Home

うさぎ紳士のドラクエ10日記

ver5.1でのカマ装備時のスーパースターのバギ系呪文ダメージについて

ver5.1のカマ装備のスーパースターがどのようになるのか
ちょっと込み入った話になっているので記事としてまとめてみることに。

大型アップデート情報 バージョン5.1 (2020/1/15)|目覚めし冒険者の広場

ver5.1でのスーパースターのカマ装備のスキルラインがコチラ。

42P 装備時バギ系射程距離+5m
88P 装備時バギ系呪文+100%
110P 行動時15%で暴走アップ
120P 事象反転
130P 会心&暴走時ダメージ+200

バギ系の呪文の射程はすべて10mまでだったので
+5mで、おしなべて15mまで射程距離が伸びることになります。
これにより現状のメラゾーマやマヒャドと射程が一緒になる処置へ。
目玉としては「装備時バギ系呪文+100%」でのバギ系呪文ダメージの倍化で、

ディレクターコメントでは暴走ダメージを
与えやすくなるとのアピールが入っています。

ver5.0までのバギ系ダメージ

バギ系ダメージについては、青本のP237にまとめられています。

・バギ
>最終的には23~33にまで増加
・バギマ
>最終的には62~82にまで増加
・バギクロス
>最終的には177~207にまで増加

通常のバギ系呪文ダメージだと、攻撃魔力のみに依存しているのですが、
チャージ魔法のバギムーチョの場合だと「攻撃魔力+回復魔力」の合算です。

・バギムーチョ
>攻撃魔力と回復魔力の合計が840のときのダメージは371前後になる。

前々からスーパースターの『バギムーチョ』に関しては
例外的にダメージ源の1つとして活用されていたわけですが
ドラクエ10だと魔法使いの存在感のためにバギ系は犠牲になっており
主力となりそうなバギクロスはダメージ源としては機能しづらい上に
スーパースター自身の魔力かくせい手段が乏しい弱点を抱えていました。

後に扇特技や扇装備で補正が入ったものの、
根本的なバギ系呪文ダメージ(バギクロス)については手はつけられておらず
賢者とスーパースターの魔法ダメージの増加については
魔法使いの上方修正の評価が確定してから調整が入ることに。

新スキルラインが登場した昨今では「僧侶にバギを返せ」的な要望も見かける中で、
今回だと攻撃魔力のみが伸びるカマ装備をスーパスターに追加することにより、
バギ系の攻撃魔力依存ダメージについても上手く折り合いがつけられる結果に。
他にもレンジャーでカマ装備説(もしくは短剣説)もささやかれていたわけですが、
レンジャーの場合だとツメ装備とガチ寄りの修正が入ることになっています。

ただ、バギ系ダメージに関してはダメージを意図的に抑えていたので
今の時代だと「177~207」での倍化くらいだと威力が低い状態で
魔力かくせい状態でも+100%(紫本P324参照)で合計300%増だとしても
「531~621」と風属性範囲攻撃だとしても見劣りしてしまいかねない数値でもあります。

そこで今回だとバギクロスの上限ダメージが上昇する処置も施されています

この上昇量がどれくらいになるのかがバギクロスの使い勝手と直結するわけですが、
ディレクラーコメントでの暴走ダメージのコメントを見ると
バギクロスでの通常ダメージの増加については暴走ダメージ込みで
やや控えめになるのではないかとの見方もできるわけです。

ちなみに暴走に関しては、対象数が多いと会心や暴走率が下がる仕様があって
魔法使いの場合だとメラで単体、ヒャド・イオで範囲の使い分けができるのですが、
スーパースターの場合だとバギで範囲しかできないところを
バギを暴走させやすくする処置で単体でもダメージが出やすくし、
反面、複数対象でのダメージ増の機会を抑えられるといったテクニカルな調整になっていて
試しに扇装備の賢者の方で運用してみたところ好評だったこともあり、
満を持してのカマ装備スーパースターでの搭載といった流れにもなっています。

