ver6.1での「モンスターバトルロード 協力チャレンジバトル」の各種バトル相手の感想

今回は「モンスターバトルロード 協力チャレンジバトル」
での各種のバトル相手の感想について。

モンスターバトルロード 協力チャレンジバトル (2022/4/13 更新)|目覚めし冒険者の広場

カンダタ団

カンダタ団はカンダタの他に、カンダタの衣装を着た
プーちゃんクーちゃんリポちゃんを含めた4名との対決。

HPはどのキャラも高い方で、オートマだと
高火力の時短であっさり勝利するというのが難しく
相手に大ダメージを与えようと攻撃に専念していたら
カンダタのテンションやバイキルトのった
グランドインパクトで一掃されるといったことも。
他にもリポちゃんから魅了をくらって
どうしようもなくなったり味方からの被弾もあって
倒されてしまうといったこともありました。

ランダムバトル・混沌

ランダムバトル・混沌は難易度に大きな差があるバトルで
気づけばどれも倒しやすくてあっさりクリアできたのもあれば

私が経験した中だと、ガルドドンが2体、獣魔ローガストが1体
というヤバい相手と戦うことになることもあって
その場合だとオートマでしりきなおそうと提案する人も出てきました。
報酬目的だと仕切り直しが無難で、現に
その回は粘らずに仕切り直しの運びになったわけですが
そういうハプニング目的で参加しているという人もいそうで
こんなヒドい組み合わせになったよとの話の種にもなっています。

結界の守護者たち

結界の守護者たちはアンドレアル、ヘルバトラー、ギガデーモンの3体で
どれから倒しにかかるかPT毎に異なっているといった具合で
自分だとギガデーモン>アンドレアル>ヘルバトラーの流れが一番かな
とは思いつつも、結局はその場の流れで決まるような仕組みで
例えばギガデーモンを押して隔離する人がいれば
他の敵から倒しにかかるといった流れにもなりやすくなっていました。

またアンドレアルが、ニードルマンでのアサシンアタックが利く
ということで、ニードルマンがいる場合、アンドレアルが
後回しにされることもあれば、ひたすらアサシンアタックで
攻撃する人がいるので一緒にアンドレアル狙いをするという人まで様々。

ニードルマン専用の活躍場所ができたということで
私なんかだと好んで使ってはみたものの
普段使いだと他のペットの方が周回しやすくて
これだけのために育成&調整するというのも手間がかかる話に。

ランダムバトル・聖守護者

聖守護者の闘戦記のうち、バラシュナ以外が登場する仕組みで
デルメゼが登場するとキツく感じられる話が出る一方で
それ以外だとバトルロード火力で倒しやすく感じられ
今回だと「ランダムバトル・混沌」で苦労することもあるので
そちらで慣れてしまうとコチラが楽に感じられることも。

あとは例えば、たけやりへいで
氷属性をダッシュランバッジで付与した上に
氷属性のダメージを上げることができる
スカルゴンやヴァレリアバッジをつけると
無属性の攻撃力バッジよりもダメージを稼げる状態なのですが
こちらの聖守護者相手だと属性耐性が非常に高いこともあって
スコルパイドやデルメゼあたりになるとダメージが激減します。

また通常のバトルロードにて、
スライムマデュラが登場することがあり
属性がついているとほとんどダメージを
与えることができなくなってしまい、
色々試した末に、オーバーヒートの連打で倒したことがあり
結局無属性の方が汎用性が高いということに落ち着きました。

アストルティア防衛軍

防衛軍の話は一度書いたので割愛。
ver6.1での「モンスターバトルロード 協力チャレンジバトル」の防衛軍の模様
今週のエピソードのお題に「侵略からの防衛!」
「アストルティア防衛軍で 1回防衛成功 または討伐する。」
という内容があるので、こちらでクリアできるか
試してもらったものの、こちらでは反映されなかったとのこと。

羅刹王バラシュナⅠ

羅刹王バラシュナに関しては、
フェスタ・インフェルノだと4人バトルの時より
難易度が上がりやすいといった話がある一方で、
バトルロードでの羅刹王バラシュナだと
物理攻撃でダメージが通りやすく感じられたり
強制マヒの必殺バッジが通るため、
強制マヒで有利に戦うことができたり、
特に「ジャッジメントダーク」の威力が下がっていて
1人くらいならばお互い攻撃範囲内に入っていても
生き残ることができるといったケースもあって
今まで経験するバラシュナ戦では
一番難易度が優しく感じられました。

どれくらい難易度が優しいかについて話すと
「想念具現の術」で各聖守護者ボスを
召喚する点は変わらないのですが
そこそこ手早く倒せることから
「デルメゼが召喚されることはない」
という噂話が流れるくらいの難易度です。
実際には相応に長引けば召喚されることがあり、
火力が整っていなかったり、かなり不慣れなPTになると
玉でのザオトーンで敗退するといった場面になります。

とはいえ、近づいて戦うのは難しい相手となっており
他所よりも、ねこまどう・マジカルハット・ドラキーが多く
特にマジカルハットはバラシュナでのみ多くみかけます。

今回ドラキーで参加して倒し続けていたところ
何度かMPが枯渇する状態にもなっていて
ドラキーの場合ならばマホトラで事なきを得るのですが
テンションアップやウォークライ系の威力上昇を利用した
一風変わった攻撃魔法の運用をしようとすると、
オートマだとMP枯渇問題が出てくることになりました。

悪夢の征服軍

ムドー、デュラン、ダークドレアムの3体PT。
こちらもがっつり強くなっていて
範囲攻撃が重なってバタバタと倒れていくということも多く、
範囲蘇生の必殺バッジで立て直した
ということがしばしば出てくるような戦闘で
何度か全滅を経験するような戦いになっていました。

「結界の守護者たち」だと倒す順番がランダムになりやすい一方で
「悪夢の征服軍」だとムドー、デュラン、ダークドレアムの順になりやすく
ダークドレアムあたりを押して隔離できると楽になりそうですが
押す人が多くて火力が落ちたケースもあるそうで
結局は総合力を問われるという意味で
ラストにふさわしい戦いになります。

ビクトリーチップ青を集める場合、
2つ手に入る「結界の守護者たち」がいいか
3つ手に入る「悪夢の征服軍」がいいか
好みが分かれる部分になるとのことで、
どちらも倒すのに手間がかかることから
今回だとビクトリーチップ青が集めづらいという話も。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。