デスディオ暗黒荒原の固定ライオネックとダークトロルについて

今回はミナディン本vol.4のネタ紹介の記事です。

ドラゴンクエストX みんなでインするミナデイン! vol.4 (2021/4/12 更新)|目覚めし冒険者の広場

>デスディオ暗黒高原に出現する
>ライオネックの中に光の河を見つめている者が
>これもプランナーが仕込んだ「ネタ」だ。

場所はデスディオ暗黒高原E-5の、
中央のガケの突端部にいる南方向を向いているライオネックで、
光の河が見える位置でその場で全く動かないといった特徴があります。

  • 当時はダークトロルの話題が中心

当時は、ダークトロル問題の方に焦点が行きがちで
あまり話題にならなかったライオネックにはなるわけですが、
ダークトロルでも「ネタ」と思われるダークトロルもいて

デスディオ暗黒高原F-4で眠っているダークトロルがそれに該当します。
眠っていると思って近づくと即反応して襲い掛かってくるので
扱いとしては「眠ったふりをしているダークトロル」というヤツです。

当時はたくさんの獲得経験値が入ったダークトロル狩りの対象でもあり、
程なくしてダークトロルの獲得経験値や配置に調整が入り、
各地のガケの突端部から各地に散らす処置が施されたわけですが、
こちらの固定ダークトロルはどうなるのかなと内心思っていたところ
調整後もそのまま残り続けることになった特殊な存在でもありました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。