Home > 活動誌

活動誌 Archive

UFOの着色

4人乗りドルボードのUFOが人気で、私の周りでも購入している人がいたり、
キラキラマラソンに出かけているとUFOに乗っている人をよく見かけています。

トップテン掲示板(画像は2018年04月01日 ~ 2018年04月07日)でもUFOネタが、
4月1日のエイプリルフールイベントが宇宙人侵略内容でUFOが登場し、
再演の要望が多く、このまま通常実装されそうな評価内容となっていました。

ドルボードとして不満点があるとすれば、仲間モンスターが相乗り表示されないことで
UFOのどこかに仲間モンスターが写っていないか視点を回して探した人も多いはず。
そんな中、ドルボードだとガタラで自分なりの着色ができるわけなのですが、

上側ピンクで、なんとなくアポロチョコっぽい出来に。
他にも茶色で分福茶釜モードになった話をTwitterでも見かけています。

キラーパンサー狩りが大盛況

アップデート初日ということで、新素材目当てにストーリーを
スタートダッシュで攻めていきたい気持ちもあったのですが、
今回だと新たに仲間モンスターに加わったキラーパンサーをいち早く確保したい人も多かった様子。

理由としては、往年のドラクエファンからすると思い入れが強いということもあるのですが、
いち早くモンスター牧場に放り込むことによって、
超便利ツールによるなつき度上げにいち早く参入して、
そちらでの乗り遅れがないようにしたかったということもありそう。
あとは、ストーリーボスを撃破することによって経験値がまとまって入ったり、
まだ今週分の試練の門を残している人もいそうなことから、
そちらでのLvあげの兼ね合いからしても、先にキラーパンサーを確保した方がスムーズとなります。
そのため、現在のモンスター牧場でパーティーを開くと、
キラーパンサーの祭典のような状態になっており全席キラーパンサーといった事例も珍しくはないようです。

キラーパンサーのスカウトの書取り

私の場合だと、先にストーリーが気になってしまったので先にクリアした後は、
サブキャラの方で合同で3名でチームメンバーとストーリーを進行していて、
就寝時間がきたので解散し、余った時間でキラーパンサーのスカウトの書取りへ。

1日遅れでキラーパンサーのスカウトの書取りにいってみたところ、
まだキラーパンサーの転生モンスター退治をしている人も多く、
人が空いているということで話題になっていた「古グランゼドーラ領」だと
既にその噂については聞きつけていたようで、
3体くらいのモンスターを2~3人で取り合うような形に。
これだと却って厳しいだろうとの判断で、偽ローヌ樹林帯の方に移行することにしました。

多少の取り合いにはなったのですが、1日遅れというのが幸いし
ゴールデンタイムあたりでも十分量のキラーパンサーにぶつかることはできました。
しかし、1時間くらい粘っても生憎の転生モンスターの方は遭遇せず。
その後1人で別作業しながら黙々とキラーパンサーに当たっていると
無事キラーパンサーの転生と遭遇することになり、
サポート仲間につけていた盗賊の人が盗み出して無事スカウトの書をゲットしました。

このスカウトの書に関しては、バザーに出品不可の分類が施されていて、
1人1冊手に入ればあとは用済みとなるような品物となっており、
構造上、キラーパンサーのスカウトの書が無駄に2冊手に入ることも有ります。
そんな状態なわけで、徐々に確保済みの人も多くなることから
来週明けには偽ローヌ樹林帯や真ジャイラ樹林帯でも特に問題なく転生モンスター退治ができそう。

千年竜

ver4.1は1000年前のグランゼドーラ王国のお話なので
現在のマップとどう違うのかの見比べも楽しみとなっています。

まだ始まったばかりということでストーリーのネタバレに関わりそうな
部分については一週間くらい期間はあけたいと思いつつも、
個人的にヒットしたのが、ロヴォス高地でのモンスター分布で
座標として「B-2」あたりの洞くつ内部なのですが、

