ver6.0での「悲劇の英雄譚」の感想

ver6.0中に入った初めての邪神の宮殿更新となり、
まず最も影響が大きかった更新としては
やはりせかいじゅの葉、せかいじゅのしずくの
使用スピードの遅延が最も影響を及ぼしています。

一獄に関して話すと、
もとよりアイテムが支給されていない場所なので、
葉っぱしずくの影響は全く受けておらず、
錬金石だけを手に入れるつもりで
一獄のみいつもクリアしているという人だと
特に影響を受けることはありません。

この時期だと海賊での特訓稼ぎで一獄を利用している人も見かけ
「災いの神話」が巨体な分、大砲を当てやすい特性があるようで
『怪獣を大砲で対処する』といった特別な感覚を抱く景色も。

2獄

2獄は両手杖、棍、ツメ限定。
魔法使いが多めな回と、武闘家が多めな回、
レンジャーが多めな回それぞれに遭遇していて
記録をとっていたときだと
魔法使いが多めな回に2回あたり
クリア時間は「3分40秒37」「3分11秒30」
武闘家が多めな回だと「2分50秒06」でした。

私だとレンジャーで参加していたわけですが、
現在、せかいじゅの葉よりも
ザオラル・ザオリクの方が圧倒的に蘇生スピードが速く
例えば、万魔の塔だと、せかいじゅの葉を使用したところ
ごそごそしている間に、後発のカカロンザオラルの方が早かった
といったことがある世界となります。
そのためツメレンジャーで参加はしたものの
やっていることとしては蘇生役を担うような形で
近くに倒れている人がいるからせかいじゅの葉を使おうにはならず
レンジャーが蘇生を一手に引き受けていたといった形に。

両手杖だと「復活の杖」が使用可能で
魔法使いで今回「復活の杖」に頼ろうという人も見かけるのですが
遠距離以外は現行のせかいじゅの葉と大差は感じませんでした。

あとは最新の棍武器が強力そうにみえると話題にはなってるものの
今回だと棍使いの人はごく少数といった具合で
私だと3回のうち一人マッチング(棍占い師)した具合で
棍職に関してはどんなにいい武器が出ても冷め切ってる感覚有り。

3獄

3獄は武闘家限定で、先にクリア時間を書くと
「2分56秒07」「3分51秒15」「2分33秒39」でした。

使用される武器としてはヤリが最も多く
マッチングとしては8~10割がヤリ使いです。
他はツメや扇使いで、扇の場合だと
開幕風斬りの舞や必殺チャージ狙いといったところ。
最新の扇も使用箇所がバッチリある良い扇だと思います。

チームメンバーと武闘家でいったときだと
必殺技のリレーが始まって、倒し切るまで
ほぼ何もさせないときがありそのときだと
クリア時間は1分20秒前後でボコボコにしてきたのですが、
逆に相手側が大暴れすると、こちら側も蘇生が必要となり
今回だと「幻妖の黒公子」の、
物理無効+スケープガードがあるので
厳密に話そうとすると、葉っぱしずくの遅延以外の
クリア時間の記録についてはそちらでの待ち時間もあるものの
クリア時間としては1分ほど長くなっている嫌いは出ています。

一応生存者残り2名の状態で蘇生を開始するような形になると
蘇生が間に合わないかなとも思えるシーンだったのですが
ある程度、敵側に無駄行動があったおかげで
立て直すことに成功したものの、立て直し事態に
結構時間がかかるようになったことから、今回顕著に
せかいじゅの葉・しずくの遅延がストレスに感じた場面にもなっています。

ただ、武闘家の特技の「めいそう」の方が早く回復するので
自己回復のみならば「めいそう」で回復しようということで
「めいそう」の特技が活きる環境にもなっていました。

4獄

4獄はパラディン、僧侶、魔法戦士、遊び人、踊り子限定。
今回だと僧侶と踊り子が多くマッチングしていて
クリア時間「3分41秒02」「3分16秒28」「4分00秒03」と
やや長めで、夜中にチームメンバーと
クリアしたときだと5分くらいかかることもありました。

原因としては、僧侶の人が多くて
スティック以外に持ち替えず攻撃しないケースが多かったのと
あと踊り子の人がバフを巻き続けていて
全く攻撃しなかったケースが重なって
魔法戦士でフォースブレイクをいれても
魔法戦士以外誰も攻撃しないといった状態もありました。

この辺も、せかいじゅの葉の遅延を警戒して
蘇生・範囲蘇生ができる僧侶・踊り子に偏った気配もありそうなのですが
例えば僧侶4人被りで、スティック僧侶で
延々とロストアタックをしていた人も見かけたので
本質的にせかいじゅの葉の調整とは関係ない部分も感じていて
ver6.0で出戻りの人が特に深く考えずにマイペースに遊んでいる感はあって
そういう意味だと邪神の宮殿ってそういうもんだよねといった結論にも。

カテゴリー: 邪神の宮殿 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。