天地雷鳴士、4位がまもの使い、5位が魔法戦士となっていて
私たちのように僧侶を含めた構成で挑戦するのが実は珍しい状態です。

主流の職業構成を割り出してみると
「戦士・戦士・天地・賢者」
「戦士・まもの使い・天地・賢者」あたりが最も多そうで、
高速周回構成として「まもの使い・まもの使い・魔法戦士・賢者」あたりも
データに反映されるくらい主流な構成になっていると推測することができます。

ただし、ゲルニック将軍はグダると大変なボスでもあって、
「まもの使い・まもの使い・魔法戦士・賢者」で参加して
全滅したといった話もちょくちょく聞いており、
実際にゲルニック将軍カードの配布日だと神速メラガイアー対策に
「ファイアタルト」の値段が上がるといった顕著な連動現象も存在しています。

報酬と耐性装備

試しにいつも僧侶を担当している自分がブーメラン賢者で頑張ってみようと
職業構成をあれこれいじくろうとすると、今度は耐性装備の壁が存在していて
「眠り」「封印」(+幻惑)を備えようとするならば、
本来ならばメイン職業の装備がせいぜいなところで、
急に「この職業で挑戦してください!」と言われて困るといった事態に。

この耐性装備を揃えるの話については、手に入る報酬が魅力的かどうかも関わっていて
「智謀の首かざり」のために装備を整えてほしいと言われても
常用で「金のロザリオ」を使っているだけに、
装備を整えるモチベーションが沸かないといったこともある様子。

最近では最新防具を揃えようといった話になると、いったい何を軸(想定)に揃えばいいのか
悩んでしまうといった話も聞いていて、例えば「ブレス耐性100%にできるよ!」
という触れ込みでカテドラルセットをオススメする人もいるわけなのですが、
レギルラッツォ&ロ―ガスト戦でのブレス装備で錬金石が枯渇する人も続出しただけに
「紅殻魔スコルパイド」登場前の時期での錬金石の消費をオススメすることも酷な話で、
耐性装備を揃えるのにもなかなか難しい時期に差し掛かってきています。

お菓子を食べるプクリポを撮影しようとした話

Lv上げをするときに経験値が増加する料理を食べるのは欠かせないのですが、
料理をおいしく食べているのをみると微笑ましいもので
そのうちお菓子を食べるプクリポを撮影したいと思うように。

オルフェアがお菓子の町なので、プクリポ男子2人で
「お菓子おいしいねー!」「おいしいねー!」
というコンセプトで撮影したいとチームメンバーにオファーをすると
他にも一緒に撮影したいというプクリポの方が参加することになりました。
これが『プクリポは群れる習性がある』という特性ですね!

早速オルフェアで撮影しようと思うとゲーム内時間帯が夜だったので、
いまいちロケーションが整わず、夜待ちをするかどこか明るいところを探すことに。
なかなか昼のオルフェア以上の場所が見つからず
時間の合間に撮影しようとしていたので昼待ちをするか悩んでいたところ、

「大きなメルヘンの家」を新築したキャラがいるということで、
そちらに入場してみると、綿菓子感あふれる場所だったのでこれはこれでよさそうだと判断。

早速各自に用意してもらったクイックケーキを食べてもらい撮影を開始しようとすると
「アイテムを使用しながら撮影できない」という事実に直面することになりました。
これは最近追加されることになったタイマー撮影でも解決できておらず、
つまりはゲーム内の撮影機能では自分のキャラクターの食事風景を撮影することができない
ということで、自分の思い描いたの撮影をしようと考えると、キャストを立てる段階から
練り直さないといけなかったといったことに気づくことになりました。

ということで、全員でソフトクリームをもって撮影することになったわけですが、
初期コンセプトから離れたものの、今回はこのあたりが妥協点かということで
みんなで撮影して、そのあと達人クエストとメタキンツアーを組んで解散しています。

しぐさ「まぶしい」の影響

昨日試練の門を消化していると、あるコスプレをしてきたというので見に行くことに。

発端としては、最近のアストルティアくじにて『しぐさ「まぶしい」』が追加され、
そのポーズが「T.M.Revolution」の「西川貴教」さんの
『HOT LIMIT』の振り付けの最初っぽいということで
プレイヤーイベントで『HOT LIMIT』の衣装集会が開かれたとのこと。

一目見て「へ、ヘンタイだー!」と叫んだあと、
Lv上げ途中だったのでLv上げに戻ったわけなのですが
ブログ向けの1ネタになりそうだったので改めて撮影させてもらいました。

ドラクエ10のフトコロは深いもんですね・・(あと西川貴教さんの曲は夏っぽくてすごく良い)

背景スクリーンスタジオを作ってみた

昨日「背景スクリーン」の各色を取り揃えたのをきっかけに、
サブキャラの家でスクリーン向けのスタジオを作ってみました。

アズラン住宅街3304丁目のどかな農村地区3番地で公開はしてみてるものの、
実際に需要があるかというとなかなか難しいところではあるのですが、
せっかくのピラミッドの家が大きくスペースをとれる家がハウジング未着手だった
ということもあって、何かの役に立てばと思いつつ公開はしてみることに。

スクリーンを扇状に3方から囲んでスペースを確保してみたところ、
中心地付近にいると本当に進んでいるのか疑うくらいに距離感を失います。



試しに横顔写真を並べてみるとそれだけでアーティスティックに撮れるくらいに単色はメッセージ性がありました。

魔幻宮殿の魔勇者の絵

前々からフィールドにおいてある箱関連のデータ記事を書きたかったので、

ぼちぼち未回収の箱開けを開始して、ver4.1までの箱に関してはすべて回収しました。
問題はもうver4.2が追加になるのでどうしようかなとは思っているものの
そちらは置いといて、久々に魔幻宮殿の方で景気を楽しみつつ箱を探していると、

E-4(女神の間から北の扉へ入って東へ進み、南側の壁)にて魔勇者の絵を発見しました。

「魔幻宮殿 魔勇者」で検索にかけてみると、ここについて言及している記事があり
初発見といった類の話ではないのですが、探索していると珍しいものを再発見したよーという報告。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

ホーム > 活動誌

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る