Lv115「輝天のハンマー」は良いハンマー

Lv115武器が登場し、ver6気分の
フレッシュさを堪能したさから
武器の更新を積極的に行っているわけですが
半分くらいは買い替えてよかったなと感じていて
半分くらいは買い替えなくてもよかったなと感じるところ。

その中で買い替えて良かったといった武器で

「輝天のハンマー」に関しては買ってよかった武器でした。
「物質系にダメージ+15%」
「全ての攻撃ダメージ+5.0%」
こちらに関しては過去に登場した

Lv100ハンマーの「星球の鉄槌」と全く同種の基礎効果で
ダメージ面をみるならば純粋に上位互換となります。

ただ、現在がハンマーの時代かと問われるとそうでもなく
例え良武器だとしても使いどころがなければ
そのまま使わず終いで次のハンマーが登場することにもなります。

実際に私が使ってよかったなと実感したのが
防衛軍での「深碧の造魔兵団」戦で
物質系の敵が多く登場する兼ね合いで
通常通りだと手数は減らせないのですが
テンションアップ・会心・猛攻の書が加わると
攻城隊長ガンザンを攻撃している手が1手空くことがあり
オートマでぶらりと通っている分だと効果を実感できた装備でした。
さすがに最新武器の攻撃力でここまで物質系特化となると
バトマスでの物質系へのダメージはエグくなるようです。

そのようなわけで、古いハンマーを処分して
「輝天のハンマー」に更新をしている途中なわけですが、
実は「極地への道標」の方で、Lv100「星球の鉄槌」が
守備力がそこそこ上がるハンマーである性質上、
そちらで利用することがあることも判明したので
処分に関してはちょっと早かったかなと思えるわけですが
パラディンでの守備力増加目当てならば
防衛軍産の錬金効果がなんでもいいものでも問題ないので
今現在ハンマーをバトマスでぶんぶん振り回している人には
「輝天のハンマー」に関しては買いの装備に感じられたのでオススメです。

カテゴリー: 装備品選び パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。