Home > アーカイブ > 2019-12

2019-12

「魔王」と「冥王」の違い

初心者大使のver5.0のストーリー配信を見る中で
「魔王」や「大魔王」とは何のかといった話が出てくる中で
コメントの方で「冥王(ネルゲル)」とは何なのかといった質問が出ていました。

ver1のラスボスであるだけに詳細な解説が
ネット上に解説されてるだろうなと思って
自分でも復習がてらGoogleで検索をかけてみたのですが
逆に初期の頃から登場していた存在だっただけに
情報が怪しいなと思うところがあったので
それならば簡単にでも自分なりにまとめてみようかと記事化へ。

冥王ネルゲルについての解説の種となるのは『アストルティア創世期』の
P19「あまねく死を統べる魔王の襲来」P25「魔王」
P50「冥王との対決」P73「冥王ネルゲル」のコラムが大本となる情報です。

勇者に倒されないための「アストルティア産まれの魔王」

P25の「魔王」のコラムについては魔王と冥王の違いについて書かれており、
女神ルティアナが作り上げたアストルティア世界の防衛システムで
異界から「魔王」がアストルティアに進入すると、
それに反応して「勇者」となる者が産まれる仕組みが存在し、
また、魔瘴が希薄だと魔族が本来の力を発揮できないことから、
魔瘴が希薄であるアストルティアに侵入した
過去の魔王は勇者によって(結果的に)倒されていました。

そこで勇者に倒されない対抗策を練ろうということで
「アストルティア産まれの魔王」を生み出そうと魔族たちが画策。
500年前神殿レイダメテスが1年間地上を焼き尽くし
死者の魂を十分吸収した後、500年を経て冥王ネルゲルが誕生。

ネルゲルは時渡りの力を持つエテーネの村を滅ぼし
レンダーシアを迷いの霧で覆って五大陸から隔絶。
レンダーシアを闇の封印に落したものの魔力を大量に使ったため、
死者の魂を魔力に変える「冥王の心臓」にて魔力を回復を待ち
レンダーシアのみならず、すべての大陸を闇の封印に落とすことを計画しつつも
破邪船に乗った「勇者でない主人公」に倒されてしまうことになりました。

大魔王マデサゴーラと冥王ネルゲルの関係

魔界の大魔王がマデサゴーラで、
アストルティア産の魔王がネルゲルなのですが
2人の関係性について一言でまとめると、
大魔王マデサゴーラから力を得た上での同盟関係という間柄。

マデサゴーラとネルゲルの関係性についてゲーム内の説明だと、
魔幻宮殿にいる「創生番号087」のセリフがコチラ。

「大魔王様はまず 冥王ネルゲルと契約を交わし
 ネルゲルが エテーネの民を滅ぼすチカラを
 貸し与えられた。」
「そのチカラの代償として ネルゲルは
 レンダーシアを 迷いの霧の中に封じて
 五つの大陸と 隔絶した世界になさしめたのだ。」
「かくして 大魔王様の創り出した世界で
 真のレンダーシアを 塗りつぶす準備が
 ととのえられたのである。」

ネルゲルはマデサゴーラの力を借りているとの説明があり、
アストルティア創世記でのP19の解説でも同じ説明が記載されています。

「大魔王マデサゴーラに貸し与えられた力でエテーネの民を滅ぼす。
 力を借りたネルゲルは、マデサゴーラとの契約に従い、
 レンダーシアを迷いの霧で覆って五大陸から隔絶させる。」

P73でのクリエイターズコメントだと
「実力的には大魔王マデサゴーラの方が上ですが、
 マデサゴーラはネルゲルの勢力を認めて
 同盟を結んでいるような状態です。」とのこと。

「銀甲の崩撃将ダバム」が使用する「死グモのトゲ」のコンセプト

12月28日にドラゴンクエストXTVが放送され、
そちらにバトルプランナーの方が出演になり
その中で防衛軍の作成工程について興味深い話が披露になりました。

超ドラゴンクエストXTV 冒険者の超忘年会スペシャル2019 (2019/12/28 更新)|目覚めし冒険者の広場

そちらの方はひと段落することになり、
番組終わりの初心者大使の雑談コーナーに移ると
第三期初心者大使の坂口和也さんが放送裏でバトルプランナーの方に
「銀甲の崩撃将ダバム」がHP黄色以降になると使用する
「死グモのトゲ」のコンセプトを聞いた話が出ていました。

