ver5.5前期の「彩虹の粘塊兵団」の「彩虹の死剣将グロズ」の魔鐘召喚の挙動について

4月21日に軽いアップデートが入り、
イベント関連としてはカジノレイド祭りの開催とる一方で、
他に不具合の修正も入り、防衛軍関連で話題となった
遊び人の「ひゃくれつなめ」の成功率が50%下がっている話や
あとは「蒼怨の屍獄兵団」の「武骸将デゾス」がスタン中でも
武器ガードで攻撃を防ぐ現象の修正が入ることになっています。
[アップデート] バージョン5.5.1|目覚めし冒険者の広場

防衛軍関連で話すと、第三期初心者大使の
坂口和也さんの放送でも話題になっていた
「彩虹の粘塊兵団」の「彩虹の死剣将グロズ」が
ver5.4まで話をすると、
特定のポイントに移動モードで到達すると
「魔鐘召喚」を使うポイントが2つあり、
1つが「中央広場の南着弾ポイント(いわゆるサークル)」
もう1つが「東広場の入口付近」に到達したときに使いだします。

これがver5.5前期になって、
上記の2ポイントに移動モードで到達すると
「魔鐘召喚」を使ったり使わなかったりして
使わない場合だと到達した瞬間に即行動をして
例えばver5.4だと「魔鐘召喚」を使いだすところを
少し近くにいるプレイヤーを追いかけて
「サンダーブレード」を使いだすことがありました。

問題点

これの何が困るのかというと、2つほど問題があて、
1つは「中央広場の南着弾ポイント」だと
闇黒の魔鐘を呼び出し「猛攻の書」が手に入ることから
この猛攻の書の使用を戦略として期待していて
待機していても空振りになってしまうという問題点や、
もう1つは、「彩虹の粘塊兵団」だと
以前から「金縛りの札」を使い惜しむ傾向が強く
魔鐘召喚のキャンセル用に取り置いていたのに
魔鐘召喚を使ったり使わないとなると
ますます「金縛りの札」の使い時がなくなるように感じる問題があって
その話題が初心者大使のニコニコ側のコメントの方に反映されていました。

この挙動が、今回のメンテナンスでどのようになったのか
気になって17時の部でオートマで参加してみると、
上記の2ポイントともに「魔鐘召喚」を呼ばず、
他の防衛軍関連のファクターは修正にはなったものの、
こちらに関しては修正が入らないままになっていました。

魔鐘召喚を使わないと防衛成功しやすくなる

一方で、この挙動に関してなのですが、
「灰塵の竜鱗兵団」ではver5.5前期以前からお馴染みの現象で、
魔鐘召喚を行う特定のポイントに移動しても
魔鐘召喚を使わずに助かったということがしばしばあって、
その分「金縛りの札」をランドプレス対策に当てられています。

オートマでの討伐だと、猛攻の書の入手機会が
減ってしまうのでマイナス面でもあるのですが、
鐘を呼ばれると基本的に戦況が悪化することから
「魔鐘召喚」をされないと防衛面では軟化の処置にもなっています。

そのため、オートマ形式の討伐にはややマイナス
(中央広場で倒し切るスタイルだと影響無し)
防衛面でいうと呼ばなかったりすることで
難易度が優しくなったという状態でもあり
このまま仕様として通りそうな展開にもなってきました。

カテゴリー: 防衛軍 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。