1000年前だと、かわいい「ベビーニュート」がてくてく歩いていて

現代だとゴツい「ベヒードス」がのっしのっしと闊歩していました。

安直にこのドラゴンキッズの生き残りが成体化したとは言いきれないものの、
色合いからすると符合するのでこちらも1000年物ということになりそうな。

生存競争のためには仕方がなかったんや・・

バージョン4.1の準備


あと3日目の写真は、Lv96防具が手に入る「いにしえのゼルメア」

いにしえのゼルメア 予告ストーリー (2018/1/31)|目覚めし冒険者の広場
入場券である「ゼルメアの聖紋」が元気チャージの交換できる観点で話すと、
元気チャージが溢れている人たちに向けての消費先として、
メタル系のモンスターと同じ間隔で登場することで話すと、
白箱狙いをし続けていると「ゼルメアの聖紋」がたまっていく仕組みにもなっています。

ただ、ちょっとやそっとの装備品の入手量だと装備品品目が多いような状態なので、
どの程度入手できるのかよく分からず、実際に触ってみないと評価できないような状態です。
公式放送では、メタルの香水を使った時の「はぐれメタル」の3倍と説明していたところ、
後日の正式な発表では3分の1だとの訂正が入ったことも話題になったのですが、
こちらに関しても単に「ゼルメアの聖紋」が入手しづらくなったということで批判は展開できるものの、
どの程度装備品を入手できるのか把握していないので、3倍がいいのか3分の1がいいのか評価もできず。

あと2日目の写真は、新おしゃれアイテムの「ついてクン」 。
私だとあんまりカメさまには思い入れがないタイプなので、
実際につれているとかわいいのだろうけれどもあまりピンとはきていません。
今後気に入った「ついてクン」が登場し次第かなといったところ。
要はクロスゲートからのおさんぽ機能の潮流なのですが、そちらの話はまた別の機会に。

あと1日目の写真は、仲間モンスターの「キラーパンサー」。
新中モンスターは「ももんじゃ」派と「キラーパンサー」派が多かったのですが、
キラーパンサーが先に選ばれた理由としては、
ドラクエ5でのキラーパンサーの扱いがストーリーに関わってきたことと、
公式放送での本田翼さんによるキラーパンサーでの仲間モンスター実装の嘆願が大きく、
実装するならば早い段階で実装されていたところが、
今の段階になってようやく実装されることになったといった流れ。

一応はキラーパンサーのスカウトの書の入手先は明かされていないものの、
レンダーシア系のふくびき所での入手か、
転生モンスターからの入手が過去の例となり、
バザーで購入していち早くゲットみたいな人たちも多そう。

バージョン4.1の準備

バージョン4.1の準備として話すと、主にサブキャラ向けの
ストーリー進行のお手伝いが多いような状態でした。
中でも「イル・ラビリンス」が怖くて1人で進みたくないといった話があって、
ver4.0のストーリー凄かったなと思うような戦闘場所ではあるものの、
確かに恐怖を感じても不思議ではないようなところではありました。

自分の経験だと、1人で行きたくないような場所としては、
クロスゲート時代だと生産の脱見習いクエストを一緒にクリアしようと
りんかさんに話していた初心者時代を思いだしたり、
他だと迷路マップで進行が難しかったので道を知ってる人に先頭を任せたり、
ボスモンスターが1人で倒すのが前提ではなかったりしたMMMO黎明期の特色のような部分で、
今と比較すると別の問題が表出するものなんだなと感じる案件でもありました。

あとは、ver4.1が王家の迷宮と関わる話なので、
サブキャラだとまだ未クリアだという人がいたので、
そちらのクリアをオススメしていたのですが、

ということで、王家の迷宮をクリアしていなくても進行できそうな状態に。
過去にver3導入での必要なサブクエストクリア条件の撤廃も有ったので、
感覚としてはそちらと同じような流れなのだろうと察することに。

プクリポ工場

ver4.0での王立アルケミアの生産棟-1階や地下1階にて、
動力源となるカプセル工場のラインを止めて進行するエリアがあるのですが、
なぜかこのカプセルがちょうどプクリポが収まるのにしっくりくるサイズで、
チームメンバーと一緒にストーリーを進めていると

「プクカプセル」ということで一緒に記念撮影してきました。


こちらが6色対応バージョン。
あやふやな記憶で悪いのですが、確かトップテン掲示板でも掲載されていたネタだと思い、
念のため「プクリポカプセル」や「プクカプセル」でぐーぐる検索をしてみたものの、
特にそちらではヒットしなかったので、撮影ジャンルとしては有名なようで認知度はあまり高くない様子。

ホーム > 活動誌

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る