(4:14:30~)
「最近防衛軍にずっとハマってまして
 今日バトルプランナーの青砥さんの話を聞いて、
 結構討伐もリスナーさんと一緒にしたんですよ。
 屍(蒼怨の屍獄兵団)とかも無傷で討伐できたりして。
 で、虫(銀甲の凶蟲兵団)だけまだ討伐ができなくて、
 ギリギリのラインで赤になった瞬間に『死グモのトゲ』がバッときて、
 周りにいた人たちが1000くらいくらって死んだんですよ。
 あれなんなんですか?って聞いたら、言葉的にアレなんですけど
 『死ねッ!!』と思って作ったと言ってました。」

死グモのトゲに関しては「銀甲の凶蟲兵団」実装直後から存在し
討伐はエンドコンテンツとして難しく調整していたことから
力自慢の人たちを全滅させるようなつもりで作ったとのこと。

言葉選びの件に関しては放送には直接出ていない話で
酒の席込みでやや盛った話だろうなという感はあるのですが
簡単にクリアさせるつもりがないことが十分伝わるエピソードになっています。

12月29日~1月4日版:達人クエスト、ピラミッド確定アクセ

・怒濤のバトルマスター軍団VSキングヒドラ!
バトルマスター 4人のパーティで挑むこと。
パーティメンバー全員 どうぐの使用を禁ずる。
・踊り子コンビVS悪夢の右手強!
踊り尾をパーティに ふたり入れること。
パーティメンバー全員 一度も死んではならない。
・遊び人と行く!迅速な天魔クァバルナ強討伐!
遊び人をパーティに ひとり入れること。
2分10秒を 制限時間とする。
・第七の霊廟を制覇せよ!
・邪神の宮殿の二獄制覇!

  • ピラミッド確定アクセ層

・ピラミッド第二の霊廟で確定ブローチ
・ピラミッド第九の霊廟で確定アンク

  • チャレンジミッション

・カレヴァンのおでかけ道場に1回挑戦する
・バッジ交換出張所でバッジを1回交換する
・ミニビンゴを1回プレイする

バトルロード協力チャレンジバトルの防衛軍ホイミスライム事情

モンスターバトルロードの強力チャレンジバトルで
アストルティア防衛軍式の討伐対象が登場。

モンスターバトルロード 協力チャレンジバトル (2019/12/24 更新)|目覚めし冒険者の広場

オススメの攻略法としては、
時間帯で出現する兵団が固定となっており
あとは勝率が良さそうな兵団に参加するのが最も確実で
「闇朱・紫炎・深碧の造魔兵団」の基本兵団が狙い目です。

確認としては公式にある「つよさ予報」で確認できます。
つよさ予報|目覚めし冒険者の広場
異なる点としては「全兵団」がランダム選択になってるので注意。

  • ビクトリーチップ・紫

初回報酬の「ビクトリーチップ・紫」は1回だけ交換できる
「バッジ交換券・虹」で交換する以外では消費しません。
一度勝利してしまえば、あとはランダムで手に入る
リプレイ報酬のビクトリーチップ・黄緑青それぞれの
3種類のうちランダムで3個まとまった数で手に入るだけなので
楽な兵団で勝利して次のステップに進むような形で構いません。

殴りホイミスライムのススメ

オートマッチングで参加しようとすると
参加している人数が多いにも関わらず
なかなかマッチングできないことがあります。

原因としてはホイミスライムかキメラが参加しているかどうかで
イメージとしては、ホイミスライムとキメラが少ないのが
『クリスマスバトル、紅殻魔スコルパイドⅠ、ランダムバトル・混沌、
翠将ジェルザークⅠ、アストルティア防衛軍』に感じていて、
逆に多くなるのが『紅殻魔スコルパイドⅢ、翠将ジェルザークⅢ」になる様子。

  • ホイミスライムで防衛軍で活躍する手段

今回だとバトルロードでのアストルティア防衛軍で
圧倒的にホイミスライム・キメラが不足しており、
尚且つ、防衛軍だと純回復活動での活躍が非常に難しく
実際に攻撃手段を確保していないホイミスライムやキメラで
活動している時間よりも回復待ちでの待機が
多かったというような状態になってしまいます。

そこで推奨するのが攻撃性能を高めたホイミスライムでの参加で
バッジで攻撃力を高めつつ虹色バッジで特技を強化するスタイルです。
攻撃力が上がる金バッジに関しては正直なんでもいいのですが、
ホイミスライムだと「天魔クァバルナ・虹」で威力を強化できるようです。

実際に私だと殴りホイミスライムで参加してみたところ、
トータルで900位ダメージがでるばくれつけんを連打できたり
あとチャージ技のミラクルスピンが火力が出る(1300くらい)ので
基本ばくれつけんを使いつつチャージが溜まり次第
ミラクルスピンを使うといった立ち回りをしていました。

ただ、「闇朱・紫炎・深碧の造魔兵団」くらいの難易度だと
周りがキラーパンサーだらけだったので
回復待機のホイミスライムやキメラで1回クリアする程度で問題なさそう。

翠煙の海妖兵団での話

人によっては時間帯の都合でどうしても難易度が高い兵団に
挑戦しないといけないときもあると思うので、
実際に体験したことを書いてみると
最初に参加したのが「翠煙の海妖兵団」の時間帯で
基本的に何でも対応できるように攻撃魔法を上げたマジカルハットで参加。

「翠煙の海妖兵団」だと中ボスの対処・鐘破壊・大砲役・金縛り役
それぞれが機能しないと勝利が難しいので、マッチング直後の
作戦会議室のところで自分が大砲役をやることを宣告しました。

  • 自分が大砲役をやるのが当然という発想

いつも通り中央着弾ポイントに最初に登場する鐘を破壊しつつ
南側のルートを通っていると、他のモンスターが強化砲弾を確保していました。
これに関しては、あまり防衛軍のことを知らないので
単純にアイテムを確保してしまったという人と、
大砲役を申告したのにも関わらず、
意図的に横取りしてしまう人の2種類がいて、
後者の場合だと、純回復役のホイミスライムが
黙ってやってしまうケースが何件か遭遇することになりました。

これに関しては、自分はホイミスライムで火力を出せず
防衛軍で活躍できないので大砲役をやるのが当然ということで
たとえ作戦会議実で申告する人がいても、
ポジションの横取りしないと自分が活躍できないといった発想です。

当然現場は混乱してしまうわけで、大砲の腕としては中くらい、
2分50分湧きの中央着弾ポイントの対応不可、
とっしんアラモ対処でそこそこ防衛バリアが削れてしまう
くらいの腕前だったことから、他でカバーはできなくないものの
大砲役で防衛成功できたとは言い難いくらいの対処力だったので頭の痛いところ。

勝利できれば問題ないとも言えそうなのですが、
柔軟に活躍できないと他人の活躍を奪うしかない
というような選択にもなるようで、今回に限らず
それなりに事前の準備して挑んだ方がいいのではないかなと。

天獄「冥府より来たるもの」(2019年12月25日23時開催)の感想

今回だとお題の達成も緩やかな方で
代表的な戦術であるマホカンタ戦術にも沿ってもいるし
マジックバリアを使える天地雷鳴士も呼び込みやすいので
実のところ周回しやすい以外はあまり特筆するべき話もありません。

自分だとメインキャラの特訓が終わったので
サブキャラの方で仲間内では自分は担当しない天地雷鳴士の特訓をあげたり
仲間モンスターへの経験値の入りが良好なのでそちら目的で周回も。

土属性ダメージ

今回だと「30秒以内に 闇・土属性で5000ダメージ」とあったので
魔法戦士で参加してダークフォースを基調としていたのですが、
マッチングした魔法戦士の方がストームフォースで上書きへ。
ダークフォースだと不都合があったのかと感じて
ストームフォース張りを任せていたところ、
自分の魔法戦士が倒れている最中でもフォースの張り直しをせずに
そのままお題不達成となっていたので不審に感じ
さすがに攻略情報を確認してみることにしました。

この辺は気になる人も多いようでGoogle検索でも
フォース情報の確認の候補が出ているくらいのですが
極限攻略だと情報の記載が無く、攻略の虎だと断片的に表記されていて
特にダークフォースの常時使用で不都合そうな点は見当たらず。

魔法戦士だと「風」「雷」の2属性で弱点やベルトの
対応範囲が広いということで常時ストームフォース派と
魔法戦士が弓特技のダークネスショットで光耐性を下げられるので
常時ライトフォース派で大別されているような具合なのですが、
どうやらそちらのイデオロギーに巻き込まれた感は否めません。

  • レンジャーの「ジバルンバ」での土ダメージも活躍

今回の「30秒以内に 闇・土属性で5000ダメージ」ということで
占い師で参加してまとめてダメージを稼ぐ人も多かったり、
賢者で参加してドルマ系の魔法でダメージを稼ごうと考える人もいる中で
変わり種だとレンジャーのジバルンバで土ダメージを稼いで
お題を達成した姿も見られ、こちらもレンジャーに
スキルポイントを振りやすくなった影響が出ていそうな感覚があります。

割とドラクエウォークの方だとジバリア系は使い勝手いいとの話は聞いていて
ドラクエ10の方でももうちょっと上手く活用されるといいなとは。

Home > アーカイブ > 2019-12

メタ情報
カウンター
調整中

総計 Total
今日 Today
昨日 Yesterday
今週 Week
今年 Year
■ アクセス解析

カウンター画像
アンの小箱

ページの先頭へ戻る