ver5.5後期での「彩虹の粘塊兵団」

ver5.5後期でアップデートが入った都合で、

「修正した不具合」にて、
>アストルティア防衛軍「彩虹の粘塊兵団」にて、
>「彩虹の死剣将グロズ」が意図しない条件下で「魔鐘召喚」を行わない。
大型アップデート情報 バージョン5.5[後期] (2021/7/12 更新)|目覚めし冒険者の広場

こちらの調整が入ることになりました。

具体的にどうのような話かというと
ボスの「彩虹の死剣将グロズ」が
移動モードで特定のポイントに到達すると
「魔鐘召喚」を行うポイントが2つ存在していて、
1つが、中央広場の南サークルに到達時
もう1つが、東広場の入口付近に到達時となります。

これがver5.5前期になると、
どちらも移動モードで到達したにも関わらず
「魔鐘召喚」を使ったり使わなかったりしており、
一説には、どこかの時点でHPを一定以上削っていると
「魔鐘召喚」を使わなくなるのではないか?
との指摘もあり、上記のポイントで
「魔鐘召喚」を使う割合としては低くなっていて
使わないだろうという前提のもとに動くことが増えました。

ver5.4での挙動に戻る

この状態に修正が入ることになり、
上記の2ポイントに移動モードに到達すると
「魔鐘召喚」をほぼ確実に使用する状態になっていて
試しに6回くらいオートマッチングで参加すると
6回とも上記の2ポイントで
「魔鐘召喚」を使用しようとしていました。

例えば、第三期初心者大使の坂口和也さんだと
防衛軍のプロな腕前ということもあり、
中央広場の南サークル到達時での「魔鐘召喚」を行わせると
東広場の大砲近辺にて「闇黒の魔鐘」が登場し、
そちらで必ず「猛攻の書」が手に入ることから
そちらの環境の方が好ましいという人だったりするのですが、
あくまでもオートマッチング上で話すと、
「魔鐘召喚」と使わなかったときよりも、予想通り
ちょっと難易度が上がっている(正確には難易度が戻る)感触はありました。

6回周回した形だと、ちょっと気になったのが
大砲の弾が上手く使われないケースが多くて
まず従来はどのような状態だったのかというと
『大砲の弾は最後のボスと中ボスラッシュ時に使われ
 しびれ砲弾が大量に手に入ることもあり、
 しびれ砲弾を使用する人で重なるときがある』
というもうちょっとうまくできないかとは思いつつも
戦況としては成り立っていたので
これはこれで仕方がないかという状況だったのですが
『最後のボスと中ボスのラッシュ時に
 「強化砲弾」と「しびれ砲弾」を使用されない』
ということを何度か経験していて
これによって最後の敵のラッシュ時に
粘れなくてそのまま防衛バリアが削られきられてしまう
ということが増えている印象がありました。

この影響もあり、これに「魔鐘召喚」が適切に使われると
もう手がつけられないケースも出ていて
これによって難易度がやや上がった(戻った)かなと判断しています。

カテゴリー: 防衛軍 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。