夜宴館強ボス戦と「超暴走魔法陣・零」の影響

短剣魔法使いだと新魔法の登場もあって注目されがちなのですが
やはりいつでも「超暴走魔法陣」が敷けるようになった影響は大きく
開幕から「超暴走魔法陣」を敷けるようにもなっています。

その影響で「夜宴館強ボス」戦にて、
「魔女グレイツェル強」と「魔女の釜」の他に
「ダークペルシャA~C」
「リリパットAB」が上部にいて
上部にいる敵を倒してまわるのが
やや億劫なところがあるステージなわけですが、

この「魔女の釜」手前南側に超暴走魔法陣を敷くと
北側の「ダークペルシャ」以外は
超暴走魔法陣のメラゾーマで届く距離にいて
魔力かくせいと超暴走魔法陣を敷く手間は必要なものの
少ない移動時間で大半の上部の敵を一撃で倒し切ることができました。

残った北側の「ダークペルシャ」に関しては
上記の設置場所だと超暴走魔法陣外のエリアになっていて
例えば、「魔女の釜」手前北側の方に超暴走魔法陣を敷くと
南側のダークペルシャ2体に超暴走魔法陣の範囲外に
なってしまうことから、基本的には南側に設置するのがいいようで
基本的に上部4体を倒していれば、サポート仲間が倒してくれることから
サポート仲間の援護を期待して4体を倒し切ってしまって
その後グレイツェルや釜を倒すという流れでスムーズに進行することに。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。