賢者だと「攻撃時25%で暴走アップ」で
スーパースターだと「行動時15%で暴走アップ」と
攻撃時と行動時の差があるのもポイント。

「魔力かくせい」状態の確保にやや難がある

魔法使いだと「魔力かくせい」、踊り子だと「覚醒のアリア」、
賢者だと「しんぴのさとり」や「むげんのさとり」、
デスマスターだと「深淵の契り」で呪文ダメージを強化できるのですが、
スーパースターだと専門とくぎで呪文ダメージの強化手段がありません。

そのため、魔力かくせい状態を自力で得ようとすると
扇特技での「風斬りの舞」に頼るか、

Lv105カマ装備の基礎効果にある「行動時5%で魔力かくせい」での確率で頼るか、
もしくは、バイキルト状態からの「事象反転」で
バイキルト状態から魔力かくせいを置き換えるといった必要性が出てきます。

つまりはP150までの判断だと魔力かくせい状態を確保しづらい環境下でもあって
そのことを踏まえるとバギクロスのダメージはやや高い方が望ましいものの、
プレイヤーからどのような評価が下るのか実際に使ってみないと何とも言えない状況です。

シアトリカル・クロニクル「ガタラの財宝」回(1月15日~1月31日)

1月15日に追加されたシアトリカル・クロニクルの初回報酬がコチラ。

・「ガタラの財宝」
ようせいの霊薬1、黒の錬金石3、ふくびき券5、黄金のアンクの箱3、竜牙石30

防衛軍でのジュレットの階段

この前のドラクエXTVで話題になっていた、
ボスを巨大化で獅子門の橋を横に拡張することになった件だと

この通り実在の獅子門の橋よりも一回り拡幅されているのが分かります。

他にも邪魔になりそうな看板のオブジェクトが外されていたりと
通常の地形と防衛軍の地形で異なる点が存在するわけですが、
私が見つけた地形の変更点だと翠煙の海妖兵団でのジュレットの町にて

ここから階段から下に降りることが出来るようになっていました。
6:00~5:55あたりに北か南に出現している鐘を処理しているときに
防衛バリアにむかっているアクアメーバやばけガニを倒そうとすると、
だいたいこの階段あたりで処理することも多く、
この後中央着弾ポイントで展開している「翠煙の波皇将ネブド」に対し
ここから直線状に進めるのは一つのメリットにもなっています。

ちなみに中央の酒場近くの階段の方は落ちれない仕様になっていて
こちらが落ちれるようになっているのは用意された仕組みになるようです。

ベルファイン湖のスライム岩

ベルファインの湖のマップにて段々型の岩があるのですが、

この画像だと右上が軽く突起している影響もあって

このように角度によってはスライムっぽく見える演出がなされているようです。

天獄「暗黒の星竜機」の感想(2020年1月10日12時開催)

「暗黒の星竜機」は非常に高い防御力を備えており、
火力が追い付かないとメカバーンだらけになって
手が付けられなくなることもあるような相手なのですが、
それ以外は天獄ボスだと最も倒しやすく感じるようなボスで
お題に関しても難易度が低く周回向けのボス・周回向けのお題となってます。

最近だと第7期初心者大使の福田直也(シャイニング)さんも天獄周回しているとのこと。
https://twitter.com/n_m0608/status/1216050720375312385
少し前だと椿彩奈さんも周回しやすい天獄で周回を楽しんでいた話も出てました。

ハンマーバトルマスターが主軸

倒し方についても既に戦法が確立されており
ハンマーの「シールドブレイク」や「プレートインパクト」
オノの「かぶと割り」や「鉄甲斬」、旅芸人のルカニと
守備力の下げる手段のうち、最も人気なのが
ハンバトでのシールドブレイクやプレートインパクトで
守備力を下げた後はそのまま天下無双でダメージを稼げるのが大きな利点。

他にもハンマーどうぐ使いで守備力を下げつつ、
「邪竜の紋章」をトラップジャマーで奪うこともできるので
サブキャラのどうぐ使いの特訓上げ名目で通ってみると
他にもどうぐ使いの人とマッチングすることになったので
ぼちぼちver5.1情報が出てきたことからその辺の意識も強くなってきたのかなと。

飛ばされやすいお題

周回が進むと、5つあるお題のうちに既に3つ達成しているようならば
お題達成に動かないことも多くなり、その中でも飛ばされやすいのが
「20秒以内に 8回『心頭滅却』をしろ」
「45秒以内に 会心のボケを1回しろ」となります。
心頭滅却に関しては、今回20秒以内とやけに時間制限がシビアで
お題がでて行動がうつれるときには既に残り10秒ということも珍しくありません。

会心のボケのお題は、丁寧に不死鳥天舞で会心率を上げてからの
ボケを狙ってみたものの、今回自分で会心のボケは一度もひいておらず
片手剣に持ち替えた時点ですでに会心のボケになっていたので
会心率を上げるよりもひたすらボケ連打の方がいいのかも。

あと「強化ガジェット零式」の場合ダメージ量が倍加される他に、
会心率が10%上がる効果もあるので、
そちらで会心のボケは出やすくなりそうなのですが
紫本P323,324で確認してみるとどうやら
「邪竜の秘紋」だと会心率上昇効果の記載がないようで、
そちらは45秒と長め(ガジェットは25秒)なものの
トラップジャマーで奪っても会心率は上がらないようです。

魔法使いが増える時期

あとは天獄全体的に言えるのですが、3日開催のうち
後半になるとお題内容に関わらず魔法使いが増える現象を感じていて
ダメージを出すのが魔法使いだと手っ取り早く、
逆に操作が煩雑になる「冥府より来たるもの」だと
魔法使いが減るといった分かりやすい増減の仕組みがあるように思えます。
今回の「暗黒の星竜機」だと比較的にお題が達成しやすい部類ですが、
上記の飛ばされやすい2つのお題に魔法使いばかりだと
「30秒以内に モンスターの守備力を下げろ」と
「30秒以内に 40回ダメージを与えろ」のお題が無理が出てくることも。

後半になって参加しようと思う程、自分で幾つかお題達成できる準備を整えた方がいい
という結論を用意していたのですが、12日の20時頃に参加してみると
初日と同じくハンバト主軸だったので、後半というよりは中盤にみられる現象?

参加条件の確認

第6期初心者大使の高野光平さんでも天獄にリスナーと挑戦してきたのですが、
以前、リスナーの誰かが天獄の参加条件を満たしておらず
空気を察して1獄の方をクリアしにいくといった流れがあったのですが、
現在参加条件がどのように公式で説明されているのかの確認が話題になることに。

公式HPにある「プレイガイド」の「アストルティアを冒険しよう」にある
「パーティ同盟バトルに挑戦しよう」での説明がコチラ。

>「封剣の門(一獄~四獄)」について
>下記の条件を満たしていると参加できます。
>・メインストーリー「悠久の果ての決戦」をクリアしている
> (キャラクター選択画面にて★マークが2つ以上ついている)
>・職業レベルが85以上

>「封剣の門・天獄」について 3rd
>通常の「封剣の門」とは違い、特定の条件により不定期で解放されます。
>「封剣の門・天獄」には下記の条件を満たしていると参加できます。
>・メインストーリー「ナドラガンドの決戦のおはなし」をクリアしている(Ver3.5後期のメインストーリー)
>・職業レベルが90以上

これにver5.0にて領界ボスが追加になったことにより、
通常の邪神の宮殿も天獄と同じ参加条件に引き上げられたのではないか
との指摘が一部のプレイヤーであったのですが、
そのようなアナウンスが存在しないようなので上記の公式説明が正しいようです。
大型アップデート情報 バージョン5.0 (2019/11/14 更新)|目覚めし冒険者の広場

Home